« 2942 中国は見る(1618) 2013年 ノーベル賞 村上春樹 受賞できるか? | Main | 2944 中国は見る(1620) 崔天凱中国駐米大使 日本の歴史認識を批判 »

2943 中国は見る(1619) 安倍首相 APECで 中国主席と握手 しばしば挑戦的発言

 

安倍在APEC会议上与中国主席握手 屡屡挑衅

2013-10-08 09:59:24 来源:环球军事网

 

中国 「日本、米国、オーストラリアは海洋紛争に介入する」と

告”、英国メディア10こういう  タイトルで報道、米日

の外相が10バリ島で APEC閣僚級会議の間隙を縫って

(オーストラリア) 3ヶ国戦略対話 を 開き、 東シナ海、

南シナ海の問題を含む内容の共同声明発表したことについて

外交部の華春瑩報道官が、 7日、中国関連問題について

立場は一貫しており、明確です。   日米豪(オーストラリア)

同盟国関係でありますが、しかしこの領土の主権問題に介入す

口実にすべきではない。   そうでなければ問題をより複雑化し、

べての関係国の利益を損なうだけだ  中国は関連する

対し、事実を尊重し、是非を明らかにし、言行を慎しみ、問題に 役

立たないことは止め、地域の 安定を 損なう言行も止めるよう求め

る” と発言した。


日本は今回のAPECの会議中、何度も中国挑発している。 10

日、岸田文雄外相はAPECの外非公式朝食会で海上の安

全問題話題を取り上げ、中国海上活動について関心を示した。

 

中国外交部の秦剛報道官、これについて、“中国外交部の

東副部長(次官)が、その場で、APECは経済貿易協力の

ありずっと政治の安全問題、敏感な問題を取り入れな

い伝統を守っている。 一部の国が、自国の政治目的のため、大げ

さに宣伝するようなやりは、多くの国の支得られないばかり

か、思いどおりにはいかない” と述べた

 

Photo安倍晋三首相と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は

APEC首脳議で隣あわせた。 しかし、2人は

も言葉を交わさなかった。

 

10月7日、第21回APEC首脳会議インドネシアバリ島で開か

れた。 中国の習近平国家主席重要演説を行った

 

秦剛報道官によると、“長い間、当地の航行自由で安全問題

存在しません。 中国政府は一貫して各国の海上安全保障し、

積極的に地の海上の安全に協力してます。  これは誰の目に

かることです。  海上の安全問題をはでに宣伝することは、航行の

自由安全を守りまじめに努力することによくありません

 

今回のAPEC会議の前に、安倍首相は、今回の旅行中機会を見

つけて中国、韓国の指導者と会談したいと何度も発言していた。 

だがどうやら安倍首相もくろみは外れそうだ。

 

日本メディアによると、“中国国務院の李克強総理が日ブルネイ

アセアン首脳会議に 出席した安倍首相と首脳会談を開くかどう

か”について、中国外交部の 劉振民副部長は、 7日の記者会見で、

実施はえていない”と述べた

 

報道によれば、今回のアセアン首脳会議で、安倍首相李克強首

初めて会うことになる。 劉振民副部長は同時に中国とフィリピ

首脳会談の可能性も否定した。

 

中韓と関係改善の望みを断たれたが、しかし安倍首相APEC

で依然として活発に動いていた。 日本テレビ報道によると、

首相日バリ島で、ベトナムの チュオン・タン・サン国家主席と

談し、“共中国に対応する”問題で合意すると共に中国に“平

的に対話する方針”に基づき 、国際法によってベトナム中国と

南シナ海領海所有権問題”を解決することに理解を示した。 

 

安倍首相“中国が武力を通じて尖閣(釣魚島と南シナ海の現状

を変えようとするのを大変懸念しています。 しかし日本は冷静かつ

毅然とし態度で対応します。 南シナ海問題も同じです。 東南アジ

共同で対応することが、よりも重要です

 

日本メディアによると、日本・ベトナム首脳会談は海洋問題中国

を牽制するためだという

 

日本:中国人は気軽日本に対して戦争という2文字使うな。

 

日本メディアは戦争」という2文字を気軽に使うな”と題する記

事を書いた。 作者村山 全文要約次の通り:

 

中国の一部メディア最近日本と中国は、いつでも戦争が勃発

る可能性が高い伝えている。  この報道が日本に伝えられると

度は日本人の反中意識を激化させている。  はお互いが相手の

立場を理解すれば、友好関係を回復できるとは思わない。 だが誤

解が深まれば、軍事衝突の事態に発展し、決して双方の利益に合

ない。   日中両国の人々がお互いに好きである必要はありませ

が、しかし誤解を 避けるため、相手に対して最低限度の理解

を持つ必要があります。

 

日本は空の後のよう

 

は日本人は、近現代史を学ぶ必要があると言ったことがある。 

囲の大学生石原莞爾というを知っているかどうか訊ねた

ところ結果はすべて知らないという答えだった。   石原莞爾は、

戦前本が中国東北の侵略を始めた、陸軍の戦略思想家

ある。  日本の軍国主義を理解するには、まず石原莞爾を理解し

なければならな。 日本人中国人の心理を理解するには、

戦前中国で何をしたかを知る必要がある。

 

実際のこと言って、石原莞爾を知っている中国人も数は少ない。

が、中国の知識人に石原莞爾を知っているかどうかを聞いたことが

るが、結果は、“あまり知らないというものだった。  石原は

救国の英雄・張学良の直接敵で、中国の東北を侵略した主謀者

ある。      もし石原というこの人物の思想と 行を理解しなくて

うして日本軍国主義を批判できようか? もし中双方が、近現

代史教育を軽視し、相手の 実際の情況を理解しなければ、誤解

どんどんするばかりだ。

 

中国の中央メディアにいる主要幹部に同伴し日本視察し

ことがある。 この幹部が、“第次世界大戦中、日本は戦場に

らなかた。 だから、工業施設が残ったんでしょう” と話した。 

言葉に私は驚いた。  この幹部は、戦後の日本経済の発展がと

ても順調だと言いたかったのしょう。  でもこれをおみの方

このような見方は全く事実でないことを、ご存知でしょう。

 

日本は島国です。 海軍が負けた後、戦争も終わりになった。 

平洋戦争中、日本海軍は何回も航空母艦で、米国海軍と海空中

戦を行っていた。 しかし次第に形勢が不利となり、1944年末

は、日本制海権と制空権を失った。 その後、情況はどうなった

か? 米国飛行編隊が東京、大阪、名古屋神戸などの日本の

大都市(200余りの都市)に対して空爆を行い、日本の工業施設は

みな破壊された。 東京の空で、市街区の3分の1は焼き払われ、

10数万の一般市民死亡し

 

米国の軍艦は、その後自由日本近海に近付き、艦砲射撃で、

釜石、室蘭日立などの鋼鉄工場軍需工場あった都市を破

壊した。 米国は更に、広島と長崎に原子爆弾を投下し、その

、20万人が命を失いまし。 戦後、この作戦任務の責任者・

米軍のカーティスエマーソン・ルメイ司令官は、日本襲撃で多く

の日本の一般市民が死亡したことについて、“もし戦争に敗れて

いたら私戦争犯罪人として裁かれていただろう” と語った。

 

1945年8日本が無条件降伏を宣言した時、日本大部分の

はすべて廃墟り、工業生産はできなかった。 戦争孤児

どこにもいた。 彼らは食物がなく、都市のあちこち流浪し

た。 国会議事堂の前の土地も耕地になった。 日本家庭は貧

さに落ち込んだ。 みや売春横行し、社会は混乱状態にな

った。 日本人ついに戦争の悲惨さを分かった。 日本は中国

侵略誤りに気づき、深い反省を行った。 そのため、戦後の日

本は、米国の報復の気持に点火しなかった。

 

の父は日本が敗戦した時、ちょうど14中学生だった。 

の理想は学業を終えたら、電気技術者になりたかった。 しかし

一家は腹一杯食べることができず、下には5人の弟、妹がおり、

退学せざるを得なかった。 15歳の父は農民になり、その後

族を養ため農村で農業に従事するようになった。 もしも戦争が

なかったら、父は電気技術者の理想を実現していたに違いない。

 

父の世代の日本人は、みな戦争の痛みを背負って生きてきた。 

敗戦後混乱貧しい環境の、懸命に頑張り、ついに日本を

経済大国にした。 1945年に日本が降伏してから70近く経ち、

日本の若い人戦争の悲惨さを語ることも難しい。 しかし、今な

お日本人の中には、戦争に対する記憶生々しい人もいます。

 

日本と中国は隣国です。 これは以前、私も言ったことがありますが、

境を接する隣国で、関係のいい民族国家は、全世界を見渡し

ても見つかりません。 領土紛争には、中国人は中国人の道理と

自尊心があり、日本人にも日本人の道理と自尊心があり、双方

できないものです。 日中友好や互恵関係など美しい願望は

るべきです。 私、日中は、かつての米ソのようにんなに

立しても、戦争を起こさず、冷静に、成熟した関係を維持できたらと

思います。

 

メディアは、戦争を扇動する言行については、慎重にすべきで

す。 戦争はゲームではありません。 死人がです。 日本でも

国ても、過去の戦争は無数が辛酸舐めました。 もしも日本

人と中国人が、真剣に近現代史を読めば、“戦争”という2文字を

軽に使うことができないことわかるでしょう

 

 

 

 

安倍在APEC会议上与中国主席握手 屡屡挑衅

2013-10-08 09:59:24 来源:环球军事网

 

中国警告美国、日本、澳大利亚不要介入海洋纷争”,英媒107

日以此为题报道称,针对美日澳三国外长104日在巴厘岛APEC

部长级会议间隙举行第五次美日澳三边战略对话部长级会议、并

发表含涉东海、南海问题内容的 联合声明,中国外交部发言人 华

春莹7日表示,中方在有关问题上的原则立场是一贯的、明确的。  

美、日、澳彼此是盟友关系,但这不应成为介入 领土主权争议的借

口,否则只会使问题更加复杂化,损害各方利益。 我们敦促有关国

家尊重事实,明辨是非,谨言慎行,停止任何不利于问题妥善处理、

有损地区稳定的言行。

 

日本在此次APEC会议期间屡屡向中国挑衅。105日,日本外相岸

田文雄在 APEC主权国家外长非正式早餐会上 提及海上安全问题,

对中国的海上活动表示关切。 中国外交部发言人秦刚6日就此回应

说,中国外交部副部长 李保东已当场表示,亚太经合组织是经贸合

作论坛,多年来始终坚持不引入政治安全和敏感争议问题的传统。

个别国家的炒作意在达到自身政治目的,这种做法不得人心,也不

可能得逞。

 

日本首相安倍晋三和韩国总统朴槿惠在APEC峰会上被排在邻座,

但两人却没有说上一句话。

 

107日,亚太经合组织第二十一次领导人非正式会议在印度尼西

亚巴厘岛举行。中国国家主席习近平出席并发表重要讲话。

 

秦刚说,长期以来,本地区的航行自由和安全都不存在问题。中国

府一贯坚持各国海上安全应该得到保障,积极 参与地区海上安

全合作,这是有目共睹的。炒作所谓海上安全问题,不利于维护航

行自由和安全的真正努力。

 

在此次APEC会议前,日本首相安倍多次表示将在此行中寻找机会

与中国、韩国领导人进行会谈,不过看来他的算盘要落空了。

 

日媒称,对于“中国国务院总理李克强 9日前往文莱出席东盟首脑

席会议期间是否会与安倍举行首脑会谈”,中国外交部副部长刘

振民7日在记者会上表示,会谈的可能性“没有考虑”。

 

报道称,此次的东盟首脑联席会议将是 安倍首相与李克强总理第

次正式会面。 刘振民同时排除了中国与菲律宾举行首脑会谈的

可能性。

 

虽然与中韩改善关系无望,但安倍在APEC上依然活跃。日本电视

台报道称,安倍7日在巴厘岛与越南国家主席张晋创举行会谈,双

方在“共同应对中国”问题上达成协议,决定要求中国 “本着 和平

话的方针,遵照国际法解决越南与中国在南海的领海所有权问

题”。

 

安倍称他“非常担心中国通过武力改变钓鱼岛和南海的现状,但日

将采取冷静且毅然的态度予以应对。南海问题也一样,东南亚诸

国联合保持共同面对比什么都重要。”

 

日媒称,日越首脑会谈就是为了在海洋问题上牵制中国。

 

日本:中国人不要随便对日本说战争二字

 

日媒发表题为“‘战争’二字不是可以随便说的”的评论文章,作者:

山宏。全文摘编如下:

 

中国的一部分媒体最近总是称日本和中国很可能随时爆发战争。而

这些报道传到日本后,又加剧了日本人的反华情绪。我倒不认为只

相互理解 对方的立场就能恢复 友好关系,但误解 不断加深、发

展为军事冲突的事态决不符合双方的利益。 虽然 中日两国人民无

需彼此喜欢,但为了避免误解,总需要对对方有个最低限度的理解

吧。

 

日本被空袭后的样子

 

笔者曾经提出日本人有必要进一步学习近现代史。询问周围的日本

大学生是否知道石原莞尔这个人,结果所有人都回答说不知道。石

原莞尔是战前日本 打响侵略 中国东北地区第一枪的陆军战略思想

家,要了解日本的军国主义,必须首先了解石原莞尔。 而日本人要

理解中国人的心理,也必须了解日本战前在中国都做了什么。

 

实际上,知道石原莞尔的中国人也为数不多。笔者有时问中国的知

分子是否知道石原莞尔,结果得到的回答都是“不太了解”。石原

抗日救国英雄的 张学良的 直接敌人,是侵略 中国东北的 主谋,

如果不了解 石原这个人物的思想和行为,还能批评什么日本军国

主义呢? 如果中日双方都忽视近现代史教育,不了解对方的实际

情况,那么误解只会不断扩大。

 

笔者曾经陪同在中国中央媒体的一位 主要高管在日本进行考察。

位高管 曾说,“在第二次世界大战中,日本没有 成为战场,因

而工业设施得以保留”。 对此笔者深感吃惊。这位高管可能想说

战后日本经济的发展非常顺利,但读者想必都知道,这种看法完

全不符合事实。

 

日本是一个岛国,在海军失败后,战争也就失败了。在太平洋战争

中,日本海军曾多次利用航空母舰与 美国海军 展开海空战,但逐

渐落于下风,到 1944年底日本丧失了制海权和制空权。 随后情况

如何呢? 美国飞机队对东京、大阪、名古屋和神户等 日本大城市

200多个城市) 进行了空袭,日本工业 设施均遭到破坏。 在东京

空袭中,市区的3分之1被焚毁,10多万普通市民死亡。

 

美国军舰其后自由靠近日本近海,同时利用舰炮进行射击,全面破

了釜石、室兰和日立等钢铁厂和军需工厂所在的城市。美国还向

广岛和长崎投下了原子弹,结果导致20万人失去了性命。 战后,负

责这次作战任务的美军司令 柯蒂斯·爱默生·李梅 甚至表示,“假如

我们败给了日本,我将会作为战犯遭到审判”。 因为这次袭击导致

了众多日本普通市民死亡。

 

19458月日本宣布无条件投降时,日本的大部分地区都成为了废

墟,难以进行工业生产。战争孤儿随处可见,他们没有食物,在城市

四处流浪。日本国会议事堂前面的土地也成了耕田。 全日本的家

都陷入了贫困的深渊,偷盗和卖淫横行,社会一片混乱。  日本人

终于知道了战争的悲惨。   日本知道了侵略中国的错误,进行了深

刻反省。  因此,战后的日本从未点燃针对美国的复仇情绪。

 

笔者的父亲在日本投降那年刚刚14岁,还是一名中学生。父亲的理

想是完成学业,成为一名电气工程师。 但是一家人食不果腹,下面

5个弟妹的父亲不得不中途辍学。 15岁父亲便成了一名农民,之

后为了养活家人一直在农村务农。如果没有爆发战争,父亲很可能

现成为电气工程师的理想。

 

和父亲一辈的日本人都 背负着战争的沉痛活着,在战败后混乱和

困的环境下努力奋斗,终于把日本变成了经济大国。  在1945

日本投降近70年后,已经很难再和日本年轻人讲述战争的悲惨了。

但是, 至今仍有许多日本人对战争记忆犹新。

 

日本与中国是邻国,之前笔者也说过,领土接壤的邻国中,关系好

民族和国家纵观全世界也很难找到。  在领土争端中,中国人有

中国人的道理和自尊心,日本人有 日本人的道理和自尊心,双方

很难让步。   丢弃中日友好、互惠关系等美好愿望,笔者更希望中

日能像曾经的美苏一样,不管怎么 对立都不会大动干戈,能够保

持清醒的、成熟的关系。

 

媒体人应该对煽动战争的言行谨慎,战争不是游戏,是会死人的。

本也好中国也罢,过去的战争令无数人饱尝心酸。 如果日本人

和中国人认真阅读近现代史,一定会知道“战争”二字不能随随便

便地说。

 

|

« 2942 中国は見る(1618) 2013年 ノーベル賞 村上春樹 受賞できるか? | Main | 2944 中国は見る(1620) 崔天凱中国駐米大使 日本の歴史認識を批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事