« 2886 中国は見る(1581) 新型護衛艦“いずも” 横浜で進水式(下) 日本がまた大日本帝国を目指すなら 最後の障害はアメリカ | Main | 2888 中国は見る(1583) 終戦記念日(上) 右翼に警告 「独断専行を続けるなら 必ずや誤った道へ進むことになる」 »

2887 中国は見る(1582) 安倍首相「改憲は歴史的使命」 

 

1.安倍晋三首相 「改憲は歴史的使命」 と語

2.安倍首相 お国入りして父の墓参り 「改憲は歴史的使命」 

     と語る

3.安倍首相 「アベノミクス」に自信 「改憲は歴史的使命」 

     と語る

 

1.日本首相安倍晋三称修宪是“历史使命”

    2013-08-13 14:07   来源:国际综合新华网

2.安倍返乡祭奠亡父 首称修宪是自己历史使命

 2013-08-13 14:04 来源:中新网 

3.安倍自信“安倍经济学“ 称修宪是其历史使命

 2013-08-13 13:09来源:中国日报网   

 

 

 

 

1.安倍晋三首相 「改憲は歴史的使命」 と語

 

環球ネット報道 日本特派員記者・郭桂玲】日本新華僑報8月

13日の 報道によると、月、自民党が参議院選挙に 圧勝した後、

憲法改正問題について、安倍首相はずっと明確な態度表明を し

ていなかった。 世論や公明党の反応を探るためと見られるが、

かし、12日、安倍首相は 故郷山口の後援会催の 夕食会に

席した時、“憲法改正 は 私の歴史的使命!” と 話 した。   “歴史

的使命”という強い表現を使って、憲法改正に意欲を示したのは、

2012年12月に安倍首相に就任初めてのことだという。

 

時事通信によると、8月12日、安倍晋三首相は山口県長門市で

開かれた後援会催の夕食会に出席した。 安倍首相は挨拶

中で、“憲法改正に向けて頑張っていく。 これ私の 歴史的使

 と述べ、首相憲実現へのを表明し

 

7月22日、自民党参議院選挙で大勝した後、憲法改正問題

ついて、安倍首相記者会見で、“腰を落ち着け、じっくり 進め

ていきたいと、時間をかけて合意形成を目指す考えを 強調して

いた。 それ以後、憲法問題について、安倍首相はずっと慎重な

発言が目立っていた。

 

8月12日は、安倍首相が 故郷と“身内”の会合とあって、今回の

発言となったようだが、 世論や 公明党の 反応を探るためだとも

見られている

 

 

 

2.安倍首相 お国入りして父の墓参り 「改憲は歴史的使命」 

     と語る

 

アジア通信によると、安倍首相は12の故郷山口県長

門市で、憲法改正は私の歴史的使命、憲法改正に 向けて頑

張っていく” と語った。

 

Photo


安倍首相 お国入り 
墓参り

 

中新ネット13電:アジア通信の報道によると、安倍首相は

12、自身の 故郷山口県長門市で、憲法改正は 私の歴史

的使命、憲法改正に 向けて頑張っていく” と語った。

 

 

安倍首相自分の後援主催夕食会で上述の発言を行っ

た。 安倍首相は挨拶の中で“憲法改正に向けて頑張っていく。

これ私の歴史的使命 と述べた。

 

報道によれば、これ安倍首相が首相に就任して以来、初めて

歴史的使命”というい表現を使って改憲への意欲を示したも

のだという。

 

月の参議院選挙で太勝後、安倍首相は憲法改正問題につい

て、国民の理解を得るため、じっくり進めていきたい” 語って

いた。

 

Photo_2安倍首相お盆の休を利用して故郷に戻り、

墓参りをした。 そして墓前で、参議院選挙で勝

利したことを報告した。

 

その後、安倍首相は長門市の支持者の 挨拶の中で、“私は

父の墓の前衆、参選挙で勝利したことを報告しました。 しか

しまだ志を果たしたわけではない。 これからが正念場だ” と述

べた。

 

分析によると、この時憲法改正への態度表明は、安倍

が父の墓前で、自分のこの決固めたものと見ている。

 

 

3.安倍首相 「アベノミクス」に自信 「改憲は歴史的使命」 

     と語る       

 

人民ネット東京13電 : 《産経新聞》の報道によると、安倍

首相は12日、故郷山口県 長門市市役所などで、支持者達を前

に、“私が進めている 経済政策は間違っていない。   憲法改正

の歴史的使命だ” 述べた。

 

日本の国内総生産(GDP)が連続ヶ月プラスだったことを踏ま

え、安倍首相は、“私が今進めている経済政策間違っていな

い。 この道しかない、と確信した” 今回の 言は安倍首相

、政権経済政策 アベノミクス効果が出ていると自信を

示したものである。 また同時に、安倍首相は、日本の強い経

済を取り戻し、日本経済を成長させたい” と訴えた。

 

更に、安倍首相は支持者達に、“TPP交渉の最終決定に理解

求めた。 安倍首相“秋に太平洋戦略経済連携

協定(TPP)や消費税をどうするかがある。  難しい判断にな

が、未来に向け、適切な正しい判断をする。 首相は時には

しい批判も恐れずに決断しなければならない” と語った。

 

また安倍首相は、デフレ脱却が第一の使命だ。  同時に、

育の再生更には将来に向かって 憲法改正へ向かうのが私

歴史的使命だ” と強調した。

 

 

 

 

1.日本首相安倍晋三称修宪是“历史使命”

 2013-08-13 14:07   来源:国际综合新华网

 

【环球网报道 驻日本特约记者郭桂玲】据日本新华侨报网 813

消息,7,自民党在日本参议院选举上大获全胜之后,就修改宪法

问题,日本首相安倍晋三一直未做明确表态。    然而,为试探民意

公明党的反应,近日,安倍晋三在故乡山口县参加其后援会举办

晚餐会时称: “修宪是我的历史使命!”    这是自 201212月安倍

三再次就任日本首相以来,首次用 “历史的使命” 这种强烈的表

方式,表明修宪意愿。

 

据日本 时事通讯社消息, 812日,日本首相 安倍晋三在 山口县

长门市出席了自己后援会举办的晚餐会。        安倍晋三致辞时陈

述:将努力修改宪法。这是我的历史使命。” 表明在首相任期内实

现修改宪法的决心。

 

722日,自民党在 参议院选举大获 全胜之后,就修宪问题,安倍

晋三在记者见面会上表示: “保持冷静,踏踏实实地推进”,强调需

要一段时间达成修宪协议。 此后,就宪法问题,安倍晋三一直保持

着谨慎发言态度。

 

据推测,812日安倍晋三在故乡与“自己人”聚会时发表此番言

论,是为了试探民意与公明党的反应。

 

 

 

2.安倍返乡祭奠亡父 首称修宪是自己历史使命

 2013-08-13 14:04 来源:中新网  

 

据日本新闻网报道,日本首相安倍晋三 12日在自己的故乡 日本山

口县长门市表示,修改宪法是赋予自己的历史使命,一定会认真努

力实现改宪目标。

 

安倍返乡为自己的亡父扫墓。

 

中新网 813日电 据 日本新闻网报道,日本首相 安倍晋三  12

在自己的故乡日本 山口县长门市表示,修改宪法是赋予自己的历

史使命,一定会认真努力实现改宪目标。

 

安倍是在自己的后援团体主办的晚餐会上作上述表示的。他在演

讲中说:“为了修改宪法,我一定加倍努力。这是我的历史使命。”

 

报道指,这是安倍就任 日本首相以来,第一次用 “历史使命”这样

的强烈语气来表达自己对于修改宪法的决心。

 

7月的参议院大选获胜后,安倍对于修宪问题曾表示,要让国民

理解和讨论,逐步推进修宪工作。

 

安倍利用盂兰盆节的假期回故乡给父亲扫墓,并在墓前汇报了在参

院选举中获胜一事。安倍随后向长门市的支持者致辞时强调:“我在

父亲的墓前汇报了在众、参院选举中获胜一事。 但我的志愿还没有

实现,从现在起才是关键。”

 

分析称,在这个时候发表强硬的修宪立场,也预示着安倍在父亲的

墓前表达了自己的这一个决心。

 

 

 

3.安倍自信“安倍经济学“ 称修宪是其历史使命

 2013-08-13 13:09来源:中国日报网        

 

人民网东京813日电 据日本《产经新闻》报道,日本首相安倍晋

12日在其老家山口县长门市市政府前向其支持者们表示,他对

安倍经济学充满自信,同时也确信,修改宪法是他的历史使命。

 

对于日本国内生产总值 (GDP) 连续三个月出现正增长,安倍表

示,他确信目前其正在实施的 经济政策没有错误,并且只有这条

道路可以选择。此番言论显示出安倍对其“安倍经济学”产生的效

果充满自信。同时,安倍还表示,希望夺回日本的强势经济地位,

促进日本经济的增长。

 

此外,安倍希望 支持者们能够对 TPP谈判的 最终决定 给予 理解。

安倍说:“在秋天将面临着 如何决定 《跨太平洋战略经济伙伴关系

协定》(TPP)和消费税的问题。虽然很难做出决定,但我一定会展望

未来做出适合且正确的判断。 作为首相有时不能害怕受到严厉批

评,必须要做出决断。”

 

安倍还强调,带领日本摆脱 通货紧缩是他的第一使命,而改革教

育、并进一步推进改宪的进程也是他的历史使命。

 

 

|

« 2886 中国は見る(1581) 新型護衛艦“いずも” 横浜で進水式(下) 日本がまた大日本帝国を目指すなら 最後の障害はアメリカ | Main | 2888 中国は見る(1583) 終戦記念日(上) 右翼に警告 「独断専行を続けるなら 必ずや誤った道へ進むことになる」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事