« 2963 中国は見る(1631) 福原愛の父 癌で死去 | Main | 2965 中国の三面記事を読む(1156)スターバックス 暴利をむさぼると批判される(下) »

2964 中国の三面記事を読む(1155)スターバックス 暴利をむさぼると批判される (上)

6


1.スターバックス 中国で暴利 

 林耘::価格の高さは市場経済にあり

2.スターバックス 中国での“暴利”:

 アジア太平洋区の利潤率はヨーロッパの16倍

 

1.星巴克在华暴利 林耘:贵在物业环境

 2013-10-12 17:02  来源:中国经济网 

2.星巴克中国“暴利”:亚太区利润率为欧洲16

 2013-10-08 11:57  来源:中证网 

 

 

 

1.スターバックス 中国で暴利 

 林耘::価格の高さは市場経済にあり

Photo_24

 

 

スターバックスコーヒーの価格の高さは、プチブル(小資産

階級)のシンボルとされてきたが、最近、メディアから アジ

ア地域での利潤はヨーロッパの16倍以上にも上ると曝露

れた。

 

これについて、中国経済ネット評論家の林耘氏は、“スター

バックスの ブランドは、もともと 少し 高く 設定 されている。 

特にスターバックスは 中国に入った時、 さまざまな要素を

加味し、高級ランクとされ、その店鋪 環境も相対的に高級

となってい

 

林耘氏は更に、“海外ブランドが中国に入った後は、好調に

スタートを切り、その後、安定期に入り、スタート時点の高

潤率から次第に中間レベルに落ち突いていくものです。   ス

ターバックスが 高利潤を 維持しているのは簡単ではないは

ずです。    もし、中国の企業あるいはブランドが、競争すれ

ば、スターバックスの利潤は下がるはずです”と分析する。

 

以下は同記事の内容です:

 

【報道内容】: 引き続き今日の財政経済第三位のニュース

を読んで見ましょう。

 

スターバックスコーヒーの価格の高さは、プチブル(小資産

級)のシンボルとされてきましたが、この高い価格の裏事情を、

あなたはどのくらいご存知でしょう?  《新華ネット》の報道に

よると、現在、スターバックスの 中国での 営業利益は米国を

遥かに超えているばかりか、ヨーロッパ地域などの16倍以上

となっており、高い 営業利益率が スターバックスの中国での

事業拡大を支えています。 現在、スターバックスは、中国で

約1000店の 店鋪を展開し 2015年までに店鋪数を1500

店に増やす方針です。

 

記事によると、ランニングコストで見ると、米国のコストは中国

よりずっと高い。  しかし1杯のスターバックスコーヒーを中国

ではもっと高い価格で売り出している。 これは企業が高い利

潤を上げるためで、わざと高額の価格設定をしている。   その

他、文化的基盤の違いのため、米国では誰もが飲んでいる コ

ーヒーだが、 中国では、コーヒーを飲むのは、ステータスを誇

示するものとなっている。 様々な要因から、スターバックスの

価格は高いままとなっている。

 

 

2.スターバックス 中国での“暴利”:

 アジア太平洋区の利潤率はヨーロッパの16倍

 

 「国慶節」のゴールデンウイーク期間中、朱さんは米国旅行に

行き、米国のスターバックスの価格が、中国国内の 約3分の1

も安いのに気がついた。  朱さんが理解できなかったのは“中

国の消費水準が米国より 断然低いのに、なんで同じコーヒー

が 収入の圧倒的に高い国で、値段がこんなに安いんだろう?”

ということだった。    実は スターバックスの中国の 高価格の

裏には、高額の営業利潤率があったのである。  中国の営業

利潤率は米国を超え、欧州などの 16倍以上 もあるのである。  

この高額な営業利潤率が、スターバックスの 中国での急速な

店舗拡大を支えていたのである。

235









アメリカで、朱さんが飲んだ一杯の 「スターバックス ラテ」 が、

表示価格 2.75米ドルに、  8%の消費税を加えて、約3ドル

(18元=290円)を朱さんは支払った。 上海のスターバック

スの店では、1杯の 「スターバックス ラテ」 は27元 (約430

円)で、米国より三分の一高くなっている。

 

メディアが最近、全世界の 都市の 調査を行ったところによると、

スターバックス北京の 価格は東京、ニューヨーク、香港、ロンド

ンなどの都市より高かった。    そのうち、ロンドンで3.81ドル

(約370円)で 売っている スターバックスコーヒーが 北京では

4.81ドル(約470円)となり、26%も上がっていた。 

 

北京の1人等たりの可処分所得は、ニューヨーク、ロンドンとい

ったこれらの都市より低い。 国際通貨基金(IMF)のオフィシャ

ルサイトの2013年4月に発表された各国のGDP(国内総生産)

の 予測データによると、 2013年、中国 国内の1人当たりのG

DPは 6629ドル (約643000円) で、 米国の  51248ドル

(約4971000円)、イギリスの 38002ドル(約3686000円)

遠く及ばなかった。

 

国内の有名食品の マーケティング専門家が、《第一財経日報》

に答えてくれたところによれば、“スターバックスコーヒーのコスト

は主に2つに分かれている。 一つはランニングコスト、もう一つ

は材料コストで、仕入れが グローバル化 している今日、各地の

コーヒー豆の価格は はっきりしており、スターバックスも 国際的

に仕入れており、各地の原料コストは大差ない。 中国の原料コ

ストも、米国より高いことはありえない。 ランニングコスト面でも、

最大の構成部分を占める 社員の待遇は、米国の方が 中国より

ずっと高いし、その他の 家賃、水道、電気などの コストも米国は

中国より高い。  だから、米国のランニングコストは絶対に中国よ

り高い。 総合的に見れば、米国のスターバックス1杯のコストは

中国より低いことはありえない。  それなのに、中国ではアメリカ

より、もっと高い価格で売り出している。

 

外国メディアの報道によれば、各種のいろんな費用がスターバッ

クス中国のコストの中に占める割合が、比較的高いのだという。

 

スターバックス北京店で使うコーヒー豆とその他の原料、例えば、

コップとマグカップ、中国に輸入する 費用と米国での費用も単純

に比較できない。  問題は、これらの原料をA点からB点に運ぶ

ところにある。  “例えばコーヒー豆をコロンビアから天津港まで

運ぶとすると、コロンビアからロサンゼルス港までの運送費用に

相当する” 中国の商業貿易分野を 研究している 専門家のデビ

ッド・ウルフ氏の説明によると、本当の原因は 原材料を天津港

から北京の店鋪まで輸送する、この中間過程が割高なのです”

 

中国は、この数年、数10億ドルを投じて、港と交通のインフラ

を整備しました。 しかし税務、運送費用、仲介手数料などの合

計金額が、もろもろの 後方支援費用として上乗せされ、最終的

にこれら費用が、高値のコーヒーとして、消費者に転嫁されるの

だ”という。

 

ブランド・マーケティング専門家の周維氏によると、スターバック

スが中国で高い 価格を取っている 裏側の本当の理由は、高い

利潤を得ようとする企業が、わざと 高い ブランドを作っているこ

とにあるという。    米国生活を数年間経験した秦さんが記者に

話してくれたところによると、スターバックスは米国でほとんど唯

一ランク分けせず、人種区別せず、誰でも飲めるコーヒーだとい

う。

 

主な理由は文化的基盤だ。 1970年代、中国経済は外国

の開放政策を実行し、外国製品の輸入を始めた。   これら

製品から消費者はブランド意識を持つようになった。 “通常外

国の製品は、みな 品質がよく、レベルも高く、国内製品よりワ

ンランク上だと見なされていた” 業界の専門家によると、“あ

る人の社会的地位は、その人が持っている物からわかると言

われた”という。 値段の高い製品は人々がなかなか買うこと

ができないもので、財力を見せびらかしたい 顧客が先を争っ

て買い求めた。 別の言い方をすると、あなたが商品を買うと

する。例えば、1杯の値段の高い コーヒーを 商談の時や、あ

るいは友達との中で 飲む場合、“メンツ” を立てることができ

はずです。

 

スターバックス が、中国高い 利潤率を上げていることは、

ターバックスの財務報告でもわかる。  スターバックスの

2013年度第2四半期のリポートによると、この第2四半

スターバックスの中国 / アジア・太平洋地区の営業収

、前年 同期と 比べ  22% 増の 2.136 億ドル(約210

億円)となっており、営業利益は 前年同期と比、 0.1%

増の6830万ドル (66億2510万円)となり、営業利益率

32%と増加した。  アメリカの利潤率は 21.1%で

ヨーロッパ、 中東アフリカ(EMEA)の営業利益率はわず

か1.9% 、明らかに中/ アジア太平洋地域の営業利益

が、欧米地区より 大き上回り甚だしいところでは ヨー

ロッパ地域の16.8倍に達することが分った。 高い利潤率

を維持するため、スターバックスは中国で一度、 コストアッ

プを理由に値上げている。

 

利潤率スターバックスの中国での 順調な事業

えている。スターバックスの中国の公式サイトによると、

スターバックスは 中国で 1001店 を 開設していて、20

14年まで中国米国に次ぎ全世界 第2の 大市場とし、

2015年まで中国内陸部に1500店鋪を増やす方針を立

てている

 

 

 

1.星巴克在华暴利 林耘:贵在物业环境

 2013-10-12 17:02  来源:中国经济网 

星巴克咖啡以价格的高昂一直被标榜为小资生活的象征,但近日

有媒体曝出星巴克在亚洲区的利润是欧洲区的16倍以上。 对此,

中国经济网评论员林耘指出,星巴克的品牌定位本来就稍微高档

一点,尤其是星巴克到中国以后,又被赋予了其他一些内涵,被

包装地更为“高端大气上档次”,其门店的商业环境也相对高端

一些。

 

林耘进一步分析说:“洋品牌进入中国之后,都会经历高速发展

期,然后进入平稳期,由一开始的高利润率逐渐趋于市场中间水

平。星巴克要维持高利润不会太容易,如果一些本土企业或者品

牌可以和它形成竞争,星巴克的利润就会降下来。(中国经济网

记者 曹可迪)

 

以下是本条新闻的播报内容:

 

【播报】继续来看今天财经今榜第三位的新闻。

 

星巴克咖啡以价格的高昂一直被标榜为小资生活的象征,但在这

高昂价格的背后您又知道多少呢?据《新华网》消息,现在星巴

克在中国的营业利润率远超美国,甚至是欧洲等地区的16倍以上,

高营业利润率支撑了星巴克在中国的高速扩张,目前星巴克已经

在中国开设了约1000家门店,2015年的门店数量或将达到1500家。 

 

文章报道说,在运营成本方面,美国的成本远高于中国,但一杯

星巴克咖啡在中国却售出了更高的价格,这是企业为了攫取更高

的利润,故意拉高品牌定位。另外,由于文化底蕴的差异,在美

国,人人都喝得起的咖啡;但在中国,喝咖啡却成了炫耀财力的

表现。种种因素造成了星巴克价格居高不下的局面。 

 

 

 

 

2.星巴克中国“暴利”:亚太区利润率为欧洲16

 2013-10-08 11:57  来源:中证网 

 

十一”假期,朱小姐去 美国旅行,在美国一家星巴克发现,这

里的价格要比国内便宜了约三分之一。 令朱小姐不解的是,国

内的消费水平 远远低于美国,为何 几乎同样的产品在居民收入

水平更高的国家却有着更低的价位? 事实上,星巴克中国高价

背后是高额的 营业利润率,中国的营业利润率 远超美国,甚至

是欧洲等地区的 16倍以上,高营业利润率 支撑了星巴克在中国

的高速扩张。

 

在美国,朱小姐点了一杯小杯的拿铁,标价2.75美元,加上约

%的 消费税后,朱小姐共支付了 约3美元 (折合人民币18元),

而在上海一家 星巴克店内,一杯小杯的拿铁标价 27元,足足比

美国的贵了三分之一。

 

外媒近期一份全球多个城市的调研显示,星巴克在北京的价格高

于东京、纽约、香港、伦敦等城市,其中,一款在伦敦售价3.81

美元的星巴克咖啡到了北京价格变成了 4.81美元,提升了 26%

而北京的人均可支配收入远远低于纽约、伦敦这些城市。根据国

际货币基金组织(IMF)官方网站于 20134月发布的各国生产

总值预测数据,2013年,中国内地人均GDP6629美元,远落

于美国的51248美元,以及英国的38002美元。

 

国内一位知名食品营销专家告诉《第一财经日报》,星巴克咖啡

的成本主要包含两部分,一个是运营成本,一个是物料成本,在

全球化采购的今天,各地咖啡豆的价格都非常透明,在星巴克采

取的国际化采购下,各地原料成本相差无几,中国的原料成本不

会高于美国。在运营成本方面,占重要组成部分的人力成本方面,

美国 远高于中国,而其他房租 水电等成本,美国同样比中国高,

因此,美国的运营成本几乎高于中国。综合来看,美国一杯星巴

克的成本不会低于中国,而中国却售出了更高的价格。 

 

有外媒报道,后勤费在星巴克成本中所占的比例相对较高。星巴

克北京店所用的咖啡豆和其他原料例如杯子和马克杯,进口到中

国的费用不会比进口到美国的贵多少。问题在于需要把这些原料

从点A运输到点B。“例如将咖啡豆从哥伦比亚运送到天津港口,

其运输费用与从哥伦比亚到洛杉矶港相当。”研究中国商贸公共

关系领域的专家 大卫·沃尔夫解析道,“真正的原因是把原材料

从天津的港口运送到北京的门店里,这个中间的过程花费高。”

虽然中国这些年投资了数十亿美元去改善港口和交通的基础设施,

但是税务、运输费用以及中介费等等合共的金额增加了后勤费用

的支出,而最终这些费用将会以高价咖啡产品的形式转嫁到消费

者身上。 

 

品牌营销专家周维表示,星巴克在中国高定价的背后,真实原因

是企业为了攫取更高的利润,故意拉高品牌定位。在美国生活数

年的秦女士告诉记者,星巴克在美国几乎是唯一不分层次、不分

人种,人人都喝得起的咖啡。 

 

一个主要原因是文化底蕴。 上世纪70年代中国经济实行对外开放,

并开始输入外国的商品,而 这类商品的消费者常具备一定的品牌

意识。 “通常国外的商品都被看作是质量更好、层次更高,就是

比国内产品高一个档次,” 有业内人士表示,“一个人的社会地

位可以从他所拥有的事物反映出来。” 价格高的产品不但不会成

为人们购买的障碍,而且正好 吸引了那些希望炫耀财力的顾客争

相前往。从另一个方面来说,你购买一件商品 例如一杯价格不菲

的咖啡能够使您在商务时或在朋友圈里增添不少“面子”。 

 

星巴克在中国的高利润率也反映在了星巴克的财报上。    星巴克

2013财年第二财季报告显示,该季度星巴克中国/亚太地区营收同

比增长22%2.136亿美元,营业利润同比增长0.1%6830万美元,

营业利润率32%。 而美洲区利润率为21.1%,欧洲、中东及非洲

EMEA)营业利润率仅为1.9%,可见,中国/亚太区的营业利润

率远高于欧美地区,甚至是欧洲等区域的16.8倍。 为了维持高利

润率,星巴克在中国还一度以成本上涨为由进行提价。 

 

高利润率支撑了星巴克 在中国的 高速扩张,星巴克中国官网显

示,目前星巴克已经在中国开设了1001家门店,到2014年使中国

成为仅次于美国的 全球第二大市场,并计划到 2015年在中国内

地运营1500家门店。(第一财经日报) 

 

|

« 2963 中国は見る(1631) 福原愛の父 癌で死去 | Main | 2965 中国の三面記事を読む(1156)スターバックス 暴利をむさぼると批判される(下) »

社会生活」カテゴリの記事