« 3229中国の三面記事を読む(1212)雲南省魯甸県地震 398人死亡 行方不明3人 | Main | 3231中国は見る(1836)2014年 夏のドラマ視聴率ランク(7.21-7.27) »

3230中国は見る(1835)「STAP細胞」論文の共著者 笹井芳樹氏 自殺

 

 

1STAP細胞論文の共著者 首をつって自殺

  生前日本ノーベル賞人と呼ばれる  

2.STAP細胞論文疑惑騒動に巻き込まれ 研究者自殺

 

1.STAP细胞论文合著者上吊自杀

  生前被称为日本离诺奖最近的人

 2014/08/05 10:44:42  来源:日本新华侨报

2.卷入STAP细胞论文造假风波的日本研究者自杀

 2014-08-05 11:01:00 来源: 人民网(北京) 

 

 

1STAP細胞論文の共著者 首をつって自殺

  生前日本ノーベル賞人と呼ばれる 

 

22014年1月、化学研究所発生・再生科学総合研

センター 方晴子 研究ユニット リーダーが

 “万能細胞”STAP細胞を作成したと発表した。 そ

、他科学者から 疑義出されたため理化学研究所はそ

の研究過程ついて調査を始めた。 

 

Photo4月1日、理化学研究所調査委員会は、小保方晴子

STAP細胞の論文の中で改竄、捏造した不正行

為があったと認めた。  このため、4月16日、STAP

細胞論文の 共執筆者の一人として、理化学研究

所発生生科学総合研究センターの 笹井芳樹

センター長が 東京で記者会見を開き、STAP細胞存在すること

信じると 語っていた。     日、笹井氏研センター

をつって自殺した。

 

NHKテレビの報道によると、8月5日午前、兵庫県警察本部から

得た情報によれば、STAP細胞論文の共同執筆者の一、日本

化学研究所発生再生科学総合研究センターの笹井副センタ

ー長が研究センターで首をつって自殺し 自殺現場から、

笹井氏の遺書つかった。

 

 

 

2.STAP細胞論文疑惑騒動に巻き込まれ 研究者自殺

 

Zisha人民ネット東京電 :日本の研究者が、英国の

科学誌「ネイチャー」に、STAP細胞の論文を発表して

いたが、捏造疑惑の情況下、取り下げとなった。 捏

動に巻き込まれた研究機構と研究者は、本の

世論から批判された。 5日午前、論文の共同執

者の一で、日本理化学研究所発生再生科学総

合研究センタの笹井芳樹副センター長が研究所内自殺し

 

日午前時頃、神戸市にある日本理化学研究所発生再生科学総

合研究センターから警察に、笹井芳樹氏がセンター付近の研究ビル

内で首をつって自殺したと通報があった。 笹井芳樹氏すぐ病院

に送られに緊急措置が取られたが、午前11時頃、手当ての効なく亡

くなった。 警察は笹井氏がした遺書から、自殺と断定した。

 

ニュース背景:

 

理化学研究所の小方晴子氏研究ユニットリーダーSTAP細胞”

論文今年月末、科学誌 ネイチャー発表するや、センセーシ

ナルな話題となり、日本のメディアは、“画期的な意義がある”研究

成果と呼んだ。 しかし、ヶ月後、論文は学術的捏造あったと

して撤回された

 

科学誌ネイチャーに発表した2篇の論文の中STAP細胞”の

作方法を紹介し主論文が、理化学研究所から 画像捏造、データ

改竄などの問題があり、 もう一つの論文も画像捏造問題がある

定された。 また、者研究機構の遺伝子解析結果によって

も、STAP細胞”自体、存在するかどうか疑問だとしている。

 

論文の14人の署名者が撤回に同意した後、論文は7月初めに《ネイ

チャーから撤回された。

 

 

 

1.STAP细胞论文合著者上吊自杀

 生前被称为日本离诺奖最近的人

 2014/08/05 10:44:42  来源:日本新华侨报  

 

20141月,日本理化学研究所再生科学综合研究中心小保方晴子带领的课题组宣布成功制作出一种“万能细胞”——STAP细胞。后因同行科学家质疑,日本理化学研究所对其研究过程展开调查。41日,日本理化学研究所调查委员会发布调查结果,小保方晴子在STAP细胞论文中有篡改、捏造的不正当行为。为此,416日,STAP细胞论文的共同执笔人之一、日本理化学研究所发生再生科学综合研究中心副主任笹井芳树在东京召开记者会,称相信STAP细胞存在。85日,笹世芳树被发现在研究中心内上吊自杀。

 

据日本放送协会(NHK)电视台消息,85日上午,兵库县警察本部收到消息,STAP细胞论文的作者之一,日本理化学研究所发生再生科学综合研究中心副主任笹井芳树在研究中心上吊自杀。自杀现场还发现了笹井的遗书。

 

 

 

2.卷入STAP细胞论文造假风波的日本研究者自杀

  2014-08-05 11:01:00 来源: 人民网(北京) 

 

人民网东京85日电(赵松)日本研究者发表在英国《自然》杂志上的STAP细胞论文因存在造假情况被撤下,卷入造假风波的研究机构和研究者遭到日本舆论广泛批判。5日上午,论文作者之一、日本理化学研究所发生及再生科学综合研究中心副中心长(副主任)笹井芳树在研究室内自杀。

 

当地时间,5日上午9时左右,位于神户市的日本理化学研究所发生及再生科学综合研究中心向警方通报称,笹井芳树意图在该中心附近的一栋研究楼内上吊自杀。笹井芳树随即被送往医院抢救,但最终于上午11时左右不治身亡。警方根据疑似笹井芳树留下的遗书初步判断该事件为自杀。

 

新闻背景:

 

以日本理化学研究所的小保方晴子为学术带头人的“STAP细胞”论文于今年1月底在《自然》杂志上发表后一度引发轰动,被日本媒体称为“具有划时代意义”的研究成果。但是仅仅5个月后,论文因被指存在学术造假而将被撤下。

 

发表在《自然》杂志上的2篇论文中,介绍“STAP细胞”制作方法的主论文被理化研究所认定存在使用虚假图片和篡改数据等问题,另一篇论文也被指存在使用虚假图片的问题。此外,第三方研究机构的进行基因解析大的结果显示,“STAP细胞”本身是否存在也值得怀疑。

 

在论文的14名署名作者同意撤回后,相关论文于7月初被撤下。

|

« 3229中国の三面記事を読む(1212)雲南省魯甸県地震 398人死亡 行方不明3人 | Main | 3231中国は見る(1836)2014年 夏のドラマ視聴率ランク(7.21-7.27) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事