« 3224中国は見る(1830)日本の女子高生 同級生を殺し 死体を切断(続) “人を殺してみたかった” | Main | 3226中国は見る(1832) 木村拓哉 《HERO》「月9」復活(上) »

3225中国は見る(1831)日本人は 夏の花火が大好き

 

1.日本人は 夏の花火が大好き

2.日本:花火が上がると、夏が来た気がする

 

1.日本人爱在夏天放烟花 

 2006011618:40  来源:世界新闻报

2.日本:放了焰火,才像到了夏天 

 2014070613:47   来源:人民网

 

 

 

1.日本人は 夏の花火が大好き

 

00花火を打ち上げるのは 日本の伝統文化の一つであ

る。 日本人によると、彼らは“心”で花火を感じる民

族だという。   毎年8月15日前後になると、日本各

地の自治体で花火大会が行われる。  東京だけでも、

30から40ヶ所で花火大会が行われる。 

 

東京で最も評判で、規模も最大なのは、東京の隅田川 の花火大

会である。 この隅田の花火大会は、毎年7月の最後の土曜日

行われる。   それは夏がやってきたことを示すものであり、それに、

東京の真ん中で行われるので、いつも 四方八方から人々が隅田

川にやって来て花火を楽し 

 

花火大会では、女の子達はみな 浴衣を着、下駄を履き、手に団

扇を持って、三三五五 土手に集り、地面に座って、打ち上げら

る、色とりどりの美しい花火を楽しむのである。 隅田川の花火大

会は第一会場と第二会場に分かれている。   去年、第一会場で

は 9350発、第二会場では 1万650発を打ち上げた。   日本で、

一、二を争うほどの花火大会である。

 

花火は、日本では数百年の歴史がある。 隅田川の花火大会は

1733年(江戸・享保年間)に始った。 当時、隅田川の川開きを

記念して行われたものだが、その後、毎年 7月の最後の土曜日

に花火大会が行われるようになった。 

 

日本では一年中、花火を上げることが多い。 北海道では、毎

12月、1月、2月に花火を上げている。 北海道は日本でスキー

の絶好の場所であり、 この時に、 花火を打ち上げるのはスキー

客と観光客を 引きつけるためで、いわば自己PRの手段である。 

おなじように、温泉で 有名な熱海も、一年中、花火を打ち上げて

いる。 そのうちでも 8月が 一番多く、ほとんど毎週一回打ち上

ている。 

 

花火の生産現場は 住居地から距離を置かねばならない

 

日本人は花火を見ることが大好きだ。 しかし、日本で花火を

売する店を見たことがない。日本の友達によると、毎年の夏8月

後、日本では、いろんな 名目の祭りが多くあり、その時、花火

を売っている。 しかし、どれも小さい花火だ。 花火大会で上げ

るような花火は、花火を上げる組織の人が、規定のルートを通じ

て購入するもので、一般の個人では買えないという。 

 

日本では花火を作るのに必要な火薬について、運送や貯蔵の

理がとても厳格になっている。    日本では、法律で、花火工場は、

繁華街から離れた 辺鄙な山地に建てるよう定められており、も

爆発が起こっても、他の仕事場に 影響しないよう、仕事場と仕事

場の間も必ず一定の距離を置かないといけない。   花火工場は

住宅地から離れていないといけない。 

 

花火の火薬の運送で、もしも150キロを超す時は、事前に所

の公安委員会に必ず報告しなければいけない。 運搬許可

得なければ。輸送することができない。 火薬の販売と貯蔵につ

いては、毎年、当局に報告しなければならない。 また、花火を作

る工場を建設したい時は、必ず通商産業大臣の許可を得なけれ

ばならない。 そうでないと違法となる。 

 

 

2.日本:花火が上がると、夏が来た気がする

 

日本人の多くが、“花火が上がると、夏が来た気がする” とい

う。

 

確かに、“真夏”になると、日本各地で規模がそれぞれの花火

大会が行われる。 日本人の多くは、夜空にスーッと上がって、

絢爛豪華に開く花火は、夏の日の蒸し暑さを一掃してくれる感

じがし気持ちが爽快になるという。

5237





Photo4617









891012




15





東京浅草寺近くの隅田川の花火大会は、今年は7月26日に開

かれ、今年で 37回目になり、規模が大きく、最も人気のある

火大会である。   夜7時から8時30分まで行われ、全部で2万

発の花火が打ち上げられる。 最後に花火が続けざまに打ち上

がるのは、とてもすばらしいものだ。

 

 

隅田川は東京を貫流し、東京湾に流れる重要な川で、花火の打

ち上げ場所は、有名な 浅草寺近くにあり、この一帯の人出は最

多い。 良い場所を取ろうと、午後3~4時から、きれいな浴衣

を着た大勢の男女、小さな 団扇を手に、花火を見にやっ

ます。 伝統的な 浅草寺一帯、至る所で、若い女性達

履き、髪の毛きちんと巻き上げた格好です。 ど子も

純で、かわいいです の商店では、女の子達が楽し

うにいろんなを買っている姿や、たこ焼きや、トウモロコシを

食べている姿を見ることができます。  ゆったりした

雰囲気で、日本の他の季節では、めったに 見られないものです。 

の浴衣の色は比較的簡単で、大体がや、す。 そ

れに対し、女達の浴衣どれもかわいく、さわやかな図柄で、

花火と花、ロマンチックでもありきらきら光る夏の日の記憶に

残る思い出の一頁になります。

 

招商国際旅行社は毎年花火当日の午後、観光団を浅草寺に

手配ています。 訪日の中国人観光客日本の文化の

も市民的で、最も感動的な一に喜びときを感じています。

 

 

1.日本人爱在夏天放烟花 

 

放烟花是日本的传统文化之一。日本人说他们是一个用“心”看烟花的民族。每年一到815日前后,日本各地的自治团体都要组织焰火晚会,日本称“花火大会”,仅东京一带就有不下三四十场焰火晚会。 

 

东京最有名气、规模最大的焰火晚会是以横穿东京都的河流隅田川命名的。晚会在每年7月的最后一个星期六举行,它预示着夏天即将来临,再加上又在市中心举行,所以每次都有很多人从四面八方来到隅田川观看焰火。 

 

晚会上,姑娘们一般都喜欢身着浴衣、脚蹬拖鞋、手拿扇子三五成群地来到河堤边席地而坐观看五彩缤纷的焰火。隅田川焰火晚会分第一会场和第二会场。去年,第一会场放了9350发、第二会场放了10650发,这样的数量在日本来说是数一数二的。 

 

放焰火在日本已经有好几百年的历史了。据说隅田川焰火晚会始于1733年,那时放焰火是为了纪念隅田川运河的开通,以后发展到每年7月的最后一个星期六都要举行焰火晚会。 

 

在日本,一年中放焰火的时候很多。在北海道,每年的12月、1月和2月份里都放烟花。北海道在日本是滑雪的最佳地方,不用说,在这个时候放烟花也是为了吸引更多的滑雪者和游客,是一种自我推销的手段。同样,在以温泉著名的热海,一年四季都有放焰火的,其中8月份最多,几乎是每周一次。 

 

生产车间也要保持距离 

 

日本人喜欢看焰火,但记者在日本没有看到有哪一家商店经销烟花。日本朋友告诉我,每年夏天8月前后,日本各种名堂的节日很多,那时也会卖烟花,但都是很小很小的烟花,焰火晚会上用的烟花都是组织者通过规定的渠道购买的,一般个人买不到。 

 

日本对生产烟花所用火药的生产、运输和储藏的管理非常严格。在日本,法律规定生产烟花的工厂必须建在远离闹市的偏僻山区,车间与车间之间必须保持一定距离,以防一旦有个车间发生爆炸也不至于影响到其它车间。烟花工厂必须远离住家。 

 

运送生产烟花的火药,假如超过150公斤就必须事先报告所在地区的公安委员会,得到许可并有了搬运证明后才能运送。火药的销售和储存每年都必须向有关当局报告。此外,某个人要想建设生产焰火用的火药制造所,也必须得到通商产业大臣的许可,否则都属于违法。 

 

2.日本:放了焰火,才像到了夏天 

 2014070613:47

 

很多日本人都说,放了焰火,才像到了夏天。

 

确实,到了“真夏”(盛夏),日本各地都有规模不同的焰火大会。很多日本人认为,见到一冲而起、绚烂喷放的焰火,会感觉夏日的沉闷被一扫而光,心情特别爽快。

 

东京浅草寺附近的隅田川花火大会,到今年7月26日再开已经是第37回了,是规模最大、最有人气的观赏焰火地之一。从晚上7时开始到830分结束,一共要施放两万发焰火,而最后焰火大连发更是精彩无比。

 

隅田川是一条从东京市内流入东京湾的很重要的河流,而施放烟火的地点又在著名的浅草寺附近,这一带人潮最为汹涌。为了占据好的观赏地点,从下午三四时开始,就会看到穿着漂亮和服浴衣的男男女女,摇着小圆扇,出发来看烟火。古色古香的浅草寺一带,到处可以看到年轻的女孩子穿着木屐,头发利落地盘起,一改往日西装套服的严肃打扮,一副邻家俏妹妹的清纯、可爱。仲见世小商品街上更可看到女孩子们在快乐地选购各种小玩意儿,贪嘴地吃着各种小团子、煎菜饼,满街休闲、轻松、欢乐的景象,在日本的其他季节还确实很不多见。男孩子的和服浴衣颜色比较简单,基本上是白色、蓝色的,而女孩们的和服浴衣,却都印着各种可爱、清爽的图案,焰火和花朵,演绎出一个浪漫、璀璨的夏日,成为很多人夏日回忆中最温馨的一页。

 

招商国旅每年都会刻意在焰火当日下午,安排团队前往浅草寺。让游客们惊喜地感受到东瀛文化中,最市民、最动人的一幕。 

 

|

« 3224中国は見る(1830)日本の女子高生 同級生を殺し 死体を切断(続) “人を殺してみたかった” | Main | 3226中国は見る(1832) 木村拓哉 《HERO》「月9」復活(上) »

社会生活」カテゴリの記事