« 2761 中国は見る(1502) イギリスのサッチャー元首相死去 87歳 | Main | 2763 中国は見る(1504) 日本の政治家達の食事あれこれ »

2762 中国は見る(1503) イギリスのサッチャー元首相 中国を4回訪問 鄧小平とやりあう

Photo_2


 

1.イギリス女王夫妻  サッチャー夫人の葬儀にご出席 

  きわめて異例

2.サッチャー元首相 生前 中国を4回訪問 

  鄧小平と何度もやりあう


1.英国女王夫妇将参加撒切尔夫人葬礼 被指罕见

  2013040918:33 来源:中国新闻网 

2.撒切尔夫人生前四次访问中国 与邓小平多次交锋
 2013040904:09 来源:京华时报

 

 

1.イギリス女王夫妻  サッチャー夫人の葬儀にご出席 

  きわめて異例

 

イギリスの“鉄の女”、サッチャー元首相は日亡くなった。 享年87

だった サッチャー元首相は1979年~1990年と11年もの長

期にわたり首相を務めた。 イギリス唯一の女性首相である。

11112010年9月19日、サッチャー夫人ロンドン

ウェストミンスター大聖での写真

中新ネット4月9電: AFP通信の報道によると、イギリス首相官邸

日、各方面協議し、サッチャー元首相の葬4月17日に

ンドンセント・ポール大聖堂行うの声明を発表し



声明によると、イギリス政府は9日午前会議で、イギリス政府とサッ

チャー元首相の族とバッキンガム宮殿が、サッチャー元首相の葬

儀の日程を4月17日、場所はロンドンセント・ポール大聖堂にするこ

とで 一致したと発表した。


 

イギリスバッキンガム宮殿は、エリザベス女王と夫のフィリップ殿下

サッチャー元首相の葬出席すると発表した。 通常、イギリス

女王夫妻は皇室関係以外の人の葬儀に出席することはなく、この

とはきわめて異例なこととされている。

 

報道によると、サッチャー元首相の遺体は、9日すでにロンドンの

ッツ・ホテル(Ritz Hotel)から運び出し、ある秘密の場所にかれて

いる。



鉄の女”と言われるイギリスサッチャー元首相は4日午前に

病気で亡くなった。 享年は87だった

 

 

2.サッチャー元首相 生前 中国を4回訪問 

  鄧小平と何度もやりあう


Photo
1982年9月24
日、サッチャー夫人 

人民大会堂前石段

サッチャー夫人の一生の中で、《中英香港問題に関する共同声

明》調印は、間違いなく特筆すべき事項である。  サッチャー夫人

は中国を4訪問した。  2回はいずれも香港の問題と関係があ

った。 彼女中国の指導者鄧小平香港問題何度もやりあい、

今なお中国人民の話題となっています。


フォークランド諸島の余勢を駆って 中国に談判に来る



1982年4月、イギリスのエドワード・ヒース元首相訪中し、鄧小平

と交渉することで合意した。


その年7月18日、フォークランド諸島の戦争が終わるや、サッチャ

ー夫人は直ちに首相官邸で専門会議を開、香港問題について

話し合った。  議の前、彼女は中国指導者とヒース元首相

会談の内容は知っていた。 しかし、彼女はフォークランド諸島の

勝利余勢を駆って、中国の提案を受け入れることを拒



香港問題を解決するため、サッチャー夫人は月下旬に中国を訪

問することにした。 これは彼女の2回目の中国訪問だった。  19

77年、サッチャー夫人は野党指導者して中国を訪問しことが

ある。


1982年9月22日、イギリス空軍特別機が北京首都空港ゆっ

くりと降下した。 サッチャー夫人は飛行機のタラップを颯爽と降り

ると出迎えの中国外交部の副大臣・章文晋夫、西欧局の王本

祚局長、香港総督のエドワード・ユード氏、海運王の王包剛氏など

と握手を交わし挨拶した


香港返還せずで 反駁に遭う

09月24日午前、サッチャー夫人は人民大会堂の新疆

ホール鄧穎超《周恩来夫人)としばらくなごやかに

し合ていたが、 すぐにお別れを言って、 福建ホー

鄧小平会談し



会談始まと、“鉄の女”は先んずれば人を制すとばかり、彼女

準備した最初のカードを出した ――“主権のカード 彼女は成算

げに、 “香港のつの条約に関して、れっきとした証拠がありま

す。 かなる人この事実を無視することできません。 この条

約は依然として存在します。   必ず守らなければなりません。 もし

中国香港を取り戻すなら、 香港に壊滅的影響があり、香港の繁

栄を破壊することになります



鄧小平はきっぱりと言った。 “香港は中国領土です。 私達は

取り戻します!”



1鄧小平はサッチャー夫人に向かって、中国の香港問

題の基本的な立場明確です。   主につの問題が

あります。 一つは主権の問題です。   もう一つの問

1997年以降中国がどんな方法香港を管理し、香港

栄を引き続き維持するかです。  の問題中国とイギリスの

両国政府が、香港をから1997まで15間、大き変動が

起きないようにするにはどうするか交渉することです”  と発言した。

真剣に考え 交渉の余地はない


鄧小平は更に“主権の問題について、中国はこの問題で交渉の余

ありません。 率直に言って、主権問題は討論する問題ではあ

ません。 すでに時機は熟しています。  1997年に中国が香

を回収することを、 明確にはっきりすべきです …… 今、もちろん

ということではありませんが、しかし1、2を過ぎないうちに、

は正式に香港回収方策を発表します。  中国は、もう1、2年発表

待ちますが、しかしそれ以上引き延ばすことはダメです



香港の繁栄を維持するには、中国はイギリスの協力をいただきた

い。   しかしこれは、香港の繁栄を引き続き維持することが、イギリ

スの管轄下で実現するということではありません。   香港繁栄を

引き続き維持することは、中国香港を回収した後、中国の管轄下

で、 香港に適し政策で実行します。   香港の現行の政治、経済

制度大部分の法保留します。 もちろん、多少改革します。

香港は資本主義続行します。 現行の多くの制度は維持します。 

中国は香港の各界の人と広範に意見を交換し、中国のこれから

15年間の方針と15年後の方針政策を制定します。  これら

の方針政策は香港の人が受け入れる ことができるだけでなく、

その上香港にいるその他の投資家まずイギリスにも受け

れられのです……中国は、中英両国政府友好的協議を行

えるよう希望します。  はイギリス政府の中国に対する提案を

よろこんで拝聴します。 これには時間が必要です。 でも、どうして

1、2年待たないと、香港回収の正式発表ができないんですか?

 この時間の間に、各方面と協議を行って下さい”



鄧小平は更に、“私達はこの協議、つまり外交ルートを通じて、香港

題を協議することに双方同意するよう提案します。  1997年に

中国が香港を回収することを前提とします。 この基礎の上に立っ

て、今後15間、どのように移行するか、また 15年後に香港

うすかのについて解決することです

鄧小平の話は重要なもので、サッチャー夫人は真剣に考えると表

た。

 

会談後、大会堂の前で転倒


会談が終わった後、サッチャー夫人は、悄然と入り口から出てきた

が、顔色は厳しかった 彼女大会堂の北門の石段をおりていた。 

サッチャー夫人が、下へ降りようとする時、ハイヒール石段つま

ずいて、のバランスが崩れ、石段の下に転倒した。  革靴、ハンド

バックもに転がった 幸いに夫人は平地に落ちたので、ひどい

び方ではなかった。 そばにい員と警備員がすぐに彼女を

け起こした。 サッチャー夫人は鉄のの名に恥じず、立った、泰

然自若として、女傑”の本領を見せていた。



鉄の女”は2時間半の会談の後で、分がよくなかったのは

できない。 たとえ彼女の転倒が偶然だったとしても


当日午後、サッチャー夫人は人民大会堂で国内外の記者会見を

った。 彼女は記者会見で、“私は中国の指導者と、とても友好的な

雰囲気の中で、多方面の問題で6時間あまり正式会談を行った。

中国側から中ソ、中米、中日関係東南アジア、中東問題私達

双方の関係香港問題に対する見方を注意深く聞きました” と述べた。



翌日、サッチャー夫人は英国BBCのゴードン・マーティン記者に、

鄧小平など中国の指導者との会談は友好的だった。 私達

に違いがあったことはめるが、私達の共通の目的は違いより

きいものだった。



再度中国を訪問し共同声明に調印



中英政府友好協力と相互理解の共通努力に基づいて、1984

年9月26中英は香港問題の共同声明について、北京で仮調

印し、中国政府は1997年7月1日に香港に対する主権行使を回

復し、イギリス政府は同日香港を中国に返還すると発表



1984年12月18日、サッチャー夫人は特別機に乗って北京に到

着、中国に公式訪問を行い、共同声明に調印た。 同日、共同

声明正式調印に招かれ参列する 101人の香港各界の人

香港から北京に来 12月19日、中英は香港問題に関する

共同声明北京で正式に署名した。 中央テレビは衛星を使って、

世界各地に調印式の実況を生放送した。 午後時、人民大会堂

で調印式盛大に行われ、鄧小平この儀式に出席した。  《共

同声明》の調印により、中国の香港の主権行使問題が無事解決

し、香港長期繁栄と安に確実な基礎を作り出すこととなった。

調印式が終わった後、サッチャー夫人は、これは歴史的意味

のある瞬間です。 鄧小平主席がはこの儀式に出席されたこと

私は非常にうれしく思っています。  先ほど、私達はそれぞれの

国を代表して香港の将来に関する共同声明に署名しました。 

港の生活史上、英中関係の歴史および国際外交史上一里塚

なるものです” と語った。 

 

一国二制度” に触れた時、彼女は一国二制度構想は先例

ないのです。 これは香港の特殊な歴史環境にとって素晴ら

しい想像力にあふれた解答です。 合意事項は香港の人の今後

将来に向かって発展する基礎となるものです。  香港は今よりもっ

繁栄する場所になるでしょう。  今日、私達は光栄にも中国の

友達と共にまたとない儀式に参加しました。 私達は歴史を作っ

ている気持ちとらしさを感じます。  そして未来に対して自信

持っています” と述べた。


1995年、サッチャー夫人は、中国外交学会の招待に応じて中国

を訪問した鄧小平の“一国二制度”は中英共同声明の基礎とな

るものだと認めた



1.英国女王夫妇将参加撒切尔夫人葬礼 被指罕见

 2013040918:33 来源:中国新闻网 




英国“铁娘子”、前首相撒切尔夫人8日去世,享年87岁。撒切尔

夫人1979年至1990年任首相,是英国唯一一位女首相,也是英

20世纪连续执政时间最长的首相。  图为2010919日,

撒切尔夫人在伦敦威斯敏斯特大教堂。


 

中新网49日电 据法新社报道,英国首相官邸9日发表声明

称,经各方协商,英国前首相撒切尔夫人的葬礼将于417

在伦敦圣保罗大教堂举行。



该声明称,在英国政府9日上午组织的协调会议上,英国政府与

撒切尔夫人的家人以及 白金汉宫达成一致,将 撒切尔夫人的葬

礼日期定在417日,地点是伦敦圣保罗大教堂。



英国白金汉宫称,英国女王伊丽莎白二世与菲利普亲王将参加

撒切尔夫人的葬礼。 通常,英国女王夫妇不会参加非王室成员

的葬礼或仪式,因此此举罕见且不同寻常。



据报道,撒切尔夫人的遗体9日已经从伦敦的 丽兹酒店 (Ritz

Hotel)运出,安放在一处秘密的地方。



据悉,有“铁娘子”之称的英国前首相撒切尔夫人当地时间4

8日上午因病去世,享年87岁。

 

2.撒切尔夫人生前四次访问中国 与邓小平多次交锋
 2013040904:09 来源:京华时报



1982
924日,撒切尔夫人在人民大会堂前台阶摔了一跌。

视频截图



在撒切尔夫人的一生中,签署《中英关于香港问题的联合声明》

无疑是浓墨重彩的一笔。 撒切尔夫人曾经四次访问中国,两次

均与香港问题有关。她与中国领导人邓小平就香港问题的多次

交锋,至今仍让中国人民津津乐道。



挟马岛余威赴华谈判



1982
4月,英国前首相爱德华·希思访华,与邓小平达成了谈

判的意愿。


同年718日,马岛之战一结束,撒切尔夫人立即在首相府召

开专门会议,研究香港前途问题。 会前,她早已获悉中国领导

人与希思等人的谈话内容。 但是,她要挟马岛胜利的余威,拒

绝接受中国的建议。



为了解决香港问题,撒切尔夫人决定9月下旬访问中国。这是

她第二次访问中国。 1977年,撒切尔夫人曾作为反对党领袖

访问中国。



1982
922日,一架英国皇家空军专机在首都机场徐徐降

落。 撒切尔夫人仪态万方地走下了飞机舷梯,与前来机场迎

接的中国外交部副部长章文晋夫妇、西欧司司长王本祚、港督

尤德爵士、船王包玉刚等人握手问候。



坚持不还香港遭反驳



9
24日上午,撒切尔夫人先来到人民大会堂新疆厅与邓颖

超倾谈片刻,遂即告辞前往福建厅与邓小平会谈。



会谈一开始,“铁娘子”就先发制人,打出了她早已准备好的第

一张牌——“主权牌”。她胸有成竹地说:“有关香港的3个条约,

白纸黑字写在那里,任何人都不能抹煞这一事实。既然这些条

约仍然存在,那么就必须得到遵守。如果中国收回香港,就会

对香港带来灾难性影响,破坏香港的繁荣。”



邓小平斩钉截铁地说:“香港是中国的领土,我们一定要收回来

的!”


邓小平向撒切尔夫人表示:“我们对香港问题的基本立场是明

确的,这里主要有三个问题。    一个是主权问题;再一个问题,

是一九九七年后中国采取什么方式来 管理香港,继续保持香

港繁荣; 第三个问题,是中国和英国 两国政府要妥善商谈如

何使香港从现在到一九九七年的十五年中不出现大的波动。”

无回旋余地将认真考虑



邓小平进一步表明:“关于主权问题,中国在这个问题上没有回

旋余地。坦率地讲,主权问题不是一个可以讨论的问题。 现在

时机已经成熟了,应该明确肯定:1997年中国将收回香港……

现在,当然不是今天,但也不迟于一两年的时间,中国就要正式

宣布收回香港这个决策。 我们可以再等一两年宣布,但肯定不

能拖延更长时间了。”


保持香港的繁荣,我们希望取得 英国的合作,但这不是说,香

港继续保持繁荣必须在英国的管辖之下才能实现。 香港继续保

持繁荣,根本上取决于中国收回香港后,在中国的管辖之下,实

行适合于香港的政策。香港现行的政治、经济制度,甚至大部分

法律都可以保留,当然,有些要加以改革。香港仍将实行资本主

义,现行的许多适合的制度要保持。 我们要同香港各界人士广

泛交换意见,制定我们在 15年中的方针政策以及 15年后的方

针政策。 这些方针政策应该不仅是香港人民可以接受的,而且

在香港的其他投资者首先是英国也能够接受……我们希望中英

两国政府就此进行友好的磋商,我们将非常高兴地听取英国政

府对我们提出的建议。这些都需要时间。 为什么还要等一两年

才正式宣布收回香港呢?   就是希望在这段时间里同各方面进

行磋商。”



邓小平还说:“我们建议达成这样一个协议,即双方同意通过外

交途径开始进行香港问题的磋商。 前提是1997年中国收回香

港,在这个基础上 磋商 解决今后15年怎样过渡得好,以及15

年以后香港怎么办的问题。”



邓小平的谈话颇具分量,撒切尔夫人表示认真考虑。

谈判受挫大会堂前摔跤



会谈结束后,撒切尔夫人“落寞地从门口走出,脸色凝重”。她步

下大会堂北门石阶,抬眼望见右下方的记者,突然绽开笑脸,转

过头来向记者示意,努力地使自己表现出镇定。 当她继续往下

走时,高跟鞋与石阶相绊,使身体 顿失平衡,栽倒在 石阶地下,

皮鞋、手袋也被摔到了一边。幸好她已将至平地,摔得不重。在

一旁的随员及工作人员立即上前将她扶起。撒切尔夫人不愧为

铁娘子,起身后神态自若,充分显露出 其处变不惊的“女强人”

本色。



铁娘子”在会谈两个半小时之后的心情是不佳的,这一点不可

否认,即便她的这一跤纯属偶然。



当天下午,撒切尔夫人在人民大会堂举行了中外记者招待会。

她在招待会上说,我同中国领导人在非常友好的气氛中,就许

多方面的问题进行了六个多小时的正式会谈。 我以极大的兴

趣听取了他们对中苏、中美、中日关系和东南亚、中东问题以

及我们双边关系包括香港问题的看法。


第二天,撒切尔夫人告诉英国广播公司电台记者戈登·马丁说:

我同邓小平等中国领导人的会谈是友好的,我们承认有分歧,

但是我们共同的目的大于分歧。



再次访华签署联合声明



在中英政府本着友好合作和互相谅解精神的共同努力下,1984

926日中英关于 香港问题的联合声明 在京草签,宣布中

国政府于199771日 恢复对 香港行使主权,英国政府将

在同日把香港交还给中国。



1984
1218日,撒切尔夫人乘专机抵达北京,对中国进行

正式访问,并签署联合声明。同一天,应邀参加 联合声明正式

签字仪式观礼的101位香港各界人士也从香港来到北京。 12

19日,中英关于香港问题的联合声明在北京正式签字。 中

央电视台通过卫星向世界各地直播签字仪式的实况。下午3时,

在人民大会堂 隆重举行了签字仪式, 邓小平出席了这一仪式。

《联合声明》的签署,圆满地解决了我国 恢复对 香港行使主权

问题,为香港长期繁荣和稳定提供了坚实基础。



在签字仪式结束后,撒切尔夫人讲话说,这是一个具有历史意

义的时刻,邓小平主任 能够出席 这个仪式, 我感到特别高兴。

刚才,我们分别代表各自政府 签署的关于香港前途的 联合声

明,在香港的生活史上,在英中关系的历程中以及国际外交史

上都是一个里程碑。在谈到“一国两制”时, 她说,“一国两制”

的构想是没有先例的,它为 香港的特殊历史环境提供了富有

想象力的答案。她说,协议是 香港人民今后 赖以向前发展的

基础,香港会成为一个比现在更加繁荣的地方。今天,我们荣幸

地同中国朋友一起,参加一个 独特的仪式,我们 应该有一种创

造历史的感觉,应该有一种自豪感,并对未来充满信心。



1995
年撒切尔夫人应中国外交学会的邀请访华时再次肯定邓小

平的“一国两制”是中英联合声明的基础。

 

|

« 2761 中国は見る(1502) イギリスのサッチャー元首相死去 87歳 | Main | 2763 中国は見る(1504) 日本の政治家達の食事あれこれ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2761 中国は見る(1502) イギリスのサッチャー元首相死去 87歳 | Main | 2763 中国は見る(1504) 日本の政治家達の食事あれこれ »