« 2695中国は見る(1462) 安倍首相 日中関係への対応  ①公務員尖閣常駐「選択肢の一つ」 ②歴史認識談話 の見直し示唆 | Main | 2697中国の三面記事を読む(1062) 北京 雲上都市 雪で一服 »

2696中国は見る(1463) 女子柔道選手に暴言、平手打ちの  園田隆二監督 辞任

 

1.女子柔道選手に暴言、平手打ちの  園田隆二監督 辞任

2.日本柔道女子チームの監督 選手に暴力で辞任

 

1.因辱骂和殴打队员 日本柔道队主帅园田隆二辞职
 2013020113:57 来源:法制晚报

2.日本柔道女队主帅因虐待队员辞职
 2013-02-01 07:06:06  来源:东方早报 

 

1.女子柔道選手に暴言、平手打ちの  園田隆二監督 辞任

法制晩報電(記者 李一男):女子柔道選手に暴言、平手打ちの  

園田隆二監督 辞任

Photo《サンケイスポーツ》、《デイリースポーツ》などの

メディア報道によると、昨日、日本柔道連盟は記

者会見を開き、日本代表チームの園田隆二監

が暴力やパワーハラスメントを受けたとして、15名の女子柔道

選手が告発したことについて謝罪した。


日本柔道連盟が発表した調査結果によると、今年 39歳の 園田

隆二監督は2010年8月~2012年2月の間、選手に5回、暴力

があったという。   日常の訓練の中でも“死ね、ブタ”などの侮辱

的な言葉を発し、しかもしょっちゅう選手に対して体罰を加えたと

いう。



日本柔道連盟の常務理事によると、園田隆二監督は 訓練中、

よく女性選手に対して殴ったり蹴ったり、びんたを食らわしたり、

竹刀で選手の胸を突いたりしたという。



昨日の記者会見で、上村春樹全柔連会長は、“勝たせたいとい

う思いから、ついついやってしまった厳しい練習はやらないと

いけないが、暴力があってはいけない”と語った。


園田隆二監督は、日本女子柔道チームの監督を辞任した。




2.日本柔道女子チームの監督 選手に暴力で辞任



国技”と言われた柔道、今や日本でいまだかつてない危機に

陥っている。 これは、去年のロンドン・オリンピックで、日本柔

道女子が金メダル一つだけという、オリンピックで最悪の戦果

だっただけでなく、更に日本人を失望させたのは、柔道界の相

次ぐスキャンダル騒ぎである。



2最近《朝日新聞》など日本メディアは日本女子柔

道チームの園田隆二監督と別の男性コーチが、選

手に対して暴力などの体罰を加えていたことが明

らかとなったことを受け、昨日、2020年の東

京の夏季オリンピックの申請関連作業で忙しい下

村博文文部科学相は、日本オリンピック委員会に、

このことについて再調査を指示すると共に、他の競

技でも暴力などの問題があるかどうかの調査も求めた。

 

選手に暴力を加えた園田隆二監督は、昨日、ナショナル・チー

ムの監督の職を辞任すると発表した。

 
相前後して5回 選手に暴力


実際には、昨年9月、日本女子柔道選手が監督から暴力を受け

たのが明らかとなったのは、氷山の一角だった。 全日本柔道

盟は、39歳の園田隆二監督は、本女子柔道チームの合宿

練中、選手に対して殴ったり蹴ったり、竹刀を使っての暴力・体罰

を加えていることを掴んでいた。 そのあとの調査で、園田隆二監

督は自分が練習中、暴力行為を行ったことを認め、自己反省処分

としていた。

 

だが、事態はこれで一件落着とはいかなかった。 昨年12月、

本オリンピック委員会は、全日本柔道連盟の 監督の暴力に関

る調査を行うよう求める15人の女子柔道チームの選手の連名の

告発文を受け取った。 たちまち女子チームの暴力事件が明る

みに出た。 調査によって、2010年8月~2012年2月にかけて、

監督が選手に行った暴力事件が5回あったことがわかった。

 
日本オリンピック委員会の平真事務局長は、“告発した女子選

手15人面談したところ、監督笑っていたが、 選手は

も怖かったいう。 監督は彼女たちにもし 言うことを 聞

かったら、ナショナル・チームから外すと脅されたという”

 

日本オリンピック委員会はプライバシー考慮し、これら選手

の名前の発表はた。 しかし日本のメディアは、監督

を告発した人の中に、ロンドン五輪代表を含むトップ選手がい

明かしている。



《スポーツ報知》、《デイリースポーツ》などの新聞取材に対し、

これらは暴力体罰を受けた選手は、  園田監督は 練中、

いつも“死 間抜け!”といった侮辱言葉を使い、選手

対して体罰を加える日常茶飯事だったと語る。 


日本柔道連盟の小野沢弘史専務理事のによると、園田

監督、しょっちゅう女性選手に対して殴ったり 蹴ったり、

手打ちを食わしたり、また竹刀で胸などを突いたこともあった

という。



メディアの報道は更にビックリするものがあった。  昨

ヨーロッパに遠征した時、園田隆二監督は選手“試合内容

なってない”、“身を入れてやってないという 理由で、厳し

叱りながら、何度も選手を平手打ちした。 その時もう一

いたコーチは傍観するだけで制止しなかったという。 


ロンドンオリンピックの前、園田隆二監督は国内の強化合宿

訓練には、竹刀で選手をたたいことがあった。 前を

隠し、告発状に署名した子選手は、もう我慢度です。

これはクーデターです”と話した。



(体罰を加えのは、選手に頑張ってほしい、なんと

かこれを乗り越えて強くなってほしいという思いから手をあげ

 

昨日(31日)の記者会見で、園田隆二監督はメディアに対し、

どうして選手に体罰を加えたか経緯について説明すると共に、

日に辞表を出すことを発表した。 


 

問題が大きくクローズアップされて、ご迷惑をおかけしてい

る中で、これ以上続けるのは難しいと感じました。 

に全連に辞表を提出します。 選手をはじめ皆さまにご迷惑

をかけました。 の指導力不足です

 

日本柔道連盟は園田隆二監督の留任を考えていたけれど、し

かし事件の渦中で、園田監督は辞任をぶこととなったなお、

事件の中で、日本柔道連盟は園田隆二監督には、クハラ行

為がなかったことを明らかにし

 

中学高校生 470名が柔道授業で死亡



ここ数年来、日本柔道の成績は低迷している。 北京オリン

ピックでは4、1、の成績で、日本のメディアから

い批判にあった。 アテネ五輪では、日本柔道チームは金

取っていた。

 
この数年、日本のメディア、日本の柔道“国技の栄光”

復活を繰り返し強調していた。 しかし、日本の柔道は何度

もスキャンダルや疑問に包まれた。 昨日本のメディア

は、過去12年間に、中学・高校生 470名が柔道の授業で死

亡で亡くなり、120人の中学高校生後遺症たと

伝えた。 


2004アテネ五輪と2008年北京オリンピックの日本柔

道の金メダリスト・内柴正人が、2011子部員

クハラ行為を行ったとし、更に日本柔道名誉を失墜させた。



汚名をそそぎ、名誉を勝ち取るためにも日本の柔道人は、柔

の精神を取り戻すことが最も切実な方法となっている。 5

回の暴力体罰があきらかになった時期から見て、ロンドン

オリンピックに備えた頃と見られている。 ロンドンオリ

ンピックの前、日本代表団の団長、日本柔道連盟の上村春

樹会長は、日本柔道チームは金メダル個を獲得すると発言

していた。 しかし悲惨なことに、日本は史上かつてないワ

ーテルロー(大敗北)遭ってしまった。

 
北京オリンピック後、女子柔道の監督に就任した園田監督は、

日本女子柔道の復興のキーマンと見られたこともあった。就

任当初、彼は柔道を強くするため、トーナメント制でい

とした。 しかし実際には、成績は予どおりにはいか

ず、この前のロンドン・オリンピックで監督能力に疑問の

声が出された。

 

より強い柔道を願う日本メディアは、この名女子柔道チーム

園田監督の結婚をからかった。 園田隆二の妻は、アテネ・

オリンピック女子柔道78キロで中国の劉霞メンバーを破

って金メダルを取った阿武教子である。 園田は世界柔道選

手権60キロ級で世界チャンピオンとなった。 だから、

婚は日本柔道界では“女強男弱で、畳の上で旦那さん

は妻に勝てないとからかわれた



メディアのからかいと外部のプレッシャーから、園田氏はな

んとか自分を証明したいと、 厳しい成績の要求に、練習

行き過ぎた”行為をしてしまった。 昨11月、日本柔道連

盟は園田氏を2016年のリオ・オリンピックまで引き続き監

続投させる決定し、これ選手達の集団告発を招いて

しまった。


メディア 関係者 総反省


暴力事件が明らかになった後、上村春樹会長は取材に対し、

柔道の暴力・体罰について謝罪すると共に、“良い成績を

ためにしい訓練しなければならない。  しかし厳

訓練だからといって暴力を使うのはよくないと述べ、

力指導の問題を聞いた時、こんなに深刻になるとは思いもし

なかったと語った。

 

《日刊スポーツ》も反省していた。 メディア外部の声が、

柔道成績のプレッシャーとなり、チームの 暴力事件を誘発し

しまった。



注目すべき、女子柔道チームの暴力事件が今、報道されて

いるが、これよりちょっと学校のスポーツでの体罰事件

があった。 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部の主将

が体罰を受けた自殺した問題である。 それによってス

ポーツ界の指導方法の見直し論議が起っていた。 

事件は日本ナショナル・チームの中でも暴力横行して

いる情況が明らかになっということである。 下村博文文部

科学大臣“体罰を含め、暴力をスポーツの中で指導とし

て正当化する発想を切り替える時期に来ている”と指摘した。

 
女子柔道の谷亮子は《朝日新聞》の取材に対し、管理体制

改善をむと共に、“園田監督は人間性の素晴らしい立派

な監督で、私自身の現役生活では暴力を受けた経験は一切

かった。 私の引退後に、こうしたことが起きているという

ことは、何が変わってしまったのか。 管理体制の改善など、

国が先頭に立ってやっていかないといけない時期に来ている

と判断している。 再発防止策を早急に検討すべきだ”との

考えを示した。


 
選手に本当に申し訳なかった。 の指導不足です。 

しっかり戦ってほしかったため(体罰を加えしまった。

このことでみんなに大変ご迷惑をおかけしている中で、これ

以上続けるのは難しいと感じました。 日に柔道全連

盟に辞表を提出します”

 
――園田隆二



《ポーツ報知》、《デイリースポーツ》などのメディア報道

によると、これら暴力体罰を受けた選手が取材に対して語

ったところでは、園田隆二監督はしょっちゅう“死!バ

カ!”といった侮辱言葉を使い、選手に対して体罰を加え

るの日常茶飯事だった 体罰手段には、びんた殴った

り蹴ったり、竹刀で胸などを突いたりがあったという。

 



 

1.因辱骂和殴打队员 日本柔道队主帅园田隆二辞职
 2013020113:57 来源:法制晚报



本报讯(记者 李一男)因辱骂和殴打队员,日本柔道队主帅

园田隆二辞职。



据日本《产经体育》、《每日体育》等媒体报道,昨天,日本

柔道联合会在东京召开新闻发布会,通报了日本国家柔道队教

练园田隆二殴打选手、暴力对待队员一事,并向15名举报园

田隆二的日本女子柔道运动员道歉。



在日本柔道联合会公布的调查结果中,今年39岁的园田隆二

20108月到20122月间,曾有5次针对运动员的施暴行为。 

在日常训练中常常把“去死、蠢猪”等侮辱性的语言挂在嘴边,

并且经常对他手下的运动员进行体罚。



据日本柔道联合会一位常务理事介绍,园田隆二在训练中经常

对女选手拳打脚踢、扇耳光,甚至用小棍子捅女运动员胸部。

在昨天的发布会上,日本柔道联合会会长上村春树表示,为了

取得好成绩,教练平时的训练很严格,但这并不意味着教练员

可以对运动员施暴。

目前,园田隆二已经辞去了日本女子柔道队主帅一职。

 

2.日本柔道女队主帅因虐待队员辞职
 2013-02-01 07:06:06  来源:东方早报 



被誉为“国技”的柔道,如今在日本正遭遇前所未有的危机。

这并不仅仅因为去年的伦敦奥运会上,日本柔道仅摘得一枚

女子项目金牌,创造了奥运会最差战绩,更令日本人失望的

是,柔道界层出不穷的丑闻。



近日《朝日新闻》等日本媒体揭露日本女子柔道队主教练园

田隆二与另一名男教练对队员使用暴力体罚等手段后,昨天,

正忙于东京申办2020年夏季奥运会相关工作的日本文部科学

相下村博文表示,希望由日本奥委会重新调查此事,并要求

对其他项目是否存在暴力等问题进行调查。而向队员施暴的

园田隆二也在昨日对外宣布将辞去国家队主帅一职。



先后5次暴力虐待队员



事实上,早在去年9月日本女子柔道队员遭遇教练施暴就揭

开了冰山一角。全日本柔道联盟获悉,39岁的园田隆二在日

本女子柔道队集训中,向队员施以拳打脚踢、棍棒相加的暴

力体罚。在随后的调查中,园田承认自己在训练中存在暴力

行为,并对此进行检讨。



事情并未就此平息。去年12月,日本奥委会称收到15名女

柔道队队员的联名举报书,要求全日本柔道联盟对教练施

进行相关调查。很快女队中的暴力事件浮出水面,经调查

现,从20108月至20122月教练对队员的暴力事件多达5起。



日本奥委会的事务局长平真透露:“15名上告的队员告诉我

说,教练就是笑着她们也觉得很恐怖。教练威胁她们说,如

果不能听从安排,就滚出国家队去。”日本奥委会表示出于

隐私考虑,拒绝公布这些选手的名字。但日本媒体透露,告

发教练的人中肯定有世界冠军。



在接受《报知体育》、《每日体育》等报纸采访时,这些受

到暴力体罚的队员透露,园田在训练中,嘴边总是挂着“去

死!蠢猪!”等侮辱性言辞,对队员体罚也是家常便饭。据

全日本柔道联盟专务理事小野泽弘史介绍说,园田隆二教练

组经常对女选手进行拳打脚踢,扇耳光,甚至用小棍子捅胸

等。



而日本媒体的报道更是触目惊心。去年2月远征欧洲时,园

田曾因选手“比赛毫无内容”、“没有用心”为由,一边斥

责一边反复扇选手耳光,当时另一名教练无法坐视上前制止。

伦敦奥运会前,园田还曾在国内强化集训时用剑道竹刀敲打

选手。一名不愿意透露姓名、并在上告信上签字的女队员说:

我们已经忍耐到头了,这是政变。”



我这么做(体罚)只是为了队员考虑,希望能更好地让他

们改正错误,”在昨日的新闻发布会上,园田向媒体解释了

为何会采取体罚的措施训练队员,并向日本新闻界宣布自己

将于21日递交辞呈,“问题已经受到了外界的强烈关注,

给大家添了太多的麻烦,所以决定离去,21日我将向全

联盟递交辞呈。实在对不起那些队员,是我教导无方。”尽

管全日本柔道联盟考虑让园田留任,但身处漩涡中的后者还

是选择了辞职。

 
不过在整个事件中,全日本柔道联盟澄清园田并无性骚扰行为。



470
名中学生命丧柔道课



近年来,日本柔道队成绩低迷。北京奥运会412铜的成绩遭

到日本媒体的强烈抨击。 要知道在雅典奥运会上,日本柔道队

曾经席卷8金。



这几年,日本媒体也反复强调,日本柔道需要重振“国技荣光”。

不过,日本柔道却屡屡陷于丑闻和质疑中。 去年日本媒体就透

露,过去12年间有多达 470名中学生在 柔道课训练事故中丧生,

120名中学生留下后遗症。而2004年雅典奥运会和2008年北京

运会日本柔道双冠王内柴正人去年诱奸其女学员一案,更是

日本柔道名誉扫地。



洗刷耻辱,夺得荣耀也成为日本柔道人证明自己最迫切的方式。

从被揭露的5次暴力体罚看,时间大都在伦敦奥运会备战期。

而在伦敦奥运会前,日本代表团团长、全日本柔道联盟会长 上

村春树甚至还公开宣布,日本柔道队能够获得6枚金牌,而残

的是,他们遭遇了史无前例的滑铁卢。



在北京奥运会后上任的园田,一度被视作日本女子柔道复兴的

关键。上任伊始,他就表示:“将强化竞技,建立优劣淘汰制。”

但事实上,因为成绩始终无法达到外界的预期,这名前世锦赛

冠军的执教能力饱受外界质疑。



恨铁不成钢的日本媒体甚至以园田的婚姻来调侃这名女子柔道

队的主教练。园田隆二妻子是在雅典奥运会上击败中国队员刘

霞获得女子78公斤以上级金牌的阿武教子。而园田是前60

级柔道世锦赛冠军,所以这一婚姻在 日本柔道界被戏称为

强男弱,榻榻米上老公未必摔得过妻子”。



媒体的调侃和外界的压力令园田十分期待能够证明自己,对于

成绩的苛求也让他在训练中做出了“越界”行为。  去年11月,

全日本柔道联盟决定让园田继续执教至2016年里约奥运会,

也导致队内选手选择集体反抗。



官员媒体名宿集体反思



整个暴力事件曝光后,上村春树在接受采访时就柔道队暴力体

罚道歉,他同时表示:“为了取得好成绩确实需要严格训练,

但是严格训练不等于对选手使用暴力。”他还承认说,自己听

到过暴力指导的问题,但是并没有想到会这样严重。”《日刊

体育》也反思,媒体和外界对于柔道队成绩的压力触发了队内

的暴力事件。



值得一提的是,让日本女子柔道队暴力事件迅速发酵的又恰恰

是不久前学校体育中的体罚事件。此前,大阪市立樱宫高中篮

球部发生了队长被体罚后自杀的丑闻,从而引发了对体育界指

导方式的探讨。这次园田事件更是暴露了在日本国家队层面中

也存在暴力横行的情况。下村博文表示:“包括体罚在内的暴

力行为现多发于体育运动中,日本已经迎来了需要让监督指导

变得正规化的时期。”



女子柔道传奇谷亮子在接受《朝日新闻》采访时,希望从管理

体制上反思,“其实园田教练是一个很友善的教练,以我自己

的经历来说,我根本没有遭受过暴力行径。至于为什么会在我

退役后发生这样的事,我认为是由于管理体制的改变,或者说

国家认为是时候做出改变了。当然,我还是希望有关方面能够

尽早检讨,避免此类事件再度发生!”



实在对不起那些队员,是我教导无方。我这么做(体罚)只

是为了希望能更好地让他们改正错误。这件事给大家添了太多

的麻烦,所以我决定离去,21日将向柔道全联盟递交辞呈。”

――园田隆二

据《报知体育》、《每日体育》等日本媒体报道,这些受到暴

力体罚的队员在接受采访时透露,园田在训练中,嘴边总是挂

着“去死!蠢猪!”等侮辱性言辞,对队员体罚也是家常便饭。

体罚手段包括拳打脚踢、扇耳光、用小棍子捅胸等。 

|

« 2695中国は見る(1462) 安倍首相 日中関係への対応  ①公務員尖閣常駐「選択肢の一つ」 ②歴史認識談話 の見直し示唆 | Main | 2697中国の三面記事を読む(1062) 北京 雲上都市 雪で一服 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2695中国は見る(1462) 安倍首相 日中関係への対応  ①公務員尖閣常駐「選択肢の一つ」 ②歴史認識談話 の見直し示唆 | Main | 2697中国の三面記事を読む(1062) 北京 雲上都市 雪で一服 »