« 2708中国の三面記事を読む(1065) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(3)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (下) | Main | 2710中国の三面記事を読む(1067) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(中) »

2709中国の三面記事を読む(1066) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(上)

 

荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話 鄧小平が結婚を許可


庄则栋与佐佐木敦子的传奇婚恋 邓小平批准结婚
2013
021019:23 来源:新民周刊

990

則棟と愛妻佐々木敦子 

2013年2月10日、中国卓球界のであり、中米 ピンポン外交の

功労者則棟、癌の病魔と壮烈に闘った後、治療効なく10

日午後06分に北京で病死した。 享年73歳。



2008年7則棟は直腸癌末期と診断された。 それ以降夫人

の佐々木敦子さんは、ずっと彼の傍に付き添っていた。 中国卓球の

世界選手権大会連覇”した選手して、則棟は優れた功績

上げた。 また国家体育運動委員会の主任になったことがある“文

革”重大な誤りを犯した。

 

991過去を振り返ると、則棟は栄の最高峰に登りつ

め、順調に昇進した。  投獄された後、今度は日本

性・々木敦子さんと“時空を超えた思いがけな

結婚を果たした。  彼らの結婚は、則棟の 涯で 一番貴重

な心の財産なり、同時に中国スポーツ界の永遠に伝えられるメル

ヘンとなった……

 

離婚は必然的な選択



いこと卓球取材記者として、則棟何度か長く話した

ことがある。 印象だが則棟は葉永烈、肖関鴻など 少数の記者、

作家の取材を受けた以外、ほとんどすべての取材を断っている。 

 

だから則棟に関する報道は、新聞雑誌上で見ることはあまりなか

った。 数年前私は楊浦区のホテルで則棟取材をしたことが

あります。 “文革”は則棟の避けて通れない経歴ですが、

は“文革”の話はしませんでした。  “文革”を話さなかったの

は、別にわざとけたわけではありません。  みんな知っていること

ですが、 “文革” を持ち出すと、は うんざりした顔をするからです。 

また、則棟の“文革”中の悲劇は、彼の個人悲劇だけではなく、

民族全体の悲劇であり、この点について、“文革”を経験したなら

みな同情と理解ができると思います。 しかし、彼の時の妻、ピア

ニストの鮑、外から見た感じでは、彼を理解できなかったよう

で、離婚を選択しました



、年配のなら、当時の“小さいトラ”則棟をみな知っています。

また当時の中国の“ピンポン外交”を覚えているでしょう。 “小さ

ピンポン玉が、米国を開いたり、日本を開けたことを……

則棟が卓球界で目覚ましい歳月を送っていた時、鮑蕎も国際

ピアノ界は頭角を現わし輝かしい洋の新星っていた。 

当時わずか21歳の彼女は、ジョルジュ・エネスク国際音楽祭で第

となった。  2人はある紹介で知り合い、急速に恋愛関係

発展し、結婚話が進んだ。


一方は世界チャンピオン、もう一方はピアノ演奏家です。  

婚後、則棟は北京の鮑蕎の実家に住むことになった。 そこは

門も庭も 別々の四合院旧式の家で、鮑蕎の父は水力発電の

専門家だった。 2人のは詩情的な味わいがあり、とてもうまく

いっていた。 しかし、“文革”到来するにつれ暗い影が覆い始

めた。

 

当時の《文匯月刊》に、報告文学《容国団の死》を書い

ている。 学校は休講、スポーツは訓練を中止、全国的に上から

下まで政治運動を始めた その退屈でたまらないの中で、

則棟ら多くのメンバー、ラケット触らず、卓球室卓球台は埃が

かぶっていた……則棟は最初は、元国家体育運動委員会の 栄

高棠主任の批判闘争に反対したため、“修正主義の黒エリート”

れ、批判対象になった。 更に恐ろしいことが起った。 則棟

判闘争を受けた3ヶ月あまりの間に、彼のコーチ傅其芳、永寧と

チームメイトの容国団、我慢できない 辱め、無実の罪を受けた

め、次々と首をつって自殺し 卓球界の3傑が自殺して死亡した

後、周恩来総理自ら直接乗り出し則棟は“自由”となった。 しか

、すぐに則棟はまた“人組”利用され、国家体育運動委員会

の主任に就任した。

 

則棟の“ロケット”出世は人の間に問題を起こすことになった。

間もなく、鮑蕎の父は病気で亡くなった。 この時、81歳の高齢

の鮑夫人は娘一一緒に住んでい 蕎は回想録の

中で、その日のことを、このように書いている。 

 

最初の頃のあの幸福幸せだったことは、もう遠い昔のことになり

した。 私は、2の子供斓斓を生むことを思い出します。

その頃、体育委員会の主任で、彼あの人情味のない

に、操られ、おだてられ、自分有頂天になっていました。  出産

、彼は忙しそうにやって来て、 これから外国の客と会なけれ

ばならない。 じゃあまた と言うのです。  一人病院に残り、

出産心配、恐れ苦痛を堪え、がとめどなく流れました。  午後

になっても、彼はやって来ません。  の後、彼はやっと産室現れ

した。  でも彼は手を後ろに組んで、まるで自分の妻を見ているよ

じゃりません。  大幹部が視察でもしているようでした。 後ろには、

上級指導者の身分を示す随行者もついていました。 まるで

温かみが感じられませんでした 昔の誠実、親切で、恥ずかしそ

にしていた青年の様子は、彼のその時の姿からは まるで見られま

せんでした。



“4
人組”が倒された後、則棟はまた政治の渦に巻き込まれ、4年

隔離審査となりました。 その時、鮑は、巻き添えを受けない

ため、則棟離婚するよう勧められました。  数年来、夫とは多く

の面で食い違いがあり、当時の状況確かに 鮑蕎に受け入れ

られないものでした。 8歳の息子の飆は毎日他の子供から

されたりイジメにあっていました。 雪が降には、別の子供から

雪を詰め込まれるような目に遭い、家に帰ってくるや、を流し

お母さんにくやしさを訴えました……

 

数年後、記者に対し、あの頃の記憶を整理し、気持ちを高

ぶらせつつ、“自分子供のため、一線を画するとすれば、離婚は確

かにいい方法でした しかし私はそうできませんでした(荘則棟

気持ちに重大な問題はありましたけれど)、私はそう簡単に自分の

家庭を壊すことができませんでした 蕎は極力この“戦争もし

なければ講和もしない”家を維持しようと思っ



1980年、則棟は隔離を終え釈放されて家に戻った。 政治上

則棟の最後の“判決”は、 “党内外のすべての職務を取り消し、

党を除名する。 重大な政治的誤りを 犯したことは、人民内部の矛

盾に属する” だった。 要するに則棟は“文革”前に功労あれど、

文革”中に誤りありということだ



さてこの時、鮑蕎と則棟の人の気持ち、すでになにも通うも

のはなく、取り戻すことができないひび割れが生じていた。 苦難に

満ちた生活を5続けた後、冷静に協議を経て、鮑蕎と則棟は

北京東城区政府で離婚手続きを行った。 区政府から出ると、2

交差点で微笑みながら握手して別れた。 余計なことはわず、

20数年前彼らがを開いた時のように、離婚きわめて自然

に行われた。 人々は、残念がることもくこともく、もともとこうな

るのが当然だと思っているようだった。 一男一女を生んだ鮑

20になる息子はピアノが上手である。 彼より年下の

女の子は、現在、バイオリンを習っている。  この人の子供は将

来、スポーツ選手ではなく、演奏家になりそうだ。  すでに48歳の

則棟もなく“天命を知る”50歳なり、一人ぼっちとなる。



 

庄则栋与佐佐木敦子的传奇婚恋 邓小平批准结婚
2013
021019:23 来源:新民周刊



组图:盘点庄则栋与爱妻



2013
210日,中国乒坛宿将、中美 乒乓外交功臣庄则栋,在

与癌症病魔作了顽强抗争后,终因治疗无效,于今天下午1706

分在北京病逝,终年73岁。



自从20087月 庄则栋被确诊患有直肠癌晚期后,他的夫人佐佐

木敦子一直陪伴在他的身边。作为中国第一位乒乓球世界大赛“三

连冠”的选手,庄则栋立过奇功,又曾是国家体委主任,在“文革”中

犯有严重错误。 回首往事,他曾经一度达到了荣誉的顶峰,官运亨

通,在身陷囹圄之后,又与东洋女子 佐佐木敦子 演绎一场“穿越时

空”的传奇婚恋。他们的结合,成为他一生中最宝贵的情感财富,同

时也书写了中国体坛一段永恒的童话……



分手是必然的选择



作为曾长期采访乒乓球项目的记者,我和庄则栋有过几次长谈,印

象中,庄则栋除了接受过叶永烈、肖关鸿等 少数记者、作家的采访

外,几乎谢绝了 所有的采访者,所以,有关他的报道在报刊上见得

很少。 记得多年前,我在杨浦区的一家宾馆里采访了庄则栋,虽然

文革”是庄则栋的一段绕不开去的经历,但那次谈话没有涉及“文

革”。不谈“文革”并不是要刻意回避什么,而是大家都知道,一谈起

文革”他就会头痛。另外,庄则栋在“文革”中的悲剧也不仅仅是他

个人的悲剧,而是整个民族的悲剧,关于这一点,相信每一个从“文

革”中过来的人,都会给予同情和谅解。然而,他当时的妻子,钢琴

家鲍蕙荞,给外界的感觉,似乎是并没有谅解他,而是选择了离婚。



今天上了一些年纪的人,都知道当年的“小老虎”庄则栋。人们也许

还记得当年中国的“乒乓外交”,“小小银球”曾敲开美国的大门,日

本的大门……在庄则栋扬威乒坛的岁月,鲍蕙荞也在国际钢琴界崭

露头角,成为一颗闪耀的东方新星。当时,只有21岁的她就在乔治·

艾涅斯库国际钢琴比赛中获得了第五名。两人经人介绍,很快确立

了恋爱关系,谈婚论嫁了。



一个是世界冠军,一个是年轻的钢琴演奏家。婚后,庄则栋住在北京

鲍蕙荞的娘家,这是一所独户独门的 四合院,鲍蕙荞的 父亲是水电

专家。    他们的结合原本很诗意、很完美,然而,随着“文革”的到来,

一切都开始蒙上阴影。 本刊记者曾在当年的《文汇月刊》上写过报告

文学《容国团之死》:学校停课,运动队停训,全国上下都在搞政治运

动。  在那些百无聊赖的日子里,庄则栋等许多队员,都不摸球拍了,

乒乓房的球桌上悄悄蒙上了一层浅灰……庄则栋最初因为反对批斗

原国家体委主任荣高棠,被指为 “修正主义的黑尖子”, 也成了批判

对象。更加恐怖的是,在庄则栋被批斗的三个多月里,他的教练傅其

芳、姜永宁和队友容国团,因为受不了 种种羞辱、冤屈,相继上吊自

杀。  乒坛三杰自杀身亡后,在周总理的亲自过问下,庄则栋获得了

自由”。但很快,庄则栋又被“四人帮”利用,当上了国家体委主任。



就在庄则栋“火箭”蹿升之后,两人的感情出现了问题。不久,鲍蕙荞

的父亲因病离开人世,此时,81岁高龄的 鲍老夫人仍和女儿一家住

在那里。 鲍蕙荞在回忆录中对那段日子这样写道:最初的那种幸福

与甜蜜早已远离了我。我突然想起我生第二个孩子斓斓的时刻。 那

时庄则栋已是体委主任,他被那群没有人味的人 绑上了战车、捧上

了天,自己还在飘飘然之中。 在分娩前,他匆匆地对我说:“我还要

去会见外宾,我先走了。”我一个人留在医院,独自忍受了分娩时的

担忧、恐惧和痛楚,眼泪禁不住流了下来。一个下午,迟迟不见他来,

后来,他终于出现在产房里。他背着手,不像在看自己的妻子,倒像

一个大干部在巡视工作,身后还跟着一位最能标志首长身份的随从。

我实在感觉不到有半点温暖。当年那个真诚、热情、羞涩的青年,怎

么在他身上连点影子都没有了呢?



粉碎“四人帮”之后,庄则栋再一次陷入政治漩涡,被隔离审查4年。

那时,有人劝鲍蕙荞和庄则栋离婚,这样可以不受牵连。 当时的情

景的确是让鲍蕙荞难以承受的,多年来自己与丈夫在许多地方有分

歧,而8岁的儿子庄飙每天都要遭受其他小孩的嘲笑或打骂,下雪

天还要听任别的孩子往脖子里塞雪,回到家里他眼泪汪汪地向妈妈

诉说着委屈……


多年后鲍蕙荞向记者重新梳理那段记忆时,曾动情地说:“如果为了

自己和孩子,为了表白划清界限,离婚的确是个办法。 但我还是不

能那样做(尽管与庄的感情已出现了严重问题),我仍然不能那样轻

率地对待自己的家庭。” 鲍蕙荞还想极力维持这个“不战不和”的家。



1980
年,庄则栋被结束隔离释放回家。 政治上对庄则栋的最后“判

决”是: 撤消党内外一切职务,开除出党,犯有严重的 政治错误,属

人民内部矛盾。应该说,庄则栋在“文革”前有功,在“文革”中有过。



此时,鲍蕙荞与庄则栋两人的情感世界,已经名存实亡,出现了无可

挽回的裂痕。艰难维系5年后,经过冷静协商,鲍蕙荞和庄则栋在北

京东城区政府办理了离婚手续。 从区政府出来,两人在路口微笑着

握手言别。 一切都不用多说什么了,就像20多年前他们举行婚礼一

样,离婚也是极其自然的。 人们既不惋惜,也不惊奇,好像事情本该

如此。 所生一子一女都跟着鲍蕙荞,将满20岁的儿子弹得一手好钢

琴,比他小8岁的女儿,正在攻小提琴,这两个孩子将来会成为演奏

家而不是运动员。已经48岁的庄则栋,在他行将进入“知天命”之年,

显得那么孤单。

 

|

« 2708中国の三面記事を読む(1065) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(3)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (下) | Main | 2710中国の三面記事を読む(1067) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(中) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2708中国の三面記事を読む(1065) “ピンポン外交”の荘則棟氏 死去(3)荘則棟氏 最後の時 夫人の医療費の支払いを心配 (下) | Main | 2710中国の三面記事を読む(1067) 荘則棟と佐々木敦子の結婚秘話(中) »