« 3233中国は見る(1838)《朝日新聞》慰安婦報道の一部に「誤りがあった」と認め 報道を取り消す  | Main | 3235中国は見る(1840)秋田 竿灯祭り »

3234中国は見る(1839) 青森ねぶた祭り

 

 

青森灯笼节

来源百度百科

5_310124

11973


2

 

毎年になり、特に月になると、日本全国各地 ほとんど毎日

ように各種伝統の祭りのイベントが行われている。 東北地方で

は四つの有名なお祭りある。 その四つのお祭りとは青森県の

ねぶた、秋田県の竿灯祭り、山形県の花笠踊り、仙台の 七夕

祭りである       そのうち、青森県のねぶた、1980年には、

国の重要無形民俗文化財に指定され

 

青森県のねぶたりは毎年日~まで開催され夜7から

始まる。

 

祭りの簡単な紹介

5_2

 

 

7時15分、司会者のねぶたり開始 宣言と同時に、太鼓、竹笛

の音が鳴り響き、「ヤーレ、ヤーレ、ヤーレヤ」 「ラッセ、ラッセ」

「ラッセラー」「ヤーヤドー」「ヤーレ、ヤーレヤ」 等の掛け声ととも

に、武者等を模った人型や武者絵の描かれた扇型の山車燈籠を

引いて街を練り歩く。   ねぶたの後を、太鼓や竹笛の囃子方がつ

き、花笠を被ったハネトが舞い踊る。

 

至る所日本伝統の浴衣和服)を着た老若男女が、

服の上にいろんな小さい鈴や飾り物身に付け、道を 歩きながら

声を上げている。  この浴衣はねぶた盛装です。  青森の

ぶたは他の場所の祭りと違い、祭りの服装をすれば、

ぶたの隊列に参加することができます。

 

日本の浴衣

 

日本で浴衣は、人々が思っているようなお風呂上りに着るバスロー

ブやパジャマのたぐいではない。 浴衣ともと湯上りで直接素肌

で身にまとい、涼むために伝統的な 略装である。  正しい着方

は和服と同じだが長襦袢は着用しない。   浴衣のデザイン伝統

な和服似ており帯で結う。 

 

大型のねぶた

 

青森県のねぶたりは、毎年8月2日ー8月7日、夜から始まる。

大型ねぶたは 花形で、祭りの最終日(7日)、ねぶたの海上

運行が行われ、人々は 海上の雄大な姿を 鑑賞する ことができ

には、に盛大な花火が打ち上げられ、ねぶたを大いに

り上げる。

 

町中を練り歩く時いろいろな角度から人々に見てもらえるよう大型

の燈籠を作らなければならない。 これらの 灯籠のほとんどは中国

の《三国演義》、《水滸伝》日本神話から題材を取っている。

 

灯籠は木製の骨組みしっかりと作った後、紙の上に黒いフチや線を

描く書割をし、それから彩色する色付けを行います。 灯籠は大きく

て、高さ約 5、6メートルあり、灯籠の内部には多くの電灯装備

ています。 1つの灯籠は軽くて数百キロ、重いのは数トンもあり

ます。    つの灯籠の制作には普通は数ヶ月かかります。 資金の

大部分は現地企業から賛助や、一般からの供出です。  祭り

の日になると、出来上がった 灯籠が台車に載せられ、数十の若

い人が前を引っ張り後ろからすなどして 市の中心灯籠祭に

行していきます。

 

みんなに紹介したいのは、祭りの中の太鼓です。 それ見上げ

高さは3,4メートルあります。  前後にそれぞれ 人の太鼓をた

おり、太鼓のにも6太鼓をたたく人がいます。   みん

な全身の力を使って、1メートルくらいの長い竹棒で強く太鼓をたた

きます。    鼓のが天地を 揺るがし、にぎやかな ねぶたりを

いやが上祭り雰囲気を盛り上げます

 

 

青森灯笼节

 

来源百度百科

 

每年一到盛夏,特别是进入8月份后,日本全国各地几乎每天都要举行各种传统节日活动。在日本东北地区有四大传统节日尤为著名,分别是:青森县的灯笼节、秋田县的芊灯节、山形县的花笠节和福岛县仙台的七夕节。其中,青森县的灯笼节在1980年被指定为国家重要无形文化遗产。

 

青森县的灯笼节每年82日至7日举行,每晚7点左右开始。

 

 

节日简介

 

 

715分,主持人宣布灯笼节开始,顿时鼓声、竹笛声和钲声大作。表演者高喊口号,推着形状不一的巨型灯笼向观众走来,紧跟在灯笼后面的是日式大鼓和吹竹笛的乐队。头戴花笠的表演者翩翩起舞。

 

街上到处是身着日本传统浴衣(一种夏季穿的单和服)的男女老少,衣服上还挂着各种小铃铛和饰物,走起路来发出响声。这种浴衣就是灯笼节的节日盛装。青森灯笼节和其它地方节日不同,只要身着节日服装,谁都可以随时加入行进队伍中。

 

 

日本浴衣

 

 

在日本,浴衣并非完全是人们所理解的洗澡后穿的浴袍、睡衣一类。在日本,浴衣原本也是洗澡后直接套在身体上的,作为一种乘凉用的传统的简易装束,正确的穿法同和服一样,有些里面不穿底裤。因为浴衣的款式更像传统的和服,要绑腰带,上花结,要配上相应的发型、手袋,所以人们往往把浴衣和价格昂贵的传统和服联想到一起。

 

 

巨型灯笼

 

在日本东北地区有四大传统节日尤为著名,分别是:青森县的灯笼节、秋田县的芊灯节、山形县的花笠节和福岛县仙台的七夕节。

 

青森县的灯笼节每年82日—87日,晚上7点开始。巨大人型灯笼是节庆的重点,庆典的最后一天,最气派的大灯笼被运到船上,人们可以从海上欣赏它雄伟的身姿。夜晚的天空绽开硕大的礼花,把大灯笼节推向高潮。

 

街上到处是身着日本传统浴衣的男女老少,衣服上还挂着各种小铃铛和饰物,走起路来发出响声。

 

每走一段路,表演者都要从各个角度向观众展示他们制作的巨型灯笼。这些灯笼有很大部分取材于中国的《三国演义》、《水浒传》以及日本的神话传说。

 

据说,做灯笼先要做好木制的架子,然后把彩色画糊到架子上。灯笼很大,有的高约五六米。灯笼内部装有好多电灯,一个灯笼轻则几百斤,重则几千公斤。做一个灯笼一般要好几个月。资金大部分来自当地企业赞助,百姓只是象征性地出点钱。到节日那天,把做好了的灯笼放在架子车上,几十个年轻人前拉后推地拉到市中心参加灯笼节。

 

值得一提的是游行中的日式大鼓。它看上去足有三四米高,前后各有4名打鼓人,鼓上头还坐着6名打鼓人。每个人都使出浑身的力量,用一米来长的竹棍使劲地敲打大鼓。鼓声震天,给本来就很热闹的灯笼节增添了不少气氛。

 

|

« 3233中国は見る(1838)《朝日新聞》慰安婦報道の一部に「誤りがあった」と認め 報道を取り消す  | Main | 3235中国は見る(1840)秋田 竿灯祭り »

社会生活」カテゴリの記事