« 2819中国の三面記事を読む(1109) 神舟10号 6月中旬 打ち上げ? | Main | 2821 中国は見る(1540) 首相公邸に幽霊? »

2820 中国は見る(1539) 野中広務氏「尖閣棚上げ合意」があった

 

1.野中広務氏:日中は「尖閣問題棚上げ」で

  共通認識があった

2.日本の元高官:日中の「尖閣問題棚上げ」は

  確かに共通認識があった

3.菅官房長官:「尖閣棚上げ」合意を否定 

  中国:歴史を直視せよ   

 

1.野中广务:日中曾就搁置钓鱼岛问题达成共识
 2013060508:34    来源:新华社
日本前政要:中日搁置钓鱼岛问题曾确实存在共识
 2013-06-05 12:54:38  来源:中国新闻网
3.日官员否认钓鱼岛搁置争议共识 中方促正视历史
 2013-06-05 13:40 来源:中新网

 

 

 

1.野中広務氏:日中は「尖閣問題棚上げ」で

  共通認識があった



野中広務元自民党幹事長は4日、大阪で,”日中との間で尖閣諸

島 (釣魚島)問題を棚上げするとの合意があったとの認識は撤回

しない”と述べた。



今月日、野中氏は中国を訪問した、“日中国交正常化の時に

両国の指導者は尖閣諸島 (釣魚島)問題を 棚上げするとの合意

があった” と発言した。


日、野中氏は関西空港に到着した後、“中国訪問の目的につい

ては、日本と中国の 指導者がかつて、釣魚島問題の 棚上げにつ

いて合意していたことを示すためだ” と説明し、“日中がこの問題

で対立し、国民に異常な不安をもたらしている。 日本政府が問題

棚上げの共通認識を無視したため、今日の対立が起きた” と述べ

た。



取材の中で、メディアから、野中氏に、この発言について撤回する

意思があるかどうか 質問されると、野中氏は、“それは日中関係改

善に払う努力に対する 無理な要求だ” また、“中国側に利用され

ている”との指摘については、これを否定した。


Photo今月日、中国共産党中央の政治局常務委員、中央

書記処の劉山書記が野中氏率いる日本の超党派

政治家らの代表団と会談した。 野中氏は、“《日中

平和友好条約締結35周年のタイミングで中国を訪問する目的は、

日本の 各党派の政治家が歴史を振り返り、直視し、日中の友好関

係を修復することにある” と説明した。  また野中氏は、“日中国交

正常化の際に 両国指導者が釣魚島問題の棚上げについて合意し

ていた” と 振り返り、人々は 日中友好を求めており、そのために

全力を尽くしたい” と述べた。



2.日本の元高官:日中の「尖閣問題棚上げ」は

  確かに共通認識があった



6月3日、中国共産党中央の政治局常務委員、中央書記処の劉

山書記が北京人民大会堂で野中氏率いる日本の 超党派政治家

らの代表団と会談した。 



中新ネット電 : 中国共産党中央の 政治局常務委員、中央

書記処の劉書記は日午後人民大会堂で 野中広務元官房

長官率いる日本の 超党派政治家らの代表団と会談した。 

 

共同通信社によると、野中3日“日中国交正常化の時に、両

国指導者が釣魚島問題の棚上げについて合意していた” と発言し

た。


2野中氏は、会談が終後の記者会見で、“日中国交

正常化後もな、田中角栄元首相から 尖閣諸

島の問題を棚上げにして両国関係を正常化すること

に決めたと聞いた。   私は生き証人として、このことを世間に知

らせる” と述べた。


   
3内閣官房長官は 3日、“棚上げで合意した事実は

ない” と否定した。  報道によれば、野中発言と 日

本政府の立場は 大な違あり、波瀾を招くだ

ろうと伝えている。


   
山書記は、3日午後人民大会堂で 野中氏率いる日本の 超

党派政治家らの代表団と会談した。 劉雲山書記は、野中氏ら が

長い間、日中関係の発展のために積極的に努力したことに称賛の

意を表し、“中国共産党と中国政府は日本との関係を重視し、中日

間の4つの政治文書に基づき両国関係の発展を推し進めたい” と

語った。


   
山書記はまた、“日本が歴史を鑑み、未来に向け平和的な発

展の道を歩んでいくことを希望する” と強調した。




3.菅官房長官:「尖閣棚上げ」合意を否定 

  中国:歴史を直視せよ   



日本は、昨年来、中間成立していた理解共通認識をことご

とく反故にし破壊してしまった。 これ現在の尖閣諸島(釣魚島

情勢の緊迫を招いたそもそもの根源である。 中国は日本政府

に歴史をし、事実を尊重するよう求める。



2中新ネット6月5電 総合報道 日本の 政治界の

元老が、“我が身をもって”歴史のために証言してい

が、日本政府の 官は 依然として 歴史の事実を

顧みず、中日間釣魚島(尖閣)問題の棚上げにつ

いて合意したことを否定している。     これについて、

中国外交部報道官は、“日本の昨年からの動きが

中日間の釣魚島(尖閣諸島)問題の棚上げに関する 合意を 破棄

するもので、これが今の釣魚島情勢を 緊張化させた原因だ。 

国は再度本政府に歴史をし、事実を尊重するよう求める” 

と述べた。  



日本の政界の元老 私は生き証人となる” と 訪中し歴史を振りかえる


今月日、中国共産党中央の政治局常務委員、中央書記処の劉

書記は 日午後人民大会堂で 野中広務元官房長官 率い

る日本の 超党派政治家らの代表団と会談した。 



野中氏は 会見の際、“日中国交正常化の時に 両国の 指導者は

尖閣諸島 (釣魚島)問題を 棚上げするとの合意があった” と振り

返り、“人々は 日中友好を求めており、そのために全力を尽くした

い” と述べた。



共同通信社の報道によると、野中氏は、会談終後の 記者会見

、“日中国交正常化後間もな、田中角栄元首相から 尖閣

諸島の問題を 棚上げにして 両国関係を 正常化することに 決め

」”  と聞いた。  

 

私は生き証人として、このことを世間に知らせる” と野中氏は述

べた。



88歳の高齢になる野中広務氏日本の政界の元老的人物で、

自民党幹事長、自治大臣、国家公安委員長と 小渕恵三内閣

の官長官などを 歴任した。 在に何回も 中し、退

は、日中友好協会の名誉顧問して、両国の平和と友好事業に

力を尽くした



Photo日本政府が“尖閣購入”騒を巻き起こした

時、野中広務中国中央テレビ取材に対し、

特に中国に 向って罪し、日本の 一部政

治家が、得票を 取るため、釣魚島問題で誤った決定をし、日中

の両国関係に甚大な損害を与えたと非難た。 また野中氏は、

新世代の日本の政治ただ個人の出世になるだけを考

、国家意識責任感がない。  そのため、敏感な釣魚島問題

も選挙の手段にされている” と述べた。  



日本当局は歴史の事実を否定  中国外交部は反



4共同通信社の報道によると、野中広務氏の“日中

国交正常化の際に両国の指導者が釣魚島問題の

棚上げに関して合意していた” と 指摘したことに

ついて、岸田外相は 4日の 記者会見で、わが国の外交記録を

見る限り、そうした事実はない” と否定した。 


菅官房長官は、3日シャングリラ会での発言について、“

中双方は釣魚島問題についてこれまで棚上げについて合意し

た事実はない” と 述べていたが、4日も、菅官房長官は また

同様な発言を行った。



日本のの歴を顧みない発言について、中国外交部の洪

報道官、4定例記者会見



Photo_2洪磊報道官、“中日国交正常化交渉と 平和友

好条約締結の際、両国の前の世代の 指導者が

中日関係の大局に立ち、釣魚島問題を棚上げし、

後の解決に任せるとの 重要な共通 認識を得た。 これは歴史

的事実だ。 日本の昨年からの 動きが中日間の釣魚島(尖閣

諸島)問題の 棚上げに関する 合意を破棄するもので、これが

今の釣魚島情勢を 緊張化させた 原因だ” と批判した。


洪磊報道官、“日本政府は歴史を直視し事実を尊重して、日

本国内の野中広務元官房長官のような有識者の呼びかけを重

視し、中日間での釣魚島問題棚上げ合意を認め、対話、交渉に

よる釣魚島問題の解決という軌道に戻るべきだ” と強調した。


新華ネットの報道によると、野中氏日大阪で、“釣魚島問題

の棚上げについての発言は変えない” と述べ、“中国訪問の目

的は、それを言うためだった” と語った。


野中氏は、この発言について、メディアから撤回する意思がある

かどうかについて 繰り返し質問されたが、野中氏は、“それは日

中関係改善に払う努力に対する無理な要求だ ” と発し、また、

中国側に利用されている” との指摘についても否定した。

 

 

1.野中广务:日中曾就搁置钓鱼岛问题达成共识
 2013060508:34    来源:新华社   

 

日本前自民党干事长野中广务4日在大阪表示,他坚持日中曾就

搁置钓鱼岛问题达成共识的主张。



本月3日,野中访华时表示,日中邦交正常化时两国领导人曾就搁

置钓鱼岛问题达成共识。



4日,野中抵达 日本关西机场后说,访问中国的目的,是为了表明

日中领导人曾就搁置 “尖阁诸岛”(即中国钓鱼岛及其附属岛屿)问

题达成共识的主张。 他说,日中围绕这一问题产生的对立,给国民

带来了异常的不安。   “正是因为(日本)政府无视搁置争议的共识,

才造成了今日的对立。”



采访中,日本媒体反复追问野中是否要撤回日中就搁置钓鱼岛问题

达成共识的发言,野中反驳说,这是对他 改善日中关系所付出努力

的“无理要求”。野中还否认了自己被中方利用的说法。



本月3日,中共中央政治局常委、中央书记处书记刘云山会见了由

野中广务率领的日本超党派资深政治家代表团。 野中说,他在《日

中和平友好条约》 缔结35周年之际访华,旨在 推动日本各党派政

治家重温和正视历史,修复日中友好。   野中回顾了日中邦交正常

化时两国领导人 就搁置钓鱼岛问题 达成的共识,并强调日中友好

大势所趋、人心所向,他们愿为此竭尽全力。(郭一娜)

 

 

2.日本前政要:中日搁置钓鱼岛问题曾确实存在共识
 2013-06-05 12:54:38  来源:中国新闻网


6
3日,中共中央政治局常委、中央书记处书记刘云山在北京人

民大会堂会见日本前自民党干事长 野中广务率领的日本超党派

深政治家代表团。(中新社发 杜洋摄)



中新网64日电 中共中央政治局常委、中央书记处书记 刘云山

3日下午 在人民大会堂会见了由前自民党干事长 野中广务率领

日本超党派资深政治家代表团。   日本共同社报道称,野中广

务当天就钓鱼岛问题表示,中日邦交正常化时,两国领导人之间

曾有搁置钓鱼岛问题的共识。



野中在会谈 结束后的 记者会上解释称,中日邦交 正常化后 不久,

从时任日本首相田中角荣那里 明确听到“决定把钓鱼岛问题搁置

起来使(两国关系)正常化”。“我想作为活证人公诸于世。”野中说。


   

日本内阁官房长官菅义伟3日曾表示,“没有就搁置达成共识的事

实”。 报道认为,野中的发言与日本政府立场出现巨大分歧,可能

引起波澜。


   

刘云山3日下午在人民大会堂会见了野中广务率领的 日本超党派

资深政治家代表团。 刘云山赞赏野中等长期以来为发展中日关系

作出的积极努力,表示中国党和 政府重视发展 中日关系,愿在中

日间四个政治文件的原则基础上,推动两国关系向前发展。


   

刘云山强调,希望日方 正视历史和现实,同中方相向而行,为两国

关系改善发展创造条件。   希望日方以史为鉴,面向未来,坚持走

平发展道路。


3.日官员否认钓鱼岛搁置争议共识 中方促正视历史
 2013-06-05 13:40 来源:中新网



日方去年以来的所作所为 背弃和破坏了中日之间曾 达成的谅解

和共识,这是导致当前钓鱼岛局势紧张的根源。 中方再次敦促日

本政府正视历史,尊重事实。



中新网65日电 综合报道,虽然有日本政坛元老“现身说法”为

历史作证,日本政府官员 仍然不顾历史事实,坚持 否认中日之

曾就钓鱼岛问题达成搁置争议的共识。   对此,中国外交部发

言人表态称,日方 去年以来的所作所为背弃和 破坏了中日之间

曾达成的谅解和共识,这是导致当前钓鱼岛局势紧张的根源。

中方再次敦促日本政府正视历史,尊重事实。  



日本政坛元老访华回顾历史 愿作“活证人”



本月3日,中共中央政治局常委、中央书记处书记刘云山在京会

见了由前自民党干事长野中广务率领的日本超党派资深政治家

代表团。



野中广务在会见时 回顾了日中邦交正常化时两国领导人就搁置

钓鱼岛问题达成的共识,并强调日中友好是大势所趋、人心所向,

他们愿为此竭尽全力。



据日本共同社报道,野中在会谈结束后的记者会上解释说,中日

邦交正常化后不久 从当时的田中角荣首相那里明确听到决定

钓鱼岛问题搁置起来使两国关系正常化。



我想作为活证人公诸于世。”野中说。



88
岁高龄的野中广务是日本政坛元老级的人物,曾任自民党干

事长、自治大臣、国家公安委员会委员长 和小渊惠三内阁的官

房长官等职。 在任期内曾多次访华,退职后作为日中友好协会

名誉顾问,致力于两国和平友好事业。



在去年日本政府掀起“购岛”风波时,野中广务就在接受中国中

央电视台采访时,特意 向中国人民道歉,指责日本部分政客为

捞取选票,在钓鱼岛问题上做出了 错误决定,令日中两国关系

重受损。 他认为,新一代日本政客往往只考虑个人仕途,缺

国家意识和责任担当。 正因如此,敏感的钓鱼岛问题也被当

选举筹码。  



日本当局否认历史事实 中国外交部驳斥



据日本共同社报道,针对野中广务指出日中邦交正常化时两国

领导人 曾就搁置钓鱼岛问题达成 共识一事,日本外相 岸田文

4日的 记者会上 予以否认,并称 从日本的 外交记录来看,

不存在那样的事。



日本现任官房长官菅义伟此前也在香格里拉对话会上称,日中

双方就钓鱼岛问题从来不存在搁置争议共识。4日,他又重申了

这种说法。



对于日本官员罔顾历史的说法。中国外交部发言人洪磊4日在

例行记者会上予以驳斥。



洪磊说,中日邦交正常化谈判 和缔结和平友好条约时,两国老

一辈领导人从中日关系大局出发,就“把钓鱼岛问题放一放,留

待以后解决”达成重要谅解和共识,这是历史事实。   日方去年

以来的所作所为 背弃和  破坏了上述 谅解和共识,这是导致当

前钓鱼岛局势紧张的根源。



洪磊强调,中方再次 敦促日本政府正视历史,尊重事实,重视

日本国内如前内阁官房长官 野中广务等 有识之士的呼声,即

承认中日之间 曾就搁置钓鱼岛争议 达成共识,回到通过对话

商管控和解决钓鱼岛问题的轨道上来。



另据新华网报道,结束访华的野中广务4日在大阪表示,他坚

日中曾就搁置钓鱼岛问题达成共识的主张。     他说,访问中国

的目的,就是为了表明这一主张。


对于日本媒体反复追问野中是否要 撤回日中就搁置钓鱼岛问

题达成共识的发言,野中反驳说,这是对他改善日中关系所付

出努力的“无理要求”。  野中还否认了自己被中方利用的说法。

|

« 2819中国の三面記事を読む(1109) 神舟10号 6月中旬 打ち上げ? | Main | 2821 中国は見る(1540) 首相公邸に幽霊? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2819中国の三面記事を読む(1109) 神舟10号 6月中旬 打ち上げ? | Main | 2821 中国は見る(1540) 首相公邸に幽霊? »