« 2891中国の三面記事を読む(1132) 郭晶晶 20日に出産? | Main | 2893 中国は見る(1587) 安倍首相 戦没者追悼式での式辞は 歴史に逆行 »

2892 中国は見る(1586) 安倍首相の「8・15」の式辞に反省の言葉なし 

 

終戦記念日で安倍首相「反省」の言葉なし 

中国の論評「中国は全面的に反撃せよ」

 

战败日安倍拒绝反省 评论称中国应该全面反制

2013-8-17 09:26  来源:中国新闻网 

 

中新ネット16電: 昨日15日本の終戦記念日だっ

た。  僚3人と百人近国会議員が、国際社会の厳し非難

の声の、あくまでも靖国神社を参拝した。 安倍晋三首相

接的な参拝はしなかったが、当日、式辞の言葉には“反省”と“

戦の誓い” が入っていなかった。  国外の中国メディアは、安倍

首相の終戦記念日の態度は、明らかに国際正義に逆行するもの

であり、中国は歴史や軍事力で日本に全面的に反撃する準備

をすると同時に、日中関係の二国間関係を 離脱し、国際戦略の

目で日本の軍国主義復活に対応すべきだと指摘してい

 

安倍首相の終戦記念日の態度は 国際正義に逆行するもの

 

香港 《経済日報》、《大公報》、《中国通訊社》、《文匯報》など

すべて、安倍首相の式辞の中に、慣例となっていた日本アジ

諸国の 人々に 損害を与えた 責任と反省の 言葉がなく、また

不戦の誓い”もなかった。 これは20年来初めてのことだ。

首相のこの終戦記念日の態度は、明らかに 国際正義に逆行

するもので、日本きわめて右化傾向を加速させて

いるのを理解させるものとなった。 世界各国は警戒を高める必

要がある と書いている。。

 

香港中国社は15、日本問題専門家・中日関係史学会の

高海寛常務理事の話を引用している。    安倍首相が罪せず、

しかも“不戦の誓いわなかったのは、“再戦”の意図を示す

ものだ。 安倍首相の態度は“憲法改正”の 一貫した主張と一致

するものだ。 中国はこれに対して警戒心を強化すべきです。

れに引き続き、軍事強化用意をしなくてはいけません。 現在

日本の政界は一部化問題が出ているといった単純なも

ではありません。  全体的に、とても深刻なナショナリズム問題が

あり、きわめて右化傾向あります。

 

香港《明報》の社説は、安倍首相が、今年の式辞で2点を“言わ

なかった  一つ、日本が第二次世界中、アジア各国

たいして苦痛と損害を与えたことへの反省であり、不戦の誓い”

ある。 安倍首相として、その意味と影響を知らないはずがあ

りません。 ということは、安倍首相は、アジア国家の気持ち

ったく気にしていないいうことを説明するものです。  二つ目

は、“永遠に戦争はしないという不戦の誓い”をせずに、安倍首

、戦後、日本が各国各地支援の手を差し伸べたこと

を強調しました。 この言い方その精神の中に、“大東

”と符合するところがあると指摘してい

 

香港《文匯報》は16の記事で、日本の政治は今なお依然

として 暦史の事実を顧みず、当時の 侵略した 犯罪を 認めず、

歴史の教科書を 歪曲しようとし、絶えず “戦犯を神として祀る”

靖国神社を参拝、絶えず、次の世代の子供達を洗脳しようと

います。 二つの原子爆弾の恐ろしさだけをしっかり覚えさ

せ、第二次世界の 災難の理由が日本の軍国主義だっ

たことを教えません。 日本の政治は軍国主義復活させよ

うとしています、 日本の軍国の悪魔はすで動き出しています。

 

米国の華僑新聞《僑》は15日に《日本正常国家になるため

には“精神腫瘍”を摘出しないといけないという記事を掲載し

た。 記事は、普段、靖国神社ので両手を合わせ合掌してい

る老人達大部分は、戦争で 身内を失った辛い思い出を持っ

ている。 日本の人々の個人の 悲しい思いを載せた 資料館

殺人を犯した悪魔の魂を呼び戻す機能が多く、極端なナショナ

リズムで、正常な歴史認識をねじまけた“精神腫瘍”状態

っている。  ここで、少数の政治の意志国家の意志を

乗っ取り、歴史の悲劇再演が行われようとている。 現段階、

日本上層コチコチの頑固者が、この民族をまた間違った

方向に誘導しようとしているが、越えがたい難関がある。  昔の

ことをうまく処理しなければ、へは進めない。  これらの問題、

日本全体その影響米国にも及ぶ。  深く考えるべき

 

中国は歴史、軍事力で日本に反撃せよ

 

《マカオ日は16社説かって中国とアジアに被害を与

えた侵略者日本当局は長いこと、歴史問題で心からの謝罪を

しようとしない頑な 態度で、これまでずっと中国アジアの人

胸の中のしこりが下りなかった。 今、安倍政権下で、“歴史

修正主義”を先導とする日本の政治の右傾化は、すでに世

懸念を呼ぶまでになった と指摘している。

 

香港《明報》は16、《靖国を参拝する日本に平和な世界は絶

対ないと題する社説を掲載した。 安倍晋三首相は日本の終

戦記念日を軍国主義の魂を呼び戻す日とした。  安倍首相

次政権後、右翼的姿勢を 続け、に 大きくなってい

る と書いている

 

社説は、日本の超党派議員が靖国神社に押し寄せ、安倍晋三

首相の終戦記念日”の式辞は、日本が侵略簡単ない

だけでなく、厳格に言えば、かって皇軍のけだもの蹂躪

されたアジア諸国の人々対する戦だと指摘してい

害を一番多く受け中国と中国にほかの選択はない。

のことを考え、できるだけ準備をして、新しい日本

に対応できるようにしておくことだ。

 

米国《星島日報》は15日、《日本の右翼妄動 歴史を剣とし

てたたき切れ》 という題の社説で、 中国抗日戦争勝利して

から68を経て、中日関係は重大な挑戦に直面している。 

両国間は 国家核心利益 と 原則問題摩擦がある。 

根源は皆歴史と歴史認識だ。 日本の深刻化に直面し

て、中国は新思潮で日本の侵略の歴史を復元、統合、細分化

更に世界の第二次世界戦の主要な害国共同、歴史を

剣に変え、積極的に反撃し、えるべきだ と書いている。

 

更に、第二次世界戦が終わった時、戦勝国の中国、欧米国

家の目からは三流国家としか見られなかった。 第二次世界

争後国際構造の変化に遭遇しそのため、中国の権益は世界

の反ファシズム戦争の貢献にもかかわらず、十分な重視と尊重

が得られなかった。 現在、中国はもう大国の列に加わり、十分に

自分の影響力で、中国の 抗日戦争の史と 世界ファシズム

有機的に結合させ、日本軍の中国に対する非人道的な残虐行為、

中国民衆が血みどろになって戦った抗日戦争の事を、アウシュヴ

ィッツ強制収容所、シンドラーのリスト、ノルマンディー上陸作戦な

ど、欧米の人々がよく知っているのように、国際反戦の力と中国の

力を合わせて、強力に 日本の右冀勢力を 抑えるよう、欧米でより

多く宣伝すれば、人道支持を得られやすい とも書いている。

 

《明報》は、日本は右傾の滑り続けている。 軍国主義最後

本を主導するかどうかは、まだ観察しなければいけないが、し

かし、安倍首相は何度も憲法改正を表明し、日本“正常国家”

することが国家の使命などと言っている。  安倍政権下では、

日本は引き続き中国に面倒なことや挑戦を続けることは間違いな

いと指摘している。

 

ありきたりの観点を脱却: 国際視野から、安倍政の軍国主義

と中日関係をじっくり観察する

 

香港《経済日報》は16《右翼 空前の活動 中日関係を見る

との記事載せた。 記事は、安倍晋三首相が昨年末、再度首相

に就任して以降、政界の 右翼勢力前例のないほど動してい

る。  村山談話の改正から、麻生副総理のナチス論、また昨日

閣僚靖国神社参拝まで、中日関係の最低ラインへの挑戦が続

いていると指摘する。  専門家は、中日関係は引き続き谷底を低

迷すると見ている。

 

イギリス《フィナンシャル・タイムズ》 の 中国語ネットの記事によると、

安倍首相定例の日本が 戦時中、アジア諸国損害と苦痛を与

えたという表現がなく、また、日本永遠にもう戦わないという不戦

誓いの言葉もなかったと指摘している。 日本保守派から、

本の “謝外交” とけなされている政策について、安倍首相は

貫して批判態度を見せていた。 安倍首相は、日本政府は、特

に中国が日に日に強硬に活動する地域の外交の状況下にあって

は、もっと大き国防の責任を持つべきと 主張している と書い

ている

 

シンガポール 《聨合早報》 16日の記事では、安倍首相は 4月頃、

歴史の反省をした村山談話に対して 見直しする意向を示し、

ことで 安倍首相の歴史問題に対する、いい加減な発言が世論

から批判を浴び、これ村山談話改正のためのアドバルーンでは

ないかとわれたと書いている。 報道によると、安倍首相は、6

初めて首相に就任した時、 終戦記念日の式辞では、 “アジア

諸国人々に対して 多大の損害と苦痛を与えた”と述べたが、今

回はまったく触れなかった。 これは、安倍首相の憲法改正軍隊

の再整備、“富国強兵”政策関係あるとている

 

台湾《連合報》は、従来日本の首相はこの 終戦記念日の式辞で

は 、“不戦の誓い”の宣言をしていた。  しかし安倍首相触れ

なかった。 安倍首相の“初めての試み”である。 多分転換中の

日本の国防戦略と関係があるものと見られる。 先月、防衛大綱の

改定出された。 その基本的な精神、毎日新聞の分析によ

れば、日本の国防の政策を、受動的防御”から、転じて自

分の方から攻撃する“矛”となるのだという

 

記事によると、ずは“安倍=タカ派=日本軍国主義復活”といっ

た型通りな日本戦略の見方から抜け出さなければならないと指摘

している。  日本のハト派にしろタカ派にしろ、中国の飛躍的な

を重視しない人ない 《ニューヨーク・タイムズ》は、中国が

決起したが、米国国防部の予算はまた大削減された。 米国

の国家利益に役立つため、その分、日本分担を願っているとい

う。  同盟の構築のもと、日本軍国主義だと言うのは、情勢

判断を誤るだけ

 

ニュージーランド《連合報》は、中国の飛躍どうあろうと、

日本帝国復活の助産婦となったと指摘してい これ

今日の中日関係の現実だという

 

台湾立報》は13社説で、中国の速やかなる飛躍を阻もうと

するのが、米国の今の国際戦略の核心任務だと書いている 

の核心任務の重要な布石として、2009年にらかに推進した

のが“米国アジアへの回帰だった。 米国アジアに戻る主要な

要として、積極的に日本右翼勢力を育て上げ中国に対抗しよう

としたのである

 

香港《文匯報》は16日の社説、日本傾のはどんどん進ん

でいき、世界平和の隠れた危険なっている。 米国の黙認がこう

なってしまった。 その罪は免れないと指摘する。  米国は日本

いう“下っ端”を利用して中国を封じ込めようとした。  しかし

国は忘れてはいけない。 歴史上米国にしてやられたのは日本

だ。 も、日本は依然として核爆弾にやられた苦痛と憎しみを

れていない。 米国は将来の禍根を残した。  災い自身に及ば

ないよう注意することだ

 

 

 

战败日安倍拒绝反省 评论称中国应该全面反制

2013-8-17 09:26  来源:中国新闻网 

 

中新网816日电 昨天是815日日本战败日,日本三名内阁成

员和近百名国会议员在国际社会的一片谴责声中执意参拜了靖

国神社,安倍晋三除了曲线参拜之外,也在当天发表了遗漏“反

省”和“不战誓言”表述的致辞。境外华文媒体指出,安倍战败日

的表现 赤裸裸的背逆 国际正义,中国应以历史、以军力全面做

出反击日本的准备,同时也要 超脱中日关系的 双边面向,以国

际战略的眼光看待日军国主义的复苏。

 

安倍战败日表现赤裸裸背逆国际正义

 

香港《经济日报》、《大公报》、中通社、《文汇报》都注意到,首相

安倍晋三发表演说时,未按惯例提及日本伤害亚洲各国人民的

责任和反省,也没重申“不战誓言”,这是近20年来首次。   安倍

在战败日的表现,是赤裸裸地背逆 国际正义,让人看到日本极

端右倾化加速的趋势,世界各国必须高度警惕。

 

香港中通社15日文章援引日本问题专家、中日关系 史学会常务

理事高海宽表示,安倍 拒不道歉,并且不提 “不战”,就 代表着

有“再战” 的意图。安倍的态度 与 其“修宪”的一贯主张是 一致

的,中国对此应加强警惕。并且有必要继续加强军事准备。 当

前日本政界已经不是单纯出现了部分右倾化的问题,而是整体

存在着非常严重的极端民族主义问题,有极端右倾化的趋势。

 

香港《明报》社论指出,他今年致辞“遗漏”这两点,一是日本在二

战对亚洲各国带来痛苦及反省,而是“永不再战誓言”,以安倍的

身份,不可能不知道个中意义和影响,说明 他根本 不在乎亚洲

国家的感受;另外,在没有“永不再战誓言”情下,他 反而强调战

后日本向各国和各地区伸出援手,这个说法,精神上 与“大东亚

共荣圈”不无契合之处。

 

香港《文汇报》 16日刊文指出,日本政客至今仍罔顾历史事实,拒

不承认 当年的侵略罪行,企图不断篡改历史教科书,不断参拜靖

国神社,“奉鬼为神”,不断 给子孙后代洗脑,只让 日本民众及子

记住两颗原子弹 的惨烈,而不让民众知晓 埋下二战灾难 祸根

的正是日本军国主义。 日本政客就是要复辟军国主义,日本军国

心魔已跳出来了。

 

美国《侨报》15日刊载《日本欲成正常国家,须除“精神肿瘤”》一文,

文章指出,平日里靖国神社内 双手合十的 老者们也 大多痛苦地

回忆着战争中失去的亲人。一个承载日本民众个人哀思情感的民

间馆舍扭曲地多出了为杀人恶魔招魂的功能,成为极端民族主义

扭曲正常历史认知的“精神肿瘤”。 在这里,少数政客的意志再次

绑架了一个国家的意志,历史悲剧再次重演。  现阶段,日本上层

的顽固不化、对这个民族的再次误导是一个难以跨过的坎。 不处

理好旧事,难以向前看。 这些问题,日本朝野以及对其影响巨大

的美国都应该深刻反省。

 

中国应以历史、以军力反制日本

 

《澳门日报》 16日社论 指出,作为当年祸害 中国和 亚洲的侵略者,

日本当局 长期来在 历史问题上不愿真 诚悔罪的顽固态度和做法,

始终是中国和亚洲人民放不下的心头大石。  如今,在安倍主政下,

以“历史修正主义”为先导的日本政治右倾化, 已发展到足以令世

人担忧的程度。

 

香港《明报》 16日刊载   社论 《一个拜鬼的日本 必无和平的世界》,

日本首相安倍晋三 将日本战败日 蜕变成为 军国主义招魂的节日,

为他第二次执政之后持续操作的右倾取态,带来阶段性高潮。

 

文章指出,日本朝野蜂拥到靖国神社 参拜战犯和安倍晋三在 “终

战纪念日”的讲话,反映日本不仅不承认侵略那么简单,严格而言

是向曾经被皇军兽兵蹂躏残害过的亚洲国家和人民发出挑衅。作

为受害最深的中国和 中国人民别无选择,只有做最坏打算,做最

好准备,应对新时期的日本挑衅。

 

美国《星岛日报》15日社论《日本右倾妄动 以史为剑横劈》指出,进

入中国取得抗日战争胜利的 第六十八个年头,中日关系面临重大

挑战。  当前两国间关乎国家核心利益与原则问题的摩擦,根源均

在历史及历史认知。  面对日本的严重右倾化,中国应考虑以新思

重新还原、整合、细化、呈现 日本侵华史,联合全球二战主要受

国,以史为剑,主动出击加以遏制。

 

文章指出,二战结束时,身为战胜国的中国,在欧美国家眼中仍是

三流国家;二战后旋即遭遇国际格局大变化,因此,中国的权益与

中国对全球反法西斯战争的贡献从未得到足够的重视与尊重。当

下中国已跻身 大国行列,应充分借助自己的影响力,使中国抗战

史与世界反法西斯史有机融合,在欧美争取更多宣传机会与人道

支持,让日军对华灭绝人性的残暴作为,与 中国民众浴血抗战的

迹,像 奥斯威辛集中营、辛德勒名单、诺曼底登陆 一样,为 欧

美民众熟知,使国际反战力量与中国形成合力,更有力地 遏制日

本右冀势力。

 

《明报》指出,日本向右倾之路滑下去,军国主义最终会否主导日本,

尚待观察,不过,从安倍 一再表示推动修宪、日本 成为一个 “正常

国家”是他对 国家的 使命等,有理由相信,在安倍 执政的日子,日

本将不吝于持续给中国制造麻烦和挑衅。

 

跳脱刻板观点 以国际视野来重新审视安倍政府军国主义与中日关系

 

香港《经济日报》 16日刊载 《右翼空前活跃 中日关系寻底》  一文,

章指出,安倍晋三 去年底 再次拜相后,日本政坛 右翼势力 空

前活跃,从修改村山谈话、麻生纳粹论、再到 昨天阁员 参拜靖国

神社,都在不断挑战中日关系的底线。  专家认为,中日关系势将

继续寻底。

 

英国《金融时报》中文网刊文指出,他没有循例提及日本在战时给

别国带来的伤害与痛苦,也没有重复日本永不再战的誓言。 对于

被日本保守派贬称为日本 “道歉外交” 的政策,安倍晋三 一贯持

批评态度。 他主张,日本政府应当承担更大的国防责任,尤其是

在中国开展日渐强悍的地区外交的情况下。

 

新加坡《联合早报》 16日文章指出,由于他前些时候曾表示有意

对反省历史的村山谈话进行更新,因此 他对历史问题轻描淡写

起 舆论质疑,怀疑 这是他要修改 村山谈话的一个 试探动作。

有报道还认为,安倍六年前首度上台发表 的和平谈话提到 “对

亚洲各国 进行加害及痛苦”, 这次完全不提,这与 他决心修改

宪法,重整军队,走“富国强兵”政策有关。

 

台湾《联合报》刊文 指出,近年来日本首相都会在此 活动的演

中做出 “不发动战争” 宣言,但安倍未提及。   安倍的“创举”,

也许跟转变中的日本国防战略有关。   就在上个月,日本防卫

大纲修正案期中报告出炉,其基本精神,套句每日新闻的分析,

是将日本的国防政策,由被动防御的“盾”,转化成有主动攻击

的“矛”。

 

文章指出,必须先摆脱“安倍=鹰派=日本军国主义复活”,这

刻板的日本战略观点。 不论日本的 鸽派还是鹰派,没有人

不重视中国崛起的力量。 《纽约时报》说,中国崛起,美国国防

部预算又被大砍,日本愿意多分担一点,有助于美国的国家利

益。 在美日同盟的架构下,还说日本是军国主义,只会误判局

势。

 

新西兰 《联合报》指出,中国的崛起,无论怎样,都会 被日本利

来当成了旧日本帝国复活的助产士。   这就是今日中日关系

的现实。

 

台湾《立报》13日社论称,遏阻中国的快速崛起,是美国当今 国

际战略的核心任务。 执行这个核心任务的重要部署,乃是2009

年开始高调推行的 “美国重返亚洲”;而作为美国重返亚洲的主

要支点,就是积极扶植日本右翼势力来对抗中国。

 

香港《文汇报》16日社论指出,日本在右倾道路上越走越远,成

世界和平的隐患,美国的纵容难辞其咎。 美国利用日本这个

“马前卒” 围堵中国,但美国不要忘记,历史上让美国吃大亏的

正是日本,今天日本仍 念念不忘 遭受核弹轰炸的 痛苦和仇恨。

美国养虎为患,小心祸及自身。

|

« 2891中国の三面記事を読む(1132) 郭晶晶 20日に出産? | Main | 2893 中国は見る(1587) 安倍首相 戦没者追悼式での式辞は 歴史に逆行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事