« 2679中国の三面記事を読む(1057) 北京の大気汚染 深刻(中) 全世界が北京の大気汚染を話題に ① | Main | 2681 中国は見る(1451) 鳩山元首相 尖閣は係争地発言・南京で謝罪(上) »

2680中国の三面記事を読む(1058) 北京の大気汚染 深刻(下)全世界が北京の大気汚染を話題に ②


全球都在议论北京大雾

2013011414:41:57   来源: 环球时报

 

中国はどうやったら“魔王のねぐら”に入らないですむか?

北京の家で、私は毎朝、同じように過ごしていた。 起床、

コーヒーを入れ、ネットで空気の汚染指数を検索し、ちょっ

とがっかりする” 北京で編集の仕事をしていた英国人クラ

リッサさんは、最近、ブログの中でこう書いている。 北京

と比べると、ロンドンの家に戻ると、ほっと感じる。 ロン

ドンで、人々が雑談している話題は雨の話で、汚染の話では

ない。 “私は冗談にこう話してるんです。 汚染のすごい

時、車で北京に入るのは、まるで モリア に入るような感じ

(ハリウッド映画《ロード・オブ・ザ・リング》の魔王のね

ぐらの入り口に入るようなものです――編者注)です。 こ

れと比べると、イギリスのよく変わる天気など、なんてすば

らしいことかと思えるほどです” クラリッサさんがブログ

で出した結論は、“今の北京の汚染は、かってのロンドンの

ようだ”という。

1952年のロンドンスモッグ事件、これは人々が、空気汚

染を話題にする時、よく例に出すもので、クラリッサさんも

話題に出した。 ブログによると、60年ばかり前の12月、

深い濃霧がロンドンを襲った。 零度に近い室温で人々は家

で石炭を燃やし冬を過ごそうとした。 石炭の煤煙と風速の

低さにより、濃いスモッグが発生し、可視度は数フィートま

で落ち、公共交通、映画館、スポーツセンターはすべて閉じ

られ、約4000人が濃霧の中で死亡した。 その大部分は

少年、老人と呼吸器疾患の人達だった。 

 

イギリスにとっては、その“殺人濃霧”は災難であり、チャ

ンスにもなった。イギリス政府は野党と人々の批判から、適

切な改善策を取り、1956年《大気浄化法》を制定した。 

 

《汚染発明:1800年以来のイギリスの石炭、スモッグと

文化》   イギリスの作家・ピーター・ソーセイム氏は言う。 

自分と隣国のため、中国がやるべきことは、イギリスの誤り

の中から教訓を汲み取ることだという。 ブログは更に、中

国の問題は空気の汚染問題が深刻なことと、それが中国の人

々の身体を悪くしていることを、十分に重視していないこと

だと書いている。

北京は世界の大都市の空気ランキングでますます最下位に

近づいた” ロシアの「イズベスチヤ」紙は12日、“日に

日に悪化する空気で「北京は窒息し始めた”と書いている。 

ドイツの週刊誌「シュピーゲル」の北京駐在記者が13日、

北京は“世界最悪の都市の一つ”だとし、彼は次のように書

いている。  “北京の汚染は西欧では想像できないものだ。 

北京の空気はテヘランやカイロにも及ばない。 

 

同日、西方メディアは同様な対比をしていた。 その中には、

《ニューヨーク・タイムズ》の、北京の pm2.5指数 は

755前後に達した。  ニューヨークの指数は19だと書い

ている。  イギリスの《国際商業時報》は、ロンドンの現在

のpm2.5指数は25だと書いている。



Ap通信は、世界保健機構が2011年9月、初めて発表し

た世界の都市の空気ランキングの中で、イラン南西部フチス

タン省の省都のアバシが世界で最も汚れた都市となった。 

 

北京は世界で最も汚い首都のランクで10番目となり、空気

の汚れはウランバートル、ハボローネ、ニューデリー、イス

ラマバード、リヤド、ダカール、カイロ、ダッカ、クウェー

トより少しいいだけだ。 

 

カナダの《デジタル紙》が12日、「汚い空気は世界の気候

に影響ないと言っている人達にとって、北京の空気の話題は

世界情勢にとってよい指針となる」と伝えた。 また201

0年、米国NASAが発表した世界pm2.5指数の監測図

も掲載している。 記事によると、このかすかな微粒子がシ

ベリア、アンデス山脈、オーストラリア内陸部に現われ、全

世界でどんどん増加しているのがわかる。 北京は濃い赤色

に表示されている。 この微粒子が北京を“ガス室”に変え

ていっているということだ。

空気をきれいにするためには、時間がかかる

2012年、“尖閣購入”騒動で、中国人の多くの人が石原

太郎東京都知事の名前を覚えた。  しかし、2003年、日本

人の多くは彼のこのような写真のことを覚えている。 東京都

の空気汚染対策の記者会見で、石原知事は黒く汚れた瓶を

手にし、会見上の記者達に、“東京都の空気汚染の最大の原

因は大型ディーゼルが排出するこれらの黒い粉塵だ”とし、

彼は規準を超える大型ディーゼル車の東京都への乗り入

を禁止する提案を行った。 これが発端となり、千葉県なども

同様な政策を実行し始め、日本の空気は大幅に改善された。



空気をきれいにする問題は一朝に実現できるものではあり

ません。 政府が固い決意で臨み、ガイドラインを策定、実

行しなければいけません”

 

ロンドン政治経済学院気候問題研究学者のワード氏は、《環

球時報》に対してこう話してくれた。“当時、ロンドンの地

下鉄は、「値段が安く品質も良かった」石炭を燃料としてい

た。 その結果、空気中に有毒の硫黄ガスが充満しただけで

なく、ロンドン中が真っ黒になってしまった。 ロンドン当

局は、この結果をとてもよくないことだとすぐ気付き、次々

に蒸気機関車、電気機関車の研究開発に乗り出し、そしてや

っと、今日のような環境保護や経済へと発展したのである。 

ワード氏は、“北京はもとより中国の環境問題は、経済発展

と関係があります。 政務担当者は、都市環境をいい加減に

見過ごしてはいけません。 絶えずグレードアップする必要

があります。

 

かっての高エネルギー消費経済成長パターンの問題以外に、

米国の《外交政策》紙は、去年9/10月号の、“大規模都

市の殺傷的武器”と 題する記事によると、中国の問題は中

国の自動車への愛が熱烈な恋に発展したことにあるという。 

過去5年、中国は2万マイル( 1マイル=約1.6094

キロ)の高速道路を建設し、全国を結ぶ 12本の高速道路

建設を完成させた。 これは当初の日程よりなんと13年も

繰り上げたもので、そのスピードは 米国の大陸縦断ハイウ

エイ建設の4倍にも達するものだった。  過去10年、上

海の約1500マイルの道路建設だけで、マンハッタン3

個分に相当する。 予想では2020年までに、中国の都

市の人口は3億5千万増加すると見込まれている。 すな

わち、今後10年もしないうちに、中国の都市人口増は、

米国の総人口に相当することになる。 しかも現在の中国

は、1950~60年代の米国のように、都市の自動車の

数が爆発的に増えている。 中国は米国が超大国へ向かう

時、犯した過ちの轍を踏んでおり、問題は当時の米国より

もっとひどくなっている。 北京の対応策は、どんどん道

路を拡張することで、これはバンドを伸ばして細身に見せ

ようとしているようなものだ。 新興超大国に望みたいこ

とは、公共の交通、歩、自転車を最重要なことと認識す

ることだ。 これは一見おかしなことと思われるかもしれ

ないが、そうすることが、人類が未だかって経験したこと

がない社会と環境の災難から逃れることができることであ

る。


 

全球都在议论北京大雾

2013011414:41:57   来源: 环球时报



中国如何才能不打开“魔多之门”


在北京的家里,我每一个早晨都会经历同样的一套:起床,

煮咖啡,上网查询空气质量,然后感到一丝沮丧。”在北京

做编辑的英国人克拉丽莎近日在其文章中说,与北京相比,

回到伦敦的家反而让人感到大松了一口气,在伦敦,人们闲

谈的话题是下雨,而非污染,“我开玩笑说,在糟糕的天气

里驾车进入北京,就像进入了魔多之门(好莱坞电影《魔戒》

中进入魔王巢穴的大门——编者注),与之相比,英国多变

的天气倒显得美好了。”克拉丽莎在文中得出的结论是,今

天北京的污染像极了过去的伦敦。


1952
年伦敦烟雾事件,这个人们谈论空气污染时常提及的例

子克拉丽莎也提到了。文章说,60年多前,也是在12月,一

场大雾袭击了伦敦,接近零度的室温导致居民们在家烧煤过

冬,煤烟加上风速低,产生了一种浓重的黄色烟雾,能见度

降到几英尺,公共交通、影院和体育场全部关门,大约4000

人在浓雾中死亡,他们大多是少年、老人和呼吸道疾病患者。

文章说,对英国而言,(上接第一版)那场“杀人浓雾”是灾难

也是机会,英国政府 把反对党和民众的批评变为切实的改进

措施,包括推出1956年《清洁空气法》。英国作家、《发明

污染:1800年以来英国的煤炭、烟雾和文化》 一书作者托尔

谢姆说,为了自己和邻国,中国最好 从英国的错误中吸取教

训。 文章还说,中国的问题是空气污染问题之严重及它对中

国居民的伤害没得到充分重视。


北京越来越接近全球大城市空气质量排行榜的榜尾,”俄

罗斯《消息报》12日说,日益恶化的空气质量“令北京开始

窒息”。德国《明镜》周刊驻京记者13日则称北京是“全球

最脏的城市之一”,他写道,这里的污染是西欧难以想象的,

北京的空气质量甚至比不上德黑兰和开罗。当日,西方媒体

上类似的对比还包括,《纽约时报》称,当北京PM2.5指数

达到755前后,纽约的指数是19。英国版《国际商业时报》

说,伦敦当时的PM2.5指数是25


美联社说,在世界卫生组织20119月首次公布的世界城市

空气质量排名中,伊朗西南部胡齐斯坦省省会阿瓦士成为全

球最脏的城市。北京则在全球最脏首都排名中名列第十,空

气质量仅略好于乌兰巴托、哈博罗内、新德里、伊斯兰堡、

利雅得、达喀尔、开罗、达卡和科威特城。加拿大《数码报》

12日说,北京的空气故事是全球形势的一个良好指针,世界

上总有人宣称肮脏的空气对全球气候没有影响。文章还刊登

2010年美国NASA公布的全球PM2.5指数监测图,文章

说,人们会发现这种细微颗粒出现在西伯利亚、安第斯山脉、

澳大利亚内陆,在全球不断增加,而北京的颜色被标注为深

红色,说明这些颗粒将北京变成了“毒气室”。


为空气质量还债需要时间


2012
年,一出“购买钓鱼岛”的闹剧让更多中国人记住了时任

东京都知事石原慎太郎。但在2003年,许多日本人记住他的是

这样一个画面:有关东京都治理空气污染的记者会上,石原手

举着装有黑色污染物的瓶子,告诉在场的记者,东京都空气污

染的重要原因是大型柴油车排放出这些黑色粉尘,他提议禁止

超标大型柴油火车进入东京都,以此为开端,千叶县等地也开

始执行类似政策,日本空气质量得到大幅改善。


解决空气质量问题不可能一夜实现,需要政府坚定决心,拿

出并落实规划,”伦敦政治经济学院气候问题研究学者沃德对

《环球时报》说,当年,伦敦地铁也是拿“价廉物美”的煤做

燃料,结果不仅导致空气中充斥有毒硫磺气体,也给伦敦城市

形象抹黑。但伦敦当局很快意识到这样的后果会是非常恶劣的。

于是伦敦开始陆续研发用蒸汽机车,以及电力机车作为动力,

这才有了今天既环保又经济的动力设计。沃德说,北京乃至中

国的环境问题其实还是和经济发展水平有关,但当政者不能觉

得能够凑合就凑合,而忽略了城市环境需要不断升级的必要。


除了以往高能耗经济增长模式的问题,在美国《外交政策》去

9/10月号 题为“大规模城市杀伤性武器”的 文章看来,中

国的问题还在于它与汽车爱恋已发展为热恋。 文章说,过去

年,中国修建了2万英里高速路,完成了12条全国性公路的建

设,比原定日期提前了惊人的13年,其速度是美国建设洲际公

路系统的4倍。   过去10年,仅上海就修建了约1500英里路,

相当于3个曼哈顿。 预计到2020年,中国城市人口将增加3.5

亿,即在未来不到10年中,中国城市新增人口就相当于美国总

人口。 而且现在的中国就像上世纪五六十年代的美国,城市中

汽车数量爆炸性增长,中国正在犯美国在走向 超级大国过程中

犯过的错误,而且问题比当年的美国更严重。 文章说,北京治

堵的方式是不断扩建道路,这如同 用系宽松皮带的方式显示瘦

身。 文章最后说,要求一个新兴超级大国必须把公共交通、步

行和自行车作为头等大事,这可能让人觉得奇怪,但只有这样,

才能避免一场人类从未经历过的社会和环境灾难。

(孙秀萍 纪双城 青木 陶短房 杜天琦 柳直 汪析)

 

|

« 2679中国の三面記事を読む(1057) 北京の大気汚染 深刻(中) 全世界が北京の大気汚染を話題に ① | Main | 2681 中国は見る(1451) 鳩山元首相 尖閣は係争地発言・南京で謝罪(上) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2679中国の三面記事を読む(1057) 北京の大気汚染 深刻(中) 全世界が北京の大気汚染を話題に ① | Main | 2681 中国は見る(1451) 鳩山元首相 尖閣は係争地発言・南京で謝罪(上) »