« 2691中国の三面記事を読む(1061) 馬立誠:日中は憎しみを乗り越えよ:憎しみに未来はない(下) | Main | 2693中国は見る(1460) 日本女子柔道 監督が体罰、暴力、パワーハラスメント »

2692中国は見る(1459) 安倍政権 尖閣棚上げ論を否定 中国に一歩も引かない

 

1.安倍政権 尖閣棚上げ論を否定 中国に一歩も引かない

2.安倍施政演说 尖閣問題に触れず 中国に軟化の姿勢?

1.安倍政府否认将搁置钓鱼岛争议 称一步不退让
 2013-01-28 11:33:28   来源:环球时报   

2.安倍施政演说未谈钓鱼岛问题 被称软化对华姿态
 2013-01-28 14:58:00 来源: 中国新闻网(北京) 


1.安倍政権 尖閣棚上げ論を否定 中国に一歩も引かない


Photo
安倍晋三首相

【環球時報総合報道】“中国側の挑発に応じ、緊張緩和の道を

探るべきだ”,米国の有力紙 《ワシントン・ポスト》 は26社説で

安倍首相こうに説得した。   安倍首相は政権発足直後、当初、

アメリカ訪問積極的に準備していた。 この米メディアの“尖閣紛

争の棚上げを支持する”発言について、 27日本のメディア

議論を引き起こし、“米国が安倍政権に要求を突きつけたと解読

するメディアもある。


日本国内、日中関係の改善を期待するもの、また懸念を抱く

ものジレンマに落ち込んでいる。 公明党の山口代表訪中

告を聞いた後、安倍首相は日中首脳会談に“積極的な態度”を

せた。  だが、山口代表の今回の北京訪問中、絶えず伝えられた

棚上げ論”について、安倍政は断固として否定した。



与党内でも、公明党で“棚上げ論”を主張する声があるが、

民党は断固として中国に一歩も引かないている。  日本メ

ディアも、“これは一体戦略分業なのか、それとも連立政権

なのか?” と困惑気味である。 

28日、村山富市元首相一行北京に到着した。  報道によると、

安倍首相は更に、高村正彦自民党副総裁を首相特使して中国

派遣することも検討しているという。


中国の学者が《環球時報》に語ったところによると、“春を迎える旅”

となるか、それとも“雪を溶かす旅”となるかのカギ日本の尖閣

問題での立場にある。    尖閣から一歩退けるかどうかが実際

緩和の一歩となると見ている。



公明党代表尖閣(釣魚島問題後世の解決に任せるべきだと

語った。


共同通信社21日の報道によると、公明党の山口代表21夜、

仙台市記者から、“日中が尖閣問題を巡って膠着していることに

ついて” 質問され、“後世の解決任せることも不測の事態を避ける

明な判断だ” と述べていた。



共同通信社22日の報道によると、石破茂自民党幹事長は、同

記者会見の際、 山口公明党代表が、日中関係の悪化をもたら

した尖閣問題について棚上げ”を検討すべきと発言したことにつ

いて、尖閣日本固有の領土であり、棚上げの理由はどこにもな

と述べた。

2.安倍施政演说 尖閣問題に触れず 中国に軟化の姿勢?


中新ネット28電:アジア通信報道によると、第183回通常

国会が28召集された。 安倍首相が率いる自民党が12

の総選挙で政権を握った後、初めての国会開催となった。  安倍

首相当日午後衆議院で施政演説を行った。  しかし、尖閣

問題にも触れず、日中関係問題にも言及しなかった。



安倍首相再登板後の初の施政演説は各界から関心を呼んだ。 

メディアは事前に、安倍首相尖閣問題について自分の強硬な

意見を発表するのではないかと予想していた。 しかし演説の中

で、 安倍首相はただ“ 国民の生命財産領土領空領海

断固として守り抜き、離島の防衛を強化すと強調するだけで、

具体的な尖閣問題への言及や、中国と 中関係にも言及はな

かった。 報道によると、これは安倍首相、尖閣問題と対中関

係問題で殊更に、柔軟な姿見せたものだと見ている。



安倍氏は首相就任後、記者会見で何度も尖閣問題で“いかな

る交渉の余地ない”強調してい しかし今日の演説の中

で、安倍首相これについて述べることなく、ただ自分の“防衛”

の決あいまいに表現しただけだった



安倍首相中国訪問を終え帰国した公明党の山口代表から

報告を聞いた“対話の扉を開いていく。 いつでもオープン

にしていく姿勢だ” と述べた。


日本は領土問題で、韓国 (韓国:独島、日本:竹島と ロシア

(ロシア:南千島列島、日本:北方四島 紛争がある。 その

ため、安倍首相が今回“領土領海”問題の態度表明は、

周辺国家と領土問題があることへの態度表明と理解することが

できる。

1.安倍政府否认将搁置钓鱼岛争议 称一步不退让
 2013-01-28 11:33:28   来源:环球时报 



资料图:日本首相安倍晋三



【环球时报综合报道】 “不要回应中国挑衅,探索缓和紧张之

路”,美国颇具影响力的《华盛顿邮报》26日在社论中这样劝

说日本首相安倍晋三,后者正为上任之后的首次访美积极准

备。这种美媒“支持搁置钓鱼岛主权争议”的声音, 27日引发

日本媒体议论纷纷,一些媒体甚至将这解读为“ 美国要向安

倍提要求”。



与此同时,日本国内正陷入一场对改善中日关系是期待还是

质疑的情绪对撞中。在听取公明党党首山口那津男的访华汇

报后,安倍对日中首脑会谈表示出“积极态度”。但对山口此

次北京行期间不断传出的“搁置争议”说法,安倍政府却又屡

屡断然否认。



在日本执政党内部,公明党有声音主张“搁置论”,自民党则

坚持“一步也不退让”。 就连日本媒体也困惑地问道,“这到

底是战略分工,还是联合执政的缺陷?” 28日,日本前首相

村山富市一行将抵达北京。据报道,安倍还在琢磨要不要派

自民党副总裁高村正彦作为首相特使再来中国。



有中国学者对《环球时报》说,不论是“迎春之旅”还是“融雪

之行”,最关键的还是日本在钓鱼岛立场上退不退能带来实

际缓和的的那一步。



日本公明党党首称钓鱼岛问题应交由后世解决


据日本共同社21日消息,日本公明党党首山口那津男21日晚

在仙台市回答记者提问时就中日围绕钓鱼岛问题陷入对立一

事表示,“交由后世解决是避免不测事态的方法”。


日自民党驳斥公明党:钓鱼岛问题没有搁置理由



据日本共同社22日消息,日本自民党干事长石破茂于当日会

见记者时,就日本公明党党首山口那津男称应研究“搁置” 导

致中日关系恶化的 钓鱼岛问题的发言表示,“钓鱼岛是 我国

固有领土’。根本不存在搁置的理由。”

2.安倍施政演说未谈钓鱼岛问题 被称软化对华姿态
 2013-01-28 14:58:00 来源: 中国新闻网(北京) 



中新网128日电 据日本新闻网消息,日本第183届例行国

28日拉开序幕。这是首相安倍晋三领导的自民党在去年12

月的大选中夺得政权后,第一次举行正式的国会。安倍当天下

午在众议院发表施政演说,但没有点名说到钓鱼岛问题,也没

有提到中日关系问题。



安倍的第一次施政演说受到各界关注,媒体此前普遍猜测安倍

是否会就钓鱼岛问题发表自己强硬的看法。 但是在演说中,安

倍只是强调了将 “坚决护卫国民的生命与财产安全, 守护国家

的领土领空领海的安全,强化离岛的防卫。”没有具体谈到钓鱼

岛问题,也没有提到中国及中日关系。报道认为,这显示安倍有

意在钓鱼岛问题和对华关系问题上表现出一种柔软的姿态。



安倍在就任首相后,多次在记者会上强调在钓鱼岛问题上“没

有任何谈判的余地”。但在今天的演说中,安倍没有就此展开,

只是笼统地表达了自己的“守卫”决心。



此前,安倍在听取了结束访华回国的日本公明党党首山口那津

男的报告后,表示“希望打开对话的大门。任何时候都保持着开

放的姿态。”



分析指,日本在领土问题上,与韩国(韩称独岛、日称竹岛)和俄

罗斯(俄称南千岛群岛,日称北方四岛)都存在争端。因此,安倍

此次在“领土领海”问题上的表态也可以解读为对周边国家和领

土问题的表态。

|

« 2691中国の三面記事を読む(1061) 馬立誠:日中は憎しみを乗り越えよ:憎しみに未来はない(下) | Main | 2693中国は見る(1460) 日本女子柔道 監督が体罰、暴力、パワーハラスメント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2691中国の三面記事を読む(1061) 馬立誠:日中は憎しみを乗り越えよ:憎しみに未来はない(下) | Main | 2693中国は見る(1460) 日本女子柔道 監督が体罰、暴力、パワーハラスメント »