« 3142 中国の三面記事を読む(1192) “動物園にいる動物の 99%は人間”  | Main | 3144 中国は見る(1771)日中友好議員連盟訪中団 中国の指導者と会見  「首脳会談開催を望む 」 »

3143 中国は見る(1770)“エロス文学の大家” 渡辺淳一氏死去

Photo_2

 

エロス文学の大家” 渡辺淳一氏死去  代表作 《失楽園》

 

日本“情爱文学大师”渡边淳一去世 曾著《失乐园》

2014050516:53 来源:凤凰网文化综合

 

 

00 01 2 

渡辺淳一氏が430夜11時42前立腺癌のため東京

自宅で亡くなった。 享年80だった。 渡辺氏は《失楽園》

などの男女のを書いた小説医療題材とした作品が有名で、

直木受賞た。

 

鳳凰ネット文化ニュース共同通信社日の報道によると、作家の

淳一氏が4月30日夜11時42前立腺癌のため東京都内

の自宅で亡くなった。 享年80だった。 渡辺氏は、恋愛小説

医療題材とした作品で有名で、直木賞受賞した。  代表作《失

楽園》は一大センセーションを巻き起こし、今なお エロス文学の名

作とされている。

 

渡辺淳一氏は、1933北海道で生まれた。 札幌医科大学を

、母校の整形外科教室講師を務めながら、執筆を続けた。

 

1970年、渡辺は《光と影》で直木賞を受賞した。 、《

療、歴史、男女の恋愛》を題材とした作品を書いた

 

1996年、渡辺氏が発表した作品 《失楽園》 は社会現象ともなっ

た。 この作品男女の不倫のを描いたもので、映画やテレビ

ドラマにもなり、“失楽園”という言葉は、当時流行語にもなった。

 

2003年、渡辺は日本政府から“紫綬褒章”を授与された。 

《愛の流刑地》《鈍感力》などの作品を出版した。 また、直

選考委員にった。

 

男女の情愛、結婚・恋愛題材を書くのを得意としたため、渡辺

日本の“エロス文学の大家” 呼ばれている。

 

ある出版社の 編集者によると、 渡辺淳一氏は 前立腺癌のため、

東京都内の自宅で治療を受けていたが、薬石効なく、先月 30

亡くなった。 儀・告別式は親族で行った。

 

 

渡辺淳一氏経歴

 

家庭環境 : 父は “入り婿”  渡辺姓は母親

 

渡辺淳一氏1933北海道上砂川町で生まれる。 姉が一人、

弟が一人。 親・鉄次郎は 石炭鉱山の出身で、苦学して

校の数学の先生となった。 は現地の大き商店の娘だった。 

彼女には兄弟がなく、2人のお姉さんはいずれも駆け落ちしてしま

ったの、婿をとることになった。    つまり、渡辺姓は母親の

姓ということである。 渡辺氏の話によると、“両親は二人とも明治

40年(1907年)、生まれで、親は活発で社交的で、それと比較

する、父は自制落ち着いた人でした    私は戦前の古い

ことはわからないのですが、親はいろんな 複雑な気持ちで 婿入

したんだろうと思いま” と語っている。

 

でも、私は祖母田舎の土地の部分、父を跳び超え、直接私

名義で登録したことを覚えています。 祖母が死んた後、私達は

地主になって、父毎月田舎に小作料を受け取りってました”

 

生活:川端康成、カミュ、サドを愛す

 

渡辺淳一氏は、札幌第一中学校で勉強していた時、国語教師の中

周三先生彼に日本の古典文学、たとえば“万葉集”などを読む

ように教え、更に短歌の作り方の指導た。 これが、この作家

最初の学の経験だった “短歌” はその、彼の文に影響

を与えた。  中学、高校の6、渡辺淳一は多くの小説を読んだ。 

川端康成、太宰治、三島由紀夫から、いわゆる “戦後の 第の新

人” の作品まで読み漁った。    その中で、川端康成の美感

叙述の卓越さを 愛したが、之介については、まったく つまら

いと感じた。

 

彼は、それまでずっと自分は平凡な読者だと思っていた。 

海道大学理類新入生になった時、自分が研究室の中で 全力で

文学を読無縁で、味気ない物理 ・化学の教材を勉強するん

だと思うと、の“文学青年”達をうらやましく思った。 大学

年、年の時、渡辺淳一氏はヘミングウェイ ディコヤ21

亡くなったフランスの早熟作家)、カミュなどの作品を読んだ。 その

うち、カミュの簡潔な文章に傾倒した。 《異人》は唯一

説を読み直したという。  北海道大で2間のいわゆる“教養課

程”を終えた時、渡辺氏は札幌医科大学に入学した。   この時

彼はフランスの作家・サド(1740~1814) の作、すべて

新鮮に思った サド、カミュ、川端康成 渡辺淳一氏の大好きな

作家である

 

 

医学を捨て文学に進む:医療を題材に人間性を分析 独風格

作る

 

渡辺淳一氏、1958年に札幌医科大学卒業、1964年に母校

整形外科教室の助手となる。    同時に鉱山病院で執刀医も務

めた。 1963年に医学博士の学位を取得。 1966年に整形外科

教室となる。  10間、医学に従事し、“死に直面した病人

にとって、一番いいのは奥さんが、傍にいて 夫の両手をしっかり

ることです。   その愛こそが、死の恐怖に打ち勝つことができます 

と、彼に愛の力を認識させることになった。

 

渡辺淳一氏、1956年から同誌に、よく作品を発表した。  19

65年に脳手術人称で書いた心理分析小説《死化粧》が新潮

同人賞を受賞。 選定委員は同郷の大先輩伊藤整だった。 19

70年光と影》を発表した。     内容は、2人の軍人を描いたもの。 

主治医が2人に異なる治療を行ったため、人生の明暗を分け

運命が展開する。 この作品で直木賞を受賞。 

年、淳一氏が所属する大学付属病院で日本の心臓移植

が行われた。  当時、淳一氏心臓を摘出された患者

は、本当の脳死ではなかったのではないかと疑問を抱いた。 その

ため、当時在籍していた病院判した。の結果は推して知るべ

しだ。 35歳の渡辺淳一氏は、もう病院で働き続けることできな

かった。

 

渡辺淳一氏“私はそれまで、数え切れないほど 執刀し、見、

経を探し、骨に触れ、そしてぬのを見ました。 人体について

初のくらいは、恐怖きばかりでした。  次の3は夢

ようでした。 その次の3年間は、あきらめて従うだけでした。  そし

ついに自然科学とは実際にはロマンチックなのと隣り合って

るのだ感じるようになりました この後、渡辺淳一氏は、きっぱり病

院を辞職して東京向かい、小説創作生活を始めることにした。

 

初めて東京に着いた頃、毎週3日、病院で医者をしていた。 《無影

灯》はこの時の験を書いたものである。 この長編は彼が初めて

週刊誌に連載した作品で、1971年1連載され、大きな反響

を呼び、行本となり、小松左京の《日本沈没》、有吉子の《

惚の人》と同時にベストセラーとなった。  25、3連続

レビドラマ化されている。 1969年、今度は日本の女性医

―狄野子の伝記小説《埋み》を書いた。 創作前の考証につい

て、彼は別の雑文に詳しく載せている。   1980年、《遠き落日で、

吉川英治文学賞を受賞。 れは細菌学者野口英世

品で、この作品は考証の精確否定的な面も臆さず描いたことで、

世間の評判を呼んだ

 

1968年の《ダブル・ハート》、1969年の小説《心臓移植》と《ガラス

の結晶》などの作品で、渡辺淳一氏は医師として独自の目を通し

て、人間性を分析し、渡辺淳一特有風格を形成していった。 19

95年9月1から、《日本経済新聞》で、長編連載小説 《失楽園》

発表した。  中の純愛を描き、大きな反響を呼び、次々と映

やテレビドラマ化され失楽園”ブームを巻き起こし小説は260

万冊も売れ、小説の題名1997年の流行語大賞を受賞した。

 

個人生活:高校二年の時の初恋の経験が 文学に踏み出すきっか

けとなる

 

高校二年の時のつらい初恋渡辺淳一を文学の創作に向かわせ

一つのきっかけとなった。 彼はそれを思い出しながら、“加清純

子の目はとても美しかった。 でもは、接吻した彼女の瞳

ことを覚えている” と語る。

 

私は誕生日の時ラブレターを受け取った。 それ以降、どうしよう

もな彼女の愛に落ち込んでしまった。 純子はしょっちゅう

図書室に誘、私達は夜そこでタバコを吸い、酒を飲んだ。 また

彼女は私を札幌の芸術家出没する喫茶店バーに連れ出した。 

私は自分がちょっと大人になった気がした。 しかし、高校三年の早

春、純子阿寒で投身自殺した。   その前の晩、彼女私の家の

辺に1の真っ赤なカーネーションを残していた。 まるで私に別

れを告げるのようだった。 私はその時彼女私に対する気持

ちは、特別だったのではないかと感じた。  でも、の後、私と付き

うと同時に彼女はほかに男友達5人もいたことがわかった。 ほ

かの男達もみな彼女のーネーションを受け取っていた。     私は、

彼女は一体誰を一番愛しいたのか?」 とずっと考えていた。

 

渡辺淳一氏の後、このほろ苦い昔の出来事を小説 《阿寒

果つに書た。

 

 

日本“情爱文学大师”渡边淳一去世 曾著《失乐园》

2014050516:53 来源:凤凰网文化综合

 

 

 

日本著名作家渡边淳一430日晚1142分因前列腺癌在东京的

自家住宅内去世,享年80岁。  [蜡烛]渡边以《失乐园》等爱情小说

和医疗题材作品闻名,曾获得直木奖。

 

 

凤凰网文化讯 日本共同社5日报道,日本著名作家渡边淳一于当

地时间 430日晚 1142分,因前列腺癌在东京的自家住宅内去

世,享年80岁。   渡边淳一以爱情小说和医疗题材作品闻名,曾获

得日本直木文学大奖,其代表作品 《失乐园》更是轰动一时, 至今

仍是情爱文学经典。

 

渡边淳一1933年出生于日本北海道,毕业于札幌医科大学,任母

校整形外科讲师的同时开始执笔写小说。

 

1970年,渡边凭借作品《光与影》荣获直木奖。此后作品多以医疗、

历史、男女恋爱作为题材。

 

1996年,渡边发表的作品《失乐园》引起轰动,该小说说描写了一

男女的婚外恋情,并被翻拍为电影、电视剧,“失乐园” 一词还

成为当时的流行用语。

 

2003年,渡边接受由日本政府颁发的“紫绶褒章”,之后又出版《爱

流放地》《钝感力》等作品,后又成为直木奖的评委。

 

因为擅长书写男女情爱、婚恋题材,渡边淳一被誉为日本“情爱文

学大师”。

 

一位出版社的工作人员表示,渡边淳一因患前列腺癌,在东京家中

持续疗养无效后,于上月30日逝世,葬礼及相关追悼仪式已由其家

人组织进行。

 

[渡边淳一档案]

 

家庭环境:父亲是“倒插门” 渡边淳一随母姓

 

渡边淳一,1933年出生于日本北海道上砂川町,上有一姐,下有一

弟。父亲铁次郎来自煤矿区,是一名苦读有成的高中数学老师,母

亲则是当地一个大商家的 小女儿,由于她没有兄弟, 两个姐姐又

跟人私奔了,便决定招赘。换句话说 ,渡边淳一跟的是母姓。他曾

回忆道 :“我的父母都出生于明治四十年(1907),母亲活泼而善于

社交,相较之下,父亲是一个自制而沉稳的人。   我不知道远在古

老的战前,父亲以何等曲折的心理去扮演入赘女婿的角色。

 

不过,我记得祖母把乡下土地的绝大部分,跳过父亲那一代,直接

登记在我的名下。祖母死后,我们成了地主,父亲每个月都要去乡

下收地租。

 

求学生涯:最爱川端康成、加缪、萨德

 

渡边淳一还在札幌一中读初一的时候,一位国语老师中山周三 教

他阅读日本古典文学作品,如“万叶集”等,还指导他习作短歌,这

就是这位成名作家最早的文学经验。据他本人表示,“短歌”在多年

以后,对他的文笔仍有影响。 在初中和高中六年里,渡边淳一读了

不少日本小说,从川端康成、太宰治、三岛由纪夫,直到所谓的“战

后第三波新人”的作品,都在他涉猎之列。 其中他最爱川端康成的

美感及理直气壮,对芥川龙之介则感到无聊透顶。

 

不过,他向来自认是一个平凡的读者,当他成为北海道大学理学

的新生时,十分羡慕文学院的“文学青年”,他觉得自己无缘坐

在研究室中全力读文学,只能啃一些枯燥的理化教材。 在大一、

大二两年中,渡边淳一读了海明威、哈地歌耶 (享年仅二十一岁

的 法国早熟作家)、卡缪等人的作品,其中 卡缪的 简洁的 文笔,

令他大为倾倒,《异乡人》是他唯一连读三次的小说。在北海道大

学读完两年所谓的 “教养课程” 后,渡边淳一进入札幌医科大学。 

这段时间,他接触到法国作家萨德(17401814)的作品,耳目一

新。  萨德、卡缪、川端康成三人是渡边淳一最欣赏的作家。

 

弃医从文:医疗题材剖析人性成就特有风格

 

渡边淳一于1958年从札幌医科大学毕业,1964年任教于母校整形外

科部,同时在一家矿工医院中执手术刀行医。 1963年获得医学博士

学位,1966年就任整形外科学讲师。 10年从医经历让他熟悉了爱的

力量 :“面对一个将死的病人,最好让他的爱人在身边,紧握他的双

手,只有爱可以战胜对死亡的恐惊。”

 

渡边淳一从1956年便加入了同仁杂志“库力玛”,时常发表作品。19

65年描述脑部手术的第一人称心理分析小说 《死化妆》获新潮同仁

杂志奖,评选委员是同乡老前辈伊藤整。1970年,发表《光与影》,文

章描述两个军人,因主治医生临时采取对两人不同的治疗方案而发

展出两段完全不同的命运,为他赢得直木奖。  同年,渡边淳一所在

大学的附属医院正在进行日本第一例心脏移植手术。当时渡边淳一

怀疑被摘除心脏的那位患者并没有真正的脑死亡,因此就对当时所

在的医院进行了批评。 后果可想而知,只有35岁的渡边淳一无法继

续在医院工作下去了。

 

渡边淳一说:“我至今给数不清的人亲自动刀,看见血,找神经,触

及骨,而且看见死。 对于人体,起初的三年只是恐怖和惊异,接着

的三年有梦想,再三年就 只有那种顺从绝望,终于开始 觉得自然

学实际上是和浪漫毗邻而居的。”    自此,他索性辞职来到东京,

开始了专业小说创作的生涯。

 

初到东京,每周三天在一家医院做医生,《无影灯》就是依据这段

历创作的。这个长篇是他头一次在周刊杂志上连载作品,1971

年连载了一年,反响甚大,汇成单行本,和小松左京的《日本沉没》、

有吉左和子的《恍惚的人》并世畅销,二十五年间三度改编为电视

连续剧。  1969年,他又推出描述 日本第一位女医生——狄野吟子

的 传记小说《花葬》,写作前的考据工夫,详载于他另一篇杂文中。

1980年,为渡边淳一赢得吉川英治文学奖的 《遥远的落日》,这是

一部谈世界级细菌学家 野口英世的作品,这部作品以考据的 翔

实和写作的功力为世人称道。

 

1968年的《双心》,1969年的小说《心脏移植》及《玻璃结晶》等作品

中,渡边淳一透过医师 独到的眼光,剖析人性,形成了 渡边淳一

的特有风格。 199591日开始,在《日本经济新闻》发表长篇连

载小说《失乐园》,描写不伦中的纯爱,引起巨大反响,并相继被拍

成 电视连续剧和电影,在日本掀起了“失乐园”热。  小说在日本已

发行260万册,小说的书名还获得了日本1997年流行语大奖。

 

个人生活:高二初恋经历促其迈向文学

 

高二时候的一段刻骨的初恋成为渡边淳一迈向文学 创作的一个契

机,他回忆道:加清纯子的眼睛很美,至今我都记得接吻时,她瞳仁

的样子。

 

我生日时收到一封情书,此后不可自拔地陷入了对她的爱恋。纯子

常约我到图书室,我们晚上在那里抽烟、喝酒,她还带我去札幌艺

术家出没的咖啡店和酒吧,我觉得自己一下成熟起来。然而,高三

那年早春,纯子在北海道的阿寒投水自杀了。前晚,她在我家窗台

上留下一束火红的康乃馨,仿佛向我告别。我当时觉得她对我的感

觉非常特别,但后来才知道,与我交往的同时她还有5个男友,其他

人都收到了她的康乃馨。我一直在想,她到底最爱谁?

 

渡边后来将这段青涩往事写进了小说《魂断阿寒》。

 

|

« 3142 中国の三面記事を読む(1192) “動物園にいる動物の 99%は人間”  | Main | 3144 中国は見る(1771)日中友好議員連盟訪中団 中国の指導者と会見  「首脳会談開催を望む 」 »

文学」カテゴリの記事