« 3235中国は見る(1840)秋田 竿灯祭り | Main | 3237中国は見る(1842)仙台 七夕まつり »

3236中国は見る(1841)山形 花笠まつり

 

山形花笠节

来源:百度百科

000012345690000120000123456000012345_2

 

赤い花飾りをつけた花笠を手に、1万名の 踊り手が歌に合わ

て踊り練り歩くのは、歴史としてはそんなに古くない(パレー

ドとして始まったのは1964年である)、しかし“山形の花笠ま

つり”は、3日の間に100万人 以上の人を 集め、今や、東北

地方の代表的なお祭りの一つとなった。 一般に、“東北の四

大祭り” というと、通常は 「仙台の七夕祭り」、「青森のねぶた

祭り」、「秋田の竿灯祭り」  「山形の花まつり」 指す

 

おまつりの簡単な紹介

 

8月5~7日 十日町角から文翔館前まで

 

山形県山形市

000012345699 0000123456999 000001234569999 0000

 

いわゆる“花笠”とは、赤い花飾りをつけたスゲ笠のことです。 

山形の花笠まつりでは、踊り手達はグループごとに同じ衣装

統一し、手に “ 紅花 (山形県特産品)” の スゲ笠を 持ち、

形市内の主要な通りを練り歩いた(約100団体 1万人が

レードに参加した)。  パレードで先陣をつとめるのは華麗

蔵王大権現の 山車” ( いわゆる“山車”とは、まつりの際、

いろんな飾りつけをした花車のこと)。

 

はーぁ やっしょお! まかしょ!” の 独特な掛け声と共に、

お囃子と太鼓にあわせての調子は、にぎやかな雰囲気を一

層盛り上げた。

 

また踊りの振り付けも時代に連れて次第に変化した。  以前

「一糸乱れず」の正調・集団美だったが、現在は、活力ある

回しや創作ダンスも 加わり、いろんな踊りが人々から好感

をもたれ、見ごたえのあるおまつりに変ってきた。 また、飛び

りで参加することもできるようになり、個性十分な踊りも、見

物人に楽しみを持って受け入れられるようになった。

 

山形 花笠まつり

 

山形花笠まつりは、東北地方の夏の伝統的まつりの一つで、

年8月に行われる。  現在、東北の四大祭りとして、山形

の花笠まつりは全国的に有名となっている。 山形花笠まつ

りの起源は、花笠まつりで歌われる 「花笠音頭」 と言われて

おり、大正中期に尾花沢で土木作業時の調子に合わせて歌

われ、「花笠踊り唄」とも呼ばれる。

 

東北四大祭りの一つ 山形花笠まつり開幕

 

共同通信の報道によると、東北地方の夏の伝統的まつりの

一つ、山形の花笠まつりが、山形市で幕を開けた。 雨がし

としと降る中、あでやかな服を着、山形特産の“紅花のスゲ

笠”を手にした踊り手達が楚々と美しい踊りを見せながら市

の中心を 練り歩き、沿道の観光客から ひとしきり歓声が上

がった。 48団体の約4200人の参加者は雨をものともせ

ず、華麗な踊りを見せていた。   太鼓の音とお囃子が夏の

夜空に響き渡った。 

 

山形花笠まつりの発 

 

花笠まつりは最初は「義光祭」(山形の初代藩主・最上義光

祭る)と呼ばれた。 一般的に山形市の花笠まつりは、当

時の山形市の 実業家で山形新聞と山形交通の社長だった

服部敬雄氏の発案で始まったとされる。

 

花笠まつりが始まった当初、踊りのパレードもあったが、山

行列もあった。   だが、一般の人々は、服部氏に反発し、

山形市民の多くは花笠まつりを見に行かなかった。

 

現在、花笠まつりは、山形の 花笠まつり(8月上旬)の ほか、

おばなざわ花笠まつり(8月下旬)、天夏まつり(8月上旬)

などがある。

 

花笠踊り

 

花笠踊りは、田植え踊りを元に、スゲ笠に紅色に染めた紙を

びつけて花笠を作り、振ったり回したりして、景気をつけた

が始まりと言われています。   花笠まつりで踊られる、踊

り方は、山形県内の各地域によって 異なり、およそ 10種類

ぐらいの踊り方があります。  ですが、昭和38年(1963年)

に、誰でも踊ることが 出来るようにと、新しい振り付け「正調

花笠踊り ~ 薫風最上川」に統一され、標準的踊りが 誕生し

ました。   しかし、この踊りの本来の意味は紅花を採集する

もので、楚々とした動きは女踊りであり、男性達はこの踊りを

敬遠しました。

 

そのため、平成11年(1999年)、豪快な男踊りが作られ

した。 「正調花笠踊り~蔵王暁光」です。 

 

また、「おばなざわ花笠まつり」で踊られているいわゆる「笠

回し」で参加する団体も多い。 笠回しには5つの流派がある。

 

 

 

 

山形花笠节

来源:百度百科

 

1万名舞者手持红花斗笠载歌载舞,尽管历史不算很长(第一次单独举办是在1964年),但“山形花笠节”在3天之内能聚集100万以上的人群,现在已经成为日本东北地区具有代表性的节庆活动之一。一般说到“日本东北四大节庆”,通常是指仙台七夕节(仙台市)、青森大灯节、秋田竿灯节(秋田市)以及“山形花笠节”。

 

 

节日简介

 

857 从十日町角到文翔馆前

 

山形县山形市

 

所谓“花笠”,就是用人造花等装饰的斗笠。在山形花笠节上,舞者们按不同集团穿着统一的服装,手持“红花(山形县的特产)”斗笠,在山形市内的主要街道上边走边舞(约100个团体的1万人参加歌舞游行)。游行队伍中打头阵的是装饰华美的“藏王大权现山车”(所谓“山车”,是在节庆活动时布满各种彩饰的花车)。“呀笑!吗喀笑!”的独特号子声和花笠大鼓的欢腾热闹,也为节日增添了热闹的气氛。

 

此外,舞蹈的风格也随着时代逐渐演变,以前比的是一丝不乱的集体美,现在包括极富活力的耍斗笠和富有创意的原创舞蹈等在内,各种舞蹈形式都得到了人们的喜爱。而且,临时参加者带来的个性十足的舞蹈,也给看客带来了美的享受

 

 

 

山形花笠节

 

 

山形花笠节是日本东北地区的夏季传统节日之一,是每年8月的一次夏季盛会。现在作为日本东北四大节庆活动的山形花笠节闻名全国。

 

 

日本东北四大祭典之一的山形花笠节开幕日本东北四大祭典之一的山形花笠节开幕山形花笠节是日本东北地区的夏季传统节日之一,是每年8月的一次夏季盛会。现作为日本东北四大节庆活动的山形花笠节闻名全国。传说山形花笠节来源自花笠节时演唱的《花笠音头》,也有人认为源自大正中期尾花泽地区土木工作时用来打拍子的调子,也叫做《花笠舞歌》。

 

 

日本东北四大祭典之一的山形花笠节开幕

 

 

山形花笠节 山形花笠节 据日本共同社报道, 日本 东北地区的夏季传统节日之一“ 山形花笠节 ”在山形市拉开帷幕。在霏霏细雨中,身着鲜艳和服手拿当地特有的“红花斗笠”的舞者们迈着婀娜的舞步通过市中心,沿途的游客发出阵阵欢呼。 来自48个团体的约4200名参加者丝毫不受阵雨的影响,表演了华丽的舞蹈。太鼓声和嘹亮的号子声响彻夏日的夜空。 

 

 

山形花笠节 - 发展 

 

山形花笠节山形花笠节山形市的花笠节最初叫做义光节。一般认为山形市的花笠节是当时的山形新闻和山形交通的社长在山形市的实业家服部敬雄的指示下举办的。

 

花笠节举行的当初,在盛装游行中也有花车在巡行着。不过,一般认为,因为排斥服部,所以山形市民中很多人都不去参加花笠节。

 

目前跳花笠舞的庆典除了山形的花笠节(8月上旬)以外,还有,obanazawa花笠节(8月下旬,尾花泽市)、天童夏季节庆(8月上旬)。

 

山形花笠节 

 

 

舞蹈

 

关于舞蹈,草编的斗笠上面装饰上染成红色的纸花,象征着景气回复的意思。

花笠节上表演的舞蹈,其动作在山形县内各地域约有10种左右,不过,昭和38年(1963年)这些自创的舞蹈动作被统一成“正调花笠舞,熏风最上川”,成为标准性舞蹈动作。可是,这种舞蹈原意为采集红野花时的舞蹈,楚楚的动作,男性们都对其敬而远之。

 

因此,在平成11年(1999年)加入了豪爽的动作,出现了“正调花笠舞,藏王山曙光”。尾花泽地区参加的团体多采用跳跃时旋转斗笠,在斗笠旋转的方式上还存在5个流派。

 

|

« 3235中国は見る(1840)秋田 竿灯祭り | Main | 3237中国は見る(1842)仙台 七夕まつり »

社会生活」カテゴリの記事