« 3389国は見る(1983) 日本人の英語力 アジア最低レベル | Main | 3391中国は見る(1985)世論調査「安倍首相 70年談話」 半数近くが 「おわび必要」 »

3390中国は見る(1984)産経新聞 「南京大虐殺は捏造」と報道 

 

 日本メディア 南京大虐殺は捏造と報道 

「城内は空っぽ 虐殺があるはずがない」

 

日媒宣称南京大屠杀为捏造 称系空城不可能屠杀

2015-02-17 10:57:00   来源:环球网    

 

Photo1
《産経新聞》

当日一面の記事

 

【環球ネット総合報道】:周知のように、中国侵略日本軍は

中国人民に対してさまざまな許すことのできない犯罪を犯し

た。 特に南京大虐殺の罪は深い。 しかし日本国内では今

なお一部に、あの悲惨な歴史を覆い隠そうする人がいる。 

342




日本ジェイ・キャストJーCastサイト2月17日の報道によ

ると、このほど、右翼メディア《産経新聞》が、南京大虐殺事

件の真実の 検証作業を行い、その影響は ますます拡散し

ている。    《産経新聞》が掲載しているシリーズ報道の中で、

1937年、陥落後の南京城に入城した日本軍兵士が、“当

時、城内には人はおらんかった。   おらん以上、虐殺があ

るはずがなか”と語ったり、“南京は平穏だった”と語らせ

ている。

 

ジェイ・キャスト・ウエブサイトによると、日本政府の南京

虐殺に対する公式見解は、“非戦闘人員を殺害したり略奪

行為があったことは否定できい”としつつも、犠牲者数につ

いては諸説あり、“正しい数を認定することは困難”  として

いる。 

 

《産経新聞》の一部報道には、“南京大虐殺があるはずなか”

と断言する記事を載せており、ネット上で大きい関心を呼ん

でいる。

 

2月15日に発売された《産経新聞》は、《兵士たちの証言》

というシリーズ連載で、当時、南京城南側の中華門から入

した 元陸軍の獣医務曹長・城光宣(98歳)さんの話とし

て、壊滅状態になった 中国軍兵士が一斉に城外に逃げ、

南京城内は一転して静寂に包まれた”“南京城内は、空っ

ぽで、兵隊 どころか、住民も、誰も おらんでした”“無抵抗

民間人を 殺すのが虐殺、だが、人がおらん以上、虐殺

があるはずなか”“城内では遺体も見とらんです”“私は南

京に一週間ほど滞在していました。 何かあれば、仲間内

で当然、耳に入るはずだが、虐殺は一切聞いていない” 

語っている。

 

新聞社は普通、販売地区によって違う版面の新聞が作ら

れる。 そのため各版面で一面トップの内容も違うことがあ

る。  《産経新聞》の東京で発行する 最終版 一面トップは

《城内空っぽ兵隊どころか住民も》で、中の見出しに、“

京 「人おらん以上、虐殺ない」”とあり、ネット上で大きな関

心を呼んでいた。 

 

2月16日発売された《産経新聞》の報道の中では、南京光

華門から入城した旧日本軍三等兵曹、現在98歳の原田要

んが、“戦争中といった感じがなかった。   南京は誠に和

かに尽きる”と語っている。  また、《産経新聞》2月15

の報道の中では、“中国は南京大虐殺の死亡者数を 30万

人と喧伝しているが、しかし 77年前、南京で 将兵らが見た

実像は大きく異なる”と否定する。   また、日本軍の城光宣

さんと原田要さんの“証言”を引用し、“30万人を虐殺したと

いうのはでっち上げですたい。 貶められるのは我慢ならん

です”“何十万人もの 大虐殺は 信用できない。 もし、大虐

殺があれば、中国人はわれわれに和やかに接しただろうか”

という 

 

日本政府の南京大虐殺についての見解”として、日本の外

務省の公式サイトには、“日本政府は、1937年に旧日本

が南京入城後、非戦闘人員を殺害したり 略奪行為を行った

ことを否定するものではない”  “しかし犠牲者数については

諸説あり、政府は正しい数を認定することは困難”  としてい

る。 

 

周知のように、南京大虐殺は日本軍国主義が中国侵略戦争

中で犯した残虐な犯罪行為で、動かすことのできない確た

証拠があり、国際社会も これについては 定説となっている。

しかし日本の右翼と一部メディアは絶えず南京大虐殺を否定

し、侵略戦争の行為を美化しようとしている。

 

中国外交部は、日本国内きわめて少数この歴史

抹殺し、覆い隠し、歪曲しようとする試み、国際正義と人

類の良知公然と挑戦するものである。 これは日本の指導

歴史を逆行させようとする誤った行為と 相通ずるもので、

国際社会の強い警戒を呼ぶものだ。 私達は日本に対し、侵

略の歴史をを 正視し、深く 反省するよう 厳しく 求めると共に、

責任ある態度で、歴史の残された問題を適切に処理し、実際

行動でアジアの隣国と国際社会信頼を得るよう 願いたい”

と述べている。

 

 

日媒宣称南京大屠杀为捏造 称系空城不可能屠杀

2015-02-17 10:57:00   来源:环球网   

 

《产经新闻》当天头版截图

 

【环球网综合报道】众所周知,侵华日军对中国人民犯下过种种不可饶恕的罪行,特别是南京大屠杀罪孽深重。然而在日本国内,至今仍有一群企图掩盖那段惨绝人寰历史的人存在。日本J-Cast网站217日报道称,近来日本右翼媒体《产经新闻》掀起了检证南京大屠杀事件真实性的活动,其影响正在不断扩散。《产经新闻》刊载的系列报道中称,部分曾在1937年进入过沦陷后南京城的旧日军军官和士兵均作证称“当时城里没有人,因此也不可能有过大屠杀”,甚至还有人宣称“南京实在是祥和至极”。

 

J-Cast网站报道称,日本政府针对南京大屠杀的表态是“不能否定存在杀害非战斗人员及抢掠的事实”,但有关受害人数则有多种说法,“很难做出认定”。与此同时,《产经新闻》的部分版本的报道还直接妄称,“根本没有发生过南京大屠杀”,而在网上引起了极大关注。

 

据悉,在215日发行的《产经新闻》一篇名为《兵士们的证言》连续报道中,引用当时曾从南京城南面中华门入城的原兽医务曹长、现年98岁的城光宣的“证词”称:“一败涂地的中国军人们一齐逃向了城外,城内变得一片死寂”、“南京城内空空一片,不要说是军队,就连普通百姓的影子也见不着一个”、“杀害毫无抵抗能力的普通民众是屠杀,但城内既然没有人,因此也不可能有过大屠杀”、“城内也见不到尸体”、“我在南京停留了约一周,要是发生过什么事的话肯定会有所耳闻,但根本没听说过大屠杀这回事”。

 

据悉,报社一般会依据销售地区不同而制作不同版本的报纸,因此各版本的版面和头条内容也会有所不同。《产经新闻》东京总部发行的最终版的头条就是《既没有军队也没有百姓的空城》,并附带有“城内无人,因此不可能有过屠杀”主标题,而在网上引起了极大关注。

 

与此同时,216日发行的《产经新闻》的报道中还称,曾从南京光华门入城的旧日军原3等兵曹、现年98岁的原田要作证称,“没有正处于战争中的印象,南京实在是祥和至极”。此外,《产经新闻》215日的报道中还称,“中国宣传南京大屠杀死亡30万人,但77年前在南京的军人们看到的实际情况却与之大不相同”。报道还引用旧日军城光宣和原田要的“证言”妄称道,“说屠杀了30万人实在是捏造,没法忍受这么侮辱人的事情”、“说屠杀了数十万人是没法相信的,要是真有大屠杀这回事的话,中国人还能那么淡定的和我们接触吗”。

 

此外,针对“日本政府对南京大屠杀的观点”,日本外务省官网则写道“日本政府无法否认1937年旧日军入南京城后曾发生过杀害非战斗人员和抢掠的行为”、“然而有关受害人数则存在多种说法, 政府认为难以判定到底哪个才是正确数字”。

 

众所周知,南京大屠杀是日本军国主义在侵华战争中犯下的残暴罪行,铁证如山,国际社会对此早有定论。然而日本右翼及部分媒体不断否认南京大屠杀,企图美化侵略战争的行为。中国外交部表示,日本国内极少数人试图抹杀、掩盖、歪曲这段历史,是对国际正义和人类良知的公然挑战,与日本领导人开历史倒车的错误行径一脉相承,应引起国际社会高度警惕。我们严肃敦促日方正视和深刻反省侵略历史,以负责任态度妥善处理有关历史遗留问题,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。(实习编译:夏毅敏 审稿:王欢)

|

« 3389国は見る(1983) 日本人の英語力 アジア最低レベル | Main | 3391中国は見る(1985)世論調査「安倍首相 70年談話」 半数近くが 「おわび必要」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事