« 2700中国は見る(1466) 中国艦艇のレーダー照射(1) 一触即発の危機 | Main | 2702中国は見る(1468) 中国艦艇のレーダー照射(3) 過去に何回も? (下) »

2701中国は見る(1467) 中国艦艇のレーダー照射(2) 過去に何回も? (上)

 

日本メディア : 護衛艦 去年 何回も中国軍艦から

レーダー照射 受ける

日媒:日舰去年曾多次被中国军舰雷达瞄准
2013-02-07 02:35:25
 来源: 新京报(北京)



00日本メディア: 自衛隊の軍艦を“ねらった”

のは中国ジャンウェイ型のフリゲート艦と報道。

0

12月5日夜、防衛省の小野寺大臣は緊急記者会見

を開き、自衛隊護衛艦が中国の軍艦からレーダー

照射を受けたニュースを明らかにした。 安倍首

の指示で公表したものだという。


防衛省が5日、1月に中国の軍艦が東シナ海海域で護衛艦とヘ

リコプターに2度にわたりレーダーを照射したという発表に、日本

国内は“緊張”が走った。 

 

メディアの6日の報道によると、事件が起った海域は、尖閣か

約百数キロ離れたところで、中国の軍艦は日本の護衛艦に数

間にわたり“照射”したという。  防衛省の幹部は、“これはピスト

ルを向けられたようなものだ”と語った。

 

日本のメディアは、日本艦艇への“レーダー照射”は、中国が

倍政権の 中国に対する 強硬姿勢に “不満を表明したものだ

と伝えている。



尖閣諸島付近 両国の艦艇 距離は“3キロ”



5日遅く、小野寺五典防衛大臣が突然緊急記者会見を開き、先

月、自衛隊の護衛艦とヘリコプターが東シナ海で中国の軍艦か

らレーダー“照射”されたということを明らかにした。  日中関係

が現在、特別な背景にある中、このニュースはたちまち本の

各メディアの関心の的になった。



1月19日と1月30日、東シナ海海域にいた 両国の艦艇に、

体何が起ったのか? が、2月6日の日本のメディアの後続報道

の中心内容となった。



《朝日新聞》は、6日、政府の消息筋の話として、1月30日の照

射事件は尖閣の北西、数十キロの東シナ海公海上だという。 

1月19日に起った 艦載ヘリコプターへの照射事件も、 同一海

域だった。



NHKの報道によると、2回の“照射”事件は尖閣諸島の北、100

キロ以上離れた海域で発生したと伝えた。 



報道によると、1月30日、中国の軍艦からレーダー“照射”され

た海上自衛隊の護衛艦と 中国の 軍艦との距離は約3キロしか

離れていなかった。 1月19日、中国の軍艦から “照射”された

と見られる 艦載ヘリコプターも、中国の 軍艦との距離はおよそ

“数キロ”ほどだった。



日本のメディアの多くは、照射の時間は“数分間”と伝える



メディアの報道によると、東シナ海で遭遇した中国の軍艦と自

隊の艦船は、それぞれ 尖閣諸島付近を航行する海上治安の艦

艇であり“護衛艦”である。  艦艇自体の敏感性から、それぞ

尖閣海域まで一定の距離をとり、“護衛”と同時に、事態悪化の

防止もしていた。



《産経新聞》によると、中国の2隻のフリゲート艦は、常時、尖閣

諸島から112~128キロ離れた海域を巡航していたと書いてい

る。



《毎日新聞》 は 政府の消息筋の話として、尖閣諸島周辺では、

中国フリゲート艦と自衛隊の行動は比較的自制的だった。 今

回の “照射” 事件は、尖閣諸島から100キロ以上離れた海域

で発生した。両国の艦艇はほぼ肉眼で相手が見える距離で“に

らみあった”という。



しかしメディアの報道によると、自衛隊の護衛艦が、中国の

リゲート艦から照射されたのは、決して先月の2回だけではな

いという。  《朝日新聞》の報道によると、去年9月、日本政

が尖閣 “国有化”する前から、自衛隊の艦艇は東シナ海で何

度も中国の軍艦から“レーダー照射”に遭っていた。 《朝日新

聞》が掴んでいる情報によると、照射時間は“数分間” より長

いケースもあったという。



日中関係に 影響を及ぼす懸念があるため、日本政府はこれ

で公表を避けてきたが、しかし、今回、自衛隊の艦船が相次

で「レーダー照射」されたため、安倍政権は「事態を重く見て」、

ついに5日、メディアに対し、先月起こった2件の照射事件を

表に踏み切った”と伝えている。

 

《朝日新聞》によると、5日午後、安倍首相は首相官邸で 小野

寺防衛大臣から“照射事件”の最終確認報告を聞いた後、すぐ

小野寺大臣に“速やかにこの事件を公表する”よう指示した。



国際社会にこういう事実があるということを知らしめる必要

ある”と安倍首相の話として伝えている。

《朝日新聞》が、このようなことを公表することは、めずらしいこ

とである。

 

 

日媒:日舰去年曾多次被中国军舰雷达瞄准
2013-02-07 02:35:25
 来源: 新京报(北京)



日本媒体报道的“瞄准”日自卫队军舰的中国江卫型护卫舰。

2
5日晚,日本防卫省大臣小野寺召开紧急记者会,公开日本

自卫队军舰被中国军舰雷达瞄准的消息。 据称,首相安倍晋三

亲自下达了公开的指令。


日本防卫省5日称,1月份,中国军舰在东海海域两度使用射击

用雷达瞄准日军舰及舰载直升机,引发日本国内“紧张”。 日

本媒体6日报道称,事发海域距离钓鱼岛百余公里,中国军舰对

日方护卫舰持续“瞄准”了数分钟。日本防卫省一名匿名的官员

称,这就好像“被人用手枪对准”。日本媒体称,“雷达瞄准”

日舰,可能是中方对安倍政权对华强硬姿态表达“不满”。



钓鱼岛附近两国军舰“相距3公里”



5
日晚,日本防卫大臣小野寺五典突然召开紧急记者会,公布了

上月 日本自卫队舰只和直升机在东海遭 中国军舰雷达“瞄准”

的消息,在中日关系目前的特殊背景下,这一消息 立即成为日

本各大媒体关注的焦点。



1
19日和130日,在东海海域的两国军舰到底发生了什么?

成为日本媒体26日后续报道的核心。



《朝日新闻》6日援引日本政府消息人士的话称,130日的瞄

准事件发生在钓鱼岛西北,距离该岛有数十公里的东海公海上。

而发生在119日的 日本舰载直升机疑似被“瞄准”事件,也

在同一海域。



日本NHK报道则称,两次“瞄准”事件发生在钓鱼岛以北100

公里以上海域。



报道称,130日,遭到中国军舰雷达“瞄准”的海上自卫队护

卫舰距离中国军舰有大约3公里远。119日,疑似被中国军舰

瞄准”的日本舰载直升机距离中国军舰约有“数公里”。



多家日本媒体报道称,瞄准的时间大概在“数分钟”。



日媒体报道称,在东海遭遇的中国军舰和日本自卫队舰只,可能

是为各自在钓鱼岛附近航行的海上治安船只“护航”,而因为军

舰本身的敏感性,各自都离钓鱼岛海域有一定距离,“护驾”同

时,也防止事态恶化。



《产经新闻》的报道称,中国的两艘护卫舰,时常在距离钓鱼岛

112128公里的海域巡航。



《每日新闻》援引日本政府消息人士的话称,在钓鱼岛周边,中

国军队和自卫队的行动都较为克制。这次“瞄准”事件发生在距

离钓鱼岛100公里以上的海域。两国舰只在几乎能肉眼看见对方

的距离内展开“对峙”。



但是,据日本媒体报道,日本自卫队军舰 遭遇 中国军舰的瞄准,

并非只有上月这两次。《朝日新闻》报道称,在去年9月日本政

府“国有化”钓鱼岛之前,日本自卫队舰只就在东海多次遭遇中

国军舰的“雷达瞄准”。 据《朝日新闻》掌握的消息,有个别

瞄准”的时间还超过了“数分钟”。



因担心可能影响中日关系,日本政府一直没有公开这些瞄准事

件,但此次日本自卫队舰船遭遇持续‘雷达瞄准’,安倍政权认

为‘事态严重’,遂于5日对媒体公布了发生在上月的两次瞄准

事件。”报道称。

《朝日新闻》报道称,5日下午,安倍晋三在 首相官邸听取了防

卫大臣小野寺五典有关“瞄准事件”的最终确认报告,遂令小野

寺“立即公开这一事件”。



有必要让国际社会知道这一事实的存在。”报道援引安倍的话

称。



《朝日新闻》报道称,就此类事件的公开,十分罕见。

 

|

« 2700中国は見る(1466) 中国艦艇のレーダー照射(1) 一触即発の危機 | Main | 2702中国は見る(1468) 中国艦艇のレーダー照射(3) 過去に何回も? (下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2700中国は見る(1466) 中国艦艇のレーダー照射(1) 一触即発の危機 | Main | 2702中国は見る(1468) 中国艦艇のレーダー照射(3) 過去に何回も? (下) »