« 3234中国は見る(1839) 青森ねぶた祭り | Main | 3236中国は見る(1841)山形 花笠まつり »

3235中国は見る(1840)秋田 竿灯祭り

 

 

1.秋田県の竿灯祭り

2.秋田 竿灯祭り

 

1.秋田县的竿灯节

 2011080401:36 蔚蓝日本 赵晓琳 

2.秋田竿灯节

  来源百度百科

 

 

 

1.秋田県の竿灯祭り

 

東北地の代表祭り――“竿灯祭りが3秋田県で行われ

市民達が歌い踊り、黄金色の竿灯が夏の夜空を彩りました。

11_211_2_21_3

竿灯祭り”は秋田県の伝統的なお祭りで、人々は五穀豊穣を願い、

稲穂に見立てた提灯をつけた竹竿を高く掲げます。 同日夜時半、

秋田市の中心で255本の竿灯が一斉に上げられた。 竿灯は大き

なもので長さ12メートル、重さが50キロあり、46個の小さい提灯が

付けられています。 男が、腰などにバランス取りながら、竿灯

を乗せる見事な技を披露すると、集まった見物客たちから大きな歓

声が上がっていた。 今回の祭りには、東日本大震災の被災者お

よそ1600人が招待されていた。

 

 

2.秋田 竿灯祭り

 

竿灯祭り最初は真夏の病魔と邪気を追い払ため、江戸の

年間から始まったという

1_2_31_51_01_1








1_3_21_81_91_4_2





1.歴史の

 

今残っている最も古い文献の記録によると寛政元年(1789年)の

村淙庵の紀行文 《雪降る道》の中に、陰暦に、このよう

祭りがかれていると書かれていた。 当時から秋田独自の風

習として広く伝えられきたもので長い竿を 十文字に構え、それに

灯火を 数多く付けて、太鼓を打ちながら 町を練り歩き、その 灯火は

二丁、三丁にも及ぶといった竿燈の原型が記されている。

 

2.祭り

 

もともと、藩政前から秋田市周辺広く伝えられてきたこのお祭り

は、に願い事書いた細長い紙、詩を書いたった小さい竹

またはネムノキを掲げながら街を行進し、最後には、それらを川

したのである。 この形年間から、ろうそく の使用を始めるよう

になりお盆の時、高く掲げられた灯籠が、お祭りに発

展したものと見られています。

 

昔のこのお祭りは、五穀豊穣、除災、芸上達を願って、旧暦7

に併せて行われる 七夕行事と共に、旧15日のお盆を迎え

入れるために一連の行事として現在の形になった。 

 

天の川が降り注いだような一大絵巻を展開します。 男達が、不浄を

祓い悪霊から身を守る米俵に見立てた灯籠を自由にます

 

額に竿を載せるには、頭のてっぺんで竿を固定する必要があります。

これは重量感あるです。 しっかりと 握り、腕の力を利用し

ます。 間から静かに移動しながら、額の上に載せます。 両手

を開けてバランスを取ります。

 

竿を載せるのは人がいっしょにやるの簡単で、その上覚え

やすいです。 手首はじっと動かさず、曲げず、ずっと肩まで

します。 ぴんと伸びた竿と、1本の手で上げ、重さを支えるが一

線を形成します。

 

竿を載せるのは、これはかなり練習しなければできない華麗

技です。 腕の力で竿を挙げ、そこ静止します。  指から腰の上

に移動させ、上半身は適に傾け、両足を開バランスを取りま

す。

 

 

 

1.秋田县的竿灯节

 2011080401:36 蔚蓝日本 赵晓琳 

 

具有东北地区代表性的夏日活动——“竿灯节”昨天在秋田县举行,市民们载歌载舞,金黄色的灯光点亮了整个夜空。

 

竿灯节”是秋田县的传统节日,人们以祈求五谷丰收为愿望,将灯笼像稻穗似的高高挂起。当天晚上7点半,在秋田市的市中心,255盏竿灯一起被高高举起。每一个竿灯是由46个小灯笼组成,竿长约12米,重达50公斤。小伙子们用额头,腰等部位一边保持着平衡,一边表演着各种动作,来场的人们无不大声拍手叫好。这次参加活动的地震受灾者大约有1600人。

 

 

2.秋田竿灯节

    来源百度百科

 

据说竿灯节最初是为了驱赶盛夏的病魔和邪气,而在宝历年间开始举行。

 

1历史渊源编辑

 

现在遗留下来的最古老的文献中记载,在宽政元年(1789年)津村淙庵的纪行文《下雪的道》中有,阴历的76日举行了这样的庆典活动。从那个时候开始作为秋田独自的风俗流传下来,用长竹竿搭成十字形,用灯火装饰,一边打鼓,一边在城市中行进。所用的灯火也分为两人、三人。这就是竿灯的原型。

 

2庆典习俗

 

本来,从藩政以前开始,在日本秋田市周边流传的这种庆典,是举着上面挂上写了愿望的长条、诗笺的装饰好的小竹子或者合欢树在城市游行,最后将它们流放到河里。这种形式,被认为是在宝历年间开始普及蜡烛的使用,盂兰盆节的时候,会在门前挂起高灯笼,就这样发展成为独自的仪式活动。

 

旧时的这种庆典,会与请求五谷丰饶和技术进步的庆典一起在第二年77日的七夕一起举行,或是与迎接阴历715日的盂兰盆节一起举行,避开灾难,祈求五谷丰收。到现在,竿灯节就成为过去的这些庆典的浓缩。

 

银河如同被倾注一般,洒满大道。男人们自如地操纵着仿照装米用的草袋制作的灯笼,还有那些在尖端弄上祓除不祥的驱邪幡的竿

 

用额头举竿,需要在头顶固定竿,这是体验重量感的技能。从前面的握住,以便好好利用腕的力量。从手指间开始安静地一边挪动一边放到额上。很大地张开双手保持平衡。

 

用肩膀举竿,2个人一起来作比较容易,而且也是很容易记的技能。使用的手腕务必静止,不能弯曲,一直放下到肩膀。一直伸直和支撑重量的肩膀形成一条直线。用一只手举起。

 

而用腰举竿,这是需要相当练习的艳丽的技能。用手腕的力量举起竿,使之静止。从手指间开始挪动放在腰上,上身适当倾斜,张开双腿保持平衡。

|

« 3234中国は見る(1839) 青森ねぶた祭り | Main | 3236中国は見る(1841)山形 花笠まつり »

社会生活」カテゴリの記事