« 3242中国は見る(1847)高円寺 阿波踊り | Main | 3244中国は見る(1849)富山県 越中“おわら風の盆” »

3243中国は見る(1848)京都 “大文字” 五山送り火 

 

1.“大文字”  五山送り火 

2.五山送り火

 

1.“大文字”五山送火祭

 2009/12/19 16:44:08 来源:携程旅游网

2.五山送火

    来源:百度百科  

 

 

 

1.“大文字”  五山送り火

 

時間:8月16日

 

場所:京都周囲の5つの山

Photo211101








101_2132Photo_2




13








内容:“大文字”  五山送り火りは、京都の5つの山の上で行われる

かがり火ことである。 京都の夏の夜、5つの山の上の5つ漢字

に火が点けられる。 祖先の霊を送るためである。 京都の祇園祭り

夏の始まりとするなら、大文字のかがり火は夏の終わりを意味する

もので、“山の火は、夏の日に別れを告げものといえる 毎年

数万の観光客が、この雄大な景見物する

 

つの大なかがり火は、それぞれ東山の“大”文字のかがり火、金

閣寺の近くの“大”文字のかがり火、京都国際会議ホール近くの“

法”のかがり火、北山“船”形のかがり火 と嵯峨の“鳥居”のかがり

がある

 

交通:JR新幹線京都駅下車。

 

その他:大文字山は銀閣寺の南東にあり、海抜466メートル。 大文

字の火は最高峰の 如意岳の上で点火される。  銀閣寺の外、高台

寺、哲学の、南禅寺など素敵な場所がある

 

 

2.五山送り火

 

五山送り火は京都市の各山の上でかがり火を点火する儀式であ

る。 8月に行われるお祭り中で最も壮観なものである。 江戸時

代の初すでに大文字送り火の記録がある。  五山送り火は弘

、流行していた疫病の退散を願って、山で“大”の字

形の形のかがり火を点火したのが始まりという

Photo_3


 

国語  「五山

 

時    間 「8月16日夜8時」

 

場  所  「京都市

 

 日   「8月16日夜8から」

 

字の“大”という第一画80メートル、第二画160メート

ル、第三画120メートルで全部で75の場所うず高く積んだ

材の松葉を、夜時に一斉にます。 火をつけ時間は、

それぞれ30間ですつける時間はそれぞれ若干違いま

す)この日の夜大文字の 火が、元のグラスの 酒洗面台の

影が逆さに映ると、気にかからない。  また、った

よけになるというの 当日夜、5つの山(大文字形、妙法形、

形、左文形、鳥居形)で同時にかがり火点火される 京都

どの場所からも、はっきりこの壮観な景色を見ることができ

す。   夜空を焦がして、ごうごうと 燃え盛る火の手、京都の夏

の夜空を彩る美しい詩と言うことができます。

 

概要

 

京都の有名な伝統行事。 葵祭り・祇園祭り・時祭りと並んで、

都の四大祭りと呼ばれている。

 

毎年8月16五山で行われる送りは、死者の霊をあの世へ送り

届けるとされる。

 

大文字”(京都市左京区浄土寺大文字山【如意

 20時00点火)

Photo_7



法”(京都市左京区松西山及び東山。 20時10

Photo_8Photo_9


船形”(京都市北区西賀茂船山。 20時15

Photo_10



左大文字”(京都市北区大北山左大文字山。 20時15火)

Photo_11



鳥居形”(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼荼羅山。 20時20火)

Photo_12



各山

 

大文字

Photo_4Photo_5



 

所在地:京都市左京区浄土寺回町

 

山名:大文字山。 如意ヶ岳、如意ヶ嶽と呼ばれる

 

火床75か所

Photo_13


 

大きさ:80m45間・19床)、160m88間・29床)、

120m68間・27床

 

保存会:浄土院の檀家による世襲。

 

り口は、送り火の時にも使われる銀閣寺の北側のものがルート

 

太平洋戦争中である1943年~1945灯火管制のため、送り

火は中止された。 終戦の翌年、1946年にされた。

 

 

所在地:()京都市左京区松崎西山、(法)京都市左京区松崎

東山

 

山名:()西山(135m)、(法)東山(186m)。 西山については、

万灯籠山、東山については、大黒天山とも呼ばれる。  二併せ

て、妙法山と呼ばれる

 

火床:(103ヶ所、(法)63ヶ

 

大きさ:()最大100m弱、(法)最大80m

 

保存会:湧泉寺の檀家による世襲。

 

であるが字として扱われる。

 

船形

 

所在地:京都市北区西賀茂船山

 

山名:船山。万灯籠山西賀茂山とも呼ばれる。

 

火床79ヶ所

 

大きさ:130m200m

 

保存会:西方寺の檀家による世襲。

 

船の形は、承和14年(847年)西方寺の師円仁が暴

風雨に遭った時、“南無阿弥陀仏”名号を唱えたところ無事日本

到着できた故事による

 

左大文字

Photo_6

 

所在地:京都市北区大北山鏡石町

 

山名:大文字山。 大北山左大文字山とも呼ばれる




火床
53ヶ所

2_2


大きさ:48m68m59m

 

保存会:法音寺の檀家による世襲。

 

1658年の洛陽名」には記載がなく、1673年~1681年の

四季物語」 に記載があることから、この間の期間に始まった

のではないかと見られている。

 

鳥居形

 

所在地:京都市右京区嵯峨鳥居本華表町

 

山名:曼陀羅山。 寺山万灯籠山とも呼ばれる

 

火床108か所

 

大きさ:縦76m横72m

 

保存会:他山と違い、寺の檀家世襲ではなくによる。

 

起源・歴史

 

に書かれた字に点火する行為の起源については、平安時代と

江戸時代とも言われているが、定説はない。 「雍州府志によ

と、お盆や施餓鬼の行事として行われていたとあり「花洛細見図

にも、お盆の魂として紹介されていることから、江戸時代前

からまでにそれに類する性格を持っていたとみられる。

 

《名探偵コナン》の劇場版【迷宮の十字】の中で、エンディングテー

曲【time after time】の中で左大文字の点火過程が映され

ていた。

 

各山の 一番い 観賞場所は“大文字” 賀茂川(川)の土手

北山NOTREDAME女学院近く)。 “法”高野川の土

手(高野橋北)。 “左大文字”西大通(西院~金閣寺)形”

は、北大通(北山橋から西北へ向かう。 “鳥居形”松尾橋、広沢

の池。 船岡山公園の山頂(無料だ)からは、“鳥居形”以外の 各山

のかがり火の文字をはっきり 見ることができる。 

 

大文字五山送り火”は、8月16日、京都盆地の山の中腹を

り火(夜間の警護や漁をする時周囲を明るくするためにたく火

で大な字くイベントで、京都の夏の風物詩だ。 そのうち、

文字山の“大”の字のかがり火、松崎西山と東山の“”の字と“法”

の字のがり火とても有名である 起源に関しては、多くの言い

方があり、一般的な言い方として盂蘭盆会(祖先の冥福を祈り、

霊魂をあの世に送る行事)の送り火(祖先の霊を送るため、門前で

かがり火をたくことをたく行事だという。

 

記の3か所以外ほかの山は、同一の時間かがり火を点火

る。 そのうち、金閣寺の大北山の左大文字山の“大”の字のかがり

火、西加茂船山 “船形”  のかがり火 と 嵯峨の 曼荼羅山の上

“鳥居”形(“鳥居”神社の入口に立っている門) のかがり火 を含

合わせて“大文字五山送り火”を構成している

2_33113_2








515116163





641214141





13_214214323





2_510_22_65





62_74Photo_14









 

 

1.“大文字”五山送火祭

 2009/12/19 16:44:08 来源:携程旅游网  

 

时 间:816

 

地 点:京都周围的5座山

 

内 容:“大文字”五山送火祭在环绕京都的山上5个巨大的篝火图案。京都的夏夜里,5座山上的5个巨大汉字被火点燃,指引着先祖的灵魂回归。如果说祗园祭是京都夏季的开始,那么大文字篝火则代表着夏日的结束,可谓“山头火字,告别夏日”。每年数以万计的观光游客目睹这一宏伟景观。

 

其 他:5个巨大的篝火图案分别是东山上的“大”字篝火、金阁寺附近的“大”字篝火、京都国际会议厅附近的“妙法”篝火、北山上的“船”形篝火以及嵯峨山上的“鸟居”篝火。

 

交 通:JR新干线京都站下车。

 

周 边:大文字山位于银阁寺东南,海拔466米。大文字之火是在最高峰如意岳山上点燃。除银阁寺外,高台寺、哲学小径、南禅寺等都是不错的去处。

 

 

 

2.五山送火

    来源:百度百科

 

五山送火是在环绕京都市的各山上点燃篝火的仪式。是8月份京都各项仪式中最为壮观的仪式。在江户时代初期已经有了大文字送火的历史纪录。五山送火是弘法大师为了退散当时在世间流传的疫病,在山上点燃“大”字形形状的篝火开始。

 

中文名

 

五山送火

 

时    间

 

816日晚上8

 

地    点

 

日本京都市

 

日期: 816日晚上8点开始

 

大文字的“大”字,横为80米,撇为160米,捺为120米。总共在75个地点设置火堆,堆起松木柴禾或松叶,在晚上8点一齐点火。点火时间各山均约30分钟(时间段略有不同)。相传,在这天晚上把大文字的火光倒映到酒杯或水盆里,饮下里面的酒或水,可以免生疾病,而且,烧剩下的炭还可以去灾避邪。 祭礼的当日夜晚,在五座山(大文字形,妙法形,船形,左大文字形,鸟居形)上同时点燃篝火。我们无论在京都市的任何地方,都能够很清楚地看到这幅壮观的景色。划破夜空,熊熊燃烧的火光,不能不说是京都夏日之夜的一首美丽的诗。

 

概要

 

京都有名的传统行事。和葵祭・祇园祭・时代祭并称京都四大行事。

 

毎年816日在五山生火,将称作精灵的死者之灵送到另一个世界。

 

大文字”(京都市左京区净土寺・大文字山(如意岳)2000分点火)

 

妙法”(京都市左京区松崎・西山及东山。2010分点火)

 

船形”(京都市北区西贺茂・船山。2015分点火)

 

左大文字”(京都市北区大北山・左大文字山。2015分点火)

 

鸟居形”(京都市右京区嵯峨鸟居本・曼陀罗山。2020分点火)

 

各山

 

大文字

 

所在地:京都市左京区净土寺七回町

 

山名:大文字山。也称作如意岳、如意岳。

 

火床:75

 

大小:一画80m45间・19床)、二画160m88间・29床)、三画120m68间・27床)

 

保存会:净土院之檀家世袭。

 

登山口以送火时也使用的银阁寺北侧的路线为主。

 

太平洋战争中,1943年到1945年因灯火管制,所以送火中止。终战翌年,1946年送火再开。

 

妙法

 

所在地:(妙)京都市左京区松崎西山、(法)京都市左京区松崎东山

 

山名:(妙)西山(135m)、(法)东山(186m)。西山也称作万灯笼山、东山也称作大黑天山。二山也合称妙法山。

 

火床:(妙)103所、(法)63

 

大小:(妙)最大100m弱、(法)最大80m

 

保存会:涌泉寺之檀家世袭。

 

二山二字,但是视为一山一字。

 

船形

 

所在地:京都市北区西贺茂船山

 

山名:船山。也称作万灯笼山・西贺茂山・妙见山。

 

火床:79

 

大小:纵约130m、横约200m

 

保存会:西方寺之檀家世袭。

 

船形也写作舟形,起源自承和14年(847年),西方寺的开祖・慈觉大师圆仁遭遇暴风雨之时,念“南无阿弥陀佛”的名号,最后平安无事返回日本。

 

左大文字

 

所在地:京都市北区大北山镜石町

 

山名:大文字山。也称作大北山・左大文字山。

 

火床:53

 

大小:一画48m、二画68m、三画59m

 

保存会:法音寺之檀家世袭。

 

1658年的‘洛阳名所集’中无记载,但是记载在1673年~1681年的‘山城四季物语’中,所以可能始于此期间。

 

鸟居形

 

所在地:京都市右京区嵯峨鸟居本一华表町

 

山名:曼荼罗山。也称作仙翁寺山・万灯笼山。

 

火床:108

 

大小:纵76m、横72m

 

保存会:和其他山不同,无寺之檀家世袭,由有志负责

 

起源・历史

 

在山上的字迹点火,据说起源于平安时代或江户时代,无定说。根据‘雍州府志’,作为盂兰盆会或施饿鬼的行事而举行,在‘花洛细见图’也介绍此为“盂兰盆会的魂祭”,所以江户时代前期到中期之前有盂兰盆会的特性。

 

在《名侦探柯南》的剧场版【迷宫的十字路】里,最后的片尾曲【time after time】里就全程记录了左大文字点燃的过程。

 

各山的最佳观赏地点是:“大文字”贺茂川(鸭川)河堤;“妙”北山通(NOTRE DAME女学院附近);“法”高野川河堤(高野桥北);“左大文字”西大路通(西院~金阁寺);“船形”北大通(从北山桥往西北);“鸟居形”松尾桥、广泽之池。从船冈山公园的山顶(免费)上可以清晰地看到除“鸟居形”以外的所有各山篝火文字。 “大文字五山送火”是816日在环绕京都盆地的群山的半山腰上,用篝火(警护或打鱼时为照亮周围点起的火)描绘出巨大文字的活动,是京都夏天的一道风景线。其中,大文字山的“大”字篝火、松崎西山与东山的“妙”字与“法”字篝火等都很有名。关于起源有很多种说法,较为普遍的说法认为它是盂兰盆节(迎接祖先魂灵回归故里的活动)的送火(为了送走祖先的魂灵在门前焚烧篝火)活动。

 

除了上面提到的三处,周围的各山也在同一时刻点燃篝火,其中包括金阁寺大北山的左大文字山上的“大”字篝火、西加茂的船山上的“船形”篝火以及嵯峨的曼陀罗山上的“鸟居”形(“鸟居”是立在神社入口处的门)篝火,以上这些合起来构成“大文字五山送火”。

 

|

« 3242中国は見る(1847)高円寺 阿波踊り | Main | 3244中国は見る(1849)富山県 越中“おわら風の盆” »

社会生活」カテゴリの記事