« 2862中国の三面記事を読む(1126) 中国で一番暑い場所はどこ? (上) | Main | 2864 中国は見る(1565) 安倍首相 石垣島・宮古島を視察 中国への示威行為?  »

2863中国の三面記事を読む(1127) 中国で一番暑い場所はどこ? (下)“新四大 暑い都市” 福州、重慶、杭州、海口がランク入り

 

我国“新四大火炉”发布:福州重庆杭州海口上榜
2013
0716 15:02来源:扬子晚报

 

Photo中国気象チャンネル・ウェブサイトが昨日、中国

の新しい四 暑い都市”ランキングを発表。

が最高気温の王者り、栄光の“チャンピオ

ン”の座を獲得し、重慶杭州2位と3位となっ

 州は中国 内都市の最高気温の王

なり、重慶を超え大都市で一番暑い都市になった。

Photo_2福州、重慶、杭州、海口が“新四大暑い都市”に

ランク入り南京は上位 10位にも入らず 14位と

なった。 ネットでは、これ南京熱くないという

わけではない。   暑いことは一番よく 分

ってる!” 南京気象も、“あんな ランクな

あてにならない”と言っていた。 専門家は、

日数最高気温”都市にするなんて不適切

だ。   温度、湿度、速、高温さ、熱帯夜

どの 理由も考慮しなけれならない。   特に “体温度” は

人々が 最もわかるものだ。  暑い市” なんていうより、

指数”といった方 が い



中国暑い都市 ランク



1  福州

2  重慶

3  杭州

4  海口

5  長沙

6  南昌

7  武漢

8  南寧

9  西安

10 広州

11 石家荘

12 鄭州

13 合肥

14 南京

15 済南

16 上海

 

 

まずは成績を見てみよう

 

高温調、南京は14番目 福州しい暑い都市


昨日(15日)、中国気象台が中国四大 暑い都市」を発表し、

各方面の関心を呼んだ。 このミニブログはこう書いてあった。 

この30(1981~ 2010) 全国の温は高くなっている

傾向にある。 中国 華南(南部)地域の猛暑日の増幅度が激し

く、広州が7.7日増、福州が日増、海口が日増となった。 

2中国の最新 三大 炎暑地は、福州、重慶杭州

なった。   州は中国内陸の都市高温の

プとなり、重慶を 超し、大都市で最も 暑い

場所となった

このランクで選ばれたのは、これらの都市は、この

30年高増える傾向にあり、過去の有名な“

” 都市との違い見せている。  このランクの

で、伝統の“四大暑い”都だった 重慶、武漢、南昌、南京は

れぞれ 2位、7位、6位、14位で上位4位内に入ったのは 重慶

だけで、南京はこの 30年 (1981~2010年 ) の年平均 猛暑日

13.7日で、過去30(1971~2000年) の猛暑日と比べ

ると1.5日増加した だけだった


かつての“四大 炎暑都市”は多くの都市のパターンがあった。

一番目の 組合せは武漢、南京、重慶、南昌で、古い気象デ

ータから分析すると、この4つの 都市は、夏の 猛暑日が多く、

夜間の気温、湿度も高かった。 二番目の組合せは、

漢、南京、重慶、長沙である 上述の二つの組合せは、そう

だとめる比較的多く、一番目の組合せは地理の教科

書に取り上げられたことがあった。     このほか、重慶、武漢、

南京、済南が、“四大 炎暑都市”という言い方や、長沙、武漢、

重慶、杭州が、“四大 炎暑都市”という言い方もあった

 Photo_3以上の何種類の組合せからも、人々の中国の

” 都市のイメージについては、長江流域に集中

ていることがわかる。   だが、2010年、中央テレビ

の気象番組の司会者宋英傑は、最近10

一番暑いと言っていた。 宋英傑氏はブログ40はタブー

ではない》の中で、参考にしたのは国の 最近10(2000年~

2009)高温数大都市トップ10の順位表だった 

この順位の中で、福州は10間で 高温の日が 375日あり、

トップランクされた。   いで州、その後は重慶と長沙

だった。 ランクリスト5番から10番の都市は、武漢、海口、

南昌、広州、西安、南寧だった。

このランクの中、南京は十位内に入らなかった。 南京市は

実は、2005年6月、“炎暑都市サヨナラ宣言してい



どのよう組合せでも、重慶はいずれにも“炎暑都市”ラン

クされていた。  昨日午後時、新しいランク表が発表された

時、重慶は正に  猛暑だった” 街中の “暑さ”はものすごく、

沙坪駅の気温は40.6に達し、北碚駅は40.1度、こ

日は、今年 重慶の 街が初めて 40度の大台を突破した日と

なった

我国“新四大火炉”发布:福州重庆杭州海口上榜
2013
0716 15:02来源:扬子晚报


中国气象频道官方微博@中国气象昨天发布了内地“四大火炉”

新排名,福州成为高温王者,荣获“冠军”宝座,重庆和杭州

位列二、三名。福州为中国内地省会级城市的高温王者,超过

了重庆,成为内地大城市第一火炉。



原标题:福州重庆杭州海口成“新四大火炉”



中国气象频道官方微博@中国气象昨天发布了内地“四大火炉”

新排名,福州成为高温王者,荣获“冠军”宝座,重庆和杭州

位列二、三名。南京跌出前十名,排名14。但有网友称,“这

也并不能代表南京不热,冷暖自知有木有!”而@南京气象也

表示,“排名神马都是浮云”。有业内人士质疑,仅用高温天

数代表“火炉”城市欠妥,温度、湿度、风速、高温时长、夜

间温度等因素都要考虑,尤其是“体感温度”是老百姓最能体

会到的,与其说是“火炉”,不妨用“炎热指数”来替代。



内地“火炉城市”新排名



 1 福州

 2 重庆

 3 杭州

 4 海口

 5 长沙

 6 南昌

 7 武汉

 8 南宁

 9 西安

 10 广州

 11 石家庄

 12 郑州

 13 合肥

 14 南京

 15 济南

 16 上海



先看成绩单



高温考试,南京仅排在第14 福州成为新任“火炉王”



昨天,@中国气象发布了内地四大火炉,引起了多方关注。 这

则微博是这样的,“新的 30(1981- 2010) 全国高温呈现增

多趋势,华南地区 高温日增幅最明显,广州增 7.7天、福州增

5天、海口增5天。   另外,内地最新三大火炉分别是福州、重

庆和杭州。 福州为中国内地省会级城市的高温王者,超过了重

庆,成为内地大城市第一火炉。”



这份榜单主要考虑的,是这些省会城市近 30年高温增多的趋势,

也体现了和老牌“火炉”城市的区别。     这份榜单当中,传统

四大火炉”城市重庆、武汉、南昌、南京分别排名为 276

14,只有重庆进入前4名。  南京新30(1981-2010)的年均

高温日数为 13.7天,比过去 30(1971-2000)高温日数增加了

1.5天。



记者了解到,曾经的“四大火炉”就有好几种城市组合,第一种

组合是武汉、南京、重庆、南昌,从历史气象资料分析,这四座

城市夏季高温天气多,夜间气温高,空气湿度大;第二种组合是

武汉、南京、重庆、长沙。上述两种组合认可的人比较多,第一

种组合还被写入过地理教科书。此外,有一种说法称重庆、武汉、

南京、济南是 “四大火炉”,还有一种说法 认为,长沙、武汉、

重庆、杭州是“四大火炉”。



从以上几种组合不难看出,老百姓对于我国“火炉”城市的印象

还多集中在长江流域。不过,2010年,央视气象节目主持人宋英

杰写博透露,最近10年福州最热。 在他的博文《40度并非预报

禁区》中,宋英杰依据的是全国最近 10(2000-2009)高温

天总数列前十的大城市排名表。 在这个排名当中,福州以 10

375个高温天名列榜首,其次是杭州,之后是重庆和长沙。 名单

上排名第五到第十的城市分别是武汉、海口、南昌、广州、西安、

南宁。这一个榜单当中,南京并不在十大当中。其实,早在2005

6月,南京市就宣布告别“火炉”。



而记者发现,无论是如何组合,重庆都稳坐“火炉”,昨天下午

16时,就新榜单公布之时,重庆正在“燃烧”,主城“火势”相

当凶猛,沙坪坝站气温已达 40.6,北碚站40.1,这也是今年

来重庆主城首次突破40大关!

|

« 2862中国の三面記事を読む(1126) 中国で一番暑い場所はどこ? (上) | Main | 2864 中国は見る(1565) 安倍首相 石垣島・宮古島を視察 中国への示威行為?  »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2862中国の三面記事を読む(1126) 中国で一番暑い場所はどこ? (上) | Main | 2864 中国は見る(1565) 安倍首相 石垣島・宮古島を視察 中国への示威行為?  »