« 3162 中国は見る(1783)日本の看護師さんの笑顔 | Main | 3164 中国は見る(1785)AKB48握手会で メンバー2人 刺される »

3163 中国は見る(1784)長野県駒ヶ根の春


长野县驹根的春天

2014-04-29 18:32:45   来源:房丽燕的博客

 

 

1 春、満開が彩っている。 世界の万物は花の

よう生命力ちている。

 

2 このような季節あなたの目にってくるでしょ

が、しかのように色とりどりの花が美しく咲き乱

のは滅多にいことです。

 

3

長野県駒ヶ根市“花桃の”という場所です。

 

4567

の渓谷に広がる豪華絢爛な美しい光景が、目の前に現れ

時、私は驚愕しました! 色とりどりの花が、なんと次々と展開

するその美しさ、正に絶景です!  桃源郷に入ったのではないか

いました。

8 9 1314

16 15

というは、バラ科の植物で、原産地は中国、 後日本に

わってきました。 現在、日本で数多く品種改良が行われ、観賞用

の花桃として改良が加えられました。 不思議なのは同に、違

色の花つけることです。 白いのや赤い色、どんな種類の組合

だろうと、を楽しませてくれ、愛らしく感動的です!

 

1717_2

花が満開なここから北西の方向眺め

ると依然として真っ白な雪かぶった

中央アルプスを見ることができます。 

目の前の花の世界と鮮明なコントラスト見せています。

Photo Photo_2 Photo_3

このような辺鄙で静かな谷間ですが、それでもわずか

ですが居が点在しています。 こんな辺鄙な場所で

生活していたら、きっとなく、不便で 困って

いると思うでしょう? しかし日本の発展は社会の隅

至る所に及んでおり、このような 山の中でも

的な生活から取り残されていません。    このような桃

源郷の環境にいたら、長生きできるんじゃない だ

ろうか?

Photo_4 Photo_5

色とりどりの花が美しく咲き乱れる谷間仙境を心ゆくまで堪能

た後、私達はこの谷間に別れを告げ、中央アルプスの 方向に

向かって車を走らせた。  山の中は環境保護のため、自家用車

の乗り入れを許さないため、途中から バス、ロープ・ウエー

り換え山に入った。   バス険しい山道ぐるぐる回った。  こ

んなに狭い道だと、長バスじゃ落っこちるんじゃないかと心配

した。  しかし私の心配は余った。  運転手は驚くほどの

熟練した ハンドルさばきで難なく 山道一つ又一つ完璧な

型を描いていった そして最後に私達をロープ・ウエー

場所まで送り届けてくれた。

Photo_6 2_2 Photo_7 2_3

ロープ・ウエー何分か乗った後、私達さっき見た 花の谷間

まったく違う雪の世界にいた こは一時間前花桃の里から眺

めた央アルプスの雪山――――剣岳だった。 目の前に広

がっている有名な千畳敷カールである。 ここ千畳敷駅は標

高日本の駅だという

21 212 213 214

海抜2600あまりの山の上冬景色での下春景色とは、

強烈なコントラストを見せていた

 

22突然の行動だったため、の季節の準備はしてい

なかった。 服装に近い装で、山の上の厳

しいには耐えられなかった。  幸い客用

ダウンジャケットを貸し出していたので、防寒できただけでなく、

暖か心のもてなしも体験できた

23 232 233 234

写真から登山する人達は、みんな完全装備でないといけないこ

とがわかるでしょう。 

 

24 242 この人の若者はここでスノーボード

準備をしています。

25252 253
 

 

ここはスキー愛好者の格好のゲレンデで、5月まで堪能できます。

 

26 海抜2000米の山の上だからと思っちゃいけません。 

トイレはいいかげんなものではなく豪華で、水洗だけ

でなく、全自動温水洗浄便座で、日本式の 清潔さと

思いやりのあるトイレに感心します。

27272

った一時間の差で、私達はつのまったく異なる季節を体験しま

した。これは長野県ように山に囲まれた場所だからこ感じること

ができるす。 長野県の一部として、駒ヶ根市も例外で

りません。

 

駒ヶ根の春、鮮やかに咲き乱れるがあり、雪の清冽もあり

ます。

 

Photo_8 2_5

最後に、駒ヶ根ソースかつ丼は、

最高!

 

 

长野县驹根的春天

2014-04-29 18:32:45   来源:房丽燕的博客

 

春天,盛开的鲜花装点着世界,世界的万物亦如鲜花般充满着生机

活力。

 

虽然这样的季节里鲜花可以随时进入你的视野,但开得如此姹紫嫣

的恐怕并不多见。

 

这是长野县驹根市一个叫做“花桃之里”的山谷。

 

当那溪谷间铺满绚丽的景象出现在我眼前时,我完全被震撼

了!  为误入了世外仙境,诧异着那些 五颜六色怎么竟然

一股脑地挤进了同一画面,实在美得令人叫绝!

 

这是一种叫花桃的树木,为蔷薇科植物,原产于中国,后传入日本,

在日本的品种多是经过 改良的,改良后的 花桃具有了更多的观

赏性。让我觉得最不可思议的是同一棵树上,常常开着不同颜色的

花,白粉或是红粉,无论哪种组合都匹配得赏心悦目,娇艳得 令人

心动!

 

从鲜花盛开的这里向西北方向眺望,可以看到依然白雪皑皑的中央

阿尔卑斯。与眼前的花的世界形成了鲜明的对照。

 

这样一个僻静的山谷居然散落着星星点点的住宅,也许你会觉得生

活在这样偏僻的地方,一定会被没电没水的不便困扰,但 日本的发

展是遍及社会各个角落的,即使这样一个山沟子,也并没有远离现

代生活。那么在这样一个如世外桃源的环境里,还能不延年益寿

吗?

 

饱览了这花的仙境之后,我们恋恋不舍地告别了姹紫嫣红的山谷,

车向着中央阿尔卑斯方向挺进。中途将转乘巴士、索道进山,为

了保护环境,山里不允许私家车进入。  巴士盘旋在崎岖的山道上,

真担心 在这样狭窄的路上,具有相当长度 的巴士会 一头栽 下山。

然而我的担心是多余的。 司机令人惊叹的 娴熟操作,稳稳在山道

上画出了一个又一个完美的“U”型。最后 将我们安全送到了 索道

乘坐地点。

 

坐上索道几分钟之后,我们便来到了与刚才花的山谷截然不同的

的世界。这就是一个小时之前在花桃之里眺望到的中央阿尔卑

斯雪----宝剑岳,眼前的一大片开阔地则是著名的千叠敷冰斗。

据说这里是日本最高的车站。

 

海拔2600多米的山上一派冬景,与山下的春色满园形成了强烈反差。

 

因为是随机行动,所以没有做好经历两个季节的准备。服装几近夏

装,当然抵挡不住山上的严冬。好在有供游人随意穿用的棉衣,让

我不仅御了寒,还体会到暖至心底的周到服务。

 

画面上可以看到登山的人们,全套冬装是必须的。

 

这两个小伙子是准备在此滑单板的。

 

这里真是滑雪爱好者的好去处,可以过瘾到5月。

 

别看是海拔 2000多米的山上,厕所却 毫不含糊的豪华,不仅水洗,

还是带全自动温水清洗的,让人不得不佩服日本式的洁净与体贴无

处不在。

 

仅仅相差一个小时,我们便经历了两个截然不同的季节。 这是只有

像长野县这样被群山环绕的地方才能感受到的,作为长野县的一部

分,驹根市当然也不例外。

 

驹根的春天,有花的灿烂,也有雪的清冽。

 

最后,再上一个沙司猪排饭,绝了!

 

 

|

« 3162 中国は見る(1783)日本の看護師さんの笑顔 | Main | 3164 中国は見る(1785)AKB48握手会で メンバー2人 刺される »

旅行・地域」カテゴリの記事