« 3236中国は見る(1841)山形 花笠まつり | Main | 3238中国は見る(1843)高知 よさこい祭り »

3237中国は見る(1842)仙台 七夕まつり

 

仙台七夕祭

来源:维基百科,自由的百科全书

 

 

仙台七夕まつりの飾り

0123










仙台七夕まつり仙台毎年8月6日~8われるもので、

日本最大で、北の歴史ある街へ多くの観光客引きつけ

ている。  今日、市内町内には、華麗できれいな七夕

つけが施されているだけでなく、夜には浴衣を着て パレードを見

られるなど、イベントも数多くあり、楽しめる。

 

宮城県仙台の七夕まつりは、日本で最も有名なお祭りで、昔の名残

りの旧暦(陰暦)の7に、七夕まつり(陽暦の8月初め) を行うこ

とになった。 主な飾りつけは、駅中央の七夕通りで、商店街のアー

ケード下に、たくさんの短冊、吹き流し、千羽鶴などが華麗に飾ら

れている。 これらすべて仙台七夕まつりのり付けある

 

は「七夕パレード」がわれ、お神輿、花車鼓笛隊など

禅寺からにぎやかに行進す 最近、仙台市では七夕まつりの前

に花火大会が行われ、夏の夜空をが彩り、観光客の目を 楽

しませている。

 

べものも楽しみタコ焼きなど

 

2005仙台七夕まつり。

 

沿革

 

七夕まつり。 国伝来の民間故事に基づくもので、仙台では400年

近い歴史があろ。 もともとは朝廷の貴族で星祭りとして 祝われ、「乞

」とも呼ばれた。 江戸時代から、民間われる 行事となっ

た。

同地の悠久の歴史を反映し、仙台の 七夕まつりには、多種多様な

りものがあり、それぞれ典故がある。 「衣」中国の女

が願ったように、手芸・裁縫が上手になりますようにというこ

と。  「吹き流し」は、天の川を象徴。 「銭」売繁盛を願うこ

と。 

 

今の仙台七夕まつは、1928年、商店街の 店主達が、大勢の見物

客を呼び込もうとして始まった。

 

イベント

 

仙台七夕祭まつりは2つに分けられる。 「仙台七夕花火まつり

「前夜祭」とも言われ、後半の七夕りの前座として、全部で 時間

に亘り、が相次いで打ち上げられ、魅了させている

 

「仙台七夕まつり祭」で8月6日から8日に行われる。 3日間

期間とする  「仙台七夕まつり、豪華絢爛 と 形容することがで

きる。  仙台七夕の飾り付けは手作りで、110数万円から数かか

る。 最後は審査が行われ、まつり雰囲気が最高に味わえる。

 

明治維新後、日本のまつりは西暦を採用することになったが、「仙台

七夕まつり」は、旧暦として日~にわたって行うこととした。

 

火大会

653_22_2

 

七夕まつりが行われるの夜、大会かれる。 千発

花火が、広瀬川空に 打ち上げられ、七夕まつり への期待

いっそう強まるので、花火大会は七夕まつりの華麗な前奏曲とも言わ

れ、そのすばらしさは、七夕まつりと比べても遜色がありません。 花

好きな人、絶対に逃さない方がいいです

 

連続、夜5時から時まで、仙台市で有名な禅寺通りから「

ード」が行われます。 この通りは、大勢のでにぎわい、大混雑

す。 40団体、約千人が、演ずるすばらしい踊と音楽イベントは

まつりを見る人に感動を与え、夢中にさせ、あちこちから 拍手と 喝

采が起ります。 仙台の夜は昼間よりもすばらしいです。

 

飾り付け

1_2113_3111









41_32_34_2







毎年七夕まつりの時、仙台市の中央通りの各商店はで作った

鮮やか伝統の竹飾りを飾っています。 七夕の飾り付けは何ヶ月

から作りで作り始められ、念入りに選んだ 10竹ざおの上

に吹流しなどの飾り、とりどり短冊、折鶴、巾着など 豪華絢爛な

装飾品が付けられ、中には願いを書いたものもありました。

 

本の竹ざおに飾り付ける装飾品の価格は数10万~数百万円する

そうです。 主催者は数多い展示物の中から審査の上その年

優秀作品を金、銀、銅、優秀賞を選出します。 

 

Photo繁華街には、風に揺れ、美を競うように、七夕の飾り

ずらりとび、そぞろ歩きする々の目を楽しませ

ます。 今では、地方の商店を呼び寄せるた

めのおとなっています。  とりどりに飾られた短冊や吹き流

しに覆われた七夕の商店街の長い通りを 歩いていると、人込み

押し合いとなり、お祭りにきたというじになります。

 

仙台七夕まつり協賛会の調査によると、七夕美しい飾見るた

りで仙台に観光に来る人が、トータル 2~300

に上るとのこと。 七夕まつりは、比類ない魅力があると いえるよ

うです。

 

 

七夕商店街に掛けられている大型のクス玉も、仙台商店街が

始めたものです。

 

仙台のこのクス玉は装飾の外、身銭を切った店主の特別な任務

あります。 クス玉には下にとても長い髭があり、長くて道を塞ぎます

そうすると、おがふらふらと店内に入ってきます。 これ店主の

狙いです。 このクス玉は品質良い紙で作られており、破れにくく、

を傷つけることはありません。 クス玉はとても高いので、になる

、店の人はそれをしまいます。

 

 

 

仙台七夕祭

来源:维基百科,自由的百科全书

 

2010年仙台七夕祭的装饰。

 

仙台七夕祭(日语:仙台七夕まつり/せんだいたなばたまつり Sendai Tababata Matsuri)是仙台每年八月六日到八日舉行的七夕祭,規模全日本最大,吸引很多遊客到北方古城。今天,不僅市內各地都掛下華麗漂亮的七夕裝飾,還舉行大家穿上浴衣參加的晚間游行等;節目豐富別有情趣。

 

宮城縣仙台的七夕祭,在日本是最有名的祭典,按照古老習慣,於舊曆(阴历)的七月七日,也就是七夕节(阳曆的八月初)舉行。主要的風景物是位於車站中央的七夕街道,商店街的圓拱形出入口被華麗裝飾著,許多的短箋、風旛,以及華麗的千羽鶴,這些都是仙台七夕才有的裝飾物。而在傍晚舉行七夕遊行,抬神轎、花車,鼓笛隊伍等,經由定禪寺熱鬧地遊行。近年來,仙台市在七夕祭典的前夜,舉行煙火大會,彩繪出夏天夜空的煙火,讓觀光客目不轉睛地欣賞。

 

而其中也不乏小吃,章鱼烧等等。

 

2005年仙台七夕祭。

 

 

沿革

 

七夕節,来源于中国民俗,在日本仙台已有近400年的歷史,该节日原是朝廷貴族的祭祀活動,又稱「乞巧奠」。從江戶時代起,才成為一種民間慶祝活動。 反映著當地的悠久歷史,仙台的七夕裝飾五花八門而都有典故:紙衣服追溯到古代中國姑娘們的「乞巧」,風幡代表天河,紙錢褡則表示商人要多賺錢,因為現在的仙台七夕節是1928年,當地商店的老闆們為了吸引更多顧客而發起的。

 

活動

 

仙台七夕祭分為兩部份,「仙台花火祭」(仙台七夕花火まつり)又稱「前夜祭」是為後半段的主祭暖場,前後施放長達兩個小時的煙火,美不勝收,引人入勝。

 

「仙台七夕祭」(仙台七夕まつり)又稱「本祭」﹝8/6~8/8﹞。為期三天的「仙台七夕祭」,只能用豪華燦爛來形容,特有的仙台七夕裝飾純手工製造,一支從十幾萬日圓到數百萬日幣都有,最後還會有評選,讓人感受到濃濃的慶典味道。

 

明治維新以後,日本節慶祭典日期以西曆為依據,「仙台七夕祭」仍依循舊曆節氣在86日至8日舉行。

 

煙火大會

 

在七夕祭正式開始的前一晚,還特別舉行熱身的花火大會,大約12千發的亮彩煙火,燦爛大派地在廣瀨川上空燃放,更加點亮眾人對七夕祭的期盼,堪稱是七夕祭的華麗前奏曲,精彩程度與七夕祭相較實在毫不遜色,喜歡看煙火的人,千萬不要錯過。

 

而連著3天傍晚從5時到7時,在仙台市著名的定禪寺通舉行的表演遊行,使得這條街道被洶湧人潮擠得極為擁塞,包括40個團體、約2千人合力演出精彩的舞蹈與音樂,可說為七夕祭增添了不少動感,令圍觀群眾看得目不轉睛、頻頻拍手叫好,仙台市夜晚的表情簡直比白天更美。

 

裝飾習俗

 

每年七夕節的時候,仙台市中心大街的各家店舖都裝飾著用和紙做的色彩艷麗的傳統竹飾。七夕裝飾品幾個月前就開始手工製作,在精心選好的十米長的竹竿上掛上紙花綵球、色彩繽紛的紙串、各色各樣的千羽鶴、錢褡等豪華絢麗的裝飾品,有的還掛上寫滿願望的長紙條兒,據說一根竹竿上所掛的裝飾品價格為數十萬到數百萬日元。主辦方會從眾多的展品中評選出當年最佳的金、銀、銅、優秀等獎項以示鼓勵。掛在鬧市上的七夕裝飾鱗次櫛比,爭奇鬥艷,迎風飄蕩,漫步在其中讓人賞心悅目。衍伸到現在多成了地方商店街招攬顧客的噱頭祭典。穿梭在被彩球串淹沒、佈置得爭奇鬥豔的一條條商店街上,與周圍的擁擠人潮摩肩擦踵,頗有參加廟會的感覺,根據仙台七夕祭協贊會調查,為了觀看七夕祭美麗的裝飾,3天的祭典共可吸23百萬人來到仙台觀光,可見七夕祭無與倫比的魅力。

 

現在七夕商店街上掛的大型吊飾附有好幾條鬚鬚的圓球狀吊飾稱「くす玉」便是自仙台商店街開始的。

 

仙台這個球型吊飾除了裝飾之外,還身負出錢店主賦予的特別任務,下面長長的鬚鬚,長到很擋路,這樣顧客就會晃晃晃到商店內,這便達到店主的目的。這種吊飾是用品質很好的和紙製成的,不容易破,也不用擔心會割傷路人,一具吊飾還挺貴的,所以晚上,店家還會把他收起來。

 

|

« 3236中国は見る(1841)山形 花笠まつり | Main | 3238中国は見る(1843)高知 よさこい祭り »

社会生活」カテゴリの記事