« 3232中国は見る(1837)全日本国民的美少女コンテスト グランプリは 12歳の高橋ひかるさん  | Main | 3234中国は見る(1839) 青森ねぶた祭り »

3233中国は見る(1838)《朝日新聞》慰安婦報道の一部に「誤りがあった」と認め 報道を取り消す 

 



1.《朝日新聞》慰安婦報道の一部に「誤りがあった」と認め 

 報道を取り消す 

2.朝日新聞慰安婦問題について特集記事掲載 

 安倍首相の歴史否定を非難

 

1.日本《朝日新闻》撤销慰安妇部分报道 承认有误

 2014-08-06 13:37:00 来源: 环球时报-环球网(北京) 

2.朝日新闻登慰安妇专题报道 抨击安倍否定历史

 2014-08-06 15:40:00   来源:海外网

 

 

 

1.《朝日新聞》慰安婦報道の一部に「誤りがあった」と認め 

 報道を取り消す 

 

【環球ネット総合報道】:《毎日新聞》8月6日の報道によると、

5日の《朝日新聞》朝刊で、以前、慰安婦の問題を巡る同

の報道内容を検証する特集記事を掲載した。  その記事の

で、“《朝日新聞》 の以前の慰安婦報道の 一部に事実関

係で誤りがあった”と認めた。

 

この記事に関して、自民党の石破茂幹事長は党本部で記者

からの質問に対し、 “この報道は地域平和安定、日本と

隣国の友好国民感情に大きな影響を与えてきた報道だ。 

検証を議会の場でも行うことが必要かもしれない。  真実を

明らかにしなければ、この先の平和友好ない” と語

り、国会して何らかの対応を行う可能性に言及した。

 

与党幹事長が 国会で報道内容を検証する必要性に言及した

ことは、安倍政権の言論機関に対する圧力と取られかねない。

 

 

山口県労務報国会下関市支部動員部長だったという吉田清

(故人)氏が、生前、《朝鮮人慰安婦と日本人》 などの本を書

いた。 《朝日新聞》 は1980~90年代に、16回にわたって

吉田氏の証言に基づき、日本軍が暴力で無理やり女性を強

制連行し慰安婦にしたと報道した。 しかし、《朝日新聞》は今

回の記事の中で、“証拠を裏付けるものがなく、私達は 吉田

氏の証言が虚偽だと判断し、この報道を取り消す”としている。 

 

石破茂幹事長は、これについて、“非常なきを持って受け

めている。 裏づけの取れない記事を、なぜまで正し

いとしてきたのか”と批判した。  更に石破氏は、“この報道

は多くの人に影響を及ぼしました。  取り消された報道に

づいて生じた悪い影響を取り除くため、必要なら、議会が そ

責任を果たすのはあり得ることだと語った。 

 

石破氏は更に、“地域の新しい環境構築に有なら、関

係者国会招致もあり得る。  決して 糾弾するとかいう話

ではなく、報道に基づいて日本に 怒りや悲しみ持ってい

る国々、特に韓国に対する責任でもある。   だが、いずれ

にせよ議会のことので、私存で決めるわけにはいか

ない。 現場の判断で決めることだ”と述べた。 

 

《朝日新聞》は、報道の誤りを認めたものの、同時に、“戦争

中、旧日本軍兵士らの性の相手をいられた女性がいた

史的事実は消ことはできない” と書いている。   これにつ

いて石破氏は、“この記事を書いた メディア責任を果たさ

れたい。  続きの検証を読まないと判断できないが、疑問が

氷解たわけではない” と語った。《朝日新聞》はこれに対し

て、コメントを出すことはなかった。

 

 

2.朝日新聞慰安婦問題について特集記事掲載 

 安倍首相の歴史否定を非難

 

海外ネット8月6日電:《中央日報》の報道によると、8月5日、

《朝日新聞》は新聞の 2面を使って、“慰安婦問題の特集

事” を掲載すると共に、慰安婦問題を 否定する 安倍首相と

本の極右勢力を 批判し、日本は「慰安婦問題の本質 直

視を」 と呼びかけた。

 

8月5日、《朝日新聞】は新聞の一面に、“慰安婦問題の本質

直視を”との記事を書くと共に新聞の16面と17面に“慰安

問題どう伝えたか 読者の疑問に答えます” という 検証記事

を掲載した。 《朝日新聞》は今回の特集記事を書いた理由に

ついて “慰安婦問題報道を振りかえり、読者への説明責任を

たすことが、未来に向けた新たな 議論を始める一歩となる

と考えるからです。 そのため、8月5日と6日の2日間、慰安

の特集記事を掲載する”としている。 

 

《朝日新聞》と安倍首相 “かたき同士”

昔からで、今に始まったことではない

 

《朝日新聞》は国民に対し、旧日本軍の慰安婦問題を暴く上

で、重要な役割を果たした。  しかし、このことで安倍首相と

“かたき同士”となった。   2005年《朝日新聞》は、安倍議

2001、NHKに圧力をかけ、日本軍の 慰安婦問題

の特集番組の部内容について削除放送するよう求め

との記事を書いた。   このことが起きた後、安倍氏の《朝日

新聞》 信用度落し2012年10月の政党代表討

論会公然と 《朝日新聞》 の報道信じるか どうかはあなた

次第だ” と発言した。 その後、安倍首相2014年2

国会答弁で、“《朝日新聞》 安倍政権打倒を社是としてい

と話す一幕があった。   安倍首相更に、《産経新聞》

など日本の 極右派メディアを使って《朝日新聞》が 1991

に証拠もないのに慰安婦問題を報道したという弱味を掴

んで、公然と“慰安婦=朝日新聞捏造”と攻撃している

 

そのため、《朝鮮日報》は関連の分析を引用して、安倍首相

安倍を批判する《朝日新聞》をおとなしくさせよう

している。  また日本は、《河野談話》の検証報告を表し

後、《朝日新聞》は 関連報道行っていないから、安倍

相に投降”したのではとわれている。 しかし、このことに

いて、《朝日新聞》が出した説明では、いろいろの角度か

準備しているため すぐに 報道することができなかった”

いう。    《朝鮮日報》によると、《朝日新聞》今回の慰安婦

特集記事掲載は、安倍首相と極右勢力への 反撃だと見

ている。

 

敢然と報道誤りを認めた 《朝日新聞》は、「慰安婦問題

質 直視呼びかけ

 

8月5日の特集記事の 報道の中で、《朝日新聞》 は敢然と

1980、90年代の報道の中で、“慰安婦”と“挺身隊を混

したことから、誤って報道した。   間違って報道したこと

いて、反省を表明した。  しかし、《朝日新聞》は、たと

えこのような 誤りがあったとしても、 慰安婦問題の 本質を

否定することはできないと強調している

 

このほかに 《朝日新聞》は、“慰安婦として自由を奪われ、女

性としての尊厳を踏みにじられたことが 問題の本質なのです”

指摘し、日本慰安婦問題の本質を直視するよう呼びかけ

います。 また、《朝日新聞》は、日本政府河野談話の検

報告書を発表した後、何の根拠もなく 慰安婦問題でっち

上げだと主張し、“慰安婦”を売春婦などとおとしめることで

自国の名誉を守ろうとする 一部メディアの論調が、 日

ョナリズムを刺激し、問題を こじらせる 原因を作っていると

判している

 

《朝日新聞》は、日本国内で歴史問題を無視し、歴史問題を利

用してナショナリズムを煽る報道に危惧します。 また、日本

が組織的に慰安婦を動員した資料は みつかりませんが、日本

軍がインドネシア、フィリピンなどの国で、現地女性を強制連

した記録は発見されています。《朝日新聞》によると、日本軍が

インドネシア、フィリピンなどの国家で 行ったことは、朝鮮

湾などの地で行った行為基本的に同じです。  どこも地の

女性慰安婦にるよう強制しています。

 

 

 

1.日本《朝日新闻》撤销慰安妇部分报道 承认有误

 2014-08-06 13:37:00 来源: 环球时报-环球网(北京) 

 

【环球网综合报道】据日本《每日新闻》86日报道,5日出版的日本《朝日新闻》早报刊登了一则核实该报此前有关慰安妇问题报道内容的专题报道。报道中承认,“《朝日新闻》以前一部分有关慰安妇的报道有误”。

 

针对此事,日本自民党干事长石破茂在党部回答记者问称,“这篇报道对地域和平与安定、日本与邻国的友好以及日本国民感情产生了巨大影响,或许有必要在国会现场核实相关报道。不弄清真相的话,今后的和平与友好都将无法构建”。石破茂称,国会可能会采取相关对策。

 

报道认为,日本执政党干事长提及在国会有必要核实相关报道一事,是安倍政府对新闻媒体的施压。

 

据报道,自称为前山口县劳务报国会下关市支部动员部长吉田清治(已故),生前著有《朝鲜人慰安妇与日本人》等书籍。《朝日新闻》在20世纪8090年代共16次报道了吉田的证词,称日军曾使用暴力强掳女性充当慰安妇。但《朝日新闻》在此次报道中表示,“取证不足,我们判断吉田的证词为伪证,将撤销有关于此的报道”。 

 

石破茂对此批评称,“我非常震惊,为什么没有进行充分取证的报道到现在还被但当作是正确的”。另外,石破茂还表示:“这篇报道牵扯到许多人,为了消除不属实报道带来的负面影响,有必要的话,议会将承担起相关责任。” 

 

石破茂还表示,如果对构筑地区新环境有利的话,把相关人员邀请至国会进行核实也是可能的。石破茂称:“并不是追究责任。但报道对于那些深受伤害的国家尤其是韩国,日本身上负有责任。不过,毕竟是议会,我一个人说话无法算数,应该做现场判断。” 

 

不过,《朝日新闻》在承认报道有误的同时还表示,“战争期间,旧日本军人强征慰安妇的历史事实是无法抹去的”。基于此,石破茂认为,“撰写有关报道的媒体不承担责任。不继续核实就无法对此进行判断进而消除疑问”。但《朝日新闻》并未对此进行专门回应。

 

 

2.朝日新闻登慰安妇专题报道 抨击安倍否定历史

 2014-08-06 15:40:00   来源:海外网

 

海外网86日电 据《中央日报》报道,85日,日本《朝日新闻》用两面多的版面刊登日军慰安妇专题报道,批判否定慰安妇问题的日本首相安倍晋三和日本极右派势力,并呼吁日本正视慰安妇问题的本质。

 

当天,《朝日新闻》在报纸的头版上设“正视慰安妇问题的本质”专栏,同时在报纸第1617版面刊登题目为“慰安妇问题从何而来,解答读者的疑问”的深度分析报道。《朝日新闻》对于此次专题报道的用意提到“回顾慰安妇问题报道,向读者做出合理解释是日后发表新观点的第一步。因此,85日和6日连续两天刊载慰安妇专题报道”。

 

《朝日新闻》与安倍互掐 “结仇”由来已久

 

《朝日新闻》在向日本国民揭露日军慰安妇问题上发挥过重要作用,但也因此与安倍“结仇”。据悉,2005年《朝日新闻》曾报道安倍议员于2001年向日本放送协会施压,要求日本放送协会删除关于日军慰安妇问题特辑节目的部分内容。此事发生之后,安倍为了降低《朝日新闻》的可信度,曾在201210月的政党代表讨论会上公开表示“《朝日新闻》的报道信不信由你”。而后,安倍又在20142月国会答辩上发表过“《朝日新闻》将打倒安倍政权作为社内大事”的言论。安倍还同《产经新闻》等日本极右派媒体抓住《朝日新闻》1991年刊登无证据报道的把柄,公然称“慰安妇=朝日新闻捏造”。

 

因此,《朝鲜日报》引用相关分析称,安倍下力气“驯服”发表批判安倍言论的《朝日新闻》,而日本公布《河野谈话》检证报告后,《朝日新闻》没有进行相关报道,可谓是向安倍“投降”的表现。但是,对于此事,《朝日新闻》给出的解释却是“为了从各个角度做准备而未能及时进行报道”。《朝鲜日报》认为,《朝日新闻》此次刊登慰安妇专题报道是对安倍及日本极右派势力的反击。

 

坦然承认报道错误 《朝日新闻》呼吁正视慰安妇问题 

 

85日的专题报道中,《朝日新闻》坦然承认在上世纪8090年代的报道中未区分使用“慰安妇”和“挺身队”而造成的报道错误,并对使用无证据言论进行报道的行为表示反省。但是,《朝日新闻》强调,即使报道出现这样的错误,也不能否认慰安妇问题本身。

 

此外,《朝日新闻》还直接指出“剥夺慰安妇自由、践踏女性尊严是慰安妇问题的本质”,并呼吁日本直视慰安妇问题的本质。除此之外,《朝日新闻》还批判日本部分媒体在日本政府公布河野谈话检证报告之后,毫无根据地主张慰安妇问题是无中生有,并为维护日本的国家荣誉,将“慰安妇”降级为“卖春妇”,以此刺激日本国民的民族主义情绪而扭曲事实。《朝日新闻》对日本国内无视历史问题、借历史问题煽动民族分裂情绪的言论报道表示担忧,并指出,虽然没有发现日军有组织地动员慰安妇的相关资料,但是,日军在印度尼西亚、菲律宾等国家强制带走当地女性的记录证明已被发现。《朝日新闻》称,日军在印度尼西亚、菲律宾等国家的行为与在朝鲜和台湾等地的行为基本相似,都是强制当地妇女成为慰安妇。

 

|

« 3232中国は見る(1837)全日本国民的美少女コンテスト グランプリは 12歳の高橋ひかるさん  | Main | 3234中国は見る(1839) 青森ねぶた祭り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事