« 3241中国は見る(1846)徳島 阿波踊り | Main | 3243中国は見る(1848)京都 “大文字” 五山送り火  »

3242中国は見る(1847)高円寺 阿波踊り




 

1.いがみんなを包む ―― 高円寺阿波踊り 

2.【高円寺】 56回 阿波踊り

 

1.一笑倾众生------高円寺阿波踊り祭り

 2013-08-28 23:18:48  来源:素若的日志 网易博客

2.【日本·高円寺】实拍第56回阿波踊り祭り

 2012-09-03 22:27:50  来源:新浪博客

 

 

1.いがみんなを包む ―― 高円寺阿波踊り 

11_256

初めてこのような大イベントを撮影した。 いつの間にか数百枚撮り

後日整理した時、捨てるのに苦労した。 沢山の中から選拓するの

がのは、本当に大仕事だった。 その現場はの心を揺り

動かし、本当に感無量だった。 だが今日、文章を書こうとしたら

が出てこず、しばらく手こずった 文章は短く、写真は沢山載せま

す。 どうかお許しください。

1_312_21_4








 

これは老若男女の別なく、誰もがわざとらしさがなく、心の底から笑

いがでてくる、笑顔(これ以上適切な言葉見つからない一杯

お祭りだ。  デブ、ヤセ、醜と関係なく、どのり手の顔にも

笑顔があり、その笑顔は、十分にみんなを 笑いに巻き込む力を持

ち、“道路脇で拍手する人”に影響を及ぼしている 普段、まじ

めな顔をし、堅苦しい印象の島国の国民達このは、リラックス

し、会場の誰もがって

2389




10112122






7踊りのには、時折、“西域の顔”(西洋人)も

見られる。 祭りの中溶け込み、夢中になってい

て違和感がない。

 

12席の中で、盛大な祭りを記録するため、撮影

多くが一心不乱の表情で撮っている。  知らず

知らずのうちに、レンズを回した時、彼らにもシャッタ

ーをしています。 正に、“あなたが 景色を撮っているつもり

あなたも 他の人の 写真の中の景色になっているかもしれません

 

13祭りの途中で、席の前ゴミ袋を持った ボラン

ティアが来て、観客達が飲たゴミを、彼らの

ゴミ袋に拾っている。 もうじき終わろうとする時、雨

が降って来たので、早めに撤退した。   かし、想像するに、この

盛大なお祭りが終わって、みんなが帰った後、きっとまた戻って来

て、ゴミを残らずきれいにするに違いありせん。  日本の街がき

れいに片付けられているのは、国民 自ら進んでやるからにほかな

らない。

 

更に、蛇足を申しましょう。 写真をご覧ください。 彼らの笑いと熱

中さ好きです。 日本はいつ災害、放射能、大地震、火山爆発

が起きるかわかりません 彼らを見ていると、逆境に屈服せず、頑

張るがあります

23243132





33344142





4344






 

2.【高円寺】 第56回 阿波踊り

99_399_599_499_1





99_699_799_899_9




最近、ちょっと忙しかった。 学校が始まるからです。 今年は私の

学生時最後夏休みでした。 来年の今頃、自分は一体どこに

るでしょうか?

 

あっちこっちで撮影

 

月の最後の週末、25日,26東京高円寺盛大な阿波踊りが

開かれた。 東京高円寺の阿波踊りは、1957から始まりました。

99_1099_1199_1299_13




99_1499_1599_1699_17





2012の8月、56回東京高円寺の阿波踊りを迎えました。 高円

寺周辺の商店街が町おこしとして始めたものである。  期間は2

で、約1万人が踊り、観客は100を上回る。

 

客が高円寺の街に溢れる

 

今年イベントのテーマは笑顔と情熱です。 今回のイベントを通し

て、東日本大震と福島第一原発事故で被災した東北地方を支援

します

 

阿波踊りは、もともと400年余りの歴史がある徳島県の踊りが本

本元です。  毎年の夏、徳島から出発して、だんだんと

して、踊られます。

 

の4枚の写真の主人公達は知的障害の人です。  彼らの表情か

多少他の踊り手違いが分ると思います。 大会はこれらの知

的障害の人にも社会接触する機会を与えています。   人間性と

等性見られます。

 

どのグループの隊列の先頭は、旗竿を持つ人がいます。 

つの灯籠かりそこに自分の隊列の名称かれていま

す。 その後をついて踊る隊列を「連」といいます。 概算統計

すが、今年(12年)参加したのは約150連ぐらいありました

 

の隊列の中に、たまに人かの欧米の顔が見えます。

 

14

面白いおじさん

 

大会の中で、子供達のパフォーマンスも注目的です。 年齢小さ

い子供ほど、カメラの注を引きつけます

 

りは全体的には難しくありません。 きも多くなく、楽器のリズム

に乗りさえすればOKです。

 

の隊列最後「鳴り物」という楽団が続きます。 祭りで日本

しい特色ある楽器――三味線です。

99_1899_1999_2099_21





99_2299_2399_2599_27




99_2899_2999_3099_33




99_3199_3299_3499_35




99_3699_37




99_3899_3999_4099_41




99_4299_4399_4499





 

1.一笑倾众生------高円寺阿波踊り祭り

 2013-08-28 23:18:48  来源:素若的日志 - 网易博客

 

第一次拍这样的大型活动,不知不觉数百张,后日整理,忍痛割爱,十里挑一还真是大工程。当日现场的震撼人心,感慨万端,今日却提笔忘字,一时词穷了。。。文简图详,诸君见谅。

 

这是一场笑容(找不到更合适的词)的盛宴,不论男女老幼,毫不做作的,发自肺腑的笑。与胖瘦美丑无关,每个舞者脸上的笑容,散发出一种力量,足以一笑倾众生,牵动所有“站在路边鼓掌的人”的心。这个素日给人一本正经,正襟危坐印象的岛国国民们,是夜放松了神经,全场众乐乐。

 

舞者队伍里不时会有一些“西域面孔”,融入其中,同样专注而无违和感。

 

观众席中,为了纪录这场盛宴,许多拍者的表情同样投入而全神贯注。不由自主地转过镜头,对着他们按下快键,正是“你在拍风景,却不知,你亦成了别人镜头里的风景。”

 

隔段时间,观众席前会走过一些拿着垃圾袋的志愿者,让观从们将吃喝用过的垃圾放到他们的垃圾袋里收走。快结束时下了雨,提前撤离,但想象着这场盛宴结束时,众人离散后,也必定是挥一挥衣袖,不留下一片垃圾。岛国之所以街道整洁干净,少不了国民的自觉自愿性。

 

说再多,似乎都是画蛇添足。如图,喜欢他们的笑,他们的专注。。。想到岛国随时可能发生的灾难,核辐射,大地震,火山爆发。。。看着他们,却有一种逆境不屈的,感染的力量!

 

 

2.【日本·高円寺】实拍第56回阿波踊り祭り

 2012-09-03 22:27:50  来源:新浪博客

 

最近有点小忙,因为要開学了。这是Teddy学生時代最后一个暑假。明年这个时候不知道自己会在哪里,是

 

否还在东拍西拍

 

8月的最后一个周末,25,26号在東京的高円寺举行了盛大的阿波踊り。東京高円寺阿波踊り开始于1957年,

 

今年迎来了第56届。作为高円寺站周边商业街的一项活动,2天的活动期间,有一万多人参加演出,超过100万的

 

观众涌向了高円寺的街头

 

今年活动的主题是精神面貌,笑脸和热情。想通过这次活动,支援去年因东日本大地震和福岛第一核电站事故而成为受灾地的东北地区  

 

阿波踊り原本是拥有400多年历史的德岛县的当地风俗舞蹈。每年的夏天,都会从德岛出发,一点点的北移,进行表演

 

下面4张图上的主人公们都是一群智障人士。从他们的面部表情多多少少可以看得出与其他参演人员的不一样。大会给这些智障人士一个接触社会的机会,足以显示出其人性化,平等性

 

每个方阵队伍的最前面都有一个人举找一根旗杆,上面挂2盏灯笼,上面会写上自己队伍的名称,最后结尾的都带有个連()字。据不完全统计,今年参加的方阵有150个左右

 

方阵队伍里,偶尔会出现几张欧美脸

 

搞怪大叔

 

大会里,孩子们的表演时期中一个亮点。越是年纪小的孩子越能吸引镜头的注意

 

舞蹈总体来说不难,动作不多,只要跟着乐器节奏就OK

 

每个方阵队伍的最后都是吹拉弹唱的乐队。期中用日本的特色乐器---三味線的比较多

 

|

« 3241中国は見る(1846)徳島 阿波踊り | Main | 3243中国は見る(1848)京都 “大文字” 五山送り火  »

社会生活」カテゴリの記事