« 3130 中国は見る(1760) 日本人の“捕鯨文化” | Main | 3132 中国は見る(1762) オバマ大統領 来日 (2) 尖閣は安保条約適用範囲と明言 »

3131 中国は見る(1761) オバマ大統領 来日 (1)

 

オバマ大統領 日本を訪問 :

夫人同伴なし 国会で説なし 迎賓館にも泊まらず

 

奥巴马访日:不偕夫人不在国会演讲不住迎宾馆

2014-04-24 03:28   来源:腾讯新闻

 

 

 

0 写真 オバマ大統領 

“エアフォース・ワン” から降りるところ

 

 

オバマ大統領は23夜、東京に到着し オバマ大統領“エ

アフォース・ワン” から降り時、ファース トレディー の ミシェル

人の同行はなく、一人だった。  オバマ大統領は18年ぶりの“国

賓”待遇で日本を訪問したが、日本は心配でたまらない。 オバマ

大統領のアジア歴訪で、日本彼を国賓待遇で、日本に2泊3日

滞在させることには 成功したが、 しかし オバマ大統領夫人の 同

行はなく、国会で説もなく、迎賓館にも泊らず、つの ノー」

で日本を冷遇し、日本メディアを失望させ驚かせ

 

 

オバマ大統領は23夜、東京に到着し  昨年、政府機関閉

鎖騒動でアジア歴訪を中止した埋め合わせとして、一週間日本、

韓国、マレーシア、フィリピンの 4ヶ歴訪する スタートを切った。 

外から見ると、今回の“遅れた訪問”は米国アジア太平洋戦略

立て直しの旅で、この戦略をより現実に即し、バランスの取れた

略目標の貫徹と実現を目指すものである。

 

 

今年は米国選挙ので、“戦略の重点アジア太平洋に移

、“オバマ外交” の看板の 一つとなっており、絶対に 疑いを

許さず、失敗することできない。  そのため オバマ大統領は、今

の旅行を通じて、米国“アジアにいるということの証明を図る

ため、自分の“戦略転換” を“言った以上は必ず実行し、実行したら

必ずやり遂げる”こ証明しようとしている。  そのため今回のア

ジアの旅では訪問国の 政府・国民だけでなく、その他の アジ

ア太平洋国や自国の有権者の “聴衆“観衆” 姿を見せ、“呼び

かけ”を行う。    ただ話題から、中国を避けることはできない

 

 

アジア訪問は “アジア太平洋 リバランス戦略”の見直し

 

 

2011オバマ政は“戦略の重点アジア太平洋に移すと発

表してから、もう 2あまりになる。  この政策が合理的かどうか? 

本当に推進されている? 米国の朝野とアジア太平洋同盟

大き論争があ 

 

 

岡本行夫元外交官によれば、“この政策実行されているとの確実

形跡は今のところられていな 言う。 

 

 

オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ大学の外交政策 と国防

事務分析者の アダムロックヤー氏“今のところ、オバマ大統領

は、この方面で実際、具体的な成果は挙げていません” と述べ

る。

 

 

マクファーランド国防次官補(調達担当)は、“国防予算が 削減する

中、米国の戦略の重点アジア太平洋へ 移す計画は 「ほとんど

現不可能だ」と語った。

 

 

だけではない、中東情勢の持続的乱、ウクライナ危機の長

期化、複雑化、ロシアの強硬な情勢、これに 加えてこれら米国の利

集中する注目地で、オバマ政は やりたいけれど 力不足な

見せており、米国国内ヨーロッパ 各国の多くのから

問の声が上がっている。       オバマ大統領の戦略の重点移転

は、重点を間違えているではない?    米国“支持する”

ジア太平洋同盟国からは “米国は私達を本当に助けてくれ

るのか?”  との質問を増大させている。

Photo
寿司を食べて 同盟関係を強化

 

 

日米首脳の夕食会はオバマ大統領の今回の訪問の最初の活動日

だった。 日本は夕食会の場所東京の高級寿司店に設定した。

 

 

《読売新聞》報道によると、安倍首相とオバマ大統領は主に日

米同盟強化を話し合う。 24夜には、安倍首相とオバマ大統領

の会談の後、強い日米同盟を表明し、共同声明を発表する。 《読

売新聞》は23、オバマ米大統領に書面 インタビューした内容を

掲載した。   オバマ大統領尖閣諸島は日本の施政下にあ

《日安保条約》を適用する” と答えた。

 

 

安倍首相は、この機会を利用して、靖国神社を参拝した後、問題が

生じた両国関係を一挙に改善し、まだよくわからないオバマ大統領

と親密な友情を作りたいと望んでいる。

 

 

歴史問題と領土紛争のため、日本は何度も挑発起こし、中韓との

緊迫した関係を激化させている。  京都産業大学世界事務研究所

の所長元外交官の東郷“安倍首相去年12

国神社を参拝したことを説明すべきです。 これは 米国を失望させ

両国の同盟ひび割れを残したのですから と話す。

 

 

中国を訪問せず  しかし“中国たた”は避けられ

 

 

オバマ大統領の今回の日程リスト、中国領土問題を抱えてい

国があるが、訪問国に 中国は入っていない。  ある見方によると、

オバマ大統領は 今年後半に中国で行われる APEC首脳会議に

する際、中国を訪問する。 しかし、それでも外部からの疑を取

り除くことができない。 オバマ大統領間もなくスタートするのは“中

国 封じ込めの旅”ではないか?

 

 

現在、米国国内の東アジア情勢中国政策については、全体的に

中国に強硬になっている。    しかしホワイトハウスの対中政策は、

2013年6月の 米カリフォルニア州での首脳会議での対話を継

続しており、競争協力を続ける中米関係の大局については 変わ

っていない。    オバマ大統領は今回日本、フィリピン訪問する

際、米国と同盟国の関係、対中政策、東アジア海洋の 領土問題、

米国アジア・太平洋戦略で一体どんな基調で進むのかについて、

ある程度、将来の米国のアジア太平洋戦略の調整プロセスについ

発言する予定だ。  これらの問題で、オバマ大統領更に“古い

主張を再度、持ち出す”に決まっている 今年2月と4月、ケリー

務長官と ヘーゲル国防長官が 相次いで、東アジアを 訪問した。 

は、これらの問題で言うべき強硬な話、表すべき 態度はすで

う何度も言ったりしたことである。    米国がアジア太平

洋で軍配置や密接な同盟関係を拡大しエスカレートすると共に、

アセアン国家への海上監視装置の提供や軍事装備など一連のやり

方に新しい発展があった。   しかし全体的に、オバマ政は強力に

中国を牽制し続けるものの、中米アジア・太平洋地域で協力する

基本的な戦略基調を維持することにしている。     ただ、オバマ大統

領の今回の国の旅、“中国をたたく” ことが、避けられない。

 

 

中国南シナ海研究協同革新センター主任の朱鋒氏は、今日の

事務で、米国にとっては、いかなる事もすべて中国 抜きで

しができない。   一方、中国にとって、米国の中国抑止策」

は、もうした意味ない。  象がアジア太平洋の客間に入ってき

ているようなもので、米国、日本中国と積年の恨みがある

も、「客間」に座っている、この巨大なものを見たら、内心どのように

緊張するか分からない” と述べている。

 

 

TPP交渉を: 中国経済貿易分野の挑戦を牽制

 

 

日米の両国代表は オバマ大統領日本に到着する数時間

京で環太平洋経済連携協定(TPP)大詰めの閣僚級会談を

った。 報道によれば、このTPP交渉すでに長い間、協議を続け

ていたが農産「重要5項目」 と自動車の関税問題で合意に達

することできなかった。

 

 

朱鋒氏によると、オバマ大統領東京で、安倍首相と日米両国のT

PP 太平洋経済連携協定合意に 達することができるかどう

、オバマ大統領の今回の アジアの旅が、本当に戦略的成果を

げたかどうかのカギと見られている。

 

 

安倍政は、2013年に1月に米国主導するTPP交渉に参加

ると発表た。  これはTPPの加盟が増えるだけでなく、もっと

要なのは、世界第3の経済体である日本が、オバマ政権が出す TP

P方米国主導する アジア・太平洋地域の 経済一体化の戦略

構想実現に向かって一歩踏み出すかどうかである。 TPPはアジア・

太平洋地域投資貿易自由化を促進するだけの単純な グルー

プではなく、更には過去10年間、アジア・太平洋地域で重大な発展

を遂げたFTA(自由貿易協定)ではなく、米国が“次世代の貿易ルー

”に着目したもので、米国国内の市場基準作った、より深い

手順の投資、貿易自由化をカバーする包括的な協定となってい

る。 これ米国が経済一体化の過程で改めてルール制定やル

ール導権を持つ 戦略的なものである。    TPPは、米国のアジア

太平洋リバランス戦略” の経済と貿易の支柱とされ、米国が 中国

の挑戦けたアジア・太平洋地域の 経済と貿易の影響力を奪

回する基本段取りを目指すので

 

 

安倍政権は、日米同盟を21世紀、更に緊密で強固な戦略パートナ

とするべく政治的な決断に基づき、日本はTPP交渉に参加した。 

 

 

安倍首相どうしてオバマ大統領寿司に招待したのか?

 

 

安倍首相が、オバマ大統領この店に寿司を食べに誘った理由は

2つある。 一つ目は、この寿司屋と小野さん話が、以前、米国

デビッド監督で映画(二郎は鮨の夢を見る)になったことがある。 

ビッド・ゲルブ監督が撮った映画が米国で上映されたことがあり、

61回ベルリン国際映画祭に出品され2011年米国プロヴィンスタ

ウン国際映画祭で公開された。 そのためこの映画はすきやばし

次郎”の寿司屋のは米国で知れ渡り、アメリカ人東京に来

時、一番食べたい高級寿司店となった。 そのためオバマ大統領

仲間入りさせることが、安倍さんの誠見せることだった

 

 

二つ安倍首相がオバマ大統領をこの店寿司を食べ

連れて来たのは、自分とオバマ大統領の個人友情を示そうと

したこと と 同時にこの機会に世界に日本の “食” 文化を宣

伝しようとしたのである

 

 

しかし、安倍首相が設定した今回の寿司の会食は、重要な目的

れている。 安倍首相はオバマ大統領を寿司屋でもてなしの

のTPP関税問題“政治合意”を目指した。一緒に座り、

本の清酒の効き目で、オバマ大統領フラフラしている間に決めよ

うとしたのかもしれない。 これは大きいテーブル向かい合って会

するよりも、認識に達しやすい

 

 

 

 

奥巴马访日:不偕夫人不在国会演讲不住迎宾馆

2014-04-24 03:28   来源:腾讯新闻

 

 

图为奥巴马一个人从“空军一号”走下

 

 

美国总统奥巴马23日晚抵达东京。奥巴马从“空军一号”走下时,他

是一个人。 没有了第一夫人米歇尔的陪伴,即使奥巴马是18年来

首位以“国宾”身份访日的美国总统, 日本仍旧无法心安。奥巴马访

亚之行,日本争取到让他以国宾身份在日本逗留 三日两夜,但奥巴

马不偕夫人、不在国会演讲、不入住迎宾馆,以“三不”冷待日本,令

日本媒体失望又惊讶。

 

 

美国总统奥巴马于23日晚抵达东京,开始为期一周的对日本、韩

国、马来西亚、菲律宾4国的访问,以弥补去年 因政府关门风波

而未能成行的遗憾。而在外界看来,这次 “迟到的访问”更是一

次美国重振亚太战略之旅,是为了让这一战略具有更为 突出的

现实针对性,让一战略的内在目标的贯彻与实现变得更加均衡。

 

 

今年是美国中期选举年,而“战略重心转移亚太”,是 “奥巴马外交”

的招牌之一,是断乎不容置疑、更不能失败的,因此 奥巴马必然极

力通过此行,力图证明美国“在亚洲”,证明自己的 “战略转移说”言

必信、行必果。因此此次亚洲之行,是秀姿态,也是“喊话”,针对的

听众”和“观众”,则不仅包括到访四国朝野,也包括其他亚太国

家,更包括自己直接要打动的本国选民,和行程绕过、话题却绕

不开的中国。

 

 

补访”亚洲|为“再平衡战略”除锈加油

 

 

2011年奥巴马政府宣布“战略重心转移到亚太”至今已有两年多,

这一政策是否合理、是否真的在推行,美国朝野及 美国的亚太盟

国都有很大争议。前日本政府外务顾问冈本行夫称“迄今未看到该

政策实行的确凿迹象”;澳大利亚新南威尔士大学外交政策和防务

分析师亚当.洛克耶也认为“ 迄今奥巴马在这方面未取得 多少实

际、具体成果”;就在奥巴马行前,五角大楼主管采购的助理国防

部长麦克法兰还表示,因为国防预算削减,美国战略重心重返亚

太的计划“几乎是不可能实现的”。

 

 

不仅如此,中东局势的持续混沌,乌克兰危机的长期化、复杂化,和

俄罗斯咄咄逼人的势头,加之在这些美国利益集中的热点地区,奥

巴马政府表现出力不从心的虚弱态势,让美国国内和欧洲各国许多

人开始质疑,奥巴马的 战略重心转移,是否搞错了重点,而指望美

国“撑腰”的部分亚太盟国,则更增大了“美国会不会真的来帮我们”

的质疑。

 

 

吃寿司宴|恩威并施整饬加强同盟关系

 

 

美日首脑晚宴是奥巴马总统此次访问的第一个活动日程。日本正考

虑将晚宴场所定在东京的一家高级寿司店。

 

 

日本《读卖新闻》报道称,安倍和奥巴马将主要讨论强化日美同盟事

宜, 24日晚安倍与奥巴马会晤后将发表 联合声明,或重申强大的

日美同盟。《读卖新闻》23日刊登美国总统奥巴马接受该报采访内

容。奥巴马称,钓鱼岛在日本施政之下,适用于《日美安保条约》。

 

 

安倍希望借此机会一举改善自己参拜靖国神社后出现问题的两国

关系,与略显陌生的奥巴马总统培养亲密友谊。

 

 

因历史问题和领土争议,日本屡屡挑事,加剧了与 中韩的紧张关

系。    京都产业大学世界事务研究所所长、前外交官东乡和彦说:

“安倍应该解释他 去年12月参拜 靖国神社的事情,这曾让美国感

到失望,在两个盟友间留下了裂痕。”

 

 

不访中国 但“敲打中国”在所难免

 

 

在奥巴马此次行程单上,有部分国家与中国存在领土争议,而中国

却不在访问之列。 有说法认为,奥巴马下半年将来华参加 APEC

会,届时会顺道访华。但这未能消除外界的质疑:奥巴马即将展开的

是不是“围堵中国之旅”?

 

 

目前美国国内有关东亚局势和中国政策争论 总体上趋向对华强硬。

但在白宫的对华政策层面上,保持20136月中美加州农庄首脑

峰会的对话势头,延续既竞争、又合作的中美关系大局的思路仍然

没有变。奥巴马总统此次在日本、菲律宾访问时就美国与同盟国家

的关系、对华政策、东亚海洋领土争议和美国在亚太地区的战略走

向究竟做什么样的基调发言,将在很大程度上决定未来美国的亚

太战略的调整进程。     在这些问题上,奥巴马更可能会“老调重

弹”。今年2月和4月,美国国务卿克里 和 国防部长哈格尔已经相

继访问东亚。其实,在这些问题上该说的硬话、该表的态度都已经

说过和表过了。  美国加速在亚太扩大和升级军事部署、密切同盟

关系、向东盟国家提供海上监视设备和提供军事装备等 一系列做

法会有新的发展。  但总体上,奥巴马政府仍将延续既强力制衡中

国、又保持中美在亚太地区合作的基本战略基调。   只是,奥巴马

的这一路四国之行,“敲打中国”在所难免。

 

 

中国南海研究协同创新中心执行主任朱锋说,在今天的亚洲事务中,

对美国来说任何一件事或许都无法不谈中国。而对中国来说,动不

动谈美国“遏制中国”已没太大意义。 正如大象已经坐进了亚太的

客厅,美国、日本和其他即使和中国有积怨的 国家,望着坐在“客

厅”里的这一庞然大物,内心还不知如何紧张。

 

 

推进TPP谈判|回应中国经贸领域挑战

 

 

日美两国代表赶在奥巴马抵达日本前几个小时,在东京开始了最

后一轮的环太平洋经济合作协定(TPP)的部长级会谈。 报道称,这

TPP谈判已经持续多日,始终未能在农副产品 5大项目和 汽车

关税问题上达成协议。

 

 

朱锋说,奥巴马能否在东京与日本首相安倍晋三宣布美日两国就

TPP(跨太平洋伙伴关系)达成协议,将是衡量他此次亚洲之行是

否真正有战略性斩获的关键点。

 

 

日本安倍政府在20131月宣布加入美国主导的TPP谈判,这不

仅让TPP多了一个成员国,更重要的是,作为世界第三大经济体的

日本力挺奥巴马政府提出的 TPP方案,让美国实现用TPP来主导

亚太地区未来经济一体化进程的战略构想,向前迈出了一大步。 T

PP不是简单的 亚太地区促进投资与 贸易自由化的集团组合,更不

是过去 10年 已经在亚太地区有了 重大发展的  FTA (自由贸易协

议),而是美国着眼于“下一代贸易规则”,用美国国内的 市场 法则

和标准来打造更深层次上投资、货物和服务贸易自由化的重要载

体。 这也是美国在经济一体化进程中重新获得规则制定权和规则

主导权的 战略性契机。 正因为如此,TPP也被公开定义为美国亚

太“再平衡战略”的经济和贸易支柱,是美国 旨在重新夺回受到中

国挑战的亚太地区经济和贸易影响力的基本步骤。

 

 

日本加入TPP谈判,是安倍政府基于将美日同盟打造成21世纪

更为紧密和牢固的战略伙伴的政治性决定。 据中国日报、解放

报等

 

 

安倍为何请奥巴马吃天价寿司?

 

 

安倍请奥巴马去这家店吃寿司,原因应该有两个:一是这家寿司店

和小野先生的故事 曾经被美国导演大卫盖尔布 拍成电影在美国

上映,并参加了第 61届柏林国际电影节、 2011年美国普洛国际电

影节。因此这一部电影使得“数寄屋桥次郎”寿司店名扬美国,成为

美国人来东京最期望吃上一次的高级寿司店。因此邀奥巴马也 来

凑一个热闹,尽显安倍的真诚。

 

 

二是安倍夜里带奥巴马来这家店里吃寿司,重在凸显自己与奥巴

马的私人友情,同时也借机向世界宣传日本的“和食”文化。

 

 

但是,安倍设下的这一次寿司宴,还隐藏了一大重要目的,安倍是

希望与奥巴马在杯酒之间,就日本加盟 TPP的关税问题达成 “政

治协议”。因为并肩而坐,再搞点日本清酒的 后劲威力,容易让奥

巴马晕乎乎间下决心。 这比面对面隔着大桌子会谈,更容易达成

共识

|

« 3130 中国は見る(1760) 日本人の“捕鯨文化” | Main | 3132 中国は見る(1762) オバマ大統領 来日 (2) 尖閣は安保条約適用範囲と明言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事