« 3128 中国は見る(1758) 安倍首相 タイム誌の表紙を飾る | Main | 3130 中国は見る(1760) 日本人の“捕鯨文化” »

3129 中国は見る(1759) 商船三井の船舶 中国に差し押さえられる

 

1.商船三井の船舶 差し押さえ  

.日本政府 「商船三井船舶 差し押さえ」に対し、

   “日中国交正常化の精神を揺るがすもの” と語る  

.日本駐在中国大使館報道官 「中国の海事法院(裁判所)が

 商船三井船舶 の裁判で強制執行したこと」について 

      記者の質問に答え

 

1.依法扣押日本三井株式会社商船

 2014-04-21 11:01:25    来源:法制网

2.日政府回应中国扣押三井商船:动摇日中邦交精神

 20140421   来源:凤凰网 

.驻日本使馆发言人就中国法院对日本商船三井公司

 涉华诉讼采取强制执行措施事答记者问

 2014/04/21  来源:中华人民共和国驻日本大使馆

 

 

1.商船三井の船舶 差し押さえ

 

 

新華社上海20電(記者):上海海事法院(裁判所

判決の 効力執行するため、 《中華人民共和国民事訴訟法》

《中華人民共和国海事訴訟の特別手続き法》の関連規定によ

19浙江泗県馬跡山港で、商船三井の船舶BAOSTE

EL EMOTION” 号を差し押さえた。

 

 

1988年12月30日、原告の陳震、陳春などが、“順豊輪”、“新太

平”の船舶の賃貸料と 経済的損失を 求めるため、被告の 日本の

海運会現在商船三井) に対し、定期船を チャーターした

約の債務賠償トラブルをめぐる件で、上海海事裁判所に 訴訟

していた。

 

 

上海海事法院この案ついて審理を行い、2007年12

月7日、法律に基づき、被告の商船三井に対し、原告の陳震、陳春

に“順豊輪”、“新太平” の賃貸料、営業上の損失、船舶の損失とし

て 賠償金約29億2千万円を支払へとの判決を下した。  2010年

月6日、中華人民共和国の 上海市高級人民法院は 前回同様

とする最終判決を下した。 2010年12月23日、中華人民

和国最高人民法院は被告からの再審請求を却下した。

 

 

上述の件は、普通の商業契約案件ある

 

 

判決の判決後、原告側は法律の規定に基づき、被告に 判決で確

定した支払と 賠償義務の履行と、支払遅延による 履行期間中の債

務利息を求め、上海海事法院に強制執行申請を行った。

 

 

上海海事裁判所は2011年12月28日、法律に基づき 商船三井に

執行通知》を発送た。   この間、双方当事者は何回も和

を行ったが、まとまらなかった。 そのため上海海事法院

法律に づき、被執行者が 所有する  BAOSTEEL EMOTION”

号を差 し押さえた。

 

 

商船三井が履行義務を拒否するなら、裁判所は法律に基づき、差し

押さえた船舶を処する。

 

 

 

.日本政府 「商船三井船舶 差し押さえ」に対し、

 “日中国交正常化の精神を揺るがすもの” と語る 

 

 

鳳凰衛星テレビ報道 : 日本政府は21中国商船三井の船舶を

差し 押さえたことについて、菅内閣官房長官は、 “中国政府の 対応

は、日中共同声明の精神を根底から揺るがしかねないものだ。 きわ

めて遺憾だ。 中国側に適切に処理するよう求めたい” と発言した

 

 

上海海事法院が、商船三井の船舶を 差し押さえたことについて、菅

官房長官は、中国側の 一連の対応は、日中共同声明に示された

交正常化精神を根底から揺るがしかねないものだ。  また中国に

いる日本企業に対し、萎縮効果を生むことにもなりかねない。  日本

政府は極めて遺憾に思っている。 中国側が適切対応をとるよう

たい 日本政府は現在外交ルートを通じて中国側に直ちに

資料の提供を求めているが、まだ回答は届いていない。     日本政

府は商船三井と共に、具体的な対策を協議している。  日本政府

中国が最近次々と 戦時中の 中国人元労働者や 戦

賠償請求訴訟が相次いでおり、これは 中国の日本企業に萎縮

果をもたらしかねないと見ている。

 

 

 

.日本駐在中国大使館報道官 「中国の海事法院(裁判所)が

 商船三井船舶 の裁判で強制執行したこと」について 

          記者の質問に答え

 

 

質問:日本のメディアが、中国の上海海事法院が商船三井の裁判

で、強制執行として船舶差し押さえを行ったと報道しています。 

部メディアはこの事は、中国側が 歴史問題日本側に圧力を加

ようということで、日本企業の中国での展開に萎縮効果を生みか

ねないとしている。 中国のコメントをお聞かせください。

 

 

答え : 中威汽船会社商船三井を訴えた、中日両国の間

舶賃借契約をめぐるトラブルです。    2010年8月、中国の裁

判所が、事実を明らかにし、法律に基づき、最終判決を下しました。 

双方が、何度も和解協議を行いましたが不調でした。  

国の裁判所は原告の申請に基づき、法律により、強制執行を 行っ

たものです。

 

 

指摘しておきたいことは、今回の件は普通契約をめぐるトラ

ル案件であって、中日戦争の賠償問題とは無関係だということ

す。  中国政府は、《中日共同声明》原則を堅持する立場に

変化ありません。 中国側は日本を含外国企業の 中国での

投資に対する合法的権益については引き続き保護します。  一部

の日本メディ関係者による報道、分析、会見での表明は

実と違います

 

 

 

 

1.依法扣押日本三井株式会社商船

 2014-04-21 11:01:25    来源:法制网

 

 

新华社上海420日电 记者黄安琪上海海事法院为执行生效判

,依照 《中华人民共和国民事诉讼法》 《中华人民共和国海事

讼特别程序法》的有关规定,419, 在浙江嵊泗马迹山港

对被执行人商船三井株式会社的船舶“BAOSTEEL EMOTION”

轮实施扣押。

 

 

19881230,原告陈震、陈春等为与被告 日本海运 株式会社

(现为商船三井株式会社)定期租船合同欠款及侵权赔偿纠纷一案

上海海事法院提起诉讼,追索 “顺丰”轮、 “新太平”轮船舶租金

及经济损失。

 

 

上海海事法院对该案进行了公开审理,2007127,依法作出

判决,被告商船三井株式会社支付及 赔偿原告 陈震、陈春“顺丰”

和“新太平” 轮租金、营运损失、船舶损失及 孳息2916477260.

80元。201086,中华人民共和国上海市高级人民法院作

出维引き続き持原判的终审判决。 20101223,中华人民共

和国最高人民法院裁定驳回被告的再审申请。

 

 

据悉,上述案件是一起涉外商事案件。

 

 

该案判决生效后,原告方依据法律规定,向上海海事法院提出强制

执行申请,要求被告 履行判决确定的 支付和 赔偿义务,依法支付

延履行期间的债务利息。

 

 

上海海事法院于20111228日依法向被执行人商船三井株

会社发出《执行通知书》。期间,双方当事人曾多次进行和解协商

未果。 为此,上海海事法院依法对被执行人所有的 “BAOSTEEL 

EMOTION”轮予以扣押。

 

 

如商船三井株式会社仍拒不履行义务,法院将依法处理被扣押的

船舶。

 

 

 

2.日政府回应中国扣押三井商船:动摇日中邦交精神

 20140421   来源凤凰网

 

 

凤凰卫视报道:日本政府21号回应中国扣押商船三井船只,内阁

官房长官菅义伟表示:中国政府的做法从根本上动摇中日联合声

明的精神,日本极为忧虑,要求中方作出妥善处理。

 

 

对于上海海事法院扣押日本商船三井公司船只,菅义伟称中方

的一系列对应动摇日中联合声明的邦交正常化精神,同时会对

华日本企业造成负面影响,日本政府深切忧虑,希望 中方采

取切实对应。   日本政府称目前已通过外交途径要求中方立即

提供相关资料,但尚未得到回复,日政府会和 三井公司一起商

讨具体对策。但日政府认为中国最近相继提起强撸中国劳工等

涉及战争索赔的诉讼,这会给在华日本企业带来负面效果。

 

 

 

3.驻日本使馆发言人就中国法院对日本商船三井公司涉华诉讼

 采取强制执行措施事答记者问

 2014/04/21  来源:中华人民共和国驻日本大使馆

 

 

问:日本媒体近日报道了中国上海海事法院对涉日本商船三井公

司诉讼采取强制执行措施情况,部分媒体称此举意味着中方有意

利用历史问题向日方施压,将损害日本企业在华利益。 中方对此

何评论?

 

 

答:中威轮船公司起诉日本商船三井公司案是中日两国企业之

因租船合同引发的违约侵权纠纷。 20108月,中国有关法

院在查明事实的基础上依法作出终审判决。此后双方当事人多

次进行和解协商未果。   中国有关法院根据原告的申请依法采

取了强制执行措施。

 

 

需要指出的是,此次案件是一起普通商事合同纠纷案,与中日

争赔偿问题无关。   中国政府坚持和维护《中日联合声明》各

项原则的立场没有变化。   中方将继续依法保护包括日本在内

外国在华投资企业的合法权益。   部分日本媒体和有关人士

的报道和解读、表态与事实不符。

 

|

« 3128 中国は見る(1758) 安倍首相 タイム誌の表紙を飾る | Main | 3130 中国は見る(1760) 日本人の“捕鯨文化” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事