« 3032中国は見る(1679) 《東京都知事選》 細川元首相 出馬表明 小泉元首相が《支援》を約束 | Main | 3034中国は見る(1681) 尖閣をめぐる話題 2題  »

3033中国は見る(1680) 楊潔箎国務委員の対日談話のこれまでにない強硬態度に 日本びびる (下)

 


日本惊呼中国空前强硬 国务委员对日下通牒

2014-01-01 07:30 来源:百度新闻

 

 

安倍首相に対して 幻想を抱かず

 

北京は小泉に対したとき時と同じように、安倍首相に対して、安陪氏

が退陣するまで、いかなる幻想も抱かず、いかなる交流もしないと決

めたようだ。  これからの中日関係は低レベルの経済貿易関係

維持するだけで、小泉時代の“政冷経熱より、安倍首相もっと

くなるだろう。 “冷経冷”だけでなく、なおかつ軍事決も緊張

が高まる。

 

安倍氏が政権を担当してから1周年を迎える前に、まず飛び出したウ

ワサ、岸田文雄外務大臣が自分方から 程永華駐日本中国大使

を呼び出し、2人は通訳を交えず、日中双方が戦略的互恵関係の正

常な軌道に戻ることなどを、直接 30分間ほど話し合った。    戦略

互恵関係、 2006、安陪首相と の胡錦涛国家主席の間で

した共通認識で、今回双方はまた 両国の戦略的互恵関係 を維

持発展させることで、一致した。  そのため、中日関係が谷底から這

い上がれるのではないかと、期待をいだかせた。

 

ところが、安倍首相が政権担当一周年したことは、ごうごうたる非

を押し切り、靖国神社を参拝したことだった。    安倍首相が靖国

参拝の前に、外務省に中国の 駐日大使に会わせたことは、ただ

煙幕だったと言わざるを得ない。

 

安倍首相のうしたきはまことに馬鹿げたものだ。 あるいは、

国人を騙せたと思い、ひそかに得意に思ったかもしれない。   しかし

実際は中国に対する 幻想を すべて 粉砕する ことに なった。 

北京は今後、安倍首相を信用することはない

 

憲法改正という“一族の使命”を完成するため、中日関係悪化する

ことは、重要な戦術ある。 安倍首相、アジアで中国に対抗する

ことが、世界“貢献することだ と公言しています。

 

のため、安倍首相は日米同盟強化の修復以外に、米国の“アジア

太平洋へのリターン”を利用して米国に協力すると共に、アセアン

国をもれなく訪問して、“価値観外交”を推し進め、あちこちで仲間に

なるよう呼びかけ中国包囲網を築こうとしていた。

 

また、安倍首相は積極的“ロシアにも手を出し”、“離間の計” を

ろうとした。  ロシアとは 四問題があけんもほろろに 断ら

たが、それでも依然としてロシアに働きかけている。

 

実際のところ、安倍首相が初めて首相に就任した時、靖国神社参

はしないと 約束ないことと引き換えに、北京“破氷の旅”

行った。      安倍首相歴史問題の敏感性をわかっているのに、

ついに対中挑路線に踏み出すという決断のを選んだ。

 

靖国参拝は 安倍首相の憲法改正“使命”のため

 

安倍首相が、このようにしたのは、憲法改正という“使命”のためであ

る。 日本のメディア近行った全国電話世論調査によると、憲法

改正集団的自衛権に反対する回答者は、53.1パーセント、賛成

者はわずか37パーセントだった。

 

メディアの説明によると、安倍首相が憲法第九条の 改正について説

明しているが、しかし、反対の叫び声が強くなった。  でも、59.3

ーセントの人々が、政府が決定した外交・防衛の基本方針となる 「国

家安全保障戦略」に肯定的評価を与えた。 

 

安倍首相の高支持率はもともとあった手堅い基礎に基づくのでは

く、“アベノミクスというに踊らされているのだ。     また同時に、

日本銀行が史上空前の デフレ脱却の政策を採用すると共に、日本

円の価値が、外国通貨より安くなり、株価がずっと高く推移していま

す。 となっても、原発が 停止して いるので、 燃料大量に輸

するため輸入が輸出を上回り、日本は貿易赤字の国となり、

ベノミクスの力なくなっている。

 

安倍首相の憲法改正の行程表には、アベノミクス”がうまくいき、民

の支持を引き続き高く得たいと願っているが、しかし結果は その

とはいかないだろう。  今年は、消費税税があり、経済

らくダウンが想定されるからだ

 

 

 

 

 

 

日本惊呼中国空前强硬 国务委员对日下通牒

2014-01-01 07:30 来源:百度新闻

 

对安倍已不抱幻想

 

笔者相信,北京将如同对待小泉一样,对其不抱任何幻想,不打

何交道,直到他下台为止。未来,中日关系只会保持低水平的

经贸关系,可以说比起小泉时期还有 “政冷经热” ,安倍只会更

加恶劣,不但是政冷经冷,而且是军事上对抗及高度紧张。

 

就在安倍执政一周年前,首先传来的信息是日本的外务大臣岸田

文雄主动约会中国驻日大使 程永华,两人不用翻译,直接对话约

小时,双方表示努力回到战略互惠关系的正常轨道。 建立战略

惠关系是 2006年日本首相 安倍晋三与时任中国国家主席胡锦

达成的共识,这次 双方又为发展 两国战略互惠关系而 努力保

持对话达成了一致, 因此,给人多少遐想,中日关系 到了低谷要

寻求回升了。

 

谁知,安倍在执政一周年的所为,却是冒天下之大不韪,重新参

靖国神社。 人们不能不认为他在拜鬼前安排外务省会见中国

驻日大使,不过是个烟幕弹而已。

 

安倍玩了这个动作,愚蠢至极,也许 他为骗骗 中国人而 暗自得

意,但实际的后果是将中国对他的最后一点幻想都粉碎了。 北京

今后不会再对他有任何信任可言。

 

为了完成修宪的“家族使命”,恶化中日关系是其 首要的策略手

段。  安倍直言,对世界“作贡献”的一个重要途径,就是在亚洲

对抗中国。

 

为此,他除了强化修复日美同盟,利用美国“重返亚太”拉美国下

水,同时,遍访东盟国家,大力推销 所谓“价值观外交”,并四处

喊话拉拢,搅动浑水,试图构筑一个“遏华”包围圈。

 

还有,安倍还积极“拉俄”,使出“离间计”,尽管俄国与其有四岛争

议,而且不管碰了一鼻子灰还依然将自己的热脸往 俄国的冷屁股

上贴。

 

事实上,安倍首次任首相时承诺不拜鬼, 换来到 北京的 “破冰之

旅”,他是非常明白历史问题的敏感性,但是他最后依然做出挑衅,

表明他的抗华路线是一条不归路。

 

拜鬼是为其修宪的“使命”服务

 

安倍这样做,不过是为其修宪的“使命”服务。日本官方媒体最新全

国电话舆论调查显示,反对修改宪法解释以允许行使 集体自卫权

受访者占百分之五十三点一,表示赞成者仅为百分之三十七。

 

日媒解释,安倍力争修改对宪法 第九条的解释,但反对 呼声强烈。

不过,百分之五十九点三受访者对政府首次制订作为 外交和国家

安全政策综合指标的《国家安全保障战略》给予肯定评价。

 

事实上,安倍的高支持率本来就不是建基于扎实基础,而是对“安

倍经济学”的虚幻憧憬。

 

同时,由于日本银行采用史无前例的 货币宽松政策,日圆相对其他

货币不断贬值,股价一路走高。即使日圆贬值,却因核电站停运,燃

料大量进口,导致进口超过出口,日本因而变成贸易逆差国家。“安

倍经济学”已是强弩之末。

 

安倍原来完成修宪使命的路线图,是在证实“安倍经济学” 行之有

后继续拉高民望进行,但结果此路不通,未来还要 增加消费税,

经济更可能霜冻。

 

|

« 3032中国は見る(1679) 《東京都知事選》 細川元首相 出馬表明 小泉元首相が《支援》を約束 | Main | 3034中国は見る(1681) 尖閣をめぐる話題 2題  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事