« 3192中国は見る(1807)池袋で車暴走 30歳中国人女性死亡 | Main | 3194中国は見る(1809)「蕎麦」について »

3193中国は見る(1808)冬季スポーツの長野を語る

 

冰雪运动话长野 

2010-03-05 21:52:47  来源:房丽燕的博客

 

 

 

バンクーバー上空をごうごうと燃え盛った聖火が消え、氷と雪

のアスリート達の戦いも幕を閉じた。しかしオリンピックが人

に残した興奮、感動、無念な思いなどの余韻はまだ続き、人

に今も回想させている ――――人々に元気を与え希望をもた

らす――――私はこれこそスポーツ競技の魅力だと思う。

 

冬季オリンピックは終わったけれど、しかし冬季スポーツは決

してこれで終わったわけではありません。  多くの人々が、冬

季オリンピックの刺激を受けて、冬のスポーツに思いを寄せて

います。  ですから、私はこのような人達に、スキーをやるなら

長野にいらっしゃいとお勧めします!

 

中国経済の急速な発展に従い、中国人の生活水準もだんだん

上し、日本旅行も 珍しいことではなく、当たり前のようになり

ました。 その上、中国の観光客の興味も、最初の頃の大都市

でのショッピングから、日本の文化、飲食、自然などを体験し

いというふうに変ってきました。  特に冬は、スキー、温泉に来

る観光客が続々と増えてきました。

 

しかし、中国人に、どこのスキーに行きたいと聞くと、多くの人は

みな同じように、“北海道がいい”  と言います。  北海道は確か

に有名な雪の世界で、なおかつ 1972年に 冬季オリンピックを

催しました。  しかし、忘れてはいけません。 北海道の札幌

以外にも、長野県は日本ばかりか アジアで 冬季オリンピックを

催したことがある場所なのです!   16年前の1998年、第

18 冬季オリンピックはこの地で開催され、世界各地の72の

国と地域のスポーツ選手が、ここに集まり、この 寒い場所で熱

戦を繰り広げました。

 

長野は今まで、冬季オリンピックを開催した場所としては、最

南部にあるということです。 長野県の緯度(北緯36.4度ほど)

は高くありません。 中国山東省の済南と同じくらいです。    でも、

“日本の屋根”と言われる長野県は日本内陸部の山地で、県内

には海抜3000m級のアルプスが連綿と続き、平野や盆地も大

体、標高6,700mくらいあります。 高くそびえ立つ山々は長野

県に 雄大で美しい自然の風景をもたらし、冬季スポーツには絶

好の条件を提供しています。

 

長野県には南から北まで、およそ大小100余りのスキー場が

あります。 有名なのはオリンピック・スキーの主な競技場と

った白馬スキー場(北部)があります。  また白骨温泉で有

な乗鞍スキー場(中部)や、南部の 車山高原スキー場、 木曽

地方の各スキー場などがあります。 スキー場の周囲には大

体、温泉施設もあります。 スキー運動を終えた後、温泉に浸

かるのも、楽しみの一つであることは言うまでもありません。

 

長野県は、冬季スポーツの素晴らしい条件があるため、冬季ス

ポーツがとても普及しています。 小中学校・高校は、普通の授

業として、すべてスキー・スケートがあります。   スキー場に

い学校は、ほとんど毎日、スキー授業があります。 スキー場か

ら遠い学校は、冬の間、少なくとも1回か2回、 スキー場に行き、

スキーの授業を受けるチャンスがあります。 スケートは学校の

運動場が氷上教室となります。   私の娘も小学校に通っていた

時、そうでした。 でも近年、地球の温暖化により、多くの場所で、

氷上教室が続けられなくなっています。

 

冬季スポーツの早期教育で長野県は、冬季スポーツ選手の養

の揺藍の地となっています。  長野県出身選手も多く、

スポーツ手になるため長野県に転居する人もたくさんいま

す。   例えば:日本の有名なフリースタイルスキー選手の上村

んは 兵庫県出身すが、 その家族と共に、 長野に

転居しキーを始めました。 オリンピックでメダルを取った

の選手のうち、3人が長野県人でした。   日本のスポーツ

選手はナショナル・チームではありません。 そのことが、日本

オリンピックの成績に影響を与えています。 しかし

れはスポーツの流行の支障にはなりません。 特に毎年にな

ると、長野の スキー場相変わらず スキー、スーボード

に熱中する若い人格好の場所となっています

 

私は北方で育ちました。 スケートは少しはっています。 で

スキーは日本に来た後初めて体験しました。   私の家

松本盆地の平原地帯です。  でも車で30も走れば、

スキー場 ――――― 朝日村スキー場に行くことが

きます。 そのスキー場は私のような “初心者”(新米)ピッタ

リでゲレンデはゆるやかで、たとえ初めてスキーを始めた

も、恐怖を感じることはありません。 初めて日本に来時、しば

らくスキーに夢中になったことがあります。 局、スキーの腕前

少しも進歩がありませんでした。  でも白銀の世界てっぺ

から滑る快感はスキーをしないとわからないものです。

 

行った他のスキー場は、乗鞍、車山、白樺湖などがありま

す。どのスキー場も、それぞれ特色があります。   例えば、

述の鞍スキー場周囲有名な骨温泉を含む多くの

泉施設があります。   車山高原スキー場は非常に広いゲレ

ンデがあります。 白樺湖スキー場の周囲は白樺湖遊覧地区

で、年には氷の彫刻展示会催されます等々

 

近年日本の経済は停滞状態に陥っています。 しかし豊富な

観光資源は日本中央から地方に次々と観光経済を引っ

ろうとする様々な動きが出ています。    今春節期間

国からの観光者を迎えるため、長野県諏訪地区の観光部門

特に中国観光客のために春節特別イベントを催しました。

訪市長自ら観光客宿泊していホテル出向き 歓迎の

挨拶をしたほかホテルは春節の祝賀のため花火を上げました。

れらは中国客の来に対する熱烈な期待表現です

 

聞くところによれば、現在スキーは中国の北方都市でかな

流行しているということです。 しかし北京を例ににとると

が少なく、天然のスキーはむずかしいです。 人工

で作ることできますが、でも大自然の中滑走するのと

べるとだいぶ、見劣りがします。   ですからスキーの醍醐味

味わうなら、長野良い選択の一つだといえます

 

オリンピックから、私の冬季スポーツ談義をしてしまいました。

今年の冬のシーズンはもう終わり近くりましたが、しかしス

キー愛好、来年もし日本に来たいなら決して長野を

忘れちゃダメです! 

 

Photo2

鞍高原スキー場

 

 




Photo_2
白馬五龍スキー場

 




Photo_4
白馬スキー場

 

Photo_3

鹿島スキー場

 

 

 

冰雪运动话长野 

2010-03-05 21:52:47  来源:房丽燕的博客

 

温哥华上空熊熊燃烧的圣火熄灭了,冰雪健儿的角逐也落下了帷幕。但奥运留给人们的兴奋、感动与遗憾却余音袅袅,令人久久回味。我想这就是体育运动竞技比赛的魅力之所在----带给人振奋与希望。

 

虽然冬奥会结束了,但冬季体育运动并非就此完结。也许很多人经过了冬奥会的刺激,会产生对冬季运动更多的想往。那么,我想跟这样的朋友说,滑雪请到长野来!

 

随着中国经济的飞速发展,中国人民生活水平的不断提高,来日旅行已成为了不再鲜见的平常事。而且中国游客的趣向已从最初的热衷到大都市血拼,转到了倾向于体验日本文化、饮食、自然。特别是到了冬季,滑雪、泡温泉的游客更是纷至沓来。

 

但是问起中国人想去什么地方滑雪,很多人都会不约而同地说:北海道。不错,北海道的确是著名的冰雪世界,并且早在1972年便举办了冬季奥运会。但是,不要忘记哦,除了北海道的扎幌之外,长野县也是日本乃至亚洲仅有的举办过冬奥会的地方啊!就在12年前的1998年,第18届冬季奥林匹克在此召开,来自世界各地72个国家和地区的运动员曾云集在这里,激烈鏖战于冰天雪地之中。

 

据说长野是迄今为止冬奥会举办地中最靠南部的。虽然长野县纬度(北纬36.4°左右)不高,与中国山东省济南差不多。但是,被称为“日本屋脊”的长野县是日本的内陆山地,绵延于县内的日本阿尔卑斯山脉,海拔多在3000米左右,即使在平川、盆地一般标高也在六、七百米左右。巍峨耸立的群山不仅为长野县带来了雄浑壮美的自然风光,还为冰雪运动的开展提供了良好的条件。

 

长野县从南到北,约有大小100多个滑雪场。比较著名的有曾为奥运会滑雪主赛场的白马地区滑雪场(北部),以白骨温泉驰名的乘鞍地区滑雪场(中部),还有南部的车山高原滑雪场,及木曾地区的诸滑雪场等。很多滑雪场周围都有温泉设施。在冰雪中运动了一番之后,再被温泉浸泡、洗涤,那份惬意不言而喻。

 

因为长野县拥有良好的冬季运动条件,所以冬季运动十分普及。中小学高中一般都设有滑雪滑冰课。离滑雪场近的学校,几乎天天都上滑雪课。远离滑雪场的学校,一个冬季至少也会有一到两次去滑雪场上滑雪课的机会。滑冰则是在校内操场浇上冰作为冰上课堂。我女儿上小学的时候,就是这样。但是近年随着地球变暖的加剧,很多地方无法继续冰上课了。

 

冰雪运动的早期教育使得长野县成为了培养冰雪运动员的摇篮。有很多日本国手为长野县出身,还有很多人为了成为冰雪运动选手而迁居长野县。如:日本著名自由式滑雪选手上村爱子就是出生在兵库县,后随家人迁居到了长野,开始了滑雪运动。本届奥运会上得到奖牌的六名选手中,则有三名长野县人。虽然日本培养运动员的体制为非国家行为,而因此影响到了日本选手在奥运会上的成绩,但这并不妨碍体育运动的盛行。特别是每到冬季,长野的各个滑雪场,依然是热衷滑雪、滑板年轻人的好去处。

 

我生长在北方,对于滑冰并不陌生。但是滑雪却是来日本后第一次体验的。我家所在的地区为松本盆地的平原地带,不过开车半个小时左右便可以到达最近的一处滑雪场-----朝日村滑雪场。那个滑雪场非常适合我这样的“初心者”(新手),雪道比较平缓,即使第一次滑雪的人也不会产生很多的恐惧感。刚来日本的时候,曾经很热衷了一阵子滑雪。虽然最终技艺毫无长进,但在银白色的世界里,从高坡上一路下滑的快感是只有滑雪才能体会到的。

 

我去过的其他滑雪场还有乘鞍、车山、白桦湖等。每个滑雪场都各有特色。如前述的乘鞍滑雪场,周围拥有着包括著名的白骨温泉的很多温泉设施;车山高原的滑雪场则拥有十分开阔的视野;白桦湖滑雪场周围是白桦湖游览区,年初时还有冰雕展览。等等等等。

 

近年日本经济陷于停滞不前的状态,但丰富的旅游资源令日本从中央到地方政府纷纷出台了以观光拉动经济的种种举措。今年春节期间,为了迎接来自中国的观光者,长野县诹访地区的观光部门,特意为中国游客举办了春节特别活动。诹访市长亲临游客下榻的旅店致欢迎词,旅店还特别为庆祝春节而放了焰火。这些都充分表达了日本对中国客人来访的热烈期待。

 

听说目前滑雪运动在中国北方城市相当盛行,但是拿北京来说,自然雪的匮乏则很难形成天然雪场。虽然可以做出人工雪,但是比起在大自然中的滑行就要逊色多了。所以要想充分享受滑雪的乐趣,长野不失为一个好选择。

 

奥运勾起了我闲话冰雪运动的冲动。虽然今年冬季的行程也许已经为时过晚了,但是滑雪爱好者们,明年如果要来日本,可不要忘记长野哟! 

 

乘鞍高原滑雪场

 

白马五龙滑雪场

 

白马滑雪场

 

鹿岛枪滑雪场

 

|

« 3192中国は見る(1807)池袋で車暴走 30歳中国人女性死亡 | Main | 3194中国は見る(1809)「蕎麦」について »

スポーツ」カテゴリの記事