« 3176 中国は見る(1794)唐家璇元国務委員:中国側は尖閣の領有権問題で譲歩する余地はない | Main | 3178 中国は見る(1796)日本紀行 (24): 京都祇園祭ー日本の文化と精神 (下) »

3177 中国は見る(1795)日本紀行 (23): 京都祇園祭ー日本の文化と精神 (上)


游”在日本:京都祇園祭—日本的气质与精神

2011-07-18 09:33:05 来源:唐辛子IN日本




11:昨日京都に行き友達と会いました。 ちょうど

京都の“祇園祭”の“山鉾巡行”に ぶつかりまし

た。


22:京都の“祇園祭”と大阪の“天神祭”、東京の

“神田祭”は、日本三大祭” と言われています。

京都の“祇園祭”は毎年7月1日から1か月間に

たって行われる。   夏の京都の最も特色あふ

れる風物詩である。 “祇園祭”は869年を起源として始まった。

当時、京都の下水道施設は 不備で、 水質は 汚染されていた。   

しかも京都は高温多湿の盆地で、そのため 伝染病が大流行し

た。    そこで人々は八坂神社の神仏像を運び出し、街を巡行し、

病気の厄払いを祈った。“祇園祭”はここから始まった。


統計によると“祇園祭”には、毎年平均 40万人以上の観光客

が訪れ、世界各地からの観光客も含まれている。 八坂神社は

治の前は、“祇園社”と呼ばれていた。 そのため、この八坂

社の祭礼活動は、“祇園祭”と呼ばれた。



3

3


 

 

44:“山鉾巡行”の時は、コンチキチンという独特

の囃子と笛の音が鳴り響き、厳しい日差しの下、

その豪勢さに圧倒されます。



5

5

6

6


7

7



8:作家・五木寛之が随筆集《日本人の心》の中で “京都は

本の中の異国であり、日本の最前衛の都市です”と 京都をこ

う総括しています。 五木寛之は文章の中で、“どうして京都

前衛と言うのか?”について、その理由を こう説明しています。

“京都の「祇園祭」を見れば分かります。  みんなの心の中で

は「祇園祭」 は 日本の伝統の祭典活動 だと思っているでしょ

う。   しかし、あなたがもし「祇園祭」の 山鉾巡行の装飾を注

意深く見たら、きっと驚くはずです。 あれら絢爛豪華な装飾物

の中には、中国の シルクもあり、ヨーロッパ各国の絹織物もあ

り、ペルシアやトルコの緞通、葛布蘭式の 花璧毯、インドの刺

繍などがあります。 これら世界各国の工芸品や国際的色彩が

集まって 目を見張る京都の「祇園祭」を飾っているのです”


でも、たとえ山鉾巡行に近づけず、世界各地から工芸品と色

をよく見られなくても--“祇園祭”を見に来る人々を注

れば、その中から日本の伝統祭典の世界性と国際性を感

じることができる。


下のこの人、この出で立ちはオバマ大統領より格好いい

9


9:もう一人、私のカメラが捉えた彼、レンズに向かってやさし

い笑顔を返してくれた。 THANKS

10



10:国籍、年齢の区別なく、“祇園祭”は誰もが楽しめる。

100



11

11


12

12


 

 

13

13



1414:7月中旬の京都は、高温36度、とても蒸し

暑い。 山鉾巡行の途中、後援会が、参加者の暑

気払いとして、冷たいお茶を用意している。


1515:山鉾巡行のこの日、京都府の警察はとても忙

しくなるのを予想して、警察官を街頭に出動させ

交通整理をしている。


1616:街頭の至る所、夏の浴衣を着た女性が多い。 

和服の復興を奨励するため、浴衣を着た人が京都

でタクシーなどに乗ると、優待割引を受けられま

す。 特に7月“祇園祭”の時は。


1717:京都の前衛とは、あなたが昔の伝統的服装を

着ようと、それとも流行のタンクトップでも、京

都のどんな道でも安心して歩け、少しも環境と違

和感はない。


1818:夕方の火ともし頃の京都河原町。 京都は私

の見た都市の中で、伝統と現代が自然に融合して

いる都市である。 伝統の日本式灯籠とマクドナ

ルドのファースト・フードの看板が、このように

隠すことなくいっしょに並んでいても、なんの不

都合も感じさせません。

 

 

19

19


 

20

20




 

游”在日本:京都祇園祭—日本的气质与精神

2011-07-18 09:33:05 来源:唐辛子IN日本

 

1:昨天去京都与朋友见面,正赶上京都“祇園祭”的“山鉾巡行”。

 

2:京都的“祇園祭”与大阪的“天神祭”、东京的“神田祭”被并称为

日本三大祭”。 京都的“祇園祭”每年从71日开始,为期长达

一个月,是夏日的京都最具特色的夏日风情诗。 “祇園祭”起源于

公元869年,当时京都的下水道设施不备,水质遭受污染,且京都

属于闷热多湿的盆地,因此瘟疫流行,于是人们将 八坂神社内的

神像搬出来,沿街巡行,祈祷去病消灾。“祇園祭” 便也由此而来。

据统计: 每年平均有40万人以上游客观看“祇園祭”,这些游客们

来自世界各地。八坂神社在明治之前,名为“祇園社”,因此,这个

因八坂神社而起的祭奠活动,也就被称为“祇園祭”。

 

 

3

 

4:“山鉾巡行”时,古乐阵阵,笛音袅袅,烈日之下,令人恍然间有

隔世之感。

 

5

 

6

 

7

 

8:日本作家五木宽之在随笔集《日本人的心》一书中,这样概括京

都,说“京都是日本国中的异国,是日本最前卫的都市”。 五木宽

之在文章中这样解释他如此描绘京都的理由,说: “为什么说京都

很前卫呢?去看看京都的“祇園祭”就知道了。     在众人心目中,

祇園祭”是日本的传统祭典活动,可是,你若 仔细留意 “祇園祭”

巡行用的山鉾装饰,一定会大吃一惊: 那些绚丽豪华的装饰物中,

既有来自 中国的丝绸、也有来自欧洲各国的织锦,还有来自波斯

和土耳其的缎通、葛布兰式花壁毯、以及印度的刺绣。。。 这些来

自世界各国的工艺品和国际色彩,汇集成耀人眼目的京都 “祇園

祭”。”

 

其实,即使无法近距离走近巡回的山鉾,无法仔细地一一欣赏那

些来自世界各地的工艺与色彩,只须 留意一下参加 “祇園祭”的

人们,也能从中感受到这个日本传统祭典活动的世界性与国际性。

 

看看下面这位,这身打扮比奥巴马还帅。

 

9:还有这一位,看我的镜头对准他,马上面对镜头送上一个温和的

微笑。  THANKS~

 

10:不分国籍,不分年龄,“祇園祭”老少皆宜。

 

11

 

12

 

13

 

147月中旬的京都,高温36度,十分炎热。山鉾巡行的沿途,都

有后援会为参加者准备冰茶水消暑。

 

15:山鉾巡行的这一天,估计京都府的警察都超忙,全调动到街头

维持交通了。

 

16:街头到处是身着夏季浴衣和服的女子。 为了鼓励和服的复兴,

身穿和服的人,在京都乘出租车等,都可以获得优惠折扣的,特别

是在7月份“祇園祭”期间。

 

17:京都的前卫,在于不管你身穿最传统的古装,还是最时尚的露

臂装,都可以心安理得地行走在京都的任何一条街上,丝毫不会

感觉有任何与环境格格不入的怪异。

 

18:夜晚,华灯初上的京都河原町。 京都是我所见过的都市中,能

够将传统与现代自然而然地糅合在一起的城市。 传统的日式灯笼,

和麦当劳快餐的广告灯箱,如此无遮无掩地 摆放在一起,却不令

人感觉有任何不妥。

 

19

 

20

 

 

|

« 3176 中国は見る(1794)唐家璇元国務委員:中国側は尖閣の領有権問題で譲歩する余地はない | Main | 3178 中国は見る(1796)日本紀行 (24): 京都祇園祭ー日本の文化と精神 (下) »

社会生活」カテゴリの記事