« 3004 中国は見る(1657) 浜崎あゆみ またも電撃再婚(下) 見るからに「ろくでなし」  | Main | 3006 中国は見る(1659) 中国 安倍首相の「今年の漢字」《夢》を批判 »

3005 中国は見る(1658) 国家安全保障戦略を閣議決定

 

1.日本 国家安全保障戦略と新防衛大綱を決定

2.安倍政権 “安 三本の矢”

 中国を念頭に 三大防衛政策を決定 

 

1.日本通过国家安保战略和新防卫大纲

  20131217 10:32 来源:中国新闻网

2.日本三大防卫政策即将出炉 “安保三箭”瞄中国 

 20131217 00:20 来源:中国新闻网 

 

 

 

1.日本 国家安全保障戦略と新防衛大綱を決定

30331






 

中新ネット12月17電:共同通信社の報道によると、日本政府

は17閣議で外交と安全保障政策の指針である《国家安全保

障戦略》と今後10年間にわたる自衛隊の増強方針であ《防衛

大綱》を策定した。

 

報道によれば、日本政府は中国との尖閣( 釣魚島 の対立

期化するし、離島奪還部隊の新設など日本領土に対

る脅威排除するため防衛力の強化を盛り込んでいる。    ま

政府は武器輸出3原則について、これまでの政策から抜け出す

姿勢を明確に示した

 

上述2つの方針について、安倍政権は、“積極的

策”の具体化を実現しようとしている。 安全保障戦略は基本

として、“積極的平和主義” を掲げ、自衛隊海外の 行

展開の実現を鮮明にしている。

 

域の課題について、“国際社会の関心事項”として、中国の

事力増強に対することが必要としている。   安全保障戦略

中国の 海洋活動と防空識別圏設定について、“これ

よる現状を変える試みと言及、中国に自制を求めてい

 

 

2つの方針は朝鮮の核とミサイル開発は、“地域の 脅威を

深刻化させている指摘している。 また、韓国の竹島

では独問題については、外交努力を 通じて解決するよう

粘り強く努力すると強調してい

 

2つの方針は武器輸出3原則に基づく、これまでの 武器禁輸

政策を改め、国際協力に積極的に 関与するとし、“新たな

安全保障環境に適合する明確な原則を定めると主張している

また、愛国心についても言及し、“が国と郷を愛する心を

としている。

 

 

2.安倍政権“安 三本の矢”

 中国を念頭に 三大防衛政策を決定 

 

中新ネット12月17電(総合報道): 日本政府は17日に閣議

を開き、 《中期防衛力整備計画》、 《国家安全保障戦略》新版

《防衛大綱》の3文書を決定した。 この3文書の中は、内容の

多くが中国を直接的に“脅威”と露骨に記述していた。  メディア

の中には、安倍首相の “安の 3本の矢” は、いずれも念

に置いたものだと書いている。  最近、日本は絶えず、矛先を

中国に向け、“中国脅威論”を誇張し続けいる。  そして、これ

を口実に軍備を拡充している。 その背後の意図ははっきりし

いる。 安倍首相のいわゆる “積極的平和主義” の 欺瞞性もす

べて暴露されている。 

 

中期防衛力整備計画”の全内容 明らかに  

 防衛予算を増加 島嶼防衛を強化

 

12日午前、自民党本部で安全保障会議を開いて、日本政府

提出する《中期防衛力整備計画中期防新《防衛綱》、

交および防衛政策の指針《国家安全保障戦略》を了承した。 

この3文書安全保障の 基本方針17日の閣議で最終的

に決定される。

 

32中期防衛力整備計画》は長期防衛力装備方

針《防衛大綱》に基づ制定ので、日本

上と空の防衛力を強化することを目指している。 

日本政府は11日に、2014度から 年間の《中期防衛

計画》の概要をまとめたこの計画の特徴は日本尖閣(

魚島)で 中国決しているのを 反映したので、新型の早期

機と無人偵察機を導入し、警戒監視体制を 強化することに

している。

 

最新の《中期防衛力整備計画》の全内容が、そのあと13日に

表された。 その中2014年度から5内に衛隊に、

新型の輸送機 MV-22( オスプレイ )を 17機 することが

明確化されている   島嶼防衛強化のため、無人偵察機3

水陸両用車52両購入することも計画している。  また、この計

、機動戦闘車99両、最新型ステルス戦闘機28機、

給油・輸送機3も導入が決まっている。

 

その他、安倍政権は、来年から実施する《中期防衛力整備計画》

の予算総額を235000億円から249000億円へと増やす計画

だ。

 

現在の《中期防衛力整備計画》は、2011年に制定されたものだ。 

日本政府2001年に 制定した防衛予算は 251600円だっ

た。  、2年連続して減少された。  もし安倍政権の新し

計画が決定されれば、日本は 10数年ぶりに初めて防衛予算

増加することになる

 

新版防衛大綱の矛先は中国に向かっている  “節度ある”表現

を削除

 

33011日、安倍首相が置した有識者による「安全保障

と防衛力に関する懇談会」は 会議を開、国家安全

保障戦略概要と新《防大綱》の概要を了承した。 

安倍首相この会議の 席での2つの文書

後の日本の安全保障政策を決定する歴史的文書と

なるものだ述べた。

 

この国家安全保障戦略の概要によると、尖閣( 釣魚島 問題と

東シナ海防空識別定に鑑み、日本は海洋秩序 の 維持

発展に主導的役割発揮するとしている 新《防衛大綱》の概

は、中国の急速な 海空の 活動に対して、自衛隊は常時、警

戒・監視体制を取り、“日本の周辺海域と空域の安全を確保する”

している。


メディアが注目しているのは、日本政府新し防衛大綱の基本

理念合機動防衛力を構築する”ことだと指摘してい。   共

同通信社によると、この防衛大綱理念は陸海空 各自衛隊の

体運用を目指すもので、民主党政権時代の“動態防衛力”に代

るものである。   1995来、防衛大綱の中で明記されてい

“節度ある防衛力を整備する”との表記が削除された。 日本

抑制的な安全保障政策からの 転換姿勢鮮明となったと伝えて

いる。

 

日本の 防衛大綱は、1976年に 初めて制定され1995年、20

04年と2010年にそれぞれ改 訂された。  1995およびその後

の大綱では、専守防衛を堅持、軍事大国にならず、非核三原則、

文民統制を守るという、この 4つの基本政策を維持し、“節度ある

防衛力を整備すると明確に述べていた。


今回の新しい大綱では、上述の4つの基本政策堅持しているも

のの、しかし “節度ある防衛力を整備する という文言は 削除

それに取って代わり持続性などを 重視した統合機動防

衛力を構築するとし、自衛隊の活動を強化するため、“必要かつ

十分な質と数を確保する”としている。


安倍首相の“安全保障三本の矢” 

中国は批判:人に言えない目的があ

 

去年12月に再度政権に就いて以降、安倍首相日本の防衛

政策の見直しを求め、軍事力強化を約束し、日本の地位 向上

み、日本世界の防衛に“貢献”したいと願っている。  

目には“武力誇示だというイメージがだんだん はっきり

してきた

 

安倍首相“積極的平和主義”を進めている。 しかしその

は、安倍首相あらゆることから、すっかり綻びが見えて

る。     《ニューヨーク・タイムズ》今月11の記事中で、

戦略草案の中から、“日本は20年前には軍 隊を持つことさえ嫌

がっていた平和主義国家から、どんどん 遠ざかっている”と指摘

している。

 

アジア通信の報道によると、安倍首相は 経済分野で “3本の矢”

放った。 《国家安全保障戦略》、新《防衛大綱》《中期防衛力

整備計画》は安倍首相が、障分野放った新しい 3本

矢”である。 しかもこの“安全保障分野の3本の矢”は、いずれも

中国を狙ったものである。


分析によると、安倍政は、尖閣(釣魚島)付近の海域と中国

東シナ海 と沖縄・宮古水道に出入りする海域に、陸海空

全天候“立体防衛システム”を立ち上げ、中国軍隊

日本の他の 離島に対して” “占領 的侵攻” を 起こすこと

“決を固めたという。 

 

日本の防衛文書の “中国脅威論の宣伝に対して、中国外交部

の洪報道官は 先日、中国と他のアジアの 隣国はみな、日本

の軍事安全保障戦略と関連する 政策の動向に 関心を持って見

っている。   日本は中国の正常な海・空の行動に対して、

国に道理のない非難を行っている。   「中国脅威論宣伝す

ことは、人に話せない政治目的があるからだ。  憲法を改正

軍事政策を変更する口実にしているのだ”と語った。

 

報道官は中国は日本に中国側に対する 理不尽な非難

止め、平和に 順応し、潮流に従い、地域国家の 関心と叫び声に

え、平和の発展の道に従い、地域の平和と安定を守るため、

っかりした努力をするよう求めている” と述べた。

 

報道官はまた中国は平和発展の道堅持し、防御的

防政策を実施している。  中国は正常で正当な国防力を実施し

ており、いかなる国の脅威とはなっていない。  また、中国は

家の主権と 領土保全をしっかり守っており、いかなる国あろ

うと中国の主権と領土保全を損なうことは、絶対許しませ”  と

強調した。

 

以前、中国国防部の報道官も、同様問題について回答している。

日本は 近絶えず、 「中国の軍事威論」 宣伝している。

その目的は、日本自身が軍備拡張するための口実にしている

だ。   歴史上、日本はうそをでっち上げて兵力発展させ、つ

には、他の国侵略戦争を起こした前科がある。   その上

お反省していない。  日本側のあらゆること、周辺の隣国

際社会警戒心を呼んでいる”

 

 

 

 

1.日本通过国家安保战略和新防卫大纲

  20131217 10:32 来源:中国新闻网 

 

中新网1217日电 据日本共同社报道,日本政府17日在内阁会

议上通过了作为外交与安全政策 首个综合方针的《国家安全保

战略》和未来十年防卫力建设方针的《防卫计划大纲》。

 

报道称,日本政府预计与 中国在钓鱼岛的 对立将长期化,写入

强化防御力以摒除对日本领土的威胁,创建负责 夺回离岛的

部队等。 此外,政府还提出修改武器出口三原则,鲜明地摆出了

希望摆脱原有政策的姿态。

 

上述两项方针将 安倍政府力争实现的 “积极安保政策” 具体化。

安保战略在基本理念中 还提出 谋求 自卫队赴海外开展行动的

“积极和平主义”。

 

关于地区课题,则以“国际社会的关切事项”这一表述来对中国

事实力增强予以制约。战略谈及中方的海洋活动和划设防空

识别区,称“这是以力量改变现状的尝试”,要求中方自我克制。 

 

两项方针指出朝鲜核与导弹研发“将使地区威胁出现质变般的

严重化”,此外还强调通过 外交努力解决与韩国的竹岛(韩国称

独岛)题。

 

两项方针主张修改基于武器出口三原则的以往的禁运政策,表

示将推进参与 国际共同研发, “制定 适应 新安全环境的 明确

的原则”。  此外,方针还谈及爱国心,称将“培养热爱我国和故

乡的心理”。

 

 

2.日本三大防卫政策即将出炉 “安保三箭”瞄中国 

 20131217 00:20 来源:中国新闻网 

 

中新网 1217日电  综合报道,日本政府 17日将召开内阁会议,

计划通过《中期防卫力量 整备计划》、《国家安全保障战略》和

版《防卫计划大纲》。 这三份文件中不少内容露骨地直接把中

描述为“威胁”。   有媒体称,安倍的“安保三箭”,可谓箭箭瞄准

中国。 近期以来,日本不断把矛头指向中国,持续渲染“中国威

胁论”,并以此为藉口扩充军备,其背后意图昭然若揭。 而安倍

所谓的“积极和平主义”虚伪性暴露无遗。 

 

中期防”全部内容曝光 增加防卫预算强化岛屿防卫

 

当地时间12日上午,日本自民党在总部召开了安全保障相关人

会议,审议 通过了 日本政府递 交的《中期防卫力整备计划》

(中期)(2014-2018)、 新《防卫计划大纲》、外交及防卫政策指

针的《国家安全保障战略》。这三份纲领性的安保计划,将在17

日的内阁会议上做出最终决定。

 

《中期防卫力整备计划》是基于长期的 防卫力装备方针《防卫计

划大纲》而制定的,旨在强化日本海上和空中的控制能力。 日本

11日汇总了自 2014年度起5年间的 《中期防卫力量整备计

划》的概要。 该 计划的特点是反映了日本在钓鱼岛与中国的对

抗,提出引进 新型空中预警机和 无人侦察机,加强警戒监视体

制等。

 

最新的《中期防卫力整备计划》全部内容随后于13日曝光,其中

明确提出 日本自卫队将在 2014年度起的 5年内,引进 17架新

运输机MV-22鱼鹰”。   为强化岛屿防卫,计划还提出购买3

无人侦察机和52辆水陆两用车。    该计划还提出引进99辆可

空运的配有 大炮的 机动战车,并购买 28架 最新型隐形战斗机,

以及 3架可在空中为战斗机加油的运输机。

 

另外,安倍政府计划 将明年起执行的 5年《中期防卫力量整备计

划》预算总额从23.5万亿日元(约合2287亿美元) 增加至 24.9万亿

日元(约合2424亿美元)

 

现有的《中期防卫力量整备计划》是2011年制定的。      日本政府

2001年制定的防卫预算为25.16万亿日元(约合2448亿美元),此后

连续两期呈减少趋势。 如果安倍政权的新计划获得通过,意味着

10余年来首次增加防卫预算。

 

新版防卫大纲矛头指向中国 删除“有节度”表述

 

11日,安倍设立的讨论安保战略机构“有关安全保障与防卫力量

恳谈会”召开会议,审议 通过了国家安全保障战略概要和 新《防

卫计划大纲》概要。 安倍在会上说,这两个文件将成为决定今后

日本安全保障政策的历史性文件。

 

日本该国家安全保障战略概要称,鉴于 钓鱼岛问题和中国划设东

海防空识别区,日本将在维护海洋秩序方面发挥主导作用。     新

《防卫计划大纲》概要则称,“冷静”应对 中国日益活跃的海空活动,

自卫队将建立经常性警戒与监视体制,以“确保日本周边的海域和

空域安全”。

 

媒体指出,值得注意的是,日本政府将新防卫大纲的基本理念确

为“建设综合机动防卫力”。日本共同社报道说,该理念旨在重视海

陆空各自卫队的合作,将取代民主党执政时的“动态防卫力”。1995

年以来,防卫大纲中适用的 “建设有节度的防卫力” 这一表述将被

删除。日本遏制性的安全政策将发生转变。

 

日本的防卫大纲于1976年首次制定,1995年、2004年和2010

别进行了修订。1995年及之后的大纲规定坚持专守防卫、不成

军事大国、无核三原则和 确保文民统制这 4项基本政策,明确

示“建设有节度的防卫力”。

 

报道称,新大纲仍坚持上述 4项基本政策,但“建设有节度的防

力”这一表述将被删除。取而代之的是“有效建设具有高实效性的

综合防卫力”、“确保必要且 充分的质量和数量” 以支持自卫队活

动。

 

安倍“安保三箭”遭中方批驳:有不可告人目的

 

自去年12月再度执政以来,安倍要求重新审定日本防卫政策,承

诺加强军事力量,希望 借助 这些 “历史性文件” 提升 日本地位,

让日本在全球安全方面“施展拳脚”。     这也使得外界眼中一个

黩武”国家的模样越来越清晰。   虽然安倍一直在推销所谓“积

极和主义”,但其虚伪性已在安倍的所作所为中暴露无遗。   《纽

约时报》 本月11日就刊文 指出,从战略草案中可以看出,日本距

20年前那个甚至不愿承认 有军队的 和平主义国家,已渐行渐

远。

 

日本新闻网报道称,安倍已在经济领域射出了“三箭”,《国家安全

保障战略》、新《防卫计划大纲》 和 《中期防卫力量整备计划》则是

安倍在安保领域射出的新“三箭”。 而这“安保三箭”,箭箭射向中

国。

 

分析指,可以看出,安倍政府是“铁了心”,要在钓鱼岛附近海域和

中国舰队出入太平洋的 东海与 宫古海峡建立海陆空全天候的

体防御体系”,以防御中国军队“对钓鱼岛和日本其他离岛”可能发

起的“占领性进攻”。

 

针对日本防卫政策文件渲染“中国威胁”,中国外交部 发言人洪

日前表示,中方和其他亚洲邻国都在密切 关注日本的军事安全

略和有关政策动向。 日方借中方正常海空行动对中方进行无理

责,渲染“中国威胁论”,背后有不可告人的政治目的,是为其修宪

扩军、调整军事政策做借口。

 

洪磊说,中方敦促日方停止对中方的无理指责,顺应和平发展潮

流,顺应地区国家关切和呼声,坚持走和平发展道路,为 维护地

区和平稳定作出实实在在的努力。

 

洪磊强调,中国坚持走和平发展道路,奉行防御性国防政策。中

发展正常和正当的国防力量不对任何国家构成威胁。  同时,中

坚定地捍卫国家主权和领土完整,决不允许任何国家损害中国

权和领土完整。

 

此前,中国国防部发言人也就有关问题回应说,日本近期不断渲

“中国军事威胁”,其目的是为其自身扩充军备制造借口。历史上,

日本曾经有过编造谎言来发展军力,甚至对其他国家发动侵略战争

的前科,而且至今没有深刻反省。  日方的所作所为,值得周边邻国

和国际社会高度警惕。()

|

« 3004 中国は見る(1657) 浜崎あゆみ またも電撃再婚(下) 見るからに「ろくでなし」  | Main | 3006 中国は見る(1659) 中国 安倍首相の「今年の漢字」《夢》を批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事