« 3106 中国は見る(1738) 習近平主席 : ベルリンで「南京事件」に言及  対日批判復活? | Main | 3108 中国は見る(1740) 日本政府 の中国指導者に対する発言に 中国 “抗議” »

3107 中国は見る(1739) 朝食を食べない子供は 学習能力が下がる?

 

不吃早餐的孩子学习能力会下降 

2014-03-12 07:16:45  來源:辛子IN日本

 

 

日本が“食育”教育を実施し始めて以来、幼稚園や学校は、子

供達が食事をどのように 食べているかに特別に関心を寄せる

うになった。 私も娘を幼稚園に入れてから、現在、小学校六

年生になるまで、毎月、定期的に幼稚園や学校から“保健通信”

を受け取ってきた。 この“保健通信”に、一番多く書かれてい

のが、“今日、あなたは朝食をしっかり食べてきましたか?” 

った。

 

朝食を食べてこない子供は学習能力が下がる”――文部科学

省は毎年の“全国学習能力 学習状態調査”から、この 結論を

得たという。    例えば:小学校六年生の子供を調査対象とした、

2009年の日本全国の“学習能力調査試験”で、文部省は朝

と子供達の学習成績から、このような関係がわかったという。 

毎日正常に朝食を食べている子供は、国語Aの正しい回答率は

71.3%、数学Aの正しい回答率は80%だった。 全く朝食を食

べてこなかった子供は、国語Aの 正しい回答率は 53.2%、 数

Aの正しい回答率は63.2%だった。

 

どうして、こんなどうでもいいような朝食が、子供の学習能力に影

響するのだろう?  日本の栄養学専門家達が、このように説明し

ている。

 

人の大脳は毎日120グラムのブドウ糖を使わなければなりま

ん。 私達の血液の中に含 まれているブドウ糖は50が大

使われています。 ブドウ糖の主要な来源はでんぷんを充分含ん

ご飯、面類など主食です。 主食を食用した30後、血液中

のブドウ糖(血糖)は最高値に達し徐々に 大脳養分を送り込

みます。     残っブドウ糖は肝臓にグリコーゲンとして貯蔵され

大脳が必要な時ブドウ糖に変換されます。

 

しかしこのような貯蔵は12時間が限度です。 たとえ睡眠

でも、大脳引き続き働きます。 ですから、朝起きた後朝食前

の時間は、大脳の血糖値が最低、最もエネルギー不足となりま

す。   そのため、朝食を食べない人は、記憶力の低を招き、

事の能率くなります。 また朝食を食べない子は、成長

育に 影響を 与えるだけでなく、学習 中、集中できず、いらいら

怒りっぽくなります。

 

仕事能力朝食によって決まります。 朝食を食べない仕事

放棄したようになります ― 栄養専門家達はこれについ国民

このように警告しています。 成長中の子供について、成人よ

もっと注意すべきとしている。   例えば日本女子栄養大学の

明紀春副校長は家庭の親子の食卓では 5W1の法則に注

意すべきだと提案している。

 

WHO(誰と一緒に 食事をしますか?)

 

WHAT(何を 食べ ますか?)

 

WHEN何時頃 食べ すか?)

 

WHERE(どこで 食べ すか?)

 

WHYなぜ 食べ すか?)

 

HOW(どのように 食べますか?) 

 

この“5W1H 法則 ”は、子供達の食卓に安全で衛生的、栄

バランスのとれた飲食を提供することを求めるだけでなく

な食事環境、決まった食事時間で 食事取るよう求めている。

良好な食事環境とは、ただ清潔、きちんとし、きれい食堂を

指すだけではない ――それは、もちろん重要ではあ

よりもっと重要なのは、あたたかく 気持ちがゆったり食事がで

きる雰囲気である 

 

例えば“WHO――誰と一緒に食事をしますか?”こは見た

ころ、なんてこともなく、親からはく見られやすいが、実際

これは、とても重要なのです。 五明紀春 副校長は両親は

どんなに忙しくっても、毎日 少なくとも一回は、の子供と一

緒に“食 を取るほうがいいとしている。なぜなら“誰と一緒に

食事をする か?というのは、発育段階の子供にとって、非常に

重要だからある。 

 

自分一人べる“孤食”と家族が揃って食卓を囲んで食べる

共食”全く違います。   性格がるく朗らかなを望む

なら、子供に一人寂しい 食卓で、食べさせるような ことは

してはいけません。  族みんなが、食卓で共有する

で話し合うことは、子供の脳裏に子供時代 の暖かい 記憶

して残ることでしょう。    このような家庭食卓の雰囲気

供の発展と人格の形成を促進すると共に、子供の将来

まで影響します

 

 

不吃早餐的孩子学习能力会下降 

2014-03-12 07:16:45  來源:辛子IN日本

 

自从日本开始实施 “食育” 教育以来,日本的幼儿园或学校对于

孩子们如何吃饭变得特别关心。从我将女儿送进幼儿园开始,一

直到现在她上小学六年级,每月我都会定期收到来自幼儿园或学

校的“保健通讯”。 这份“保健通讯”上,写得最多的,就是今天你

有没有好好吃早餐?”

 

不吃早餐的孩子学习能力会下降”—— 日本文部科学省通过每

的“全国学习能力?学习状态调查”得出这一结论。   例如:以小学

六年级孩子为调查对象,在 2009年的 日本全国的“学习能力调查

考试”中,日本文部省发现 早餐与孩子们的 学习成绩呈现这样一

种比例关系:每天正常吃早餐的孩子:国语A 平均正确回答率 71.3

%,数学A的平均正确回答率为80% ;完全不吃早餐的孩子:国语A

均正确回答率53.2%,数学A的平均正确回答率63.2%

 

为什么一顿并不起眼的早餐会影响到孩子的学习能力呢?日本的

营养学家们是这样解释的:

 

人的大脑每天需要消耗120克葡萄糖。 我们血液里所含的葡萄糖

50%是被大脑所消耗的。    而葡萄糖的主要来源是富含淀粉的

米饭、面类等主食。 在食用主食之后的30分钟,血液中的 葡萄

(血糖)达到最高值,徐徐为大脑输送养分。 而余下的葡萄糖则被

肝脏作为糖原储存起来,在大脑需要的时候再转换成葡萄糖。

 

但这种的储存是以12小时为界限的,而人即使在睡眠的时候大

依旧在继续工作,所以,早晨起床后到 早餐前的 这段时间,

大脑血糖值最低、最为能源不足的时候。  因此,不吃早餐的人容

易记忆力低下,工作效率迟缓 ; 而不吃 早餐的孩子,不仅影响成

长发育,在学习时还很难集中精力,且容易焦躁和发怒。

 

工作“脑力”取决于早餐,不吃早餐等于放弃工作 ——日本的营养学

家们为此这样警告日本国民说。而对于成长中的孩子,日本专家们

的要求则比对成年人的要求还更高。  例如日本女子营养大学副校

长五明纪春博士就提出了家庭亲子餐桌的“5W1H规则”,主要包括:

 

WHO(和谁一起用餐?)

 

WHAT(吃什么?)

 

WHEN(什么时候吃?)

 

WHERE(在什么地方吃?)

 

WHY(为什么吃?)

 

HOW(该怎么做?) 

 

这个“5W1H规则”不仅要求为孩子们餐桌提供安全卫生、营养

衡的饮食,还要求要营造良好的用餐环境、以及有规律的用餐

间。   而良好的用餐环境,并不仅仅指干净、整洁、漂亮的餐厅

这些固然也很重要,但比这更重要的,是能令人温暖舒展的

氛围。 

例如“WHO——和谁一起用餐?” 这一条看似不起眼,也容易被家

长们所忽视,但它实际上非常重要。  五明纪春博士建议:父母以

及家庭成员们无论多么忙,也最好能每天至少一次和自己的孩子

一起“共食”。 因为“和谁一起用餐”,这对于发育阶段的孩子非常

重要。 

 

独自一个人的“孤食”与家庭成员团团围绕餐桌的“共食”,意义是

完全不一样的。 你想要一个性格开朗明快的孩子,就决不能给孩

子一个孤僻寂寞的餐桌。   一家人在同一餐桌上交流共享的话题,

将成为孩子脑海里最温馨的童年记忆。这种家庭餐桌的用餐氛围,

能促进孩子的情感发展与人格形成,并影响到孩子未来的一生。

 

 

|

« 3106 中国は見る(1738) 習近平主席 : ベルリンで「南京事件」に言及  対日批判復活? | Main | 3108 中国は見る(1740) 日本政府 の中国指導者に対する発言に 中国 “抗議” »

社会生活」カテゴリの記事