« 3254中国は見る(1859)人気温泉ランキング BEST20(中) | Main | 3256中国は見る(1861)日本の三大名城 (上) 名古屋城 »

3255中国は見る(1860)人気温泉ランキング BEST20(下)

 

人气温泉排行榜 BEST20

2010-08-22 - 百度快照

 

 

 

 

北海道の温泉

PhotoPhoto_2

銀婚湯温泉(北海道)   北海道に行ったら、銀婚湯温泉

に触れないわけにはいかない。 この温泉のもともとの名前

は上の湯温泉と言った。しかし、銀婚湯旅館と呼ばれるよう

になり、銀婚湯温泉と言われるようになった。 八雲町の山

の奥を通って、ようやくこの秘湯に到着できる。 この旅館

は高級で、料金も妥当である。 露天風呂は全部貸切りで風

情はひとしおである。 塩化物泉でとてもいい。  

 

蔦温泉(青森県)  

Photo_4Photo_3

青森県の蔦温泉は八甲田山の近くの山中にある

旅館である。ここの自然環境はすばらしく、近くの

蔦沼の新緑と紅葉はとても有名である。師温泉

と 同じように、無色透明の カルシウム、ナトリウム

硫酸塩泉で、源泉が足元から湧き出します。 このような温泉は最

上級と言うことができます。  旅館の 評判も良く、特に 郷土色の趣

きの 強い旅館は、非常にリーズナブルな料金で宿泊できる。

 

東北地方の温泉

 

最高ランクの有名温泉に浸かれば、あるいは悟りを得られ

るかもしれない!  (国見温泉:石塚旅館)

Photo_5

 

国見温泉(岩手県)   岩手県の国見温泉は山の中にあ

り、冬は休業する秘湯である。 ここの硫黄泉の泉質はす

ばらしい。 石塚旅館と森山荘の2軒の旅館がある。 泉質

はどちらも同じである。 多くの人が、ここに来て、温泉

について再認識を持つことになる。 

 

鳴子温泉郷(宮城県)  

Photo_632_24






温泉愛好者の間に、“西の別府、東の鳴子”
という言葉が、

伝えられているという。 鳴子は日本で最も代表的な温

郷の一つである――宮城県鳴子温泉郷。  だが、一般の

はこの良い温泉のことをあまりよく知らないでいる。 だ

から私はTOP20のランクに敢えてここを入れた。 ここの

温泉は多種多様の泉質がある。      しかし代表的なのは、

酸塩泉、硫黄泉、酸性泉です。     中山平温泉の琢秀、

子温泉の由佐家、東鳴子温泉の高友旅館 ― この3軒

の旅館のお風呂に入れば、温泉のよさが実感できます。

 

16の極上温泉を体験できます!(中房温泉の不老泉)

Photo_72_3





  

中房温泉(長野県)   長野県の中房温泉は源泉の多さで

、日本の代表的温泉となっています。  利用されていない源

泉を含め、36もの自己源泉を有しています。 豊富な温泉

は、足湯温泉、蒸気風呂、地熱風呂を含む16か所の風格

あるお風呂に使われています。  これらのお風呂を体験す

には、少なくとも2,3日は 滞在しなくては なりません。   ここ

の泉質は硫黄泉です。  でも炭酸塩泉のようにすべすべして

います。  以前、ここは日帰りの客を受けつけませんでしたが、

最近は、日帰り客が利用できるよう施設を改造しました。  で

も、山の奥にあるため、アスファルト道路にしても、行くのが大

変なところで、夜、宿泊した方がいいと思います。

 

関西、中国地方の温泉

(注:中国地方とは鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口

  県など5県 のことを指します)

  

勝浦温泉(和歌山県)  

Photo_8Photo_9

和歌山県の勝浦温泉は 海沿いで 景観が美しく、

泉質のよい硫黄泉があります。  また、船で渡る

温泉旅館が2軒あります。 そのうちの一軒は

ホテルです。  ホテルの中には、たくさんの

場があり、みんな温泉巡りができます。

 

三朝温泉(鳥取県)  

Photo_102_43_2






鳥取県の三朝温泉は 山陰(本州西部の日本海側一帯の総称)

を代表する温泉の一つです。  ここは日本式風格のある大旅

館が多く、小旅館も沢山あります。 温泉街には独特な一体

感が満ち溢れています。   泉質もよく、日本では有名なラ

ジウム温泉で、是非一度そこに行かれることをお奨めします。 

 

九州地方の温泉

 

阿蘇山中の奥深いところにありますが、旅館は心地良いとこ

ろです(南阿蘇温泉郷・垂玉温泉の山口旅館)

Photo_11

南阿蘇温泉郷(熊本県)   熊本県の南阿蘇温泉郷は阿蘇

の山麓にある温泉群で、その中心は秘湯2ヶ所です――地獄

温泉と垂玉温泉です。 地獄温泉は硫黄の臭いの強い硫黄泉

で料金はとても安いです。 垂玉温泉は山の中にありますが、

規模はとても大きい高級旅館です。  その内部は特に宿泊者

専用に滝のある温泉があり、泉質も相当のものということが

できます。

 

妙見温泉(鹿児島県)  

2_5Photo_12Photo_13


 



最後にご紹介するのは、鹿児島県の妙見温泉です。 私個

は霧島温泉が好きですが、どちらかというと妙見温泉の

方が多少いいかなと思います。 規模は小さい温泉ですが、

しかしここは温泉療養施設から高級旅館までなんでも揃っ

ており、どんな レベルの予算にも 応じることができます。

また炭酸塩、アルカリ性泉はなかなかよく人気があります。

 

 

 

人气温泉排行榜 BEST20

2010-08-22 - 百度快照

 

北海道的温泉

 

 

银魂汤温泉(北海道)   到北海道,不能不提银魂汤温泉。这片温泉地本来名为上之汤温泉,但在单指银婚汤旅馆的情况下,被称为银婚汤温泉。从八云町山进山才能抵达这个秘密温泉,这里的旅馆高档,收费合理。投宿者专用的包场露天浴池风情独具,氯化物泉泉质优良。   茑温泉(青森县)   青森县的茑温泉是位于八甲田山附近山中的一家旅馆。这里自然环境优越,附近茑沼的新绿和红叶特别有名。同法师温泉一样,无色透明的硫酸盐泉泉水和气泡一起从浴池底部冒出,这样的温泉形态堪称顶级。旅馆的口碑也不错,特别是具有乡土气息的主楼,能以十分便宜的价格入住。

 

本州东北地区的温泉

 

 

16个浴场中体验极品温泉!(中房温泉的不老泉)

 

国见温泉(岩手县)   岩手县的国见温泉是位于山岳之中、冬季停业的秘密温泉。这里的硫磺温泉泉质优良。有石冢旅馆和森山庄两家旅馆,泉水都是一样的。许多人都是到这里,才对温泉有了新认识,笔者便是其中之一。   鸣子温泉乡(宫城县)   在温泉爱好者中流传着一句话:西有别府,东有鸣子。鸣子就是日本最具代表性的温泉乡之一——宫城县的鸣子温泉乡。不过,一般人对这个好去处还都不甚了解,所以笔者将其列入前20名的榜单中。这里的温泉多种多样,但具有代表性的是碳酸氢钠系的硫磺温泉。中山平温泉的琢秀、鸣子温泉的由佐屋、东鸣子温泉的高友旅馆——在这三家旅馆入浴,就能体验到泉水的优质。   中房温泉(长野县)   长野县的中房温泉因为源泉众多而成为日本具有代表性的温泉旅馆,拥有包括未利用源泉在内的36个自家源泉。丰富的泉水提供给包括足浴温泉、蒸气浴池、地热浴场在内的16处风格鲜明的浴场使用。想全部体验这些浴场的风情,起码要逗留两三天。此处泉质近乎纯硫磺温泉,但像碳酸氢钠泉一样滑腻。   在过去,这里不接受当天往返的客人,近年来由于修建了可供当天往返的客人使用的设施,方便游人前往。不过因为其地处深山,即使铺了柏油路,但往来仍很辛苦,晚上最好能投宿。

 

 

关西、中国地区的温泉

(注:中国地区包含鸟取县、岛根县、冈山县、广岛县、山口县等五个县)  

胜浦温泉(和歌山县)  

和歌山县的胜浦温泉拥有秀美的沿海景观和泉质优良的硫磺温泉,还有两家只能乘船前往的温泉旅馆,其中一家是浦岛酒店。店内有许多活水温泉浴场,便于大家做温泉巡游。  

 

三朝温泉(鸟取县)  

鸟取县的三朝温泉是山阴(日本本州西部面向日本海一带的统称)具有代表性的温泉地之一。这里有许多日本风格的大酒店,小旅馆也多如牛毛,温泉街上洋溢着独特的一体感。泉水优质,是日本最知名的镭矿高温温泉。只需去一次就会爱上那里。  

 

九州地区的温泉

 

虽然深藏在阿苏山中,但旅馆却十分舒适(南阿苏温泉乡垂玉温泉的山口旅馆)

 

南阿苏温泉乡(熊本县)   熊本县的南阿苏温泉乡是位于阿苏山麓的温泉群,其中心是两处秘密温泉——地狱温泉和垂玉温泉。地狱温泉是一家拥有气味浓厚的硫磺温泉的旅馆,价格非常便宜。垂玉温泉是一家处于山中、但规模很大的高级旅馆,其内特别设有供投宿者专用的可以目及瀑布的温泉,且泉质堪称一流。

 

 

泡在著名极品温泉中,或许就能悟道吧!(国见温泉的石冢旅馆)

 

妙见温泉(鹿儿岛县)   最后向你介绍鹿儿岛县的妙见温泉。编者个人虽然很喜欢雾岛温泉,但总的来说妙见温泉略胜一筹。尽管是小规模温泉地,但这里从温泉疗养旅馆到高级旅馆一应俱全,可以满足不同层次的预算需求。另外,碳酸氢钠碱土泉的泉质同样一流,值得特别关注。

|

« 3254中国は見る(1859)人気温泉ランキング BEST20(中) | Main | 3256中国は見る(1861)日本の三大名城 (上) 名古屋城 »

社会生活」カテゴリの記事