« 2854中国の三面記事を読む(1125) 韓国アシアナ航空 サンフランシスコで着陸失敗 (下) 死亡者は 浙江の女子高生 | Main | 2856 中国は見る(1559) 「防衛白書」 中国に警戒感 »

2855 中国は見る(1558) 福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 食道がんで死去

 

1.福島の勇士”指揮官病死 58歳 死因は被曝?

2.福島原発事故時の所長 病死

3.福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 食道がんで死去

4.首相や東電の命令無視 福島原発事故時の所長 病死

 

1.日本“福岛勇士”指挥官病故 年仅58岁疑遭核辐射 
 2013-07-09 17:33:44 来源:中国日报网 

2.福岛核电站前站长病故
 2013071005:19 来源:西安新闻网-西安晚报

3.福岛第一核电站前站长吉田昌郎因食道癌病逝 
 20130709日 来源:共同网

4.拒首相东电瞎指挥 福岛核电前站长病逝
 2013-07-10 04:10:22  来源:大公网


 

1.“福島の勇士”指揮官病死 58歳 死因は被曝?

Photo_2


福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 

メディアの報道によると、“福島の勇士”の指揮官と言われ

福島第一原発 事故時の 吉田昌郎元所長が、7月9日 午前、

東京で亡くなった。 58歳。


2011年3月、東日本大震災が発生した後、福島第一原発

地震と津波の 二重攻撃に遭い、重大な原発事故が 起こった。 

当時、原発内で作業をしていた吉田所長は、菅直人首相や東

京電力の命令に従わず、現場従業員に最大限度の自救作業

命じ、核燃料溶融を阻止した。  吉田所長と彼の仲間は、こ

のことから世界のメディアから、“福島の勇士”と呼ばれた。

2011年12月、吉田所長は食道癌が見つかった。   しかし、

吉田所長は なおも 自分の持ち場に 戻ろうとしていた。 

術の前に、“福島の被災者が被曝しないためなら、私

でもいい!” その後、ついに、入院して 治療するため、福島

第一原発を離れざるを得なくなった。 2012年7月に、脳出

血で倒れた。  吉田所長は緊急手術を行い、その後、ずっと

危篤状態が続いていた。 今日(9日)午前、吉田所長は亡く

なった。



東京電力は、吉田元所長の 癌 と放射能の直接的な関連を否

していた。  しかし、世論は、第一線で直接放射能の緊急対

応の指揮を取っていた吉田元所長の死の原因は、放射能を浴

びたことと関係ないとは言えないと見ている。


2.福島原発事故時の所長 病死

10_2
吉田昌郎元所長の写真

福島第一原発の吉田昌郎元所長が9日午前、食道癌で東京の

病院で死去した。  享年58歳。 2011年3月、福島第一原発

は地震により、放射能漏れ事故が起こった。 同原発の責任者

である吉田昌郎所長が、事故現場で緊急の指揮を取っていた。


吉田昌郎氏は、2010年6月、福島第一原発の所長に就任した。 

翌年の3月11日に 東日本大震災が起き、地震と津波が福島第

一原発の原子炉 溶融事故 を招いた。  吉田昌郎所長は、事故

現場で指揮を取った。  その年の12月に、食道癌の診断が下さ

れた。  その後、吉田昌郎所長は、原発所長を退任し治療に専

念していた。  去年7月、脳出血で倒れ、緊急手術を受け、その

後、ずっと療養を続けていた。


吉田昌郎氏は、2011年11月、メディアの取材を受けた際、

“死ぬと思ったことが何度かあった”と話した。     吉田氏は、

2012年 8月の 取材の際 には、“体力が戻ったら、福島第

一原発の現場で力を出したい”と語っていた。


福島第一原発を管理する東京電力は、吉田昌郎所長が事故

から退任期間までの被曝放射線量は、約70ミリシーベルト

で、被曝してから 食道癌になるには少なくとも5年かかると

れており、吉田所長の 癌 と原発事故との関係は極めて低い

としている。

3.福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 食道がんで死去



3_3
福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 死去

【共同通信: 東日本大震災直後、福島第一原子

発電所事故の 収束作業に当たった東京電力株式会社執行

福島第一原子力発電所吉田昌郎元所長が、日午

1132食道癌のため 東京都内の 病院亡くなった。

享年58歳。 吉田は大阪府出身。 儀・告別式は未定。

 
吉田1979年、東京工業大学 大学院を卒業、   その後、

東京電力に入 原子力技術分野仕事に従事し、の後、

原子力 設備 管理部 部長などの職を歴任して、2010年 6

に福島第一原子力発電所の所長となった 東日本大震災で

福島原事故が起り、吉田所長は主に原子力発電所の施設

で、事故直後の処理対応の指揮に当たった。


吉田2011年11死ぬと思ったことが何度もあった 

と事故 直後を 振りかえり、こう語っていた。 吉田2011

年11月に食道癌と診断され、入院した。    2012年7 月には、

脳溢血で倒れた。 


東電は、福島原事故後、吉田氏の被曝量は70ミリ・ーベ

ルトで、この被曝量で食道癌に影響した可能性わめて低い 

している。





4.首相や東電の命令無視 福島原発事故時の所長 病死

4_3


福島第一原発事故時の吉田昌郎元所長 

【本社: アジア通信9日の報道によると:“福島勇士

揮官”と言われた福島第一原発事故 当時の吉田昌郎元

が、日午前東京で亡くなった。 享年58歳。



2011年3月、東日本大震が発生した後、福島第一原発は

地震と津波の重の衝撃を 受け、重大原子力 事故が起っ

た。   当時、原子力発電所内で作業していた吉田所長は、

直人首相東京電力の“混乱した 指揮ぶり”に反抗し、

従業員に善の対策を命じ、核の溶融を防いだ。 吉田

従業員達は、世界の メディアから、“福島の勇士”   と称

られた



吉田、その年12食道癌が見つかった。 それでも

吉田氏は 福島第一原発に 戻ろうとしていた。 手術前に

福島の 人たちに 何らかの サポート、支援をしていきたい。

死ぬまでそういうことをしていきたいと思っています!”

述べた。


吉田氏は、最終的に入院治療のため、福島第一原発を離れ

ければならなくなった。 2012年7 月、脳出血で倒れ緊

手術を行、それ以降、病状はずっと危篤状態にあった。


東京電力は以前吉田の癌と被曝は直接な関連はないと

説明していた。   しかし世論は、第線で直接、放射能事故

指揮していた吉田氏の死亡は、重大な放射能を浴びたもの

関係とは言えないのではないかと見ている。


1.日本“福岛勇士”指挥官病故 年仅58岁疑遭核辐射 
 2013-07-09 17:33:44 来源:中国日报网 


日本福岛第一核电站前站长吉田昌郎(资料图片)




据日本媒体报道,被称为“福岛勇士”指挥官的日本福岛第一

核电站前站长吉田昌郎,于79日上午在东京去世,终年58岁。



2011
3月,东日本大地震 发生后,福岛第一核电站遭受了地

震和海啸的双重冲击,导致严重的核泄漏事故。当时在核电站

内工作的吉田站长,不顾时任日本首相菅直人和东京电力公司

的发对,发动留守工作人员进行了最大限度的自救工作,有效

地遏止了核爆炸的发生。吉田和他的伙伴因此被国际媒体称为

福岛勇士”。



当年12月,吉田被查出食道癌。但他仍坚守自己岗位,在动手

术之前 还表示:“为了福岛灾民 免受辐射,我死了 也值得!”

后来,他不得不离开福岛第一核电站,入院治疗。 20127月,

因脑部出血,吉田先生施行了紧急手术,此后健康一直处于危

重状态。今天上午,吉田先生离开了人世。



东京电力公司先前曾否认吉田先生的癌症与核辐射有直接的关

联。但是舆论认为,直接在第一线指挥核泄漏抢险的吉田先生

的死,与遭受严重的核辐射是脱不了关系的。

 

2.福岛核电站前站长病故
 2013071005:19 来源:西安新闻网-西安晚报  

 

吉田昌郎的资料照片



日本福岛第一核电站前站长吉田昌郎 9日上午因食道癌在东京

的医院内去世,终年58岁。 20113月,福岛第一核电站因

震导致发生核泄漏事故时,作为该电站负责人的吉田昌郎曾

事故现场进行应急指挥。



吉田昌郎于 20106月就任 福岛第一核电站站长,次年311

日发生东日本大地震。地震海啸导致福岛第一核电站发生核泄

漏事故,吉田昌郎 曾在事故现场进行指挥,当年 12月被诊断

出罹患食道癌。  此后吉田昌郎卸任核电站站长职务接受治疗,

并曾于去年 7月份发生过脑出血,经过手术抢救后一直在进行

疗养。



吉田昌郎在 201111月接受媒体采访时曾称,“有几次觉得

自己会在事故发生后一周死去”。他在20128月接受采访时

称,“等到体力恢复后,想继续去福岛第一核电站现场工作”。



据福岛第一核电站 所属的东京电力公司此前称,吉田昌郎在

故发生后至离任期间 遭受的核辐射约为70毫西弗,从遭受

核辐射到罹患食道癌至少需要 5年,因此 当时的核事故导致

吉田昌郎患癌的可能性极低。

 

3.福岛第一核电站前站长吉田昌郎因食道癌病逝 
 20130709日 来源:共同网



福岛第一核电站前站长吉田昌郎病逝


【共同社79日电】曾现场指挥 福岛第一核电站事故灾后处

理工作的东京电力公司前执行 董事、福岛第一核电站前站长

田昌郎 9日上午 1132分 因食道癌 在东京都内的医院去

世,享年58岁。 吉田出生于大阪府,葬礼和告别仪式尚未决

定。



吉田 1979年毕业于东京工业大学研究生院,随后 进入东京电

力公司工作。 他从事了 核能技术领域的工作,此后历任东电

总部原子能设备管理部部长等职, 20106月 出任福岛第一

核电站站长。 东日本大地震 引发福岛核事故后,吉田主要在

核电站厂区内的抗震楼指挥灾后处理工作。



吉田曾在 201111月回顾事故后的一周时说道:“好几次都

觉得就要死了。”



吉田 201111月被诊断出患有食道癌并住院,20127月因

脑溢血病倒。福岛核事故后,吉田受到的辐射量约为 70希,

这一辐射量导致食道癌发病的可能性极低。(完)




4.拒首相东电瞎指挥 福岛核电前站长病逝
 2013-07-10 04:10:22  来源:大公网



图:福岛第一核电站前站长吉田昌郎\资料图片



【本报讯】据日本新闻网9日消息:被称为“福岛勇士指挥官”

的福岛第一核电站前站长吉田昌郎,9日上午在东京去世,终

58岁。



2011
3月,东日本大地震 发生后,福岛第一核电站遭受了地

震和海啸的双重冲击,发生严重的核泄漏事故。当时在核电站

内工作的吉田站长,抗拒菅直人首相和东京电力公司的“瞎指

挥”,发动留守工作人员进行了最大限度的自救,并有效遏止

了核爆炸。  吉田和他的伙伴因此被国际媒体称为“福岛勇士”。

吉田在当年12月被查出食道癌。他坚守自己岗位,在动手术之

前还表示,“为了福岛灾民免受辐射,我死了也值得!”



吉田最终不得不离开福岛第一核电站,入院治疗。 20127月,

因脑部出血,吉田施行了紧急手术,此后病情一直处于危重状

态。



东京电力公司早前否认吉田的癌症与核辐射有直接的关联。但

舆论认为,直接在第一线指挥核泄漏抢险的吉田的死,与遭受

严重的核辐射是脱不了干系的。

|

« 2854中国の三面記事を読む(1125) 韓国アシアナ航空 サンフランシスコで着陸失敗 (下) 死亡者は 浙江の女子高生 | Main | 2856 中国は見る(1559) 「防衛白書」 中国に警戒感 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2854中国の三面記事を読む(1125) 韓国アシアナ航空 サンフランシスコで着陸失敗 (下) 死亡者は 浙江の女子高生 | Main | 2856 中国は見る(1559) 「防衛白書」 中国に警戒感 »