« 3351中国は見る(1946) 天皇陛下 ① 2015年 新年に当たってのご感想 | Main | 3353中国は見る(1948) 天皇陛下 ③ 今上天皇ご紹介(下) »

3352中国は見る(1947) 天皇陛下 ② 今上天皇ご紹介(上)

日本天皇发表新年感言 呼吁日反省二战历史

2015-01-03 09:47  来源: 网易

では実際に、天皇となられて以降、戦争で残された負の遺産を どう処理されたが問題となる。 戦争に対する批判が不十分だ と、左翼や戦争被害者からの不満を招くし、批判が強すぎれ ば、右翼から攻撃される恐れがある。 だから天皇は、この問 題では常に抑えに抑え、両方面の怒りを買わぬようできる限り 慎重に対応されている。 左翼・右翼同席の会議に出席される 時は、天皇の椅子に座られていても、火の上であぶられるよう で、大変辛いのだ。 だから、平和はなんと大切なことという ばかりで、言葉を濁すしかないのだ。

1989年1月7日、昭和天皇の崩御を受け、皇太子として皇 位を継承し、元号を平成とした。 あっという間に26年経っ た。 この26年間、どう過ごされたか? 日本の天皇だが、 心配事も多い。 自身の身体もよくない。 だが、いろいろな 式典に対応しなくてはならないし、侵略戦争がもたらした負の 遺産もずっと天皇を悩ませている。 今、最も頭の痛い問題 は、皇室の継承問題である。

天皇の素描:几帳面な現代君主

日本では、天皇は幸せといえる。 今上天皇も例外でない。

天皇は名義的には国家元首であり、日本の象徴とされ、国民か ら尊敬を受けている。 米国では、愛国を言いながら、政府を 罵ることが常態化している。 こうした現象は、日本にはな い。 日本人は通常、政府を罵り、不満を表明することはある が、天皇に対しては敬意を表し、愛国を示している。

天皇は日本で一番金持ちだ。 日本トップの「大地主」であ り、日本という地価の高いところであっても、他の金持ちは 足元にも及ばない。

天皇の毎日の生活は、送り迎えから生活全般まで、1500名 の侍従たちが、一切執り行うので、まったく自分が心配するこ とはない。

天皇は皇室の祖先の祭事や儀礼・式典に出席する以外、余計な 仕事はない。   

今上天皇は、1933年、皇居内の産殿にて誕生。 1952 年、正式に皇太子となった。 マッカーサーの日本統治中、皇 太子に「西洋の思想と習慣を学ばせるため」、皇室は特に児童 文学者のエリザベス・ヴァイニング夫人を家庭教師に選ばれ た。

事実上、第二次大戦以降、皇室は「神の座」から降りた。 今 上天皇はこの変化をはっきりと認識していた。 それで、平民 化への道を歩み始めた。 1957年、天皇はテニスを通じ て、聖心女子大学英文科の正田美智子さまと知り合い、交際を 深め、すべての妨害を排除し、彼女と結婚した。 これは、皇 室が平民と結婚する先例となった。 この行動は、天皇は”進歩 的”、”国民に近い”といった評判を呼んだ。

政治的に、今上天皇は一貫して言行を慎み、これまで自身の言 行で日本政府の内政、外交上に面倒をかけたことはない。 天 皇は職務に真面目で、たとえ身体がよくない時も、無理して各 種のイベント・式典に出席し、社会の必要性に応えていた。 仕事がない時は、天皇は生物学に興味を持たれ、この趣味を自 分の子供たちにも伝えている。 だが、この”生物学者”が かって日本を騒がしたことがある。 

1960年、訪米した 際、天皇はシカゴ市長から寄贈された15匹のブルーギルを、 食用研究対象として飼育しようと、日本に持ち帰った。 日本 の研究所がこの魚を湖に放流した。 ところが、ブルーギルは 日本に来たら、環境の変化で、成長が遅く食用には適さないこ とが判明した。 またブルーギルは、性質が凶暴で、繁殖力も 強く、在来の日本種には大変な脅威で、公害となり、水産省を 困惑させた。 2007年に、天皇は”今このような結果に なったことに心を痛めています”と発言した。

だが総じて、天皇の性格は穏やかで、普段は生物学を研究する 以外、自動車や中国料理も好きである。 私生活では、天皇ご 夫妻の仲はよく、なんのスキャンダルももなく、現代の君主と しては、生真面目な方である。

日本天皇发表新年感言 呼吁日反省二战历史

2015-01-03 09:47  来源: 网易

阅读提示:实际上,明仁担任天皇以后,怎样处理战争遗留下的负资产一直是个大问题。如果对战争的谴责不够深刻,会遭到左翼和战争受害者的不满;但如果谴责过于深刻,又怕被右翼攻 击。明仁在这个问题上一直低调再低调,小心翼翼地尽量两方面都不得罪。碰上左右翼同时到场的会议,明仁坐在天皇的座位上,就如同在火上烤一样难受。实在被 逼急了,他就只好大谈和平是何等珍贵,顾左右而言他。

到今年11月12日,日本天皇明仁已即位20年。1989年1月7日,日本裕仁天皇“驾崩”。作为其长子,皇太子明仁继承皇位,定年号为平成。转眼间,20年过去了。明仁天皇这20年日子过得怎么样呢?虽然是日本天皇,但闹心事也不 少,自己身体状况不佳,却仍要应付各种礼仪活动;侵略战争带来的负资产一直困扰着明仁天皇;而最让他头疼的就是皇室继承人的问题。

天皇素描:中规中矩的现代君主

说起来,在日本,当天皇应该是最舒服的。明仁天皇也不例外。

天皇是名义上的国家元首,被视为日本国家的象征,在民间很受尊敬。在美国,一边爱国一边骂政府是一种常态,这种现象,在日本是不存在的。日本人通常是一边骂政府表达不满,一边向天皇致敬,表示爱国。

天皇是日本最有钱的人。作为日本头号“大地主”,在日本这样地价高昂的地方,其他富翁想超越他十分不容易。

天皇每天的生活,从迎来送往到衣食住行,由多达1500名侍从操持,丝毫不用自己操心。

天皇除了延续皇室香火和出席礼仪性活动,没有太多的其他事情,更无需工作。

而明仁也是个挺适合当天皇的人。明仁,1933年生于东京皇宫产殿,1952年被正式立为太子。麦克阿瑟主 政日本期间,为了让这位皇太子“学习西洋的思想和习惯”,日本皇室特意聘请了美国儿童作家伊丽莎白·维宁夫人担任他的家庭教师。

实际上,二战以后,日本皇 室已经被拉下了“神坛”,明仁对这一变化有比较清楚的认识,因此,也开始走平民化的道路。1957年,他通过打网球和圣心女子大学英语系系花正田美智子相识并相恋,最终排除一切干扰与其成婚,使日本皇室首开与平民通婚的先例。这一举动,为明仁获得了“开明”、“亲民”的赞誉。

在政治上,明仁一贯谨言慎行,从未因自己的言行给日本政府带来内政、外交上的麻烦。他十分敬业,即便身体不适时也会努力参加各种礼仪性活动,尽量满足社会需要。

业余时间,明仁醉心于生物学,并把这一爱好传给了自己的儿女。不过,这位“业余生物学家”也曾闹过轰动日本的笑话。1960年访美的时候,明仁把芝 加哥市长赠送的15条太阳鱼带回日本,希望将其作为食用鱼加以培养。日本官员把这种鱼放养到河流湖泊中进行试验。没想到,太阳鱼到了日本,由于环境改变,生长缓慢,完全不适合食用。同时,太阳鱼生性凶猛,繁殖迅速,对日本原有的经济鱼种造成极大威胁,形成公害,闹得日本水产省十分狼狈。为此,明仁在 2007年不得不对自己这一做法表示遗憾。

不过总的来说,明仁天皇性情平和,平时除了研究生物学,还对汽车和中国料理有一定的爱好。在私生活上,天皇夫妻感情和睦,也没发生过什么绯闻,作为一名现代君主,也算是中规中矩。

|

« 3351中国は見る(1946) 天皇陛下 ① 2015年 新年に当たってのご感想 | Main | 3353中国は見る(1948) 天皇陛下 ③ 今上天皇ご紹介(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事