« 2707中国の三面記事を読む(1064) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(2)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (上) | Main | 2709中国の三面記事を読む(1066) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(上) »

2708中国の三面記事を読む(1065) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(3)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (下)

记录庄则栋最后时刻 夫人没医保工资最令其担心

2013021116:10    来源:中国新闻网

 

 

 

敦子夫人:荘さんの晩年の幸福な“常夜灯”

999999299919990










佐々木敦子さんは、当時、愛情のため日本国籍を捨てた女性であ

る。 荘則棟と結婚して26年来、互いに助け合ってきた。 敦子さん

は荘則棟の晩年の幸福な“常夜灯”だった。  荘則棟が病気になっ

た後、彼女は ずっと夫のそばに付き添い、日夜、心の こもった看護

を行った。  荘則棟はかって、“互いに頼り合う” 中と 述べている。 

手術が終った後、私は動くことができなかった。 大便や小便の始

末を、すべて彼女がやってくれた” 記者も、敦子夫人がミネラル・ウ

ォーターが冷たいのを心配して、先に一口飲んで、それから 口から

口に夫に飲ませているのを目撃したことがある。

 

重病中の荘則棟が一番心配したのは夫人のことだった。 “妻は今、

医療保険がないし、給料もない。 もし問題が起こったら、面倒なこと

になる。 彼女は私のために国籍も捨ててくれたのに、夫として彼女

のことを心配しないでいられますか?”  さんはこの話を言った

時、目から涙こぼしていた。 夫人も顔中涙で一杯だった。

 

荘則棟と深交の厚かった文懐沙氏は、“敦子夫人は荘則棟の愛があ

り、彼女は幸せ一杯です。  今後、食うには困らない。 彼女心配

することはない” と語った。

 

8日昼頃、荘則棟の病状が急転直下悪化した。 病院は家族に死ん

だ後の事を用意するよう伝えた。 佐々木敦子さんは、家に急いで

引き返していた2時間中、荘則棟はしょっちゅうかぼそい声で夫人の

名前を呼び続け、どうしてもと携帯電話を使って彼女に電話をかけ、

敦子、すぐに戻ってくれさもないともう会えないかもしれない”と言

った。  敦子さんが急いで病室に引き返すと、彼はやっと落ち着き、

目を閉じ、しっかりと敦子さんの手を握っていた。 同時にもう一つの

手を伸ばし、息子の荘飚をしっかりと握っていた。

 

看護していた回りの人が、“あなたが握っているのは誰の手です

か?” と聞くと、荘則棟は先妻だと答えた。 そばに立っていた鮑

蕎が急いで近寄り、荘飈の手から荘さんの手を掴むと“私が蕎で

す” と声をかけた。    除夜の夜、鮑蕎は、除夜の食事をたくさん

病室に持ちこんできた。   “敦子さんお疲れ様です。  団円飯(一家

団欒)の食事を食べましょう”

 

身内の目から見た荘則棟:彼は人として格好いい

 

日本から駆けつけた妻の弟2人、姉婿の印象につい“荘さん

世界チャンピオンで、とてもすごいです。 でも、荘さんは気さくで、

達を気遣ってくれます。 お姉さんの結婚は、日本でもよくられてい

ます と語った。

 

荘さんと10数年付き合った首都体育の三老(ベテラン・スポーツ選

手、監督、スポーツ関係者)協会の楊麗萍氏は、 “荘さん印象

人柄です。 荘さんあれこれ悪口を言われるのに耐え、他の人

何を言と、泰然として大将軍の風格がありました

 

荘飈が父についてこう語った。 “私父さんに会ったことがありま

。    でも、私は父に感心しています。 一生涯でこんなこ

とやったなんて、普通の人ではできないことです。   とても格好い

いです。  根っからの負けず嫌いのようです 娘婿の彼に対する

評価は、“闊達楽観的な人、社会の変動にあっても他人や周

囲のせいにない人ですというものだった。

 

たとえ重病にあっても、荘則棟は時局の変化に関心を持っていた。 

は毎日テレビを見、ネットに アクセスしてニュースを理解してい

た。 、よく他の人と現在のホットな話題を話し合っていた。

 

臨終の荘則棟 文懐沙と範曾に電話したいと願う

 

病気の間荘則棟は社会各界から思いやりを受けた。 国家体育

の新・指導者や当時の多くの 元チーム選手彼の病状に関心

せた。 あるもの電話をかけてきたり、あるもの見舞いの

カードを送ってきたり、あるものは見舞い客に伝言を頼んだりした。 

李富栄、姚振旭、梁友などのチームメイトは病院へ見舞いに訪

れた。 

国家体育総局卓球・バドミントンセンター、北京市教育委員会、首都

体育三協会、北京市少年宮などの部門責任者は何度も見舞にや

って来た。    文化芸術界の古参俳優や社会知名人も次々と病院

に訪れた。 さんが以前教えたことがあるナショナル・チームの

メンバー李鵬は日本から急遽戻って来て、恩師が 臨終になる前

に会うことができた。

 

荘さんの治療問題については、北京市教育委員会いろい

ろと調し、市社会保障部門が可能な限り面倒を見ることになった。

国家体育総局は薬の補助を行い、また2009年から毎月

荘さんのため4000(約52000円)を交付している。  庄さん

化学療法の自費部分は、 中央指導者指示で、項目の

解決されることになった。  これについて、荘則棟は何度も

意を表し、“とてもありがたい”と述べた。

 

危篤荘則棟、文懐沙と範曾の二人の文化人に電話をかけ

がっていた。 入院後間もなく、荘則棟から “尊敬する恩師と長

兄”と呼ばれた範曾は、何度か 国外から電話があり、関心を寄せて

いた。 文懐沙病院へ見舞に訪れた。  文氏“荘則棟現世

であろうとあの世、天上、人間であろうと、中華の精鋭であり、傑出し

た人物です。 彼は永遠に中国人民のよ息子です” と語った。

99

 

 9日朝、荘則棟臨終前のいろいろな病状が現れた。 しかし彼は

依然として頑張った。  午前10頃、が 会いたがっていた中国

画の大師・範曾が病床に訪れ、彼に“小さいボールが地球を動かす。

この人は永遠に不朽です”という掛け軸のほか、20間で彼のため

素描画を描いた。 荘則棟予想座ってみせ、大き目を開

き、自分の最のイメージを人々に見せようとした。

 

国際卓球連盟終身名誉主席の徐寅生荘則棟が亡くなった

とを知ると、ツイッターに、“荘さん、ご冥福をお祈りします!” と哀悼

言葉を送った。 卓球ナショナルチームの監督、メンバーも集団で、

ツイッターで、この大先輩哀悼の意を表明した。

 

各界の名人だけでなく、たくさん荘則棟とは一面識もない一般

もこの中国卓球界勲功のあった人物関心を寄せた。 


松下グループは荘さんのためにお湯で洗い流せる座便器取り付け

たり、レノボグループ(聯想集団は無料でコンピュータを修理した。

また古くからの隣人は、口に合う食事荘則棟に送り続けてくれた。


内聯升靴屋で42間働いた古い職工・李久恒さんは、どうしてもと

金を出し荘さんのために綿入れの防寒靴を作った。 “私は

則棟さんにています。 荘さんに私送った靴を履いてもら

れば、私の一生の光栄です”

 

 

记录庄则栋最后时刻 夫人没医保工资最令其担心

2013021116:10    来源:中国新闻网

 

敦子夫人:庄老晚年幸福的“长明灯”

 

佐佐木敦子这位当年为爱情放弃日本国籍的女性,与庄则栋结婚

26年来相濡以沫。敦子不愧是庄则栋晚年幸福的“长明灯”。 在庄

则栋患病后,她一直跟随丈夫左右,日夜陪护,精心照料,无微不

至。庄则栋曾用“生死相依”来描述与夫人的感情:“做完手术以后,

我还不能动,拉屎撒尿全部是她管。”记者亲眼目睹,敦子夫人担

心矿泉水凉,先喝一口,然后嘴对嘴喂给丈夫。

 

重病中的庄则栋最放心不下的也是夫人。“妻子现在没有医保,没

有工资,如果一碰到困难,就会非常麻烦。作为丈夫,她能为了我

连国籍都不要了,我能不考虑她吗?” 老人说这话时眼眶噙满泪

水,夫人则早已泪流满面。

 

与庄则栋相交甚笃的文怀沙感慨:“敦子夫人得到庄则栋的爱,她

是幸福而富有的,今后我有饭吃,她就饿不着。”

 

8日中午,庄则栋病情急转直下,院方通知家属考虑准备后事。在

佐佐木敦子赶回家中取衣服的两个小时里,庄则栋不断用微弱的

声音呼喊着夫人的名字,执意 让人用手机拨通她的电话: “敦子,

你快回来吧,不然咱们就见不上了。”敦子赶回病房后,他才安静

下来,闭着眼睛紧紧拉着敦子的手。 同时伸出另一只手,让儿子

庄飚握住。

 

守在身边的人问道:“你拉的是谁的手?” 庄则栋回答说是前妻,

站在旁边的鲍蕙荞赶紧上去,从庄飚手里接过庄老的手: “我是

蕙荞。”除夕夜,鲍蕙荞还将一顿丰盛的年夜饭带到病房,“敦子

夫人太劳累了,我们怎么也要吃顿团圆饭。”

 

亲人眼中的庄则栋:他做人做得挺帅的

 

两位专程从日本赶来的内弟,谈到对姐夫的印象说:“庄先生是世

界冠军,相当了不起。但他平易近人,关心别人;与姐姐的异国姻

缘,在日本也有很高知名度。”

 

与庄老认识十几年的首都体育“三老”(老运动员、老教练、老体育

工作者)协会杨丽萍认为,“庄老给我印象最深的是他的品质。 

能够忍辱负重,不管别人说什么,都能面对,有大将风度。”

 

庄飚谈到父亲时说:“我这辈子没怎么见过我爸。但我很佩服父亲。

一个人这辈子做到这份上,不是常人所及的。他做人做得挺帅的,

骨子里有股霸气。”女婿对他的评价是:“一个豁达、乐观的人,见

过大风大浪,从不怨天尤人。”

 

即便在重病期间,庄则栋仍关心时局变化。他每天都看电视、上

网了解新闻,还经常与别人讨论时下热点话题。

 

临终最想致电文怀沙和范曾

 

生病期间,庄则栋得到了社会各界的爱心。国家体育总局新老领

导和许多当年的老队员十分关心他的病情,有的打电话,有的送

贺卡,有的托人带话。 李富荣、姚振旭、梁友能等前队友到医院

表示慰问。国家体育总局乒羽中心、北京市教委、首都体育“三老”

协会、北京市少年宫等单位负责人多次探望。文艺界的老演员及

社会知名人士也纷纷到医院慰问。 庄老曾经教过的原国家队队

员李鹏从日本赶回,在恩师临终前见了一面。

 

为庄老的治疗和经费问题,北京市教委系统多方协调,市社保部

门尽量关照。 国家体育总局送去自费药补助,还从2009年开始

每月发给他4000元人民币。 庄老放化疗过程中的自费部分,经

中央领导批示,从专项经费中得以解决。 对此,庄则栋多次表达

谢意,感到“很知足”。

 

病危时的庄则栋,最想打电话给两位文化大家文怀沙和范曾。在

住院后不久,被庄则栋称为“尊敬的恩师和大哥”的范曾,几次从

国外打来电话,极为关心。文怀沙曾到医院探望。 他说:“庄则栋

不论此岸、彼岸,不论天上、人间,都是中华的精英,了不起的人

杰。他永远是中国人民的好儿子。”

 

9日早,庄则栋已出现临终前的多种症状,但他仍然坚持着。上午

10点多,他急切盼望见到的国画大师范曾来到病榻前,不仅送来

了给他的题字 “小球推大球,斯人永不朽”, 而且还用时 20分钟

为他画了一幅素描画。 庄则栋出乎人意料地坚持坐起来,极力睁

大眼睛,力求给人留下自己最佳状态的形象。

 

国际乒联终身名誉主席徐寅生在得知庄则栋去世后,在微博上表

示悼念:“小庄,一路走好!”国乒教练、队员也集体发微博表示对

这位前辈的哀悼和怀念。

 

不仅是各界名人,很多与庄则栋素昧平生的普通人也关注和帮助

着这位中国乒坛功勋人物。松下集团为庄老安装了能热水冲洗的

座便器,联想集团派人免费修理电脑。还有些老街坊,经常做出可

口的饭菜坚持给庄则栋送饭。在内联升鞋店工作了42年的老职工

李久恒执意自己出钱并为庄老挑选了一双棉鞋,“我特别佩服庄则

栋。让庄老穿着我送的鞋走,是我一生的荣耀”。

|

« 2707中国の三面記事を読む(1064) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(2)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (上) | Main | 2709中国の三面記事を読む(1066) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(上) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2707中国の三面記事を読む(1064) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(2)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (上) | Main | 2709中国の三面記事を読む(1066) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(上) »