« 3044中国は見る(1688)日本のメディア : 「安倍政権崖っぷち」 米国 日本に最後通牒を突きつける と伝える | Main | 3046中国は見る(1690)NHK会長 「慰安婦」で問題発言 »

3045中国は見る(1689)アクリフーズ農薬混入事件 容疑者逮捕

 


1.給料が安いと不満をこぼしていた男性 自社製品に農薬混入

2.群馬県警 冷凍食品毒物投入容疑者を逮捕

 

1.日本一男子向自己公司产品投毒 曾抱怨工资低

 2014-01-2616:37:01来源:国际在线

2.日本群马县警方逮捕冷冻食品投毒嫌疑人

 2014-01-26   来源:食品伙伴网   

 

 

 

1.給料が安いと不満をこぼしていた男性 自社製品に農薬混入

 

《朝日新聞》 1月26日の報道によると、昨年末、マルハニチロホ

ールディングスの子会社・アクリフーズ群馬工場が製造した冷凍

食品から農薬「マラチオン」が検出された。 警察は、この工場の

契約社員・阿部利樹容疑者の作業着から「マラチオン」が検出さ

れたことから、安部容疑者を逮捕したが、阿部容疑者は、容疑を

否認している という。

 

警察によると、阿部容疑者は、昨年、「マラチオン」を冷凍食品に

混入した容疑がかけられている。 今回の事件では、最終的に工

場が冷凍食品を回収したり、操業停止となり、工場の業務を妨害

された。   調査から、「マラチオン」が混入された時期と阿部容疑

者の出勤日が一致していることがわかった。

 

阿部容疑者は、2005年10月から群馬工場で勤務していた。 会

社の説明によると、阿部の勤務態度に問題はなく、職場への不満

ども聞いていなかったという。

 

近くに住む主婦は3年前、安部容疑者から、“自分は正社員じゃな

いが、正社員になれるよう頑張っている” と聞いたことがあるとい

う。  一方で、給料が安くてやっていられない” と愚痴をこぼして

いたのを聞いた人もいる。

 

農薬事件が発生した後、安部容疑者も、問題製品の回収作業に

参加していた。  また会社の一員として、警察の事情聴取も受け

た。 だが、14日夜、勤務終了後、彼は行方不明になっていた。

 

昨年11月、会社には続々と、食品に石油や機械油のような臭い

がするという苦情が寄せられていた。       同社製品から基準値

0.01ppm )を 150万倍 も超える農薬 「マラチオン」 が検出され、

同工場で製造された約640万袋が自主回収の対象となり、今月

21日までに、約549万袋を回収した。

 

厚生労動省の発表によると、24日時点で、問題食品を食べて症

状を訴えた人は、2843人に上る。

 

 

 

2.群馬県警 冷凍食品毒物投入容疑者を逮捕

 

 

食品パートナーネット電:共同通信社の報道によると、日本で発

生した冷凍食品への 毒物混入事件について、警察は容疑者を

逮捕した。 容疑者はアクリフーズの契約社員・阿部利樹(49歳)

容疑者である。

 

マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズの群馬工

で生産された 冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された

事件で、群馬県警は25日、“偽計業務妨害” の疑いで阿部利

樹容疑者を逮捕した。

 

同事件は、問題が明らかとなってから約1ヶ月が経過した。 厚

生労動省の 発表によると、日本全国で 約2800人に食中毒の

症状が現れており、人々に“食品への懸念”を巻き起こしていた

が、事件はついに新局面を迎えた。

 

アクリフーズは今月10日、“食品に毒物を混入され業務を妨害

された” として大泉警察署に被害届を提出した。 同社によると、

「マラチオン」が検出されたのは10月から11月の間に生産され

た7品目、9つの商品だという。  これらの製品は工場内で異な

る生産ラインで生産され、その後、再び同一の 作業場で包装さ

れた後、市場へ送られる。  包装上には、破れや穴などは見当

たらなかった。

 

農薬が混入された“とろーりコーンクリームコロッケ”から検出さ

れた残留農薬は標準(0.01ppm)の150万倍もあった。  子

供が八分の一でも食べると、下痢や嘔吐の症状を起こすという。

 

 

1.日本一男子向自己公司产品投毒 曾抱怨工资低

 2014-01-2616:37:01来源:国际在线

 

据日本《朝日新闻》126日报道,去年年底,日本玛鲁哈日鲁控

股子公司阿克力食品群马工厂生产的冷冻食品中检出农药 “马

拉硫磷”。  警方在该工厂合同工阿部利树的工作服中检出了马

拉硫磷,之后将其逮捕,但阿部否认自己的罪行。

 

警方透露,阿部涉嫌于去年将马拉硫磷混入冷冻食品中。此举最

终导致工厂召回冷冻食品并停工,对工厂正常业务造成干扰。而

调查显示,马拉硫磷被混入的日期同阿部的出勤日期一致。

 

据悉,阿部是从200510月起进入群马工厂工作的。   公司介绍,

阿部的工作态度没有问题,也没听到过他对职场有什么不满。

 

在附近居住的一名主妇曾于 3年前听他说起“自己虽然不是正式

员工,但正在为成为正式员工努力”。  另一方面,有人曾听到他

抱怨“工资太低,干不下去了”。

 

发生农药事件后,他还参与了问题产品的召回工作。也曾作为公

司一员,接受了一次警方的问话。   但是在14日夜晚工作结束后,

他就去向不明。

 

据悉,去年 11月该公司就陆续收到投诉称食品中有石油和机油

味道。 从该公司的土豆饼中检测出超出基准值(0.01ppm150

万倍的农药马拉硫磷,导致该工厂制造的约640万袋食品成为召

回对象。  截止本月21日,已经召回了约549万袋。

 

厚生劳动省发表的数据显示,截止24日为止,2843人称食用问题

产品后发生不良反应。

 

 

 

2.日本群马县警方逮捕冷冻食品投毒嫌疑人

 2014-01-26   来源:食品伙伴网 

 

食品伙伴网讯 据日本 共同社报道,针对近期日本发生的冷冻食

品疑似被人为投毒事件,日本警方已经将嫌犯逮捕,嫌犯为阿克

力工厂员工阿部利树(49岁)。

 

有关日本玛鲁哈日鲁控股的子公司阿克力食品群马 工厂生产的

冷冻食品中检出农药"马拉硫磷"一事,群马县警方25日以"欺诈

手段妨碍业务"的嫌疑逮捕了员工阿部利树。

 

该问题自被发现以来已过去约1个月。根据日本厚生劳动省统计,

日本全国有2800多人出现食物中毒症状,这起引发大众"食品忧

"的案件终于迎来了新局面。

 

阿克力公司本月10日以"食品遭投毒致使业务受到妨碍"为由向

大泉警署报警。该公司称,检出"马拉硫磷"的是去年 10~11月间

生产的7个品种共9个商品。  这些商品分别在工厂内不同生产线

加工,再汇集到同一车间包装后上市。包装上没有缝隙或小洞。

 

被投毒的炸土豆饼中检出的残留农药是标准(0.01ppm)的150

倍,据悉"儿童只要吃下八分之一个就有可能引起腹泻或呕吐等

症状"

|

« 3044中国は見る(1688)日本のメディア : 「安倍政権崖っぷち」 米国 日本に最後通牒を突きつける と伝える | Main | 3046中国は見る(1690)NHK会長 「慰安婦」で問題発言 »

社会生活」カテゴリの記事