« 3048中国は見る(1692)世論調査:“集団的自衛権”、“靖国参拝”共に反対多数 | Main | 3050中国は見る(1694)お疲れさま! »

3049中国は見る(1693)理系女子・美しすぎる研究者・小保方晴子さん 「新しい万能細胞」を発見

 

 

1.日本メディア:しい万能細胞を発見

2.日美人研究者 新たな“万能細胞”を発見

 

 

1.日媒:日本研制出新型万能细胞

 2014013016:25:34 来源: 中国台湾网   

2.日美研究者开发出新一代“万能细胞”

 2014-01-30   来源:新华网

 

 

 

 

1.日本メディア:しい万能細胞を発見

Stap日本メディア1月30報道によると、理化学研究

所の 研究チームが、発表 したところで皮膚など

の 体細胞を弱酸性 溶液の中に 30ほど すと、

たな 万能細胞を作ることができ、このような万能細胞は 人体の

各種組織を成できるという。

 

Stap2化学研究所科学研究チームリーダーの、小保方

晴子んは、新マウスの リンパ球弱酸性溶液

の中に30分ぐらい 浸した後、培養したところさまざ

まな 多様な細胞に変わる能力を 作れるということ

わかった。   後、研究者が、この細胞を マウスの体内

注入したところ、この細胞が神経や筋肉などのあらゆる細胞にな

る 万能性を持っていることが確認できた。

 

「刺激によって 引き 起こされた 多能性の獲得」 という 意味の 英

( Stimulus―Triggered Acquisition of Pluripotency )

の頭文字から、研究チームはこの細胞を“STAP細胞”と命名した。  

 

これまで、“万能細胞”は iPS細胞代表とされた。 これは皮膚な

の細胞の遺伝子から導入して作られた。   今回新しく誕生した

万能細胞は外部からの刺激だけで、簡単期間で作成するこ

とがでるので、各方面から注目集めている

 

研究チームの 責任者方晴子さん よると、iPS細胞などの

術と違い、この新しい技術のいいところは、ただ外部環境に刺激

を与えるだけで、細胞変化するということです。 私は、この技術

は再生医療免疫研究などの 分野に 貢献できると思っています”

と 語り、の研究チーム は、引き続き 研究を進め、この 新技術が

人体細胞に応用できるかどうか明らかにしたいという

 

 

2.日美人研究者 新たな“万能細胞”を発見

 

 

新華ネット東京30(記者:藍建中)本の美人研究者

30付けで イギリスの科学雑誌 《ネイチャー》に掲載された論文

の中で、あらゆる 細胞に変化できる 「万能細胞」 を作成した

発表した。 同な能力を持つ 誘導多能性幹細胞(iPS細胞)と胚

細胞と比ると、新しい細胞の製作方法は もっと簡単で安全、

再生医療分野へ応用に役立つことが期待されている

 

この“万能細胞”は体細胞を弱酸性溶液の中に浸すという、外部刺

を与えるだけで作成できる。  外部刺激だけで、さまざまな 細胞

に変化できるので、研究チームはこのような 細胞を STAP細胞

名した。   意味するところは、あらゆる 細胞に分化する能力がある

万能細胞ということである。

 

これまで、科学界は動物細胞外部の刺激でさまざまな細胞に再

生することはありえないと思われていた。 しかし上述の新しい細胞

はこのような見方を覆した。

 

理化学研究所、山梨大学と米国ハーバード大学の研究者は後1

週間のマウスの脾臓から採取したリンパ細胞を、弱酸性の希塩酸溶

液の中30間、浸した。  この溶液の酸度は オレンジジュース

ほぼ同じで、温度は体温の37度に近かった。 引き続き2~7

養すると、そのうちの細胞の7%~が、STAP細胞なった。

 

科学研究員は実験室研究と動物実験を通じて、このSTAP細胞が

経や筋肉、腸管上皮などの 細胞に変化したり、iPS、ES細胞に

はない、胎盤になる能力もあった。  また研究者は上述の 新しい

方法に 基づき、皮膚、肺の細胞を 利用して みごとに STAP

胞を作った。

 

誘導多能性幹細胞は製造には、数週間という日数かかる上、

低く、移植した後、ガンかかるという 安全上の 懸念もあった。

それべて、STAP 細胞の製作 周期はとても 短いのに、 成功率

高く、体内でガン化する可能性比較的低いと見られている。

 

研究者によると、細胞が刺激を受けると、強いストレスを起こし、分

した細胞の運命が劇的に変わるということで、STAP 細胞はこの

ような状態、できることがわかった。  今後も引き続き、この細

胞の形原理を研し、動物の細胞を利用して、“万能細胞

の応用進めていくという。

 

 

 

1.日媒:日本研制出新型万能细胞

 2014013016:25:34 来源: 中国台湾网   

 

 

日本媒体报道称,日本研制出新型万能细胞“STAP细胞”。

(视频截图)

 

据日本媒体130日报道,日本理化学研究所的一个研究小组宣

布,运用将皮肤等的 体细胞在 弱酸性溶液中 浸泡 30分钟 左右

的方法,成功地研制出了新型万能细胞,这种万能细胞可以生成

人体的各种组织。

 

理化学研究所科研团队骨干、小保方晴子领导的该研究小组将出生

不久的实验鼠的淋巴球在弱酸性溶液中浸泡30分钟左右后,进行了

培植,获得了持久拥有可以演变为各种细胞能力的遗传基因被激活

这一可喜结果。此后,研究人员将这一细胞放入实验鼠体内,并确

到该细胞演变为皮肤和肌肉等各种细胞。

 

研究小组将这个细胞命名为“STAP细胞”,分别取自“刺激触发采

功能”的英文单词的第一个字母。

 

一直以来,“万能细胞”以iPS细胞为代表,它是通过向皮肤等细胞

导入遗传基因而制成的。此次新诞生的万能细胞通过外部刺激

这一更加简单的方法就能短时间的生成,因此,受到各方关注。

 

研究小组负责人小保方晴子说:“与iPS细胞等技术不同,这项创新

术的亮点是,仅仅通过改变外部环境,给予细胞刺激,就能使细

胞发生变化。   我认为,这项技术应该能在再生医疗和免疫研究等

领域作贡献。”  该研究小组决定,将继续开展研究,以便查明这

项新技术能否也应用于人体细胞。

 

 

2.日美研究者开发出新一代“万能细胞”

 2014-01-30   来源:新华网

 

新华网东京1月30日电(记者蓝建中)日美研究人员在30日出版

英国 《自然》 杂志上报告说,他们成功培育出了能分化为多种

细胞的“万能细胞”。 与拥有同样能力的诱导多功能干细胞(iPS

细胞)和胚胎干细胞相比,新细胞的制作方法 更为 简单安全,有

望用于再生医疗领域。

 

这种“万能细胞”是将体细胞放入弱酸性溶液中,通过施加刺激后

成的。 由于是从外界刺激获得的多种分化能力,研究小组将这

种细胞命名为 STAP细胞,意思是 触发刺激 获得的多能性细胞。

此前科界认为动物细胞 无法单纯靠外界 刺激转变成多能性细

胞,但上述细胞颠覆了这种看法。

 

日本理化学研究所、山梨大学和美国哈佛大学的研究人员从出生

周的实验鼠脾脏内 采集出 淋巴细胞, 然后 加入弱酸性的稀盐

酸溶液中浸泡约30分钟。   这种溶液的酸度与橙汁大体相同,温

度为接近体温的37摄氏度。在继续培养2至7天后,其中7% 至9

%的细胞发育成了STAP细胞。

 

科研人员通过实验室研究和动物实验发现,这种细胞可以发育为

神经细胞、肌肉细胞和肠道上皮细胞,甚至还具有 诱导多功能干

细胞和胚胎干细胞所不具备的转变为胎盘的能力。 此后,研究人

员还依据上述新方法,利用皮肤、肺和心肌的 细胞成功制作出了

STAP细胞。

 

诱导多功能干细胞需要植入基因且需花费数周时间才能制作完成,

成功率也很低,移植后还有癌变风险。 与之相比,STAP细胞的制

作周期很短,成功率较高,在机体内发生癌变的可能性相对较低。

 

研究人员指出,某些细胞受到刺激、发生应激反应后会陷入濒死状

态,STAP细胞就是在这种状态下形成的。今后他们还将继续研究

这种细胞的形成机制,尝试利用人和其他动物的细胞制作这种“万

能”细胞。

 

|

« 3048中国は見る(1692)世論調査:“集団的自衛権”、“靖国参拝”共に反対多数 | Main | 3050中国は見る(1694)お疲れさま! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事