« 2717中国は見る(1474) 安倍訪米(上) 安倍首相 米国で尖閣について語る | Main | 2719中国は見る(1476) 2013年度 アカデミー賞 発表(上) »

2718中国は見る(1475) 安倍訪米(下) 日米首脳会談 安倍晋三 冷遇される 

 

 

日米首脳会談 安倍晋三 冷遇される 

オバマ大統領 尖閣に一言も触れず


日美首脑会谈安倍晋三遭冷遇 奥巴马只字不提钓鱼岛

2013022402:09   来源:新快报

2522日、オバマ大統領(右)と安倍晋三首相 

ワシントン ホワイトハウスで会談

日米首脳会談  安倍晋三  冷遇に遭



新華社報道:オバマ米大統領と日本の安倍首相は現地時間22

ホワイトハウスで会談を行った。 日中関係緊迫している尖閣

について、オバマ大統領と安倍首相は意見を交換した。  2人は

ホワイトハウスの 楕円形の部屋で、記者会見を 行っ

時、安倍首相、これまでどおり尖閣諸島を 冷静に対応する

語っ、オバマ大統領は中国と尖閣の議題には 一言も触れ

かった。

通訳に尖閣の内容を追加させる

新華社報道によると、オバマ大統領と安倍首相は、安全保障政治

外交の議題について会談を行った。  その後、人は昼食の際、

済問題について話し合った。


アジア通信が外務省のニュースを引用して報道したところによると、

中関係緊張している尖閣問題について、オバマ大統領と安倍

首相は意見を交換すると共に、中国の最新動向について分析を行

った。  オバマ大統領は日本政府にこの問題を平和裏に解決する

よう求め、安倍首相は“日本はこれまでどおり、冷静にこの問題を

対応する”と述べた と伝えた。


会談後記者会見で、安倍首相再度日本は米国との同

盟関係を基礎に、米国と協調して、尖閣と南シナ海などの地の議

題を話し合った”と述べた。 その間、通訳が安倍首相言葉を伝え

、尖閣の内容が漏れているのを、安倍首相が気付いて追加させ

た。



安倍首相更に人は日米同盟の具体策と方向強化につい

話し合ったと述べ、日米同盟の“信ときずな”はすでに完全に回

復したと語っ



TPPについて、共同声明を発表


オバマ大統領は会談の内容を記者団に紹介した時、“日米同盟は

米国のアジア太平洋の安全保障政策の基礎だ” と述べた。 オバ

マ大統領は、“2人は多の安全問題について密な協議を行った。 

朝鮮が最近行った核実験懸念について、両国これに対し

い制裁」取ること約束た” と語った。  安倍首相は、“

朝鮮核実験を行ったことは容認できない。  「しっかりとこの問

題を処理する”と語っ



だが、オバマ大統領は 共記者会見の際、中国や尖閣

ついては触れなかった。 会談の後、双方は《太平洋経済連携

定》(TPP)について共同声明を発表した。 声明では、両国政府

は、日本がTPP交渉に参加する場合には、すべての物品が交渉

の対象になる。 またTPP交渉に参加する場合あらかじめ、一方

的にすべての関税撤廃約束するように求められるものではない 

ことを確認する と した。



シンクタンクで講演 また尖閣に触れる



安倍首相 “主権”に対する挑戦は容赦しない

 

米国東部時間22日午後時、安倍首相は米国のシンクタンク“米

戦略国際問題研究”で“日本は戻って来た”と題する講演を行

った。  全講演、安倍は安全保障と経済の面から、世界に

日本帰って来た”と宣言した。



45分の、安倍首相は英を使って演説し、 その後、その場で

問を受けた。   安全保障の話題、安倍首相は主に朝鮮

制裁、 尖閣諸島問題、日本国防予算を 増加する 問題など

について語った。   注目集めた尖閣紛争について、安倍首相

は強い言葉遣いで、“日本は尖閣に主権を有している重ねて

語り、“日本領土の主権に対する挑戦には容赦しない。  国際社

会は米国と日本の強同盟関係に疑念を差し挟むべきではない。 

日本をエスカレートさせるつもりはない。 日中関係は日本

にとっても重要な二国間関係の一つであり、日本は中 二国

人の交流を推進している。  日中間の協力は相互に利益

もたらすべきである” とも述べた。


安倍首相尖閣問題ついて、日本のドアは開け常に開いてい

る。 日本は米国と共にと世界の法の支配、民主主義安全

を推進していくと述べた。   質問に対して、安倍首相は、オバマ

大統領との会談の中で、オバマ大統領は日本の防衛義務について、

《日安保条約》第条は尖閣諸島に適用されると述べた”と語った。


安倍首相は、米国、日本韓国一緒に、朝鮮に対する

措置を実施するよう、共に国際社会を通じて中国に圧力を加える

よう呼びかける” と述べた。 国防予算について、安倍首相は、“日

本自身は長期のデフレにあり、緊縮財政政策を取らないといけない。 

しかし、こうした 状況にあっても、日本は 国防予算の 増加を決定し、

米国と共にアジア地の安全を守ることにした” と述べた。 アナリ

ストによると、 これは日本が 11年振り に国防予算を 0.8%増加し、

520億ドル相当まで増加するという



経済方面については、安倍首相は“アベノミクスという政策を持ち出

し、日本政府銀行、株式市場力な措置を取り、日本の物価目

標2%設定し、60雇用生み出し、同時に輸出入貿易を拡

大して、日本に第経済体の地位を維持させ、米国、中国、インドなど

日本の経済発展から利益を受けさせるようにすると語った。

国際レポート



国 冷たくあしらう 安倍首相の皮算用  当てが外れる



250安倍首相は22ホワイトハウスオバマ大統領

会談を行、何とか 彼の首相就任後 の一大願望を

果たした。  しかし、喜ぶ安倍相は国から“冷た

扱い”に遭った。 米国はできる限り控えめな対応を取り、“米国

カードを切り、張り切っていた 安倍首相の思惑はだいぶ 割引

れてしまい、安倍氏は“タカ派” 態度おとなしくせざるをえ

った



安倍氏の当初の訪希望が、1月はオバマ大統領の業務多忙を理

由で、当てがはずれたことはさておき、今回の安倍の訪問につい

ても、米対応は控えめだった。 たとえば、安倍訪米重要イベ

ントは、22昼にオバマ大統領と 昼食を共にしながら会談する

ことだけだった。 その上、双方は通常行われる大型の共同記者会

はなく、会談の合間に慌ただしくホワイトハウス記者団との小さ

な記者会見だけだった。



オバマ大統領の態度は実務重視の姿勢で、安倍首相が尖閣問題

オバマ大統領の後押しを期待した願いも期待はずれに終わった。

オバマ大統領記者会見で、日米同盟は アジア太平洋の安全保

障を確保するため日米協力は大事な基礎だと簡単に触れただけだ

った。 オバマ大統領は、北朝鮮の挑発に対しては強く対応しなけ

ればならないとはいったが、尖閣や安保条約問題については

一言も触れなかった。

 

日美首脑会谈安倍晋三遭冷遇 奥巴马只字不提钓鱼岛

2013022402:09   来源:新快报



■22
日,美国总统奥巴马(右)和日本首相安倍晋三在华盛顿白宫

会谈。 新华社发


日美首脑白宫会谈 安倍晋三遭冷遇



综合新华社报道 美国总统奥巴马和日本首相安倍晋三当地时间

22日在白宫举行了会谈。 就导致中日关系紧张的钓鱼岛问题,

奥巴马和安倍交换了意见。 两人会后在白宫椭圆形办公室共同

会见记者时,安倍称日本一直以“冷静方式”处理钓鱼岛问题,而

奥巴马则只字未提中国及钓鱼岛的议题。



提醒翻译补回钓鱼岛内容



据新华社报道,奥巴马和安倍首先就安全、政治和外交议题举行

了会谈。之后,两人在进行工作午餐时就经济问题进行了讨论。



日本新闻网援引日本外务省透露的消息报道称,针对导致中日关

系紧张的钓鱼岛问题,安倍和奥巴马 交换了意见,并就中国方面

的最新动向进行了分析。奥巴马要求日本政府和平解决这一问题,

安倍首相表示“日本一直冷静处理这一问题”。


在会谈后共同会见记者时,安倍再度表示,日本始终以与美国的

同盟关系为基础,与美国协调来处理 钓鱼岛和南海等区域议题。

其间,翻译人员在转达安倍的答话时 漏掉了有关钓鱼岛的内容,

安倍也予以提醒补回。



安倍还表示,两人就加强日美同盟的具体政策和方向进行了讨论。

他称,日美同盟的“信任和纽带”已经完全恢复。



TPP发表联合声明



奥巴马在两人会谈后向记者介绍会谈内容时说,美日同盟是美国

在亚太安全和政策的基石。 他还说,两人就多个安全问题进行了

密切磋商。  奥巴马特别提到两国对朝鲜最近进行核试验的担忧,

他承诺两国将对此采取“强有力行动”。 安倍也称,不能容忍朝鲜

进行核试验,他承诺将“坚定地”处理这一问题。



不过,奥巴马并未在两人共同会见记者时提及任何中国以及钓鱼

岛的议题。会谈后,双方还就《跨太平洋战略经济伙伴协定》(TPP

发表了联合声明。 声明说,两国政府确认,如果日本加入TPP

判,谈判将包含所有商品。     同时两国确认,在加入TPP谈判时,

不必事先承诺单方面取消所有关税。



在美智库发表演讲再提钓鱼岛



安倍称不容忍“主权”遭挑战



美国东部时间22日下午4时,日本首相安倍晋三在美国智库“美

国战略与国际问题研究中心” 发表演讲, 主题为 “日本回来了”。

在整个演讲过程中,安倍从安全和经济两个方面,试图向世界宣

誓,“一个强大的日本回来了。”



45分钟内,安倍首先用英文发表了演说,之后接受了现场提问。

在安全议题方面, 安倍主要 谈了对 朝鲜实施制裁、 钓鱼岛问题、

日本增加国防预算等议题; 在谈到备受关注的 钓鱼岛争端时,安

倍措辞强硬,重申“日本对钓鱼岛的主权”,并称“不会容忍日本领

土主权受到挑战,国际社会不应该怀疑美国与日本之间强大的同

盟关系。” 他表示,日本无意推动事件升级,中日关系是日本最重

要的双边关系之一,日本正推动中日双边人员交流, 中日之间的

合作应是互惠互利的。



安倍称:“对待钓鱼岛争议,日本的大门是敞开的。 日本将与美国

一道推动地区和世界范围内的法制、民主和安全。”在回答提问时,

安倍表示,在他与 奥巴马的会谈中,奥巴马 重申了美国对日防卫

义务,《日美安保条约》的第五条适用于钓鱼岛。


安倍还表示,美国、日本和韩国应该一道,共同呼吁国际社会向

中国施压,推动对朝鲜实施强有力的制裁。在国防预算方面,安

倍表示,日本本身经历了 长期的通货紧缩,也需要 紧缩的财政

政策,但在这样的情况下,日本还是决定增加国防预算,和美国

共同维护亚洲地区的安全。 有分析人士指出,这将是日本11

来第一次增加国防预算,将增加0.8%,增长到520亿美元。



在经济方面,安倍抛出了他自称为“安倍经济计划”的政策,强调

日本政府将在银行、股市方面采取强力措施,推动日本经济增长

2%,增加60万个就业机会,同时扩大进出口贸易,使 日本保持

第二大新兴经济体地位,并称美国、中国、印度等国 将从日本的

经济发展中受益。



国际观察



美方刻意低调安排 安倍如意算盘落空



日本首相安倍晋三22日在白宫与美国总统奥巴马举行会晤,总

算是了结了他上任后的一大心愿。 然而,兴冲冲的安倍遭遇了

美方的“冷处理”,美方刻意低调安排他的访问,令其大打“美国

牌”的如意算盘打了折扣,其“鹰派”表态不得不有所收敛。


且不说美方1月份以奥巴马事务繁忙为由让安倍首访美国的希

望落空,就是对本次 安倍的访问,美方的 安排也是处心积虑地

低调。 比如,安倍访美重要官方活动只有一场,即22日中午与

奥巴马会谈和共进午餐。 而且,双方居然没有按常规举行大型

联合记者会,只是在会谈间隙 仓促地向白宫记者团进行了小范

围吹风。



奥巴马的公开表态也很讲究技巧,让安倍期待奥巴马在 钓鱼岛

问题上公开为日本撑腰的愿望落了空。 奥巴马在吹风中简单地

提到,美日联盟是确保亚太安全和美日合作的关键基础。 他除

了表示需要有力应对朝鲜的挑衅外,只字未提 钓鱼岛和日美安

保条约问题。

|

« 2717中国は見る(1474) 安倍訪米(上) 安倍首相 米国で尖閣について語る | Main | 2719中国は見る(1476) 2013年度 アカデミー賞 発表(上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2717中国は見る(1474) 安倍訪米(上) 安倍首相 米国で尖閣について語る | Main | 2719中国は見る(1476) 2013年度 アカデミー賞 発表(上) »