« 2673 中国は見る(1448) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(上) | Main | 2675 中国は見る(1450) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(下) »

2674 中国は見る(1449) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(中)

 

 

日本 中国の巡回飛行機に発砲計画 挑発行動エスカレート ①

 

日本谋划对中国巡航飞机"开枪" 挑衅动作升级
2013-01-10 17:07:47   
来源:新华网

 

 

安倍政権“火遊び”ますますエスカレート

 

1日本のメディアが昨日報じたところによると、

日本政府はスクランブル体制を強化し、中国が

尖閣周辺空域を飛行させている公務パトロール

機に“警告射撃”を行うという。

 

これについて、中国外交部の洪磊報道官は、昨日の定例記者

会見で、“釣魚島とその付属する島々は中国固有の領土であ

る。 中国の公務船、飛行機が釣魚島海域や空域を巡航、巡

回することは、中国の管轄権行使の正常な公務活動である。 

中国は、日本が中国の釣魚島海域と空域での侵害行為に一

して反対しており、日本のエスカレートする行動に高い警戒

を抱いている。

 

復旦大学日本研究中心の胡令遠副主任は、“安倍内閣は今、

中国機の「侵犯」に対する「切り札」を切ってきた。 まずは防

衛予算増額の言い訳で、次いで、自民党の 今年7月の参

選挙での議席獲得のためである。  多くの分析によれば、

倍政権は7月参院選挙前には、尖閣問題で中国を刺激する

動きは取れないと見ている。 なぜなら、尖閣紛争は「諸刃

剣」だからだ。 そこで安倍政権は、言葉や行動で方策をめぐ

らし、それで票を得ようと狙っている”と指摘する。

 

胡令遠副主任は更に、“日本側の現在の対応措置は「警告」

であって、「撃墜」ではありません。 なぜなら日本も、尖閣問

題でまだ勝負のときではないと、そこはわかっているからです。 

また、米国も尖閣問題は冷静にと望んでいます。  8日、ヒラ

リー米国務長官が 岸田外相と電話会談した際、尖閣の領有

権問題について、 “日中両国は対話で、冷静に処理すべき”

と語っています。

 

2曳光弾は尻尾部分が光を発する科学薬品を内蔵

した弾丸である。 発射すると赤、黄、白の光

を発し、弾道と目標がわかるようになっている。 

写真はロシアの航空ショーで見せた曳光弾である。

 

1987年、ソ連に対して使用された

 

《産経新聞》によると、今月5日、安倍首相は米村敏朗内閣

機管理監と防衛省の関係者を呼び、尖閣周辺での領域警備

で対抗措置の強化を検討するよう指示した。  具体的な措置

としては、領空侵犯機が無線での警告に従わない場合、曳光

弾を使った警告射撃を行うとしている。

 

曳光弾は発光体を内蔵した特殊な弾丸である。  発射後赤

白色の光を出し、軌跡がわかるようになっている。 

他の銃弾弾丸違うところは、飛行中が発光する

る。 またの中弾道を示してしまうので、射手に弾道

修正されてしまうことがある。 日本今まで1987、沖縄

付近を領空侵犯した旧ソ連の偵察機に曳光弾を発射、警告し

たことがある



上海社会科学院法律研究センターの金永明は、他国の飛

行機が許可なく一国の領空に入った時、当該国は無線、曳光

弾などの方法警告することができる。 もし他国の飛行

が、引き続き「侵入状態を続けるなら、当該国は「無でない

通航」と判断した攻撃することができる。  しか釣魚島

海域は中双方が領有を主張している紛争地区であり、

曳光弾警告する方法は適当ではない。  しかも、実際

には、中国海機ではなく、ほとんどが ただ釣魚島

隣接区上空飛行しているだけだ。 日本側はまったくこ

のように大げさに騒ぐことはない”と指摘して

去年日本政府が尖閣諸“国有化”して以降、中国

一連の対応措置を取り、釣魚島と付属する々へ領有

する主張強めた。 中国政府釣魚島領海の

表した後、中国海部門は、海空立体の巡航を展開

ている。  今年1月5日まで、中国海は、すでに5釣魚

島海域に飛行している。 日本はF-15いで緊

急出動させている。


3pc3自衛隊のPC3哨戒機は2011年9月から尖

閣( 釣魚島 付近を警戒監視に当っている。 

去年の9月から、日本は中国の公務船と飛行

機の警戒監視を強めている。



《産経新聞》によると、去年来、中国空軍の“Y8情報

収集機警戒機が何度も尖閣 (釣魚島)付近の日本防空

別区に飛来してきた。 防衛省の担当者によると、“頻繁な時

には日連続で飛行してきました”という。   しかし、防衛省

は中国国家海洋局所属の 海パトロール機“日本領空”

に“侵犯”や接近したというニュースは発表したが、国の軍

機が尖閣空域に接近したというニュースはまだ発してい

ない。


いわゆる“日本防空識別区”、尖閣( 釣魚島 を含

だけでなく、日本主張する東シナ海の中間線に跨っている。 

中国東シナ海の ガス田すべてその中に入っており

だと非難されている。 だが、日本政府はずっと国民に

かって脅威を受けている”とウソを言っている。

毎年回 発表する“領空侵犯の恐れがある”外国の戦

の緊急出動回数で、最近ずっと中国の 飛行機への緊急

出動回数急上昇していると発表している。



胡令遠副主任は、中国は、武器を装備しておらず、

攻撃力を備えていない。 日本が戦をスクランブル出動

させのは過剰反応です。  もし日本が曳光弾を使って海

を追い払おうとするのは、極めて下劣です。  でも日本

この行為の可能性を排除していません。 日本はこれで

見せしめにしようとしているのです。  でも、そうすれば

中国を刺激するだけです。 日中の軍が尖閣(釣魚島

海域で対峙する可能性増大するだけです。 日本が、そう

すれば火遊びとなるだけです”と指摘しています。

 




日本谋划对中国巡航飞机"开枪" 挑衅动作升级
2013-01-10 17:07:47   
来源:新华网

资料图

安倍政府“玩火”越玩越大。



据日本媒体昨日报道,日本政府计划讨论强化拦截体制,可能

对中国在钓鱼岛周边空域飞行的公务巡逻飞机采用机炮“警告

射击”。对此,中国外交部发言人洪磊昨日在例行记者会上说,

钓鱼岛及其附属岛屿是中国的固有领土,中国公务船只和飞机

在钓鱼岛海域和空域进行巡航,是中方行使管辖权的正常公务

活动。中方一贯坚决反对日方在中国钓鱼岛海域和空域的侵权

行为,对日方的升级行动保持高度警惕。



复旦大学日本研究中心副主任胡令远指出,安倍内阁此时把应

对中国飞机“入侵”的“底牌”亮出,首先是为增加防务预算

找借口,其次自民党是为了能在今年7月的参议院选举中加分,

很多分析认为,安倍政府在7月参院改选前,不会在钓鱼岛

问题上主动做出实质性刺激中国的举动,因为钓鱼岛争端毕竟

是把双刃剑,但日方仍会在语言和行动上,在一定限度内做文

章,借势得分。”



胡令远指出,日方目前的措施还只是“警告”,而非“击落”,

因为日本清楚了解,双方在钓鱼岛问题上还未到最后摊牌时

刻,此外美国也希望钓鱼岛问题保持低烈度。”8日,美国国

务卿希拉里·克林顿与日本外相岸田文雄通话时表示,有关钓

鱼岛主权问题,中日两国要开展对话、冷静处理。



曳光弹是一种尾部装有能发光的化学药剂的炮弹或枪弹,发射

后发出红﹑黄或白色的光,用于指示弹道和目标。图为俄罗斯

雨燕”飞行表演队列队在一次表演中投出曳光弹。



1987
年曾对苏联使用



据日本《产经新闻》披露,本月5日,安倍晋三召见日本内阁

危机管理官米村敏朗和防卫省相关人员,指示他们研究提高对

中国飞机飞入钓鱼岛空域的防卫级别问题。具体措施包括,如

果航空自卫队战机向“入侵日本领空”的外国飞机通过无线电

警告未果,可发射曳光弹进行“警告射击”。迄今为止,日本

自卫队的战斗机在对接近钓鱼岛空域的中国飞机采用的是无线

警告。



曳光弹是一种尾部装有能发光的化学药剂的炮弹或枪弹,发射

后发出红﹑黄或白色的光,用于指示弹道和目标。曳光弹较其

他子弹弹头的不同之处在于弹头在飞行中会发亮,并在光源不

足或黑暗中显示出弹道,协助射手进行弹道修正。日本迄今为

止,只在 1987年时,对于侵入 冲绳附近领空的前苏联的侦察

机实施过曳光弹警告射击。



上海社科院法律研究中心金永明指出,在他国飞机未经许可进

入一国领空时,该国可采取无线电、曳光弹等方式进行警告,

如他国飞机继续处于“入侵”状态,该国可在判断“有害通过”

后予以打击,“但钓鱼岛海域是中日双方都主张拥有主权的争

议地区,日方采取曳光弹警告的方式是不妥当的,而且现实是,

中国海监飞机不是军机,也大都只是在钓鱼岛毗连区上空飞行,

日方根本没必要如此小题大做。”



去年9月日本政府对钓鱼岛“国有化”后,中国采取了一系列

的对应措施,强化了对钓鱼岛及其附属岛屿的主权宣示力度,

自中国政府公布钓鱼岛领海基点基线后,中国海监等部门开展

了海空立体巡航措施。截至今年15日,中国海监飞机已5

飞临钓鱼岛海域,日本先后派出多架F-15战机拦截。



日本自卫队PC3侦察机20119月在钓鱼岛附近进行警戒监视。

自去年9月以来,日本加大了对中国公务船只 和飞机的警戒监

视力度。



日本《产经新闻》报道称,去年9月以来,中国空军的“Y8”

报收集机和警戒飞机多次飞入钓鱼岛附近的日本防空识别区。一

名防卫省官员称:“频繁的时候,是3天连续飞行。”但是,防

卫省只公布了中国国家海洋局所属海监巡逻机“侵入”和接近所

谓“日本领空”的消息,一直没有公布中国军机接近钓鱼岛附近

空域的消息。



所谓“日本防空识别区”的划定不但包括钓鱼岛,还跨越日本自

己主张的东海中间线,将中国东海油气田全部涵盖其中,被指责

为“霸道”。而日本政府一直向国民制造“受威胁”的假象,每

4次公布针对“可能侵犯领空”外国战机的紧急出动次数,最

近两年一直宣称针对中国飞机的紧急出动次数在急升。



胡令远指出,中国的海监飞机没有装配武器,不具备攻击力,日

方出动战机拦截本就属反应过度,“如果日本使用曳光弹对海监

飞机进行驱离,那性质将更加恶劣,但日方采取此种行径的可能

性不能排除,日本或想以此来杀鸡儆猴,但这样做只会进一步刺

激中国,增大中日军机在钓鱼岛海域对峙的可能性,日本这样做

就是在玩火。”

|

« 2673 中国は見る(1448) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(上) | Main | 2675 中国は見る(1450) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2673 中国は見る(1448) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(上) | Main | 2675 中国は見る(1450) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(下) »