« 2945 中国は見る(1621) 安倍首相 靖国参拝見送り? 中国:「参拝したら深刻な結果を招く」と牽制 | Main | 2947 中国は見る(1623) 村上春樹 またも受賞逃す(下)  »

2946 中国は見る(1622) 村上春樹 またも受賞逃す(上) 

 

 

村上昨日再打酱油

2013-10-11 05:13:37 来源: 华西都市报(成都) 

Photo

村上春樹はまたも受賞逸す 

 

毎年、受賞から見放される 村上ファンは冷静

 

華西都市報:カナダの女流作家のアリス・マンローさんの受賞

に、世界の目が集った瞬間、“ノーベル文学賞に最も近い人”

と言われている、日本の作家・村上春樹氏は、またもノーベ

ル賞の“万年候補者”の称号の通りとなった。 

 

来年には、村上さん、賭けランクとサヨナラできるさ”

 

連続5年にわたり、各賭け会社のランク表の上位3名にラン

クされている。 2012年には、トップにランクされていながら、

最後には莫言に負けてしまった。  2013年も9月初めから、

村上春樹は有名なブックメーカー(賭け屋)ラドブロークス と

ユニベット で トップだったが、受賞の数時間前に、首位から

2番目に落ち、最後はやはりダメだった。

 

山羊座の村上氏は、孤独に耐えるマラソンの愛好者だが“万

年候補者” の称号を少なくとも後 1年かぶることが 決まった。

来年には村上さん、賭けランクとサヨナラできるだろう”

 

ファンの期待の声や、出版社の事前の対応、あるいはメディ

アの事前取材などは、すべて昨夜8時のアリス・マンロー氏

受賞により、ため息に変わった。    長年ブックメーカー(賭

屋)のランキング王を続けているが、毎回 “運がついてい

ない”村上春樹さんに対する関心の凄さは、決して受賞者に

劣らない。 新しい本について、出版社も準備を整えている。

 

村上さんは受賞できなかった。 ファンが失望しただけでなく、

出版社もがっかりしている。  村上春樹さんの新しい長編小

《色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年》 の著作権

は中国が許可を受け、10月20日に出版される。 この本の

出版は、新経典文化が 独占 出版し、昨日、この本の“販売

日”を決めると共に、ツイッター上でノーベル賞のクイズを出

し“参加者の中から 6人を選び、村上春樹の 最新の小説を

贈呈します”と呼びかけ、ファンの大いなる反響を呼んだ。

 

もう一つの村上作品の著作権を持つ上海訳文出版社も、記者

のために村上作品の書名一覧、販売数量などを用意し、同

社が間もなく“村上春樹長編作精装秘蔵版大系”を出版すると

発表し、彼の受賞を待つファンたちのいるバーでも人気があっ

た。

 

《知日》雑誌の編集長で、日本に滞在している華僑作家・毛丹

青教授は、ずっと村上春樹氏の各種の動きに関心を持ってい

る。   数日前、毛丹青教授は、“村上ファンは村上さんが受賞

するのをどんなに待っていることか。 東京のあるバーでは毎

年10月上旬のノーベル賞が発表される時、村上絶対の熱烈

なファンが 集まり、村上春樹が 本の中で 書いている 食べ方、

ホット・ケーキのコカ・コーラ がけを食べながら、一方でノーベ

賞の公式サイトの発表のテレビを待っています。 ノーベル

賞の発表時間は、ちょうど日本時間の夜8時で、バーの 営業

期間にぴったりです。  そこで、このバーはすごい盛り上がり

でした”

 

でも、結果を知った後、日本のファンの失望は一目でわかりま

す。 毛丹青教授は、2013年のノーベル賞の受賞者名が発

表された後、 ツイッターに、“NHKがこのニュースを報道す

のを見た時、アナウンサーの表情が少し残念そうだった”と

いていた。

 

華西都市報記者・ 張傑  実習生・李慧が各方面の反応を伝える

 

ノーベル賞は取れなかったが、依然として長者番付に入る

 

村上氏は、なんといっても村上氏だ。 受賞はできなかったが、

しかし中国では、その作品は 強い影響力があり、依然 として

出版社に期待を抱かせている。  日本の現在、有名な作家と

して、村上春樹の作品は、中国にまだ大きな読者群がいる。 

中国作家の2010年長者番付の番外ランキング“外国作家の

長者番付”に登場してから、村上春樹氏は連続3年ランキング

入りし、上位5位内に入っている。

 

昨日午後、中国作家の長者番付の創始者・呉懐尭氏が、華

西都市報記者の取材に対し、“村上氏がノーベル賞を受賞し

うとしまいと、毎年ノーベル賞で騒がれている。 村上氏に

この上ない関心があることだ。   このような関心は、必ずや

村上氏の作品にプラスに転化する。 他の作家の販売数量

が、増えるかもしれないが、はっきり言えることは、2013年

の第8回中国作家長者番付の番外ランキング“外国作家の

者番付”には、必ずまた村上の名前が載ることは間違い

ない。  しかも、上位5位内に入る実力がある”

 

華西都市報記者 張傑、実習生:李慧 

翻訳者・林少華に電話で取材

 

いずれ受賞

 

村上氏がまたもノーベル賞を逃した。 村上作品の簡体字版

中国語訳で有名な訳者・林少華の家の電話のベルもピタッと

止まった。  昨日正午12時頃、華西都市報の記者が何度も

かけた、やっと林少華氏の電話が繋がった。 林氏は記者

に笑いながら、“朝から今まで、どのくらい電話が掛かって

たかわからない”と話した。

 

昨夜8時に受賞者名が発表された後、記者また林少華家

電話をかけると、すぐつながった。 林少華氏、冗談めかし

ながら、“村上さんが受賞を逃した途端、今、電話は 静か

なりました。   このように毎年電話取材を受け、毎年繰り

し残念な答えをしています。  来年もまた 今頃掛かってくる

のでしょう。 本当のこと言って、私は今年は受賞できるんじ

ゃないかと期待していました。   そうだったら、電話取材もな

くなり楽になったでしょうに、ハッハッ” と答えた。

 

中国国内からの記者の電話取材“攻撃”以外に、林少華氏

よると、“時事通信を 含む 日本のメディア数社からも、毎

年、電話取材の事前予約があるという。 村上氏が、もし受

賞したら、すぐ電話の取材が入ってくる。  今年も例外では

なかったという”

 

村上氏がどうしてまた受賞できなかったかについて、林少華

氏の分析はとても理性的だった。 “ノーベル賞を取るには多

くの要素があります。  村上さんは受賞できる実力はあるの

ですが、しかし、ほかの候補者にも、同様な受賞の理由があ

ります”  林少華氏は華西都市報の記者に一つの考えを

た。    “翻訳と関係があるかもしれない。 ノーベル賞の審

査委員達は直接日本語の原文を読むことはできない。   私

理解では、西洋人は 外国語の作品を読む場合、まったく

原文どおりではないと思います。 恐らく感覚・感受性で読ん

るんだと思います。   ある人が、この問題について村上さ

に聞いたことがあります。   村上さんは、当然の如く、“ど

う翻訳しようと、読者が面白いと感じてくれさえすれば、そ

でいい”  と答えたという。

 

村上さんは、また“受賞を逃した” しかし、林少華氏は依

として 村上さんを 支持し、“ 彼は ノーベル賞を 受賞する。 

いずれ受賞するのは間違いない”  と述べた。

 

 

麦家(小説家):西洋では人気がなく、ノーベル賞はダメだ

 

一年に一度のノーベル文学賞が発表された。   一般読者の

心を集めた以外、作家・同業者達もきっといろいろ言うこと

があるだろう。 昨夜、南アフリカで文学の交流活動を行っ

いる麦家氏が、今回のノーベル賞結果に対する 見方につい

て、記者にメールを送ってきた。 

 

村上さんはまた受賞できなかった。  受賞できると思った

で意外だった!   ノーベル文学賞の評価基準の中に、作品

に「重厚性」を求めている。 この方面で村上春樹は恐らく

ンローさんに劣ったのだろう。 マンローさんの小説は極めて

シンプルで、題材は生・老・病・死といった人生の厳粛な話題

を取り上げ、含蓄豊かに書いている。 ここ数年、マンローさ

んの作品は、西側で人気があった。   西側で人気がないと

ノーベル賞は取れませんと書いてあった。

 

 

 

村上昨日再打酱油

2013-10-11 05:13:37 来源: 华西都市报(成都) 

 

年年打酱油,村上早就淡定了。 

 

华西都市报:随着加拿大女作家爱丽丝·芒罗 赢得全世界聚焦

刻,“离诺贝尔 文学奖 最近的人”、日本著名 作家 村上春

树,也再次无愧他诺奖“最悲壮入围者”的称号。  “或许我们

以说声,村上,明年,赔率榜再见”。

 

曾连续5年位列各大博彩公司赔率表 前三名,2012年高居榜

到最后一刻,依然败给莫言。     2013年则是从9月初开始,

村上春树      司  Ladbrokes  Unibet

 赔率榜榜首。直至颁奖前 几小时,才从首位跌至第二,最后

仍然没戏。这个摩羯座男人,隐忍、孤独的 马拉松长跑爱好

者,注定还要顶着“最悲壮入围者”的帽子至少一年。或许我

们可以说声“村上,明年,赔率榜再见”。

 

不管是粉丝的期待呼声,还是出版社的 提前应对,抑或是媒

的预先采访,都随着昨晚七点的爱丽丝·芒罗的胜出,再次

变为一声叹息。多年赔率榜之王,次次“大热倒灶”。 村上春

树所引发的关注风暴,并不亚于获奖的人选。 新书精装出版

社都准备好了

 

村上没得奖,除了粉丝失望,出版社也 别有一番滋味 在心头。

村上春树的 新长篇小说《没有色彩的多崎造和他的巡礼之年》

版权已经引进国内,即将于本月20日出版。  该书独家引进出

版方新经典文化,还选定昨日为该书“预售始发日”,并在微

上设置诺奖竞猜,“我们将选出6位参与者,赠送村上春树最新

小说。”引发粉丝热泪反响。

 

而另一家村上作品版权持有者上海译文出版社,也提前为记

准备好了村上作品的清单、销量,对外发布他们“即将隆重

出‘村上春树长篇作品精装珍藏版书系’。”  等他获奖粉丝

吧也走红

 

《知日》杂志主笔,旅日华侨作家、教授毛丹青,一直关注村

春树各种动态。   几日前,他撰文介绍,村上的粉丝有多么期

待村上得奖, “东京有个酒吧,每年到了 10月 上旬 诺奖发表

时,就会涌现出一批 铁杆儿粉丝,大家 一边吃着村上春树发

的吃法,即可口可乐浇热蛋糕,一边 等待诺奖 官网的视频

直播。  因为诺奖发表的时间正好是日本时间的晚上,跟酒吧

的营业时间段合拍。于是,这个酒吧也因此而火了起来。”

 

不过,得知结果后,日本读者的失望也是显而易见。毛丹青在

2013年诺奖名单公布之后,在微博上透露,“看日本NHK

时,觉得播音员的表情有点儿僵硬了。”

 

华西都市报记者 张杰 实习生李慧各方反应

 

得不到诺奖,依然会上富豪榜

 

村上毕竟还是村上,虽然冲奖失败,但其作品在中国强大的影

响力,依然不会让出版社失望。   作为日本当下最有名的作家,

村上春树的作品,在中国有庞大的读者群。中国作家富豪榜自

2010年推出子榜单 “外国作家富豪榜” 以来,村上春树连续三

年均上榜,并位列前五。

 

昨日下午,中国作家富豪榜创始人吴怀尧在接受华西都市报记

者采访时认为,不管村上得不得奖,每年 成为诺奖 热门,就已

经是对村上莫大的关注,而这种关注,一定会 转化为对村上作

品的积极正面的推动作用。  吴怀尧还预测,“虽然考虑到其他

作家的销量,变数还很大,但是可以确定的是,在 2013年第八

届中国作家富豪榜子榜单 “外国作家富豪榜” 榜单上,一定还

会有村上的名字,并且有实力位列前五名。”

 

华西都市报记者 张杰 实习生李慧记者连线译者林少华:

 

迟早得奖

 

村上再次无缘诺奖,让作为村上作品简体中文版最有名的译者

林少华家的电话铃声 也终于暂时消停了。 昨日中午 12点左右,

华西都市报记者多次拨打,才 拨通林少华家中的电话,他笑着

向记者透露, “从早上到现在,已经不知道有 多少个电话打过

来。”

 

昨晚 7点名单公布后,记者再次拨打林少华家中的电话,很快

就接通了。  林少华幽默地告诉记者,“村上没得奖,这会儿电

话算是暂时消停了。不过,这种年年接受采访预约,年年重复

回答问题的差事,估计明年还得重来。说实话,我真期待他今

年能得,因为这样的话,我就可以一劳永逸了。哈哈。”

 

除了接受国内记者的电话“轰炸”,据林少华透露,“包括时

通讯社在内的日本多家媒体,每年都 跟我提前预约,村上一

旦被宣布得奖,马上电话打过来采访。今年也不例外。”

 

提到村上为何又败北,林少华的 分析很理性,“获得诺奖有多

种因素。虽然村上有实力获奖,但别的候选者,同样也有获奖

的理由。”   林少华还对华西都市报记者提到一个思路,“会不

会跟翻译有关系呢。我们知道,诺奖评委们一般很少直接阅读

日文原著。 据我了解,西方人翻译外文作品,并不完全按照原

文。大概走的是感觉路线。 有人曾经问过村上这个问题,村上

的回答当然很随性,他说, 不管怎么翻译,只要读者觉得好玩

就行了。”

 

虽然村上再次 “落榜”, 但林少华 依然力挺村上,“他得诺奖,

是迟早的事情。”

 

华西都市报记者张杰 实习生李慧有此一说

 

 

麦家:西方不热,诺奖没门

 

一年一度的诺贝尔文学奖的 公布,除了受到 普通读者的关注,

作家同行们无疑也有话要说。昨晚,远在南非进行文学交流活

动的麦家,也给记者发来他对此番 诺奖结果的看法, “村上又

落败!意外又在意想中。”   他还分析道,“诺贝尔文学奖的评

奖标准中,有一点是要求作品有‘无限的阐释性’。   这方面村

上春树可能要略逊于芒罗。芒罗小说所讲之事简单,但涉及的

往往是生老病死的严肃话题,意蕴更加丰富些。近几年芒罗的

作品在西方非常热门。西方不热,诺奖没门。”

 

|

« 2945 中国は見る(1621) 安倍首相 靖国参拝見送り? 中国:「参拝したら深刻な結果を招く」と牽制 | Main | 2947 中国は見る(1623) 村上春樹 またも受賞逃す(下)  »

文学」カテゴリの記事