« 3117 中国は見る(1747) STAP細胞論文 渦中の人:小保方晴子さん 記者会見(上) | Main | 3119 中国は見る(1749) STAP細胞論文 渦中の人:小保方晴子さん 記者会見(下) 記者会見詳細 ② »

3118 中国は見る(1748) STAP細胞論文 渦中の人:小保方晴子さん 記者会見(中) 記者会見詳細 ①

 

小保方晴子さん 4月9日午後 記者会見

 

小保方晴子49日中午召开记者招待会

4912:34    来源:环球科技观光团 

 

 

Photo理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは、

9日、記者会見を開き、謝罪を表明した。 

 

 

2記者会見の始まる前に、小保方晴子さんはSTAP

事件について《不服申し立てについての コメント》

を配布した。 

 

 

コメントの内容は次の通り。

 

 

このたびはSTAP細胞に関する論文の作成に関し、私の不注

意、不勉強、未熟さ故に多くの疑念を生み、理化学研究所およ

び共同執筆者の皆さまをはじめ、多くの皆さまにご迷惑をおか

けしてしまったことを心よりおわび申し上げます。  また、責

を重く受け止め、深く反省しております。  本当に申し訳ありま

せんでした。 今日まで、筆頭著者である私から何も情報の発

信ができなかったことを重ねておわび申し上げます。

 

 

国際間をまたぐ二つの研究室で、二報分の英科学誌ネイチャー

論文のデータを同時にまとめ執筆していく作業は私の能力をは

るかに超えていたのかもしれませんが、私はその時々に論文発

表に向け全力で取り組んでまいりました。   生物系の論文の基

本的な 執筆法や 提示法について不勉強なままでの作業になり、

それに加え私の不注意も加わり、結果的に多数の不備が生まれ

てしまったことを大変 情けなく、申し訳なく 思っております。 

それでも私は、STAP现象がいつか必ず誰かの役に立つと信じ、

研究を続けてきました。 多くの研究者の方々から見れば、考え

られないようなレベルでの間違いだと思いますが、この間違いに

よって論文の研究結果の結論に影響しないことと、なにより実験

は確実に行われておりデータも 存在していることから、私は決し

て悪意をもってこの論文を仕上げたわけではないことをご理解い

ただきたく存じます。

 

 

3
小保方晴子さんは、記者会見で涙を流した。

 

 

====================

 

 

記者会見詳報:

 

13時04分:

 

小保方晴子さん記者会見場に登場。 冒頭、謝罪の言葉を述べ

た後、深々と頭を下げた。  “悪意をもって論文を仕上げたわ

ではない”と述べ

 

 

1308分:

 

 

小保方晴子さんの弁護士が、小保方晴子さんが昨日、理研に

して出した「不服申し立て」の内容について説明。

 

 

1318分:

 

 

理研が小保方晴子さんの 行為を“改ざん”とした ことについ

て、小保方晴子さんの弁護士、“見やすくするため行ったも

の、データや結論に問題はなく、改ざんではない”と反論した。

 

 

1323分:

 

 

小保方晴子さんの弁護士が、小保方晴子さんがなぜ理研調査

員会の調査結果を受け入れなかったかについて長々と説明。

 

 

1330分:

 

 

小保方晴子さんの弁護士が、“理研が小保方晴子さんのネイチ

ャー論文の画像が、博士論文の画像を使用したと認定している

が、それは違う。小保方晴子さんが使った画像は、共同研究者

への説明用に作った画像である”と説明した。

 

 

科学上の問題と論文の不備は別問題

 

 

1334分:

 

 

記者との質疑応答:

 

 

1336分:

 

 

3_1308小保方晴子さん画像が“捏造”と認定された

ことにについて存在しない画像を作り出した

のではなく、間違って掲載しただけで、捏造に

はあたらない”と反論。  “ネイチャーに掲載さ

た画像は、共同研究者への説明用に作った資料の画像

であり、博士論文の画像を切り貼りしたものではない”と述

べた。

 

 

1346分:

 

小保方晴子さん理化学研究所は短期間の調査で、論文不正

あったと認定しました。 調査はあまり十分でないと思いま

すので、不服申し立てををさせていただきました。

 

13時52分

 

4方晴子さん:論文にパワーポイントの画像

使った理由について何度もデータをバージョ

ンアップしていたので、そこに載っているデータ

を、安心しきってってしまいました。 何、元デー

タを使なかったのか、本当に後悔し、反省しています

 

方晴子さん:画像の取り違えに気付いた時、すぐ共同研究

笹井芳樹CDB副主任報告しました。

 

13時56分:

 

方晴子さん:画像の切り貼りについて“自分で画像の

に不勉強で、自己流でやってしまった。 この点について

は反省しています。 結果自体は正しく提示されており、問題

ないと考えていました。


14時02分:

 

方晴子さん:画像間違いに気付いた時、学位論文を書い

早稲田大学担任教授に連絡したし、理研の上司も報告し

。 またネイチャーにも画像の取り違えをらせました。

 

14時04分:

 

小保方晴子さん:STAP細胞は、これまで200回以上作製

成功している。 ネイチャーの論文はSTAPの現象

述したもので、最適条件を証明したものではない。 これから

最適条件を示すようにしようとするところでした。

 

 

14時06分:

 

方晴子さん:調査委員会が3年間実験ノートが2冊しか

ないとされていますが、決して のようなことは ありません。

ノートは存在します。 理研の調査委員会から突然、提出を求

められ、その時あった 2を渡したんです

 

14時07分

 

方晴子さん:STAP細胞が存在するかどうかについては、

が再現実験に成功すると思う。 そうすれば真相が明ら

かになります

 

14時10分:

 

方晴子さん:共同執筆者の皆さまが私をサポートして下さ

り、助けて下さったのに、私の不勉強でこのようになってしま

い、心から申し訳なく思っております。 

 

14時14分

 

方晴子さん:STAP論文批判にあった時は絶不調でし

た。 研究内容以外のことに関心をもたれ、研究に支障が出る

ようになり、本当に申しわけなく思っています。 もし今後

研究者としての道があるなら、希望を持っている人の思いに、

少しでも応えられるようにしたい。

 

調査委員会が捏造と改ざんと認定した報告を聞いたは、あま

りの驚きとショックに何も考えることも、言うこともできませ

んでした。 その時、そのにいた弁護士さんから、正しい研

究を行っているのなら、不服申し立てを行うべきだと提案を受

けた

 

 

 

 

 

小保方晴子49日中午召开记者招待会

4912:34    来源:环球科技观光团 

 

RIKEN发育生物学实验室的小保方晴子今天中午召开记者招待

会。 小保方晴子在会上表示了自己的歉意。但也有评论称道歉

行为本身可能只是出于日本式的礼仪。

 

在记者招待会开始之前,小保方晴子就STAP事件发布了《关

于不服申诉的评论》。

 

该文内容如下:

 

关于这次写作STAP细胞相关论文时,因我的不够仔细、不够

博学、不够成熟招致了诸多质疑,给包括理化学研究所及共同

作者的诸位在内的许多人添麻烦了,我从心底里感到万分抱歉。

我深切认识到自己难则其咎,并有进行深刻反省。实在是非常

抱歉。时至今日,身为第一作者的我未能提供任何信息,再次

向大家道歉。

 

2间跨国研究室同时搜集2Nature论文数据,这样的左右

开弓或许是远远超出我能力范围之外的,但我那时一心想着发

表论文也就拼尽全力埋头研究了。对于生物系论文的基本写作

方法和提出方法的不够了解,加之我自己不够仔细,结果出现

许多不足之处。实在不值同情,万分抱歉。即便如此我还是坚

信着STAP现象一定会在某一刻帮助到某个人,将研究进行了

下去。我的失误或许在许多研究人员看来无论怎么看都是难以

想象的低级错误,但这些失误并不能影响到论文研究结果的结

论,最重要的是实验 确实是进行了的,数据也是 真实存在的,

希望大家看在这两点的份上,能理解我决非怀揣着恶意完成这

篇论文的。

 

小保方晴子在记者会上落泪。

 

====================

 

记者招待会文字直播:

 

日本时间1304分:

 

小保方晴子进入记者招待会现场。她在表示道歉之后向众人长

鞠一躬。并说“论文的错误背后并无恶意”。

 

 

 

日本时间1308分:

 

小保方晴子的律师重申小保方晴子昨日对RIKEN发表的观点。

 

日本时间1318分:

 

RIKEN将小保方晴子的行为定性为“捏造”一事,小保方晴

子的律师重申这只是一个 关乎展示的问题,并不影响到数据或

者结论本身,因此不能算捏造。

 

日本时间1323分:

 

小保方晴子的一位律师花了很长时间具体解释为什么小保方晴

子不接受RIKEN调查委员会的调查结果。

 

日本时间1330分:

 

小保方晴子的律师表示,RIKEN认定小保方晴子的Nature论文

使用了她博士论文上的图片,这是不对的。 小保方晴子使用的

照片来自她与其他研究者开会时所用的幻灯片。

 

他说:“学术不端和表达不当是两码事。”

 

日本时间1334分:

 

答记者问环节开始。

 

日本时间1336分:

 

小保方晴子针对图像被认为是“捏造”这一点,辩称她并非合成

了不存在的图像,而是用错了图像而已,因此不应被指责为“捏造”。

刊登在Nature上的图像原为她向共同研究人员说明时使用的PPT

里的图像,而并不是剪切了其学位论文的图像。

 

日本时间1346分:

 

小保方晴子称,理化学研究所只经过短期调查就认定论文存在

学术不端,调查不够充分,希望“请求再次调查”。

 

日本时间1352分:

 

小保方晴子针对在论文中使用了PPT中的图像的理由称:“我

更新过很多次,因此很放心那里 (PPT) 的数据,就直接用了。

很后悔为何不使用原数据,正在反省。”

 

小保方晴子表示,在她发现用错了图像时,当即报告了共同作

者笹井芳树CDB副主任。

 

日本时间1356分:

 

小保方晴子就基因分析图像存在剪贴操作这一点称,自己对于

提出图像的方法不够了解,就用自己的方法操作了,关于这一

点我正在反省。”此外她还称:“我当时想如果(通过研究得

到的)结果是正确的话那就没问题了。”

 

日本时间1402分:

 

小保方晴子解释称,发现用错了图像的时候曾联络过撰写学位

论文时早稻田大学的导师,也曾报告过 RIKEN的上司,并告

知了Nature用错图像一事。

 

日本时间1404分:

 

小保方晴子称,制作 STAP细胞“至今为止成功了 200多次”。

她表示Nature论文只是阐述了STAP现象,至于在何等条件

STAP细胞最易被制成,“这正是研究方向所在”。

 

日本时间1406分:

 

小保方晴子就调查委员会发现3年间实验记录只有 2本之事表

示:“并非如此,实验记录还有很多。只是理研突然之间突出

调查要求,仓促之间只能拿出2本。”

 

日本时间1407分:

 

小保方晴子就STAP细胞是否存在这一点,称若经过第三方验

证,“相信就能真相大白”。

 

日本时间1410分:

 

小保方晴子说论文共同作者“帮了我很多,也很支持我,却因

为我自己不够自己令事情沦落至此,是在非常抱歉。”

 

日本时间1414分:

 

小保方晴子谈到STAP论文遭到诸多批判是潸然泪下,称“关

注着研究内容以外的 事情,导致 研究推迟, 实在 非常抱歉。”

她说:“如果今后我还能作为一个研究人员走下去,希望能将

研究进行下去,知道发展成为能够帮助大家的技术。”

 

小保方晴子称,当她得知调查委员会认定她篡改以及捏造时感

到“惊讶与震惊,完全无法思考、无法言语”。当时也在场的

律师认为,她是在进行正确的研究,建议她可以进行不服申诉。

 

 

|

« 3117 中国は見る(1747) STAP細胞論文 渦中の人:小保方晴子さん 記者会見(上) | Main | 3119 中国は見る(1749) STAP細胞論文 渦中の人:小保方晴子さん 記者会見(下) 記者会見詳細 ② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事