« 2723中国の三面記事を読む(1074) 台湾の歴代視聴率女王 | Main | 2725中国は見る(1478) 安倍首相の施政方針演説  »

2724中国の三面記事を読む(1075) ヨーロッパ人の領土紛争解決の知恵

 

欧洲人解决领土纷争的智慧 

2013-02-05 22:27:10  来源:房丽燕的博客

 

最近発生した一連の尖閣をめぐる問題は、前から嵐に揺らい

でいた日中関係に更なる衝撃をもたらした。 日中国交正常

化40周年記念行事さえ、お互いの国で友好的雰囲気を作り

だすことができず、これに取って代わって、なかなか払い除

けられないモヤに覆われてしまった。

 

領土問題では、どの国もその主権は絶対譲歩はしない。尖閣

も同じだ。 中国には中国の言い分があり、日本には日本の

言い分がある。 しかし、日中の間で尖閣上陸の壮挙や騒動

が繰り返し行われようと、反日闘士が同胞の車を何台壊そう

と、旗を奪った英雄が日本国旗をどれだけ奪おうと、問題の

解決になんら実質的進展を与えることはない。 結局は平行

線のままだ。

 

確かに、尖閣は日中両国に取っては厄介な問題である。毛沢

東・周恩来・鄧小平といった賢明で偉大な人物も棚上げする

しか解决の方法がなかった。 でも、領土争いは世界のあち

こちに存在している。 東南アジア地域だけにある問題では

ない。 領土紛争の解決については、適切に処理された先例

がないことはない。 フランスとドイツのアルザス地域がい

い例である。

 

アルザス地域は、フランスとドイツの国境にあり、この地域

の帰属についてはフランス・ドイツの間で長い係争の歴史が

あった。 欧州戦乱の歴史時代、そこはフランス・ドイツの

間を戦利品として帰属が次々と入れ替わった。 最初はロー

マ帝国の領地だった。 17世紀、フランスに割譲され、19

紀にはドイツに占領された。 第二次世界大戦でドイツが敗

れ、フランス統治となり今日に至っている。

 

今、フランス領となっているアルザス地域の住民は、ドイツ

系の人が主で、 ドイツ文化の影響を受けている。 共通言

語はドイツ方言とアルザス語、フランス語である。 住民が

フランス語を話すのは、フランス統治当初実施した強制同化

政策のためである。 しかし、近年フランスが同政策を変更

し、フランス語を強制しなくなったため、若い人の中にはフ

ランス語ができないものが多くなった。

 

この土地を争奪するようになった原因の一つは、ここに豊富

な鉱産資源が埋蔵されているからである。 しかしアルザス

の主権を有するフランスは、これに対して自由に採掘する権

利がない。 それは欧州各国が長い戦乱を経験してきたこと

で、領土問題、資源問題で戦争を招くことを避けるため、フ

ランスはアルザス周辺国と共同条約の締結を結ぶことで意見

の一致をしたためである。 条約の規定では、この地域の鉱

産資源の採掘には周辺国の同意が必要とされ、主権の所有と

は関係なく、勝手に採掘することはできないのである。

 

フランス・ドイツの問題は、日中間の問題と同日の談ではな

いかもしれないが、しかし、平和を愛し、紛争を武力解決す

るのがきらいな一凡人からすると、一途に言い争い、あつれ

きを起し、対立をよりエスカレートさせるやり方は、問題解

決の聡明なやり方とは思えない。 両国の間では、他で紛争

が起こった時と同じように、双方が誠意を以って、真摯に冷

静な対話で解決を図る必要がある。 もとより、棚上げして

解決しないことも、いい解決方法と言えなくもない。

 

 

 

欧洲人解决领土纷争的智慧 

2013-02-05 22:27:10  来源:房丽燕的博客


 

近来发生的一系列围绕钓鱼岛的问题使原本风雨飘摇的中日关

系再次受到冲击,就连中日邦交正常化 40周年 纪念都没能在

彼此之间营造出些许友好的氛围,取而代之的是被驱之不散的

阴霾笼罩着。


   

在领土问题上,相信任何国家都会对其主权进行毫不退让的维

护,钓鱼岛也是一样,中国有中国的理,日本也有日本的由。

但是,即使中日之间登岛与反登岛的壮举或闹剧反复上演,即

使反日斗士将同胞的车再砸掉千万台,即使夺旗英雄将日本国

旗夺尽烧光,也不能使问题的解决有任何实质性的进展,最终

还是两条平行线。


   

的确,钓鱼岛对于中日两国来说都是一个棘手的难题,就连毛

周邓这样英明伟大的人物也只有将其搁置的解决办法。 其实,

领土之争广泛存在于世界各个地区,而并非仅存于东南亚地区

各国之间。但是关于领土纷争的解决并不是没有妥善处理的先

例,法国和德国之间的阿尔萨斯地区就是一个很好的例子。


 

阿尔萨斯地区位于法国和德国边界,关于这一地区的归属,法

德之间有很长的争议历史。可以说在欧洲战乱的历史时代,它

曾为战利品轮流归属于法德。最初它曾为罗马帝国的领地,17

世纪被割让给法国,19世纪又被德国占领。 上个世纪第二次

世界大战德国战败之后,由法国统治至今。


   

如今法属的阿尔萨斯地区,居民以德裔人为主,深受德国文化

的影响,公共语言为德语系方言阿尔萨斯语和法语。让居民说

法语是法国统治最初实施的强制同化政策,不过近年法国改变

了该政策,不再强迫居民说法语,所以很多年轻人不会说法语。


   

如此争夺这块土地的原因之一是因为这里蕴藏着丰富的矿产资

源。但是拥有阿尔萨斯主权的法国对此却没有自由开采的权力。

这是因为欧洲各国在经历了漫长的战乱之后,为避免再为领土

问题、资源问题引发战争,法国与阿尔萨斯周边国家为达到共

识而订立了共同条约。条约规定对这一地区矿产资源的开采需

得到周边国家的许可,而不得擅自开采,与是否拥有该地区主

权无关。


   

也许法德之间的问题与中日之间的问题不可同日而语,但是以

我一个爱好和平、不喜欢通过武力解决争端的凡人来看,一味

地争议、一味地磨擦而使矛盾激化升级的做法绝不是聪明智慧

的解决问题的方式。两国之间也如与他人发生纠纷时一样,需

要双方本着诚意通过真挚而冷静的对话来解决。当然搁置不解

决也不失为一个好的解决方式。(写于201291日星期六)

|

« 2723中国の三面記事を読む(1074) 台湾の歴代視聴率女王 | Main | 2725中国は見る(1478) 安倍首相の施政方針演説  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2723中国の三面記事を読む(1074) 台湾の歴代視聴率女王 | Main | 2725中国は見る(1478) 安倍首相の施政方針演説  »