« 2874中国の三面記事を読む(1130) 毒餃子事件 初公判 | Main | 2876 中国は見る(1572) 麻生太郎副総理“ナチスドイツの憲法改正の手口を学べ”(中) 人民日報 : 麻生太郎副総理「ナチスの憲法改正発言」は人類の良知への挑戦 »

2875 中国は見る(1571) 麻生太郎副総理“ナチスドイツの憲法改正の手口を学べ”(上)


野党 麻生太郎副総理のナチスの憲法改正発言の撤回と辞任を

要求


日在野党要求麻生太郎收回纳粹修宪言论并辞职

2013080102:04 京华时报  




野党 麻生太郎副総理のナチスの憲法改正発言の撤回と辞任を

要求


1
麻生太郎

 

追跡報道


新華社電:野党社民党の又市征治幹事長は 7月31日、談話

を発表、麻生太郎副総理兼財務大臣が、ナチスドイツの 憲法

改正の手法を肯定するかのような発言を撤回すると共に辞任

するよう求めた。


又市幹事長は、“麻生氏は 歴史事実の 認識が まったくない。

ナチス賛美は欧州連合(EU)諸国で『犯罪』であるという事実

に留意すべきだ”と批判した。 社民党は、この重大発言を行

った麻生氏を厳しく非難すると共に、その発言を撤回し、ナチ

ス被害者への謝罪、閣僚および議員の辞職を要求した。


麻生副総理兼財務大臣は29日夜、東京で講演を行い、その

中で、憲法改正問題に言及した際、第二次世界大戦時、ドイ

ツナチス政府の手方を肯定した。   麻生副総理は、“ドイツの

ワイマール憲法はいつの間にか変ったんです。 誰も気が付

かないで変わった。   あの手口を学んだらどうかね?” と発

言した。


外交部の洪磊報道官は、“日本の主要な指導者が、公然とナ

チスを見習い、憲法改正を 推進する必要があると述べたこと

は、日本がどこに進もうとしているかについて、アジアの近

や国際社会の懸念と警戒心を引き起こさざるをえない。


靖国神社問題は日本が過去の侵略の歴史を直視しているか

うか、アジアの被害国の人々の気持を 尊重しているかどう

に関わる問題だ。 中国は日本に真剣に歴史を反省し、歴

問題で約束したことを守り、実際行動で アジアの隣国や国

社会の信頼を得るよう要求する”と述べた。


背景


ヒトラーはどのようにワイマール憲法を変えたか?


新華社電:ワイマール憲法は、ドイツワイマール共和国当時

(1919年ー1933年)の憲法で、それが都市ワイマールで

作られたためその名が付けられた。 これはドイツの歴史上、

最初の民主的な憲法とされた。  1933年、アドルフ・ヒトラ

ーがドイツの首相となると、素早く一連の動きを起こし、実質

的にはワイマール憲法を廃止した。


1933年2月27日、ナチスはドイツ国会議事堂放火事件

起こし、罪を他人になすりつけた。  翌日、ヒトラーはヒンデ

ンブルク大統領に、ワイマール共和国憲法によって 成立

た基本的人権の条文の無効を宣言する法令への署名を求

た。   3月23日、ヒトラーは議会を操り、“民族および国

家の危難を除去するための法律” すなわち “授権法”を制

定、内閣に議会の同意を得ず、法律を通し、必要な時には、

憲法を超える権力を与えることにした。  それによってワイ

マール憲法は有名無実となり、ナチスの独裁と専制に法律

的基盤を与えることになった。


それ以後、ヒトラーは更に措置を進め、議会はあってもなき

が如しで、法制は全面的にナチス化し、ドイツを第2次世界

大戦に引きこんだ。


論評


麻生発言は戦後秩序への挑戦


麻生副総理の今回の“ナチスの憲法改正に学べ”発言は、深

層から言うと、これは日本の右翼勢力が憲法改正を通じて日

本の戦後の今後の行方を変えようとする意図の表れだ。 麻

生氏と安倍政権の目標は“同じ流れ”にあると言える。


第二次世界大戦中の 日本軍隊の 性的奴隷を認めた“河野談

話”を変更しようとすること、“侵略の定義は定まっていない”

で、また閣僚の 靖国神社参拝を容認し、中国や 北朝鮮を “脅

威”と吹聴し、自衛隊の《防衛計画大綱》 の中期報告の見直し

を求めたり、更にフィリピンに巡視船10隻を提供するなど…

安倍内閣の歴史を否定し、軍備を拡張し、戦後の国際秩序

に挑発する行為は明らかで、今まで何度も 国際社会、特に中

などの隣国の高い関心と糾弾を招いている。


風刺的意味合いがあるのは、このような背景の下、日本側は

前後して 飯島勲内閣官房参与や 外務省の斎木昭隆事務

次官を中国に訪問させ、最低限度の 雰囲気もない状況の中、

“日中首脳会談について協議を行った”と発表している。  安

倍首相は何度も、“隣国と仲良くしたい” とのそぶりを 見せる

発言をしている。 しかしこのような態度は、人を欺くものであ

り、国際社会を愚弄する意図がはっきりと見える。


当時のヒトラーが“主導”した“憲法改正”はファッショ独裁専制

に法律的な基礎を提供し、最後は世界を、人類の 歴史上最

悲惨な戦争の淵に陥らせた。


日本右翼の本質を知らない人にとっては、麻生氏のこの“心の

声発言”に“感謝”すべきだ。    第二次世界大戦終了からもう

70年近くなるけれど、 しかし   麻生氏の 今回の発言を通じて、

軍国主義とファシズムの亡霊がまだこの世に残っていることが

わかる。 世間の人々の警戒心を高まらせることになった。




日在野党要求麻生太郎收回纳粹修宪言论并辞职

2013080102:04 京华时报   

 

麻生太郎(资料图)麻生太郎(资料图)

 

追踪报道

 

据新华社电 日本在野党 社民党干事长又市征治 731日发表谈

话,要求副首相兼财务大臣麻生太郎 收回有关 美化纳粹德国修

宪手法的言论并辞职。

 

又市征治说,麻生无疑对历史事实缺乏认识,赞美纳粹在欧盟国

是犯罪行为。社民党强烈谴责发表这一重大言论的麻生,要求

其收回发言、向纳粹受害者谢罪,并辞去内阁大臣和国会议员职

务。

 

麻生29日晚在东京发表演讲,在谈及修宪问题时肯定二战前德国纳

粹政府的做法。 麻生说:“德国魏玛宪法不知不觉就发生变化,在谁

都没注意的时候发生了变化,我们学习这种方式怎么样?”

 

外交部发言人洪磊表示,日本主要领导人 公然声称要效仿纳粹推

修宪进程,这不能不引起亚洲近邻和国际社会对 日本发展走向

的关注和警惕。

 

靖国神社问题事关日本能否正视过去侵略历史,是否尊重亚洲受害

国人民感情。 中方要求日方认真反省历史,恪守在历史问题上做出

的承诺,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

 

背景

 

希特勒如何篡改魏玛宪法

 

据新华社电魏玛宪法是德国魏玛共和国时期 (1919年—1933年)宪

法,因其在魏玛制定而得名。   这是德国历史上第一部规定了民主

制度的宪法。  1933年,阿道夫·希特勒窃据德国总理位置后,迅速

采取一系列动作,实际废除了魏玛宪法。

 

当年227日,纳粹党制造国会纵火案,试图嫁祸于人。  次日,希特

要求德国总统兴登堡签署法令,宣布魏玛宪法中一些关于人民权

条文无效。    323日,希特勒又操纵议会制定了“消除人民与

国家痛苦法”即 “授权法”,授予内阁 无须议会 同意即可 通过法

律、在必要时可以违背宪法等权力,从而使魏玛宪法 名存实亡,

为纳粹独裁专制了法律基础。

 

此后,希特勒又进一步采取措施,致使议会沦为空壳,法制全面纳

化,直至将德国拖入第二次世界大战。

 

评论

 

麻生言论挑战战后秩序

 

麻生此番发表“师法纳粹修宪”论,从深层次来说,它暴露的是 日本

翼势力改变立法程序进而改变日本战后走向的企图。   这与麻生

至安倍内阁的执政目标可谓“一脉相承”。

 

从试图改变承认二战期间 日本军队性奴役的 “河野谈话”到发

表“侵略定义未定论”,从纵容多名阁员参拜靖国神社到鼓吹中

国和朝鲜 “威胁”、寻求取消对自卫队限制的 《防卫计划大纲》

中期报告,再到向菲律宾提10艘巡逻船…… 安倍内阁否认

历史、扩充军备、挑衅 战后国际秩序的行径已昭然若揭,屡屡

引起 国际社会尤其是中韩等邻国的高度关和声讨。

 

具有讽刺意味的是,在这样的背景下,日方却先后派内阁官房

参事岛勋和外务省事务次官斋木昭隆 来华访问,并在 起码

的氛围都不具的情况下 声称  “就中日领导人会晤进行了协

调”,日本首相 安倍晋也屡发言论,摆出一副要与邻国 “修好”

的样子。   如此表演,凸显其自欺欺人、愚弄国际社会的企图。

 

当年希特勒“主导”的“修宪”为法西斯独裁专制提供了法律基础,

最终让世界陷入了人类历史上最惨烈战事的深渊。

 

对于那些尚不认识日本右翼本质的人来说,倒是应该“感谢”麻生

这个大嘴巴”的“内心放送”。 二战虽已结束近70年,但通过麻生

此番言论,不难发现军国主义和法西斯主义阴魂犹在,足以让世

人警醒。


|

« 2874中国の三面記事を読む(1130) 毒餃子事件 初公判 | Main | 2876 中国は見る(1572) 麻生太郎副総理“ナチスドイツの憲法改正の手口を学べ”(中) 人民日報 : 麻生太郎副総理「ナチスの憲法改正発言」は人類の良知への挑戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事