« 3202中国の三面記事を読む(1207)習近平主席 盧溝橋事件77周年記念式典で演説 | Main | 3204中国は見る(1814)中国「重慶青年報」「きのこ雲の日本地図」を掲載 »

3203中国は見る(1813)中国の抗日戦争記念日について 日本の反応


1.中国抗日戦争記念 日本政府弁解し、まったく反省の態度

     なし  

2.日本 中国の抗日戦争記念について:

 日本は平和国家として国際社会から評価されている

 

1.中国举行抗战纪念 日政府进行辩解并无反省态度

 2014-07-08 05:35:00 来源:环球时报

2.日回应中国纪念抗日:日是和平国家赢得国际好评

 2014-07-08 07:53:00 来源:环球时报

 

 

1.中国抗日戦争記念 日本政府弁解し、まったく反省の態度

     なし  

 

【環球時報総合報道】“高いレベル日圧力を加える” 

最も強調されたのは2つのキーワードだった。 BBC(英国放送

協会のウェブサイトは日、全国政治協商会議の兪正声主席な

どの中央指導者が記念に出席した。 今回の抗日戦争の記念

活動のレベの高さはめったにないことだった。 中国政府

ディアは記念を生放送した。 学者によると、“中国共産党

「盧溝橋事件」 をレベルで 記念することにたのは、 日本が

今月初め憲法の解釈を変更、集団的自衛権容認したことと

係がある” と見ている。

 

フジテレビは、中国の国家主席盧溝橋事記念に参加

ことは、いままでなかったことで、からも、今後中国が

レベルで対日批判を続けると見られるとしている。

 

《産経新聞》は、中国は“盧溝橋事件”77周年をきっかけにして、全

各地で記念活動を開催し、反日宣伝を展開する。  政府メディ

アは国辱を忘れるなと呼びかけ、国心を 鼓舞するだろうと伝えて

いる

 

韓国《朝鮮日報》は北京の外交消息筋のを引用して

首相最近集団的自衛権を 容認し、勝手に 「戦後レジューム」

を破壊したことは、中国の最高指導層を激怒させた。 この事は、中

国が日攻勢を強めることを意味している と伝えている。

 

中国ドイツ首相の訪中日本の戦時中の侵略を厳しく批判

る” とロイター通信は7当日の中国最大の 2つのニュースを

連携させた。  報道によると、第二次世界での侵略を懺悔した

とよく賞賛する中国は、ドイツの メルケル首相が訪中期間中、日本

の戦時侵略を強調するという。   中国の李克強首相は訪

メルケル独首相と共記者会見の際、“77年前の今日、日本軍国

主義者が中国への侵略戦争を始めたことに直面し、中国人民は奮

起して抗に立ち上がり、抗戦 年 血みどろに戦い、最後に 勝利

を 獲得した。  歴史の教訓を しっかり心に刻みさえすれば、未来を

開くことができ、永遠平和を保つことができる” と語った。 

 

中国抗日戦争記念に対して、日本政府は反省態度を見せない

ばかりか、弁解を行った。  共同通信社の報道によると、内閣官

長官は 記者会見で“中国歴史問題国際問題する

こと域の平和と協力のためなんら役立つものでない。 我が国

和国家として国際社会から評価されている …… 未来志向

関係を発展させる姿勢こそが、国家指導者としてのあるべきな

態度 《環球時報》記者が、外務省の国際報道に電話したが、

相手はコメントを拒

 

 

2.日本 中国の抗日戦争記念について:

 日本は平和国家として国際社会から評価されている

 

【国恥を忘れるな : 盧溝橋事件の古い写真発見

 

【環球軍事報道】“侵略歴史を否定し、歪曲し、美化しようとする者

、中国人民と各国人民は決して許さない! ” 中国の習近平国家主

昨日(7日)“盧溝橋事件”77周年の記念の演説は、世界の

中日関係最新座標となった。 アナリストによると、これは中国の最

高指導者が、77というこの日に、政府の「抗日戦争紀念」に参加し

たことは、そのレベルの高さ“きわめて異例だという。

 

侵略歴史を美化する“少数者”を、習近平主席は直接名指しはしな

かったが、しかし国際メディアや日本の世論は、みな同一の目標――

東京の右翼安倍政権に狙いを定めた。 安倍首相は、絶え挑発

繰り返し、中国の強い対日“歴史攻勢”を刺激している。  日本の

メディアは中国今後更に日強硬姿勢を強化するのではと心

ている。  しかし、戦後レジュームからの脱却で頭に血が上って

いる安倍政権の耳には入らない。 中国の盛大な記念式典につい

て、自分でないことを知っている 日本政府は 7“中国が歴

史問国際問題すること域の 平和と協力になんら役に

立つものではない” と弁解した

 

安倍政権下、日本というこの船の方向がだんだん明らかにな

た。  船の方向の変更、中国に面倒と妨害をもたらす。  しかし

時代の潮流を変えることはできないし、中日の力引き続き逆転

していく向を変えることできない” 日本在の学者庚欣氏が

日《環球時報》記者に対してこう語った

 

日本の世論は中国の日の抗日戦争発生77周年記念活動関心

見せている。 《朝日新聞》は“中国・習主席、盧溝橋事件式典に

出席 強める対日圧力”というタイトルで、北京市郊外の 盧溝橋にあ

る中国人民抗日戦争記念館で開かれた式典で 習近平国家主席が

演説した。 最高指導者の参加は極めて異例。  歴史問題を巡り、安

倍晋三政権に対する圧力を本格的に高めていく姿勢だ。

 

《日本経済新聞》は、抗日戦争の記念日にいて、中国の慣例

5、10といった節目に大規模なイベントを開催するのが常だ。  今回

ように“77周年”といった、大事でない年大規模な記念活動を開

催し、その上最高指導者出席することは極めて異例だ。  中国が

今後も一層対日強硬姿勢をめることが予想される。

 

残念なことは、中国人民の抗日戦争と 世界の反ファシズム戦争の

利から70に近い今日、依然として少数の人々が 鉄のように確

実な歴史の事実を無視し、戦争で命を落とした 数千万の罪 ない

生命無視し、歴史の流れ逆ら……歴史は歴史、事実は事実

で、誰も歴史と事実を変えることはできない” AFP通信などのメディ

アは習近主席の内容の一部を引用した。 報道は習近平主席

日本あるいは安倍首相を名指しで批判しなかったが、しかし これ

は中国の国家元首としての尋常でない激しい言葉だと伝えた  一

部の老兵と生徒と共に、習近平主席は抗日戦争の彫像の除幕式を

行った。 

 

米国ブルームバーグによれば、日本は1931年9、中国の東北部

侵入した。  そ1937年7月7盧溝橋で中国軍隊と衝突

き起こした。   “盧溝橋事件”は、第二次世界勃発前、中国

全面的な抗日戦争の発端事件と見られている。    習近平主席

“盧溝橋事件”の 紀念イベントに出席した 初めての中国の最高指導

者で、習主席日本の当時の侵略を批判した。  “盧溝橋事件”の

記念活動際立って目立ったことは、中国が歴史問題でに対

して圧力を加えたという動きである。

 

 

 

1.中国举行抗战纪念 日政府进行辩解并无反省态度

 2014-07-08 05:35:00 来源:环球时报

 

【环球时报综合报道】“高规格”和“对日施压”是各方强调最多的两个关键词。英国广播公司网站7日称,全国政协主席俞正声等中央领导也出席了纪念仪式。这次抗战纪念活动规格之高较为罕见。中国官方媒体直播了纪念仪式。学者认为,中共高规格纪念“七七事变”,相信与日本在本月初通过修改宪法解释、解禁集体自卫权有关。日本富士电视台称,中国国家主席参加卢沟桥事变纪念仪式,这是前所未有的事情,由此可以看出今后中国会持续“国家级别的对日批判”。

 

日本《产经新闻》称,中国以“七七事变”77周年为契机,在全国各地举行纪念活动,并开展反日宣传。官方媒体呼吁人们不忘国耻,鼓舞爱国心。

 

韩国《朝鲜日报》7日援引北京一名外交消息人士的话说:“日本首相安倍晋三最近解禁集体自卫权并私自破坏‘战后秩序’,这让中国最高领导层极其愤怒。此举意味着中国将进一步增强对日攻势。”

 

中国在德国总理访华期间痛批日本战时侵略”,路透社7日把当天中国最大的两个新闻联系起来。报道称,经常赞扬德国为二战侵略忏悔的中国在德国总理默克尔访华期间有针对性地强调日本的战时侵略,中国总理李克强在与来访的德国总理默克尔共见记者时表示,77年前的今天,面对日本军国主义者发动全面侵华战争,中国人民奋起抗争,浴血抗战八年,直至取得最终胜利。只有牢记历史教训,才能开辟未来,永葆和平。

 

面对中国的抗战纪念,日本政府并没有表现出反省态度,而是进行辩解。据共同社报道,日本内阁官房长官菅义伟7日在记者会上称:“中国恣意将历史问题国际化的做法对地区和平与合作毫无益处。”菅义伟还称:“我国作为和平国家的历程获得了国际社会的好评……发展面向未来的合作关系的姿态才是国家领导人应有的态度。”《环球时报》记者就此致电日本外务省国际报道科室,对方拒绝发表更多评论。

 

 

2.日回应中国纪念抗日:日是和平国家赢得国际好评

 2014-07-08 07:53:00 来源:环球时报

 

【勿忘国耻:七七事变老照片曝光】

 

【环球军事报道】“任何人想要否定、歪曲甚至美化侵略历史,中国人民和各国人民绝不答应!”中国国家主席习近平昨天在“七七事变”77周年纪念仪式上的讲话成为外界审视中日关系的最新坐标。分析人士注意到,这是中国最高领导人首次在“七七”这一天参与官方纪念,抗战纪念活动规格之高“极为罕见”。对于美化侵略历史的“少数人”,习近平没有直接点名,但无论国际媒体还是日本舆论均把目光瞄准同一个目标——东京的右翼安倍政权,正是后者无休止地挑衅,刺激中国展开强大的对日“历史攻势”。日本媒体还担忧,中国今后可能进一步加强对日强硬姿态。然而,对摆脱战后体制走火入魔的安倍政权未必听得进去。对于中国的隆重纪念,自知理亏的日本政府7日辩称,“中国恣意将历史问题国际化对地区和平毫无益处”。“在安倍带领下,日本这条船转向越来越明显。一条船的转向会给我们造成麻烦和干扰,但不可能改变时代的潮流,也不会改变中日力量对比继续扭转的趋势。”旅日学者庚欣7日对《环球时报》记者说。

 

日本舆论十分关注中国7日举行的抗战爆发77周年纪念活动。《朝日新闻》以“习近平卢沟桥出席纪念活动,中国加强对日施压”为题称,位于北京市郊卢沟桥畔的中国人民抗日战争纪念馆7日举行纪念仪式,国家主席习近平发表讲话。中国最高领导人参加这一纪念活动非常罕见,展现了中方在历史问题上正式加强对安倍晋三政权施压的态度。《日本经济新闻》称,对于抗日战争相关纪念日,中国的惯例是在逢五、逢十的节点举行大规模活动。而像此次这样在“77周年”这一并非关键年份举行大规模纪念活动,而且由最高领导人出席是非常罕见的。中国今后有可能进一步加强对日强硬姿态。

 

令人遗憾的是,在中国人民抗日战争和世界反法西斯战争胜利近70年的今天,仍然有少数人无视铁的历史事实,无视在战争中牺牲的数以千万计的无辜生命,逆历史潮流而动……历史就是历史,事实就是事实,任何人都不可能改变历史和事实。”法新社等媒体援引了习近平讲话的部分内容。报道称,习近平没有点名批评日本或安倍,但这依然是中国国家元首非同寻常的尖锐言辞。在一些老兵和学生的陪同下,习近平为抗战雕塑揭幕。美国彭博社称,日本于19319月入侵中国东北,随后于193777日在卢沟桥挑起与中国军队的冲突,“七七事变”也被视为二战正式爆发以前中国全面抗日战争的开始。习近平是第一位出席“七七事变”纪念日活动的中国最高领导人,他批评日本当年的侵略,突出“七七事变”纪念活动是中国在历史问题上对日施压的最新举措。

 

|

« 3202中国の三面記事を読む(1207)習近平主席 盧溝橋事件77周年記念式典で演説 | Main | 3204中国は見る(1814)中国「重慶青年報」「きのこ雲の日本地図」を掲載 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事