« 3123 中国は見る(1753) 尖閣諸島 紛争で 日中関係悪化(下) | Main | 3125 中国は見る(1755) 日本人の“平和 ボケ” »

3124 中国は見る(1754) 世論調査:日中韓に根強い不信感

 

民调显示:日中韩彼此不信任加深

2014-04-14 11:08:04   来源:东方新报

 

 

 

集団的自衛権の行使容認に前のめりの安倍首相、日中、日

関係は冷え切った状態が続いている。  それでは、日中韓 

ヶ国 の国民は、こんな日本と東アジアの いまの情勢をどう

っているのか? 日本のメディア(朝日新聞社)が最近日中

韓3ヶ国で実施した世論調査から、中韓両国に映った 日本の

姿を紹介する。

 

中国の“大国化” 日韓懸念

 

領土問題や軍事的な緊張が収まらないなか、日中韓(中国の

調査地区は主要5都市)の三ヶ国で、“東アジアの平和を脅

要因”を尋ねると、“領土”と“軍事力”がそろって挙がった。

 

7つの選択肢から 二つまで選んでもらうと、日本では  (1“領

土問題”63% (2)“中国の軍事力”48% (3)“朝鮮半島情勢”

38%の順になった。  一方、中国の調査結果は (1)“日本の

軍事力”49%(2領土問題”36% (3“米軍の存在”34%と

なった。  今回の調査と2005年の調査を見比べると、当時最

も多かったのは “中国・台湾勢”の 67%で、“領土問題”が

22%、 “日本の軍事力”は20%だった。

 

韓国の調査結果はというと、(1)“領土問題” 58%  (2“朝鮮

半島情勢” 50%  (3)“日本の軍事力” 35%で、2005年と比

べると、領土問題”が 37%、“日本の軍事力” が30%で、 そ

れぞれ上昇している。

 

軍事的に脅威を感じる国”について 聞くと、2005年の日本の

世論調査では“北朝鮮”が57%、“中国”は13%だった。 中国

では、米国”が73%で、“日本”は19%だった。

 

 歴史認識 根強い不信

 

日本と中韓両国との間では、歴史認識の問題をめぐってなお深

い溝がある。

 

日中戦争や韓国に対する植民地支配など過去の歴史問題が

決着したかどうかを尋ねると、日本では“決着した”が48% “決

着していない”が 47%と分かれたが、中国では “決着してい

い”が88%を占め、韓国でも97%と圧倒的だ。 安倍首相の靖

国神社参拝についても、日本ではよかった”41% を“よくなか

った”47%がやや 上回る程度だが、中国では“よくなかった”が

95%、韓国でも97%にも及んだ。

 

靖国神社はどんな存在か?”と 4択で尋ねると、日本では“戦

死者を追悼する所”が64%で最多を占めた。   05年の調査で

も66%でほぼ同じだった。   だが、中韓両国では“軍国主義の

象徴”が 最も多く、2005年の 調査結果は、中国は 59%、

国61%、今回は、中国77%、韓国73%だった。

 

関係改善の必要性は認識

 

日中韓の 三ヶ国の 国民は、他の 2国をどう思っているのか? 

“好き”“嫌い”特にどちらでもない”から選んでもらうと、日本で

“中国が嫌い”は51%、韓国が嫌い”は34%だった。  中韓両

国の“日本が嫌い”も、中国74%、韓国67%に上った。

 

2005年の調査でも、中韓両国の対日感情は悪いが、日本

“中国が嫌い”は28%、“韓国が嫌い”は22%で、特に対中関

係が悪化している。 

 

ただ、三ヶ国とも 関係改善の 必要があると 感じている人は多い。 

日中関係改善の必要性は、日本では“大いに”26%、“ある程度”

54%、中国でも“大いに”31%、“ある程度”54%に上る。 日韓

関係の 関係改善の 必要性についても、日本で “大いに” 21%、

“ある程度”53%で、韓国では“大いに”24%、“ある程度”が60

%だった。

 

関係改善のためにいちばん重視すべきものを3択で聞くと、日中

関係について、日本で 最多は“経済や文化の交流を深めること”

の36%だった。 だが中国では“領土をめぐる問題の解決”が42

%だった。   日韓関係では、日韓ともに“過去の歴史の問題の決

着”が最多だったが、比較してみると、日本は38%で、韓国は65

%と差がついた。 

 

 

民调显示:日中韩彼此不信任加深

2014-04-14 11:08:04   来源:东方新报

 

日本首相安倍晋三在加速推进解禁集体自卫权,日中、日韩关

系继续冰封。那么,日中韩三国国民又是如何看待如今日本与

东亚局势的呢? 日本媒体最近在日中韩三国实施了民意调查,

向大家介绍中韩两国眼中的日本。

 

日韩担忧中国“大国化”

 

伴随着领土问题和日益紧张的军事关系,在日中韩(中国调查

地区为 5个主要城市)三国就“威胁东亚和平的主要原因”进

调查时,回答主要集中在“领土”和“军事力量”上。

 

7个选项中,日本依次为(1)“领土问题”63%;(2)“中国的军

事力量”48%;(3)“朝鲜半岛形势”38%。 而中国的调查结果则

为 (1)“日本的军事力量”49%;(2)“领土问题”36%;(3)“美军

的存在”34%。本次调查与2005年的调查有所不同,当时最多

的为“中国·台湾形势”67%;“领土问题”22%;“日本的军事力量”

20%

 

韩国的调查结果为 (1)“领土问题”58%;(2)“朝鲜半岛形势”

50% ;(3)“日本的军事力量” 35%。 与 2005年 相比,“领土问

题”和“日本的军事力量”分别从 37%30% 所上升。

 

此外,“感到具有军事威胁的国家”一问中,2005年在日本的民

意调查中回答“北朝鲜”的占 57%,“中国”占 13%;在中国,选择

“美国”的占73%,“日本”占19%

 

扎根历史问题上的不信任感

 

日本与中韩两国之间,在历史问题上尚存在深深的鸿沟。

 

就“日中战争与在韩国的殖民统治等历史问题是否已了结”一

问,日本回答 “已了结”的占 48%,“未了结”占47%, 而在中国

“未了结”占88%,在韩国为 97%,呈压倒性优势。  关于安倍首

相参拜 靖国神社参拜,在日本给出“认可”的占 47%略微 超

“不认可”的 41%,而在中国“不认可”占 95%, 在韩国 也 达

到了97%

 

此外,就“靖国神社是一个怎样的存在?”一问,在 4个选项内,

日本认为是“追悼战死者的地方”占64%为最多,与05年调查的

66%基本一致。 不过,在中韩两国选择“是军国主义的象征”为

最多,2005年的调查结果 显示,中国为59%,韩国61%,而 本次

则上升为中国77%,韩国73%

 

认为有必要改善关系

 

日中韩三国是如何看待其他两国的?在“喜欢”“讨厌”“没有

别想法”三个选项中,日本“讨厌中国”占51%,“讨厌韩国”34

%;而中韩两国给出“讨厌日本”回答的分别为74%(中)67%(韩)。

 

虽然在2005年的调查中,中韩两国的对日情感也不甚乐观,但

时日本“讨厌中国”为28%,“讨厌韩国”为22%,可见对华感

明显在恶化。虽然中韩两国的对日情感,于2005年的调查中也

不甚乐观。 然而当时表示“讨厌中国大陆”的日本民众为 28%,

“讨厌南韩”的日本民众则占22%。由此可见,日本对于中韩两

国,特别是对中国大陆已明显趋向恶化。 

 

不过,在三国中认为有必要改善关系的也大有人在。就日中关系

改善的必要性,在日本认为 “大力改善”的为26%,“适度改善”

54%;在中国“大力改善”上升至31%,“适度改善”上升54%;就

日韩关系改善的必要性,在日本选择“大力改善”为21%,“适度改

善”为53%,而在韩国则有24%选择“大力改善”,60%选“适度改善”。

 

就“在改善关系中最应重视的3个项目”中,对于日中关系,日本

认为“加深经济和文化间交流” 的最多,占36% ; 但在 中国选择

“解决领土问题”的达到42%。 在 日韩关系中,日韩选择“解决

史遗留问题”的均为 最多,但进一步 比较的话,日本占 38%

国占65%,存在一定差距。(王尔德)(载417日《东方新报》)

|

« 3123 中国は見る(1753) 尖閣諸島 紛争で 日中関係悪化(下) | Main | 3125 中国は見る(1755) 日本人の“平和 ボケ” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事