« 3170中国の三面記事を読む(1200) 楊幂 “6月1日” 女の子を誕生 | Main | 3172中国の三面記事を読む(1201) 芸能界同年女性スターの運、不運   »

3171 中国は見る(1790)日本人の金持から教えてもらった人生哲学

 

日本有钱人教给我的人生哲学

2014-05-29 14:35:16   来源:新浪博客

 

私は幸運にも、大家さんは金持の人だった。 彼らどのくらい金持

具体的なことよくわからない。  でも地価が高い日本で、私の家

の近くのの家、マンションも、近くのすべて彼らのものなので

す。 これらの土地から毎月、人もうらやむ収入が入るのです。 本来

なら、山も多くの住宅地として開発し、賃貸や販売すればもっと巨額

の収入を得られることができます。 しかし老人は近く少な

寂しいと思っていたので、山をそのままにして残したのです。 彼らの

持っている土地が多すぎるため、同地の市庁が何平方㎞ごとに必ず

公園を 1ヶ所つくる規定があり、家の近くの公園も 彼らが作ったもの

である。

 

私達は大家さんの長男の家に住み、大家の老人一緒に暮らして

おり、毎日、お互いのことがなんでもわかってしまう。 2人の子供がま

小さい、彼らは私の代わりに子供を見てくれた。 おばあさん

良仕事をしてた時、私もよく子供達を連れて手伝いに行った。 毎日

よくお年寄りと話しをし、朝夕付き合っていたので、親密な関係ができ

た。  楽しい付き合いから、幸運にも、老人たちから重要な

人生の教え学ぶことができた。   自分金持になれないけれど、

、自分よりすぐれた人の 人生哲学を学ぶことができ、自分の 教

高めることができたことは、今後の私の人生とても役立った。

 

1 お返しのお碗は、いつも物をいっぱいにして返すこと

 

大家の老人は、2前に身体を壊し、現在、家にはおばあさんだけ

一人残っている。  おばあさん一人で 大変だろうと思い、私はお

いしものや手間がかかるものを作って上げた。 たとえば、天ぷら

だとか いちごジャムなど。  今日新しく 釣り上げを焼いたり

して、おばあさんに届けた。  おばあさんいつも 嬉しそう受け

取ってくれ後には、家にお皿戻し、お礼を言いに来た。    そ

のお皿にはいつもものが一あった。   中身は自分の家で収穫し

ブルーベリーだとか、時には子供達に チョコレートをくれたり、

にはケーキ2だったり、とにかく何もないことはなかった。 おばあ

さんはこれまで彼女の人生哲学を 話したことは なかったが、 行動

で私に 教えてくれたのです。 他人から好意を受けた時は、口でお

礼を言うだけでは足りない。  ず物でお返ししなければいけない。 

たとえ自分せるものが小さものであってかまわない

 

 

2 今日できること 明日に延ばさないこと

 

私が大家のおばあさんを知った時から、彼女は いつもひっきりなし

動きっている感じだった。 永遠に動きを止めないコマのようで

した。   毎日誰かしら彼女を訪ねて来て、毎日、やることが たくさん

ありました。 で すから、家でものが壊れて修理が 必要な時、私は

ても困りました。  おばあさんが超多忙なので、彼女に話すことが

できませんでした。   でも、勇気を奮い起こしておばあさん

話すと、おばあさんはすぐ やりかけの事を措いて、すぐさま担当者

に連絡して修理してくれました。  どんなに面倒なことであろうと、お

金がかかろうと、おばあさんはこれまでずるずる遅らせるようなこと

ありませんでした。 おばあさんは、人が困っていることはすぐに

解決しないといけない。 遅れれば遅れるほど面倒になる。  わず

かなお金のことや、問題を放っておくと、更に悪くなるとわかってい

たのです。 

 

 

3 他の人に 「ノー」 ということができる

 

金持ちの家の門開いていると、毎日来が絶え間ありません。 

険会社、投資会社、郵便局、銀行、病院、各種売り込みが

訪れる。  普通の人は スーパーマーケット買い物に行く時、

し お金があれば、高級なところにくが、本当行く時

店の人が VIPルーム案内し、店員が品物を目の前に持ってく

る。 あるいは 店が接購買力の高いに品物を見せにやって

くる。  おばあさんを訪ね来る人、目的は ただ一つ、 「おば

あさんに お金を使ってもらいたい」 ことである。 

 

おばあさんはすべての来者すべてに、礼儀正しく相手をして

るがしかし 大抵「断っている」   おばあさんは けちでも、

酷でもない。 経験豊富で知識広く、考えがあり選択しているの

だ。  たくさんの情報の中から必要でないやニセモノ排除し、

自分本当に必要ものを選んでいるのだ。    時に人に対して、

「ノー」ということは簡単なことではない。     ノーという言葉が、

現在の あたたかくて あいまいな状態を 壊してしまうのではと 思

らです。   しかしどうしても 「ノー」とわなければならない

には、私は自分におばあさんのように、怖がらずに ノー” と

うにしています

 

4 甘いものを他の人に分け与える

 

近くにんでいるので、私は毎月現金を持っておばあさん家に

家賃を渡し行きます。 以前おばあさん時間があれば、私を家

に上げ、お茶を飲ませてくれ雑談することがありました。 は、夫の

体が悪くなったので、もうその余裕がないようです。  でも、おばあさ

は、家賃袋を私の手に戻す前、必ず 冷蔵庫を開け、子供達に

食べさせてと、プリン2つあるいはヨーグルトをくれるのです。

ものが見つからない時、私は 「結構です」と言いますが、おばあさ

んは必ず、「ちょっと待ってね」と言って、奥の部屋仏壇のところに

行って、お供え物のお菓子を持ってきます。 私こうするだけでなく、

すべての来に対してそうです。  家電を修理に来たや、売り込

みを断ったにも、おばあさん絶対に彼らを 手ぶらで帰すような

ことはしません。 い時は、栄養ドリンク、寒い時は、緑茶とおやつ

を出します。 おばあさんは簡単に他人を信用しないが、しかし人

きあい人をてぶらで帰すようなことはしなかった。

 

 

5 年配になってもいつまでも勉強を続けること

 

この二人のご老人が元気な時、二人多くの変わった植物を植え

日本の道では、花で飾ることはせず、“榊(さかき)”という

バキ科の常緑樹を用いる。  そのため神社と神を信ずるは、

べてこの木の葉を飾った。  二人は昔、これをたくさん植えて成功し

た。 この木の葉は、花の販売よりよかったという。  は、とっくにこ

の商売はやめたが、しかし以前作られた信用のため、神社から今で

もおばあさんの家の榊を求めてくる。 おばあさんは神社からの電話

受けると、山の上切りに行き、小さい トラックで 持ってると、

分の車庫の中で切り揃えている。 以前は、二人で 一緒にやってい

たが、病気になってからは、私も仕事で彼女を 手伝えず、おば

あさんは何時間もかけて、この仕事をやっている。 とても時間をムダ

にしていると感じるが、おばあさんは新聞で、日本古典文学の 朗読

CDを見つけ、枝葉を切りながら、テープ・レコーダーで 古典文学を

聞いている。 朗々とし性の声が初めて車庫から聞こえてきた

時、私達家族はびっくりした。  中学卒業おばあさんは一生

仕事をし、人生の半以上大地主だった。  巨万の富を持

80歳近くになっても、車庫の中で 畑仕事を しながら 古典文学を

聞いている。  引き続き学んでもおばあさんはこれ以上 金持

ならないが、おばあさんの精神充実することができる

 

 

 

日本有钱人教给我的人生哲学

2014-05-29 14:35:16   来源:新浪博客

 

我很幸运,房东碰巧是有钱人。他们有多富有我不便讲,也不可能

道具体详情。     只说在寸土寸金的日本,我家附近的座座房子、

公寓甚至山都是属于他们的,就靠这些土地 每个月都有让人 望洋

兴叹的收入。    本来山也可以开发成更多的住宅地,无论是出租还

是变卖都能换来巨额收入。但是老人觉得附近山太少会寂寞,于是

把山继续保留着。    由于他们拥有的地太多了,根据当地政府多少

平方千米之内必须建一所公园的规定,家附近的 公园也是 他们修

建的。

 

我们住着房东长子的房子,与房东老人同住一院,每天低头 不见抬

见。  两个孩子还小的时候,他们替我看过孩子,老太太下地干活

的时候,我也常常带孩子们去帮忙。 每天频频和老人家打交道,在

朝夕相处间建立了很亲密的关系。在愉快相处中,我很幸运的从老

人身上学到了很重要的人生道理。尽管自己不会成为富人,但是能

够偷窥到高于自己的人的 人生哲学,对提升自己的 修养以及扩宽

今后的人生之路是很有裨益的。

 

 

1 永远把碗装满再还

 

房东老人前两年身体垮了,现在住在老人院,家里只剩下老太太

个人。想到老人一个人不方便,我做了什么好吃的或者费事的

东西,比如炸天妇罗啊,草莓酱啊,用今天 新钓上来的鱼做的烤

鱼什么的,都要送一碗给老太太。 老太太总是乐呵呵的收下,过

两天后上门还碗道谢,那只碗从来都是满的。有时装的是自己收

获的蓝莓,有时是给孩子们的巧克力,有时是两块点心, 总之她

从来不还空碗。老太太从未讲过她的人生哲学,但是用行动告诉

我: 接受了别人的好处,光用嘴道谢还不够,一定要用物体来还,

哪怕是自己 现在只能 拿出的小小东西。

 

 

2 今天的事情决不拖延到明天

 

自从我认识房东老太太,就觉得她像颗不停旋转的陀螺,似乎永

远没有休憩的时刻。每天都多少人来找她,每天有多少事情要做。

所以每当家里有东西坏了需要修理的时候,我都很为难,不愿

老太太开口,不忍让她忙上加忙。但是只要我鼓起勇气开口一讲,

老太太马上放下手里的事情,当即联系人给我修理。无论多麻烦,

论花多少钱,老太太从不拖延。 也许她知道,心疼目前的这点

小钱,或者把问题暂且放一放,只会促使事情朝往更坏的方向发

展。 再让人不愉快的事情都要立刻解决,越拖延越难办。

 

 

3 不怕拒绝别人

 

有钱人的门槛没有闲着的时候,每天上门的人络绎不绝。 保险公

司的, 投资公司的, 邮政公社的, 银行的, 医院的,各种推销的。

普通人家去超市买东西,有点钱去高级商场,真正有钱的被 请去

商场的 VIP室,店员会把东西拿到你眼前,或者商家干脆 直接到

有潜在购买力的客户家里来推荐。 来找老太太的人络绎不绝,大

家都一个目的 : 请她花钱。   她对所有来访者都客气招待, 但是

大部分都拒绝。  她不是吝啬也不是冷酷,而是见多识广,懂得思

考与选择,在众多信息中 剔除不必要的和虚假的,选择出自己真

正需要的。有时候对人说不是件不容易的事,因为担心一个 “不”

字会毁掉目前温暖暧昧的状态。    但是在不得不说的时候,我告

诉自己要像老太太一样,不要怕说“不”。

 

 

4 把甜头也分给别人一点

 

由于住得近,我每个月亲手拿了现金去老太太家交房租。 以前老太

太还有时间坐下来请我喝茶聊天,现在随着爱人身体恶化,已经没

那个心情。但是老太太在把房租袋还到我手上之前,一定要打开

箱,拿两个布丁或者酸奶给我,叫我给孩子们吃。 没有合适的东

西的时候,我连说算了算了。 老太太叫我一定等一等,到里屋从佛

龛上撤下两个作为供品的点心。不止对我如此,对所有上门来的

人,不管是修理家电的人,还是推销未成的人,老太太绝对 不会

让他们空手而归。    天热是一罐补充微量元素的饮料,天冷是一

杯绿茶和两块点心。   老太太不轻易相信别人,但是与人打交道

时从不让人手。

 

 

5 活到老学到老

 

老两口身体都好的时候,他们种过很多奇异的植物。日本神道里不

可以用花作点缀,只用一种叫做“榊(さかき)”的山茶科的绿油油的

树叶。 因此神社以及相信神道的人家里都装饰着这种树叶。他们当

年种了很多也很成功,这种树叶卖得比花还好。 虽然现在早就不做

这类生意了,但由于以前积累下的良好信誉,神社还是喜欢 要他家

的榊。老太太接了神社的电话就去山上砍,然后用小卡车运回来在

自家车库里修剪。 以前老两口一起做,后来爱人病了,我也因为工

作不再和她一起做了,老太太一连几个小时做这个活儿,觉得很浪

费时间。她从报纸上找到了卖日本古典文学朗读的CD,一边剪枝修

叶一边用录音机听着古典文学。当朗朗女声第一次回荡在车库里的

时候,我们全家都被轰动了。初中毕业的老太太干了一辈子农活,

了大半辈子大地主,有着万贯家产,近 80岁了仍然在车库里一

边干农活一边听古典文学。 继续学东西不会使她更富裕,但是会

使她精神更充实。

|

« 3170中国の三面記事を読む(1200) 楊幂 “6月1日” 女の子を誕生 | Main | 3172中国の三面記事を読む(1201) 芸能界同年女性スターの運、不運   »

社会生活」カテゴリの記事