« 3197中国の三面記事を読む(1203)チャン・ツーイと汪峰 結婚? | Main | 3199中国の三面記事を読む(1204)中国 日本人戦犯の供述書を公開 (1) »

3198中国は見る(1812)集団的自衛権容認を考える

 

1.集団的自衛権容認 日本 どうしたいのか?

2.日本の世論調査:国民の54%が集団的自衛権容認に反対 

       心配表明が74%

 

1.日本解禁集体自卫权意欲何为(钟声)

 20140702 03  来源:人民日报 

2.日民调:54%民众反对解禁集体自卫权 74%表担忧

 2014-07-02 20:48:43  来源:中国新闻网 

 

 

 

 

1.集団的自衛権容認 日本 どうしたいのか?

 

日本政府が今急速に、戦後 レジームから飛び出そうとしてい

る。集団的自衛権容認は、 危険な信号であり、警鐘だ。日本

の右翼勢力の歴史の審判と正義に対する挑発は、歴史問題

けにとどまらなくなった。

 

日本国内の平和勢力の断固たる反対と国際社会、特にアジ

国家の大いなる懸念を無視して、日本政府は戦後 レジー

ムを突破する、実質的な第一歩を踏み出した。 7月1日、日

政府は憲法の解釈を正式に見直し、集団的自衛権の行使

容認を決定した。

 

日本の平和憲法は、日本が国権の発動たる戦争、武力によ

威嚇または武力の行使は、国際的紛争を解決する手段と

しては永久にこれを放棄すると明確に規定している。 戦後

長期にわたり政権を握ってきた自民党党内には、ずっと“憲

法改正”の政治勢力が存在していた。 しかし、国内の平和

勢力の圧力と国際的な 環境に縛られ、憲法を改正すること

は、ずっと“あり得ない常識”と見られてきた。   しかし今日、

本の右翼勢力は平和憲法を骨抜きにし、戦後ずっと守っ

てきた“専守防衛”の安全保障政策を放棄した。

 

日本の平和憲法は戦後アジアの安全秩序の重要な一環だ

った。      安倍晋三首相は自分の思うままに憲法を解釈し、

政府の決議という手段で、その実質を歪曲し、地域の安全

の枠組みに衝撃を与えたことは明らかだ。  中国―アセア

ン(10+1セアンと中日韓(10+3)、東アジアサミット など

を代表とする、アジア平和多国間主義 は地域国家の発展

に強い支援を提供してきた。   日本政府の 集団的自衛権

容認は、軍事同盟の 色彩を飛び越え、戦争への参加の規

制をゆるめるもので、アジア国家と協力を深め、発展すると

いう願いとは逆行するもので、“暴力多国間主義” という学

者もいるほどだ。

 

集団的自衛権容認の推進過程で、世間を欺くため、安倍

首相は、苦心に苦心を重ねて一連の小細工を弄した。 

よく見ると、次々とぼろが出てくる。

 

まず、安倍政権はわざと「中国脅威論」 を大げさに言い、責

任転嫁を図ろうとした。  7月1日の記者会見で、安倍首相

は集団的自衛権容認の説明で“万全すれば、日本

戦争をしかけようとする企みをくじく大きな力を持っている。 

れが抑止力と述べた

 

自分の事を棚に上げるやり方は本当にでたらめ極まりな

ことです。 中国倦まずたゆまず平和を求め、急速に

発展 たことは、世界に 本物の チャンスを もたらしました。 

れはいかなる人も否定できない事実です。 本がむりや

中国脅威論”を作り上げたことは自らを欺くものにほか

なりません。

 

その次に、安倍首相は国際的な場所繰り返しいわゆる

“積極的平和主義” を言い続け、度々“アジア・太平洋地

安定を守るとか“集団的自衛権を 行使して

海上の 輸送ラインを確保する” などの 論調を 持ち出し、

“世界の福利と安全大の貢献を行う” をかぶ

ている

 

論より証拠。 事実は雄弁に勝る。 安倍首相が率いる

、軍事安全分野で頻繁な動きを見せ“安保三本の矢”、

防予算増額、“奪還演習” を次々と打ち出し、

すべてはアジア隣国の高い警戒心を引き起こしている。 

本の学者中野晃一氏の評論は、急所を ずばりと 指摘し

ている。 安倍晋三首相のいわゆる積極的平和主義

日本が武装すれば、世界は安全だ」という論理で、これは

バカげ武力」です”と述べている。

 

別の形での憲法改正”実現ため、安倍首相は 念入りに

を巡らし民意に反することもいとわなかった。 選挙の

安倍首相は経済問題を持ち出し、有権者を油断させた。 

選後、彼は“仲間” を選んでいわゆる “専門家会議”を

、集団的自衛権容認を決議するため、“日本国民の生

命の安全正常な生活を保証するのために”などの論調で

真実考えを覆い隠していた。  今、日本国内では、集団

的自衛権容認反対一段と激しくなっている。  それ

なのに 安倍首相は、国民の願顧みず、閣議を開いて

集団的自衛権容認を決定した。

 

日本の集団的自衛権容認は、 将来の 日本の動向、アジアの

の枠組み、戦後の国際秩序が決めた重大で敏感な事件

に関わるものとなる。 今日のことは或いは安倍首相個人の

格と右翼勢力の現実的な視点だろう。   何年か後、人々は

の事件が放出した巨大なエネルギー日本の発展が変質し

過程のシンボル的な意味合い語ることになるだろう。

 

 

2.日本の世論調査:国民の54%が集団的自衛権容認に反対 

 心配表明が74%

 

2014年6月30日、東京、デモ隊が首相官邸の外集会

き、安倍政権の集団的自衛権容認に抗議している。 メディア

の報道によると、 社会調査で日本の 約半分の 有権者が、

政府の集団的自衛権容認の決定に反対である 

 

中新ネット電 : 共同通信社報道によると、同

集団的自衛権容認の 閣議決定について全国緊急

話世論調査を実施した。 その結果によれば、安倍内閣の

持率は47.8%で、去年12に続き、また50%った。

 

支持40.6%で、これは第2次安倍内閣の不支持率

初めて 40%上がった。    支持率と不支持率は、7.2

%とまった。 

 

54.4%回答集団的自衛権容認に反対で、賛成者

合は34.6%ある これは安倍首相の容認決定

賛成を得ていないことをはっきりと示している

 

憲法解釈変更を閣議決定することについて、安倍政権は

協議をして ヶ月半で、決定したことに ついて、82.

%回答者は“十分な検討が行われていない” と答えてい

 

 

集団的自衛権をめぐって73.8%回答者が、“自衛

行使範囲拡大の恐れ”があると、同案に懸念を表明している。 

安倍政権の 安全保障政策の変更について、68.4%回答

衆議院を解散、“に 信問う必要がある”答えて

る。

 

政権与党の自民、公明党が集団的自衛権行使に同意した

め、日本政府は 7月1臨時閣議を開いて、集団的自衛

権の行使を容認する憲法の解釈を変えることを定した。

 

決定内容は、日本の存立がされるなどの状況下

必要最小限度武力行使が容認される。 関連の法案

整備されたら、密接な関係の国が攻撃を受けるのを阻止する

ため、自衛隊が海外で戦争に参加することが可能となる。

 

 

1.日本解禁集体自卫权意欲何为(钟声)

 20140702 03  来源:人民日报 

 

日本政府正在急切突破战后体制。解禁集体自卫权,是一个危险的信号,也是一记警钟。日本右翼势力对历史审判和公理正义的挑衅,不可能仅仅停留在历史问题上

 

无视日本国内和平力量的坚决反对和国际社会特别是亚洲国家的普遍担忧,日本政府在突破战后体制方面迈出实质性一步。71日,日本政府正式决定修改宪法解释,允许行使集体自卫权。

 

日本和平宪法明确规定日本永远放弃以国权发动的战争、武力威胁或武力行为作为解决国际争端的手段。尽管战后长期执政的自民党党内一直存在主张“修宪”的政治力量,但是迫于国内和平力量的压力和国际大环境的束缚,真正修宪一直被认为是“不可能的常识”。今天,日本右翼势力极力架空和平宪法,由此放弃了战后一直坚守的“专守防卫”安全保障政策。

 

日本和平宪法是战后亚洲安全秩序的重要一环,安倍晋三肆意曲解宪法、以政府决议的手段篡改其实质,给地区安全格局带来的冲击显而易见。以中国—东盟(10+1)、东盟与中日韩(10+3)、东亚峰会等机制为代表,亚洲和平多边主义为地区国家发展提供了强大助力。日本政府解禁集体自卫权,突出军事同盟色彩,为参与战争松绑,与亚洲国家加深合作、谋求发展的意愿背道而驰,甚至有学者将之归为“暴力多边主义”。

 

在推动解禁集体自卫权的过程中,为了掩人耳目,安倍晋三煞费苦心地使出一系列花招,细观之下,却又是破绽百出。

 

首先,安倍晋三政府蓄意渲染中国威胁,企图转嫁责任。71日的记者会上,安倍晋三为解禁集体自卫权辩解称,“做好万全的准备反而能打消日本参与战争的企图,拥有强大的实力,这才是威慑力”。

 

倒打一耙的把戏着实荒谬。中国孜孜不倦的和平追求和快速发展给世界带来实实在在的机遇,这是任何人都无法抹杀的事实。日本生拼硬造“中国威胁论”,不过是掩耳盗铃的自我暴露。

 

其次,安倍晋三在国际场合反复兜售所谓“积极和平主义”,不时抛出“维护亚太地区和平与稳定”“行使集体自卫权以确保海上交通线”等论调,企图为自己套上“为世界福利和安全多作贡献”的外衣。

 

事实胜于雄辩。安倍晋三领导下的日本,在军事安全领域动作频频,射出“安保三箭”、增加国防预算、高调上演“夺岛演习”,这一切无不引起亚洲邻国的高度警惕。日本学者中野晃一的评论一针见血:安倍晋三所谓“积极和平主义”,其理论逻辑是“日本越武装,世界越安全”,这是“痴人说梦的武力遏制论”。

 

为了实现“变相修宪”,安倍晋三还精心算计,不惜玩弄民意。在竞选时,安倍晋三突出经济议题,借此麻痹选民。当选后,他又精心挑选“同党”组成所谓“专家会议”,并时常以“(解禁集体自卫权)决议是为了保证日本国民的生命安全与正常生活”等论调掩盖真实想法。眼下,当日本国内反对解禁集体自卫权的声音一浪高过一浪,安倍晋三却又置民众意愿于不顾,强行推动相关内阁决议通过。

 

日本解禁集体自卫权,是一个关乎未来日本走向、亚洲安全格局乃至战后国际秩序安排的重大敏感事件。今天,或许还有围绕安倍晋三个人性格和日本右翼势力现实盘算的观察视角。多少年后,人们注定会更多地谈论这一事件所释放的巨大能量及其在日本发展道路蜕变进程中的标志性意义。

 

 

 

 

2.日民调:54%民众反对解禁集体自卫权 74%表担忧

 2014-07-02 20:48:43  来源:中国新闻网 

 

当地时间2014630日,日本东京,日本示威者在安倍官邸外集会,抗议安倍政府试图解禁集体自卫权。据媒体报道,一项社会调查显示日本一半左右的选民反对政府解禁集体自卫权的决定。 

 

中新网72日电 据日本共同社报道,该社12日针对解禁集体自卫权内阁决议实施的全国紧急电话舆论调查结果显示,安倍内阁支持率为47.8%,继去年12月之后再次跌破50%

 

不支持率为40.6%,这是第二次安倍内阁不支持率首次升破40%,支持率与不支持率之差收窄至7.2个百分点。

 

54.4%的受访者反对解禁集体自卫权,赞成者比例为34.6%。这凸显了日本首相安倍晋三决定解禁并未获得民众同意。

 

对于有关修改宪法解释的内阁决议案在安倍指示政府与执政党进行探讨后约1个半月便获得通过一事,82.1%的受访者表示“并没有进行充分探讨”。 

 

围绕集体自卫权,高达73.8%的受访者对应对方案表示担心,表示“存在自卫权行使范围扩大的隐患”。就安倍政府改变安全政策一事,68.4%的受访者表示应该解散众院,“有必要问信于民”。

 

因执政的自民、公明两党均同意行使集体自卫权,日本政府71日召开临时内阁会议,并作出变更宪法解释、以允许行使集体自卫权的内阁决议。

 

日本内阁决定的内容为,如果在日本的存亡受到威胁等情况下,允许必要最小限度地使用武力。相关法案得到完善后,为阻止关系密切的国家受攻击,自卫队在海外参加战争将成为可能。

|

« 3197中国の三面記事を読む(1203)チャン・ツーイと汪峰 結婚? | Main | 3199中国の三面記事を読む(1204)中国 日本人戦犯の供述書を公開 (1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事