« 3195中国は見る(1810)真面目に並ぶ日本人 | Main | 3197中国の三面記事を読む(1203)チャン・ツーイと汪峰 結婚? »

3196中国は見る(1811)集団的自衛権の行使容認 閣議決定

 

1.日本メディア : 集団的自衛権の行使容認 閣議決定

2.中国 日本集団的自衛権の行使容認について回答:

 中国の安全を損なうようなことはするな

 

1.日媒:日本政府内阁会议决定解禁集体自卫权

 2014-07-01 16:30:00 来源:参考消息网

2.中方回应日本决定解禁自卫权:不得损害中国安全

 2014-07-01 17:09:12 来源:中国新闻网

 

 

 

1.日本メディア : 集団的自衛権の行使容認 閣議決定

 

参考消息ネット7月1日報道日本メディアによると、日本政府は

7月1午後の臨時閣議で集団的自衛権の行使を容認するた

めの憲法解釈変更を決定した。 日本自身攻撃を受けなくても、

日本他国の攻撃阻止するため武力を 行使することができ

ようになる

 

Photo_32_2




資料の写真6月30日、デモ隊が首相官邸の外集会、プラカ

ードには安倍政権の集団的自衛権の行使容認反対

 

共同通信社71日の報道によると、閣決定内容は、もしも

日本の安全が脅威などの状況を受けた時、必要最小限度

力を行使することは許容されるとした。 関連法案が整備された

なら、日本と密接な国攻撃を受けるの阻止するため、自衛

隊が海外で戦争に参加することも可能となる。 これは1954

に自衛隊が創立されて以来、ずっと堅持してきた専守防衛理念

の安保政策の重大な変更となる

 

安倍晋三首相は日本安保環境に変化が生じたとして、行使

認の討議を主導的に行ってきた。 

 

議決定で他国武力攻撃を 受けた時、その目的、規模、

形態から我が国の安全に危険がある事態として、新“武力行使

三大件”を列挙した。

 

56




資料写真6月30日、東京安倍首相の集団的自衛権行使容

認反対のデモ

 

議決定は、米国など他国に対する武力攻撃で、国民の権利

根底から覆される白な危険がある場合、自衛措置を発動する

ことは“憲法されるとした。 決定では、過度の武力

使を阻止する明確な保証はない。

 

背景資料:集団的自衛権とは何か?

 

中新ネット7月1電:日本政府は日午後閣議で集団的自衛権

行使容認のための憲法の解釈変更を決定し 集団的自衛権

行使容認後、日本自身攻撃を 受けなくても、日本関係の密

な国が攻撃を受けるのを阻止するため武力を行使することができ

るようになる

 

Photo_4資料写真:陸上自衛隊の離島防衛専門部隊“西部

方面普通科連”。

 

いわゆる集団的自衛権とは日本と密接な関係にある国が他国

の武力攻を受けた時、自身攻撃を受けているかどうかに関わ

らず、武力を使って阻止する権利を行えることをいう。   同盟国

メンバー国が、攻撃を受けは、相互武装援助を行えるとする。

 

1945制定された国連憲章第51条の規定によって、主権国

家は “個別あるいは集団自衛を行使できる この条項は米

国と旧ソ連それぞれ北大西洋条約機構とワルシャワ条約機構

法律基に作られた。

 

日本次世界大戦を起こした国の一つで、戦後、日本は1946

年に、後“平和憲法” と 言われる 新《日本国憲法》 を 制定した。 

その第九条“戦争放棄で、軍隊を持たない”規定に基づき、集団

的自衛権は持たず、自国が 攻撃を受けた時の武力行使、 個別

衛権行使だけを認めている。

 

 

2.中国 日本集団的自衛権の行使容認について回答:

 中国の安全を損なうようなことはするな

 

Photo_5中新ネット7月1電:中国中央テレビ報道による

と、日本閣議集団的自衛権の行使を容認したこ

とについて、中国外交部の洪道官は1定例

記者会見で、日本はアジアの隣国の合理的な関心を適切に尊重

すべきで、慎にこの問題を処理すべきで、中国国家主権や

安全を損なってはならな。 またの平和と安定損なっては

らない” と述べた

 

共同通信社日の報道によると、日本政府は当日の午後、臨時

議で集団的自衛権の行使を容認する憲法の解釈変更決定し、

自身攻撃を受けなくても、日本他国の攻撃阻止するた

めに武力を行使することができ

 

これについて、報道官は、歴史的理由から、日本の軍事安全

策はこれまでずっとアジア隣国国際社会の高い関心を呼ん

できた。

 

報道官は、このところ、日本政権は、歴史問題でしきりに

を起こし、軍事安全政策でも、いまだかつてない措置を取り

本の軍事安全政策な変化を起こした。 日本が戦後長い間、

維持してきた平和発展の道が変わるかどうか、みんな疑問を抱い

ている。

 

報道官は更に、私達は、日本国内、集団的自衛権行使容認

反対のがあることに注目している。 日本の発展の動

結局は、多くの日本国民決定する。 中国は、日本わざと

“中国威論”を作り出し、それによって日本国内の議事日程を進め

ることに反する。

 

報道官は、私達は日本アジア隣国の合理的な関心を適切に

、慎重にこの問題を処理するよう求めます。 中国国家主

や安全、の平和と安定を損なってはならない。 と述べた。

 

 

1.日媒:日本政府内阁会议决定解禁集体自卫权

 2014-07-01 16:30:00 来源:参考消息网

 

参考消息网71日报道 日媒称,日本政府在71日傍晚的临时内阁会议上决定修改宪法解释解禁集体自卫权,即使自身未受到攻击,日本也可以为阻止针对他国的攻击而行使武力。

 

资料图片:630日,日本示威者在安倍官邸外集会,手举标语牌抗议安倍政府试图解禁集体自卫权。

 

据日本共同社71日报道,日本内阁决定的内容为,如果在日本的存亡受到威胁等情况下,允许必要最小限度地使用武力。相关法案得到完善后,为阻止关系密切的国家受攻击,自卫队在海外参加战争将成为可能。这是有可能脱离1954年自卫队建立以来一直坚持的专守防卫理念的安保政策上的重大改变。

 

首相安倍晋三以日本所处安保环境发生了变化等为由主导了有关解禁的讨论。

 

内阁决定指出“即使是针对他国的武力攻击,根据其目的、规模、形态也存在威胁到我国安危的情况”,列举了新“行使武力的三大条件”。

 

资料图片:630日,日本示威者在东京抗议安倍晋三推动解禁集体自卫权。

 

内阁决定总结称,考虑到美国等,在针对他国的攻击中,存在从根本上剥夺日本国民权利的明确危险时,采取自卫措施“为宪法所允许”。内阁决定中没有阻止过度行使武力的明确保证。

 

背景资料:何为集体自卫权?

 

2014-07-01 14:26:00

 

中新网71日电 日本政府将在1日下午的内阁会议上决定修改宪法解释以解禁集体自卫权。集体自卫权解禁后,即使自身未受到攻击,日本也可以为阻止关系密切的国家受攻击而行使武力。

 

资料图片:日本陆上自卫队的离岛防卫专门部队“西部方面普通科联队”。

 

所谓集体自卫权,即与本国关系密切的国家遭受其他国家武力攻击时,无论自身是否受到攻击,都有使用武力进行干预和阻止的权利。即一个联盟所有成员在其中一个成员遭受攻击时进行相互武装援助。

 

根据1945年制定的联合国宪章第51条规定,主权国家拥有“单独或集体自卫的固有权利”。这一条款成为美国和前苏联分别组建北大西洋公约组织和华沙条约组织的法律基础。

 

因为日本是发动第二次世界大战的国家之一,战后,日本于1946年制定了后来被称为“和平宪法”的新《日本国宪法》。依据其第九条“放弃战争,不设军队”的规定,放弃了集体自卫权,只允许行使个别自卫权,即在本国受到攻击时行使武力。

 

 

2.中方回应日本决定解禁自卫权:不得损害中国安全

 2014-07-01 17:09:12 来源:中国新闻网

 

中新网71日电 据央视报道,针对日本内阁会议决定解禁集体自卫权一事,中国外交部发言人洪磊1日在例行记者会上表示,日本方面应切实尊重亚洲邻国的合理关切,谨慎处理有关问题,不得损害中国国家主权和安全,不得损害地区的和平稳定。

 

日本共同社1日报道,日本政府在当天傍晚的临时内阁会议上决定修改宪法解释解禁集体自卫权,即使自身未受到攻击,日本也可以为阻止针对他国的攻击而行使武力。

 

对此,洪磊表示,由于历史的原因,日本的军事安全政策一直受到亚洲邻国和国际社会的高度关注。

 

洪磊表示,近一时期以来,日本执政当局在历史问题上频频制造事端,在军事安全政策上采取了前所未有的措施,使日本的军事安全政策出现了重要变化。人们不禁要质疑,日本在战后长期坚持的和平发展道路是否要改变。

 

洪磊表示,我们也注意到,在日本国内,对解禁集体自卫权有强烈的反对声音。日本的国家发展走向,归根结底要由广大日本人民来决定。中方反对日本方面蓄意制造“中国威胁”,以此来推进日本国内的议程。

 

洪磊表示,我们要求日本方面切实尊重亚洲邻国的合理关切,谨慎处理有关问题,不得损害中国国家主权和安全,不得损害地区的和平和稳定。

|

« 3195中国は見る(1810)真面目に並ぶ日本人 | Main | 3197中国の三面記事を読む(1203)チャン・ツーイと汪峰 結婚? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事