« 2672中国の三面記事を読む(1053) 中国の夢、憲政の夢 | Main | 2674 中国は見る(1449) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(中) »

2673 中国は見る(1448) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(上)

 

1.日本 中国の尖閣巡回飛行機に「警告射撃」報道を否定

2.少将:日本がもし警告射撃を行ったなら、中国は

  「目には目」、実弾で反撃する

3.専門家:日本が尖閣で一歩踏み出せば 中国は2,3歩

  遅れで追随する


1.日方否认将对中国巡航钓鱼岛飞机警告射击
 2013011012:19 中国广播网

2.少将:日本若敢警告射击 中国必以牙还牙实弹回击
 2013-1-10 08:49  来源:人民网

3.专家:日在钓鱼岛每前进一步 我们要跟进两三步
 2013011012:57    来源:人民网-军事频道  

 

 

1.日本 中国の尖閣巡回飛行機に「警告射撃」報道を否定

 


中広ネット北京10電:中国の声《全世界中国語放送ネットワ

ーク》報道によると、 2013年に入っても、尖閣(釣魚島)が依然とし

て注目の場所となっている。 メディアの報道によると、“中国はもう

後退しない。 日本はそんなに重要ではない。 日中の尖閣(釣魚

紛争は新しい緊急事態が起る …… 中国の釣魚島問題

毎回の動と強い態度、確実に日本を慌てさせている。

 

卑屈な人往々にしてうぬぼれることがある。  昨日《産経新

聞》報道によると、日本政府は 中国の尖閣を回する飛行機

警告射撃をする可能性があると伝えた。 全世界中国語放送ネ

ットワーク の日本オブザーバーである 蒋豊氏が情況について

しい説明をった


1蒋豊:昨日《産経新聞》 の一面トップ報道したと

ころによれば、日本政府は尖閣諸島の日本領空へ

接近する中国航空機に対し、警告射撃する可能

性があると報じた。 昨日の午後防衛省道官に電話で取材し

たところ、その時、“少なくと防衛省は対策を準備してな

い”とのことだった。      今日午前、菅長官記者会見でも、

日本政府このような考えはない発言した。 



もしこのようなニュースが本当にあるなら、最初の報道があったら、

その他の新聞各社が、翌日追随するはずだが、しかし今日各大

手新聞はこのニュースの追加報道はなかった。 ということは、

のニュース出所や信憑性に問題があったということだ。    当然、

中国は出所問題があるからといって警戒心を解くことはできない。 

安倍政権確かに、尖閣(釣魚島海域周辺の自衛隊の増強に注

力し、準備を進めている。  この点について、軽視すべきでない

思ってい



《産経新聞》の報道に対し、外交部の洪磊報道官が9、回答



洪磊報道官:釣魚島と付属するは中国固有の領土で、中国の

公務飛行機と公務釣魚島海域と 空域巡航することは、これ

は中国側の管轄権を行使する正常な 公務活動で、日本側の飛行

機と船舶が中国釣魚島海域と 空域権利侵害する 行動につい

て、中国は一貫して断固としてして反対する。 日本側のエスカレー

トする行動については、高い警戒心をもって見ている



去年、尖閣(釣魚島"国有化"宣言してから、特に安倍新政

権となってから、日本側は計画をめぐらし、一連の態度と動を通

じて国内外の反応と許容度を探っている。



安倍また日本の首相に就任した後、平和憲法改を主張し

、自衛隊を国防軍に昇格したり、日米の同盟関係を強化すると主

張し、また公務員釣魚島に派遣し駐在することも考えている。 

 

1月3日には、麻生副首相をミャンマーー訪問させた。 

1月5日、安倍首相は日本政府が20年来踏襲してきた歴史

認識、村山談話の見直しを決めた。 1月7日には、安倍首

相は与党自民党の新年会で《君が代》を合唱、仕事始めの挨

拶で、日本を取り戻す第一歩として、安倍内閣は防衛大綱の

見直しを行い、自衛隊の兵力、軍備拡充、国防予算の増額す

ることを決めた。 1月9日、メディアの情報によれば、安

倍首相は尖閣周辺の警備措置の強化を求めており、その中に

は自衛隊戦闘機が、日本領空を侵犯し無線での警告に従わな

い航空機に対し、警告射撃を許可する内容もあるという。

 

《産経新聞》によると、野田前首相が“尖閣国有化”して以

来、中国側の日本への“攻勢”は、日に日に強まっている。 

中国の“運-8”偵察機が頻繫に尖閣へ飛来、13時間も 巡

回していることからも、現在の尖閣は、一触即発の情勢にあ

るといえる。 国防大学の張召忠教授はこれについて更なる

分析をしている。

 

張召忠教授:中国が東シナ海を巡回している飛行機は、主に

海洋局直属の海監運-12で、民間の輸送機です。改造され電

子偵察機となりました。 通常、運-12は、前方を飛行しま

す。 海軍の航空機運‐8警戒機や運‐8偵察機はその視界

の中に運-12機を捉えています。 運-12機が単独で一機、東

シナ海上空を飛ぶということはありえません。 

 

《産経新聞》の報道は、日中に一触即発の緊張状態を起させ

た。 張召忠教授は、日本のこの動きには多くの疑問がある

と見ている。

 

張召忠教授:まず《産経新聞》のニュースソースに疑問があ

ります。 というのは、記事の中に、日本の外相がヒラリー

米国務長官や双方の防衛トップ電話で話し合い、日米安保

の強化を強調していと出ています。 まるで、米国が日本

のこうしたやり方に同意し、日本がもし何か仕出かしたら、

米国が応援し中国をやっつけるかのようです。 でも、米国

はこんなことするはずがありません。 それに米国の国防長

官も国務長官も間もなく退任します。 日本に何か約束して

も、オバマ政権の新国防長官も新国務長官も実行するでしょ

うか? もし実行しなかったら、この空手形は無用の長物で

す。

 

中国が現在、尖閣で中国の権利執行を行っているのは、海監

と漁政です。 海監と漁政には武器は携帯されていませんし、

準軍事部隊でもありません。 武器の使用は許されていませ

ん。 現在、世界で通常行われているやり方は、海洋警備隊

の任務遂行のように武器を携帯することです。 でも中国の

海監と漁政が行っている公務執行のやり方は独創的な初めて

試みです。 

 

半年あまりの運用を経て、この試みは素晴らしい成果を挙げ

ました。 中国は武器を持ちません。 絶対に武器を先に使

うことはありません。

 

 

2.少将:日本がもし警告射撃を行ったなら、中国は

  「目には目」、実弾で反撃する

 

人民ネット北京1月9日電(記者 黄子娟):《産経新聞》の

報道によると、中国海監機が尖閣付近海域上空を常態的に巡回

していることで、日本政府は航空自衛隊機が曳光弾の警告射撃

を発射できるといった内容の対応措置の検討に着手したという。

これについて、著名な軍事専門家、海軍情報化専門家委員会主

任の尹卓少将は、人民ネット記者の取材に対し、日本がもし

中国の公務機に警告射撃をしたら、重大なエスカレート行為と

なる”と語った

 

 

《産経新聞》によると、1月5日、安倍首相は米村敏朗内閣危

機管理監に、尖閣周辺での領域警備で対抗措置の強化を検討す

るよう指示した。 具体的な措置としては、領空侵犯機が無線

での警告に従わない場合、曳光弾を使った警告射撃を行うこと

や、海軍艦艇が領海付近に進出してくれば、海上自衛隊の艦艇

を一定の範囲内に展開させることが柱となっている。

 

2
資料写真:殲
-10

もし日本が中国の公務飛行機に曳光弾を“警射撃”したら、

軍事衝突に発展するかとの話について、尹卓少将は、これは

重大なエスカレート行為です。「警告射撃」とはいえ、実弾

使用します。 曳光弾も一種の実弾です。 日本がもし実弾

使って公務飛行機に警告を行ったら、それは重大なエスカレー

ト行為です。


 
尹卓少将は、“当然、これと本当戦闘状態での実弾攻撃に

違いがあります。 もし日本曳光弾を使って「警告射撃」を

行ったらそれに行動は何ですか? その権利はパイロッ

トにはありません。 中国の飛行機を撃墜するかどうかは、上

お伺いを立てなければなりません。 もし大胆にも撃墜

たら、双方は軍事衝突することになります。 そうなったら、

中国は歯には歯を」です。 実弾で日本の戦闘機に対しま

す”



尹卓少将は更に現在のところ、日本はまだここまでは行っ

ていません。 でもこの一歩は一触即発寸前と言えます。

民間飛行機に戦闘の実弾射撃を行ったら、「警告射撃

えども、実際には重大なエスカレート行為です。 安倍

相がもし本当にこのような措置を取ったなら、歴史責任を負

わなくてはならない

 

3.専門家:日本が尖閣で一歩踏み出せば 中国は2,3歩遅

  れで追随する


人民ネット北京1月10日電(記者 閠嘉琪):中国の声《国

防時空》10の報道によると、安倍首相は1月5日、、安倍首

相は米村敏朗内閣危機管理監に、尖閣周辺での領域警備で対抗

措置の強化を検討するよう指示した。 具体的な措置としては、

領空侵犯機が無線での警告に従わない場合、曳光弾を使った警

告射撃を行うことや、海軍艦艇が領海付近に進出してくれば、

海上自衛隊の艦艇を一定の範囲内に展開させることが柱となっ

ている。

 

日本の尖閣問題でのますます強硬な態度・表明に対して、軍事

専門家、国防大学の梁芳教授は、“尖閣問題で、中国はもう退

路はない。 日本に対し全面反撃の準備をすべきだ。 こんな

強硬で極右の日本政府には、尖閣の領有権を揺るぎなく守る決

意と手段で、尖閣主権を守る意思を見せるしかない。

 

今、中国にとって守るべき三つの最低ラインがある。 

 

1.日本は尖閣諸島に駐屯しないこと。

 

2.日本は尖閣に上陸しないこと。

 

3.日本は尖閣周辺を開発しないこと。

 

日本がもし、更に一歩なにかやったなら、中国は断固反撃する。 

日本が一歩踏み出す度に、中国の尖閣進出に絶好のチャンスを

与えてくれることになる。 今後、日本の後に続き、2歩、3

歩進む。 換言すれば、日中双方が対峙する中で、だんだんと

実効支配を実現し、最終的に完全実行支配を実現する。

1.日方否认将对中国巡航钓鱼岛飞机警告射击
 2013011012:19 中国广播网


中广网北京110日消息 据中国之声《全球华语广播网》报道,

进入2013年,钓鱼岛依旧是个非常抢眼的地方。有媒体议论说:

"中国不再后退,日本没想象那么重要,中日钓鱼岛争端必将出

现新变局……" 中国在钓鱼岛问题上的每一步动作和每个强势

态度,着实让日本心慌发怵。


自卑的人往往很自负。昨天日本《产经新闻》报道称,日本政府可

能要对中国在钓鱼岛的巡航飞机采用"警告射击" 全球华语广

播网日本观察员蒋丰对情况进行了详细介绍。



蒋丰:昨天日本《产经新闻》头版头条报道称,日本政府可能要对

中国在钓鱼岛的巡航飞机采用"警告射击"。 昨天下午我给防卫

省报道官打电话询问这件事情,当时得到的答复 是至少日本防

卫省没有准备这方面的方案。 今天上午日本官房长官举行记者

会见的时候也表示日本政府没有这个方案。



如果真的有这条消息,第一家报纸领先报道之后其他报纸肯定会

在第二天有所跟进,但今天日本各大报纸对这一条消息都没有任

何的跟进,说明这条消息的来源和真实性存在问题,当然我们也

不能因为来源上存在问题就放松警惕性。安倍晋三政权确确实实

是在钓鱼岛的海域周围进行着强化日本自卫队的努力和准备,这

一点我认为也是不应该忽视的。



针对日本《产经新闻》的报道,外交部发言人洪磊9日做出了回应。

洪磊:钓鱼岛及其附属岛屿是中国的固有领土,中国的公务飞机

和船只在钓鱼岛海域和空域进行巡航, 这是中方行使管辖权的

正常公务活动,中方 一贯坚决反对日方飞机和船只 在中国钓鱼

岛海域和空域的侵权行动,对于 日方的升级行动保持高度的警

惕。


自去年9月宣布对钓鱼岛"国有化"以来,特别是安倍新政府上台

后,日本方面处心积虑通过一系列表态与动作试探国内外的反应

与容忍度。



安倍再次出任日本首相之后,主张修改日本和平宪法,将自卫队

升格为国防军,主张强化日美同盟关系,讨论派公务人员常驻钓

鱼岛。13日日本副首相麻生太郎在缅甸拜鬼,15日安倍决

定研究修改日本政府近20年来沿袭的历史观,修改村山谈话,1

7日安倍在执政党自民党会议上高唱《君之代》,宣告新年开工,

声称这是夺回日本的第一步,当天安倍内阁还决定修改日本防卫

大纲,扩充兵力、军备和 国防预算, 19日 据日本媒体的消息,

安倍要求强化在钓鱼岛周边的警备措施,包括允许自卫队战斗机

对所谓侵犯日领空,不服从无线电警告的飞机进行警告射击。



日本《产经新闻》号称,自从野田佳彦政府将钓鱼岛"国有化"以来,

中方对日发起的所谓"攻势"日渐增强。从中国"-8"侦察机频繁

飞近钓鱼岛 并持续长达 13小时巡航来看,目前的 钓鱼岛局势有

擦枪走火的味道。国防大学张召忠教授对此做出进一步分析。



张召忠:中国在东海巡航的飞机主要是中国海洋局下属的海监运-

12,属于民用运输机,经过 改型以后 可以改成电子侦查机,一般

情况下只要是运-12在前方飞行,海军的航空兵的 运-8警戒机和

-8侦查飞机一定会在它的视线之内看着它,不会让这架飞机孤

零零的一架飞机在东海上面上飞。



有人认为,《产经新闻》报道使得中日发生冲突的紧张状态一触即

发,张召忠认为,日方此种举动仍然存在很多疑点。



张召忠:首先我对《产经新闻》的信息源存在怀疑,因为其中讲到了

日本的外相 和美国国务卿 希拉里,以及双方的 防长进行 通电话,

强调日美加强安保条约,似乎是 美国同意日本这样做, 而且如果

日本惹出事来美国会去帮着它打中国。 但美国不会去干这样的事

情,而且美国的防长和国务卿马上就下台了,即使 对日本 作出某

种保证,今后奥巴马新的防长和新的国务卿会执行吗? 如果不执

行的话打这个空头支票有什么用?



中国目前在钓鱼岛执法维权 运用的是海监和渔政,中国海监渔政

是不佩戴武器的,也不是准军事部队,也无权使用武器。目前世界

上通行的做法是由海洋警卫队来执行任务,都是带武器的,中国派

海监渔政进行公务执法是一个创举。



经过大半年的运行,这个创举取得了很好的成果,我们没有武器,

永远不可能率先使用武器。



2.少将:日本若敢警告射击 中国必以牙还牙实弹回击
 2013-1-10 08:49  来源:人民网


人民网北京19日电 (记者 黄子娟)日本《产经新闻》报道称,鉴

于中国海监飞机已在钓鱼岛附近海域上空进行常态化巡航,日本

政府已着手开始讨论包括日航空自卫队可发射曳光弹进行“警告

射击”在内的应对措施。对此,著名军事专家、海军信息化专家委

员会主任尹卓少将在接受人民网记者采访时表示,日本如果对中

方巡航公务飞机进行“警告射击”,是严重的升级行为。



据日本《产经新闻》透露称,15日,日本首相安倍晋三曾向内阁

危机管理相关负责人木村敏郎下达指示,要求 就强化钓鱼岛周边

的“警备对抗措施”进行重新讨论。 具体措施包括,如果航空自卫

队战机向“入侵日本领空” 的外国飞机通过无线电警告未果,可向

对方发射曳光弹进行“警告射击”;如果外国海军军舰不断在“日本

领海”附近游弋,日海上自卫队可出动军舰在一定范围内进行部署。

资料图:歼-10战机


 

在谈到日本如果发射曳光弹对中方巡航公务飞机进行“警告射击”,

会否引发军事冲突时 ,尹卓表示,应该说这是一种很严重的升级行

为,“警告射击”是使用实弹的一种措施,所谓曳光弹就是一种实弹,

日本如果使用实弹对我公务飞机进行警告,是严重的升级行为。


 

尹卓说:“当然,这跟真正采取战斗状态的实弹打击还是有区别的,

如果日本使用曳光弹在“警示射击”,后续的行动是什么,这个权利

并没有交给飞行员,还要向上级请示,是否对中国飞机使用击落的

办法。 如果它胆敢使用击落的办法,那双方就会造成军事冲突,中

国一定会以牙还牙,以实弹对付日本的战斗机。”



尹卓表示,到目前为止,日本还没敢走到这一步,但是这一步离擦

枪走火已经不远了。 如果它敢对民用飞机使用战斗用的实弹进行

射击,虽然说是一种“警示射击”,实际上是严重的升级行为。安倍

晋三如果真正采取了这样的措施,他是要负历史责任的。

 

3.专家:日在钓鱼岛每前进一步 我们要跟进两三步
 2013011012:57    来源:人民网-军事频道  


人民网北京110日电 (记者 闫嘉琪)据中国之声《国防时空》10

日报道,日本首相安倍晋三15日指示米村敏郎内阁,要求强化

钓鱼岛周边领域警备措施。具体措施包括,当“领空侵犯”飞机不服

从无线电警告时,允许自卫队战斗机采用曳光弹进行“警告射击”;

当海军舰艇接近时,海上自卫队舰艇要求在对方一定范围内展开。

面对日本在钓鱼岛问题上愈发强硬的表态和作为,军事专家、国

防大学教授梁芳 认为,在钓鱼岛问题上,中国已经没有退路,要

做好对日本全方位反击的准备。对于这样一个强硬的、极右的日

本政府,我们只能以坚定的维护钓鱼岛主权的决心,以坚定的手

段,来维护我国对钓鱼岛的主权。



现在,对于我们来说要坚守三条底线:一、日方不能在钓鱼岛上驻

军;二、日方不能登岛;三、日方不能在钓鱼岛周边开发。如果日本

胆敢再进一步的话,我们将进行坚决反击。日本每前进一步,都给

我们进入钓鱼岛 提供了一个非常好的机会,在这之后,我们 要跟

进两步、甚至三步,也就是说在双方对峙中,要逐步实现控制主动

权,最终要实现完全控制主动权。

|

« 2672中国の三面記事を読む(1053) 中国の夢、憲政の夢 | Main | 2674 中国は見る(1449) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(中) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2672中国の三面記事を読む(1053) 中国の夢、憲政の夢 | Main | 2674 中国は見る(1449) 尖閣に接近の中国機に「警告射撃」報道 中国の反応(中) »