« 2668 中国は見る(1444) 2013年 尖閣に 今年も中国機 飛来 | Main | 2670 中国は見る(1446) 中国 “安倍談話” に懸念 (中) »

2669 中国は見る(1445) 中国 “安倍談話” に懸念 (上)

 

歴史認識を正す“安倍談話”を発表

 

日拟发表“安倍谈话” 修改历史观
2013
010602:26    来源:新京报 

 

Photo

4日、韓国ソウル、安倍晋三首相の特使代表団

が韓国を訪問するのに抗議し、韓国男性が刃物

で切腹。 

日本メディアが5日伝えたところによると、安倍首相は、近

いうちに、“有識者懇談会”を設置し、日本政府が20年来

踏襲してきた“歴史認識”を正す方針を打ち出した。  19

95年(平成7年)から、 歴代の日本政府は、 “村山談話”

を政府の正式の立場とし、同“談話”は日本の侵略史に対

る、“反省と謝罪”を表すものとされてきた。



アナリストによると、これは安倍首相が平和憲法を改正する

と言ってるのに続く第二弾で、新政権は第二次世界大戦敗

国という“カセ”を断ち切る重要な作業である。



新談話は“未来志向”と発表



《毎日新聞》5日報道によると、安倍首相は、外交・安保問

題に関する提言を行う“有識者懇談会”を設立し、“日本政

府の歴史認識に関する新たな首相談話” 問題を発表する

方針を打ち出した。



1995年、当時の村山富市首相が「戦後50周年の終戦記

念日にあたって」と題して、日本の侵略の歴史に対する“反

省とお詫び”の談話を発表した。 それ以降、自民党、民主

党政権時代、皆それを日本政府の公式 “歴史認識”として

た。  昨年12月、安倍晋三率いる自民党が総選挙に

大勝し、再び政権を取り戻した。   歴史認識問題で、安倍

政権は当初は“村山談話”継承すると言っていたが、しかし

早くも安倍氏は、“新しい時代にふさわしい” 歴史談話を発

表したいとの意向を表明した。

 

4日夜、菅内閣官房長官は、メディアの取材に対して、“村

山談話”に代わるべきものを準備中だということを明らかに

した。  菅氏は、「21世紀にふさわしい未来志向の新たな

談話― 安倍晋三首相談話」を実現するため、有識者会議

を設置することに決めたと述べた。

 

菅氏は、新しい談話の内容については、“アジア各国との

好、経済連携、文化など”が含まれていると語った。



慰安婦”見直しか? 



安倍政権がどうして新しい歴史談話を発表するのかについ

て、菅氏は、これは“未来志向”に立ち、“アジアの安定、平

和、経済を考え必要と判断した”と説明している。



歴史認識を見直すほか、菅氏は、1993年に、旧日本軍に

よる従軍慰安婦の 強制連行を 認めた“河野談話”も同じく

見直す必要がある”としている。



2007年、安倍晋三氏が第一次内閣の首相だった時、当時

の政権の態度は――“旧日本軍が直接連行した証拠が見つ

らなかった”



更に右傾を強める自民党



日本のメディアの報道によると、間もなく発足する “有識者

会議”では“村山談話”を見直すほか、首相官邸直属の“国

家安全保障会議”設立も計画し、憲法解釈を修正し、“集団

的自衛権”行使の解禁も視野にいれているという。 現在の

平和憲法は日本にこの権利の行使を禁じています。  なぜ

ら、それを認めることは、日本に戦争の権利を授与するこ

になるからです。

 

アナリストによると、安倍晋三氏が昨年、当時野党だった自

民党の代表に当選して以降、この伝統的保守派はますます

傾化したと見ています。    昨年12月の総選挙大勝利は、

に安倍氏に“鬼に金棒”を与えたようになりました。 日本

と隣国は 領土紛争に陥っており、日本国内の ナショナリズ

意識が高まる中で、安倍氏と自民党は“チャンスを逃がし

いけない” とばかり、日本を 一歩一歩、第二次世界大戦

の敗戦国という“足かせ”を緩めようとしています。

背景

日本政府の戦後の重要な歴史談話

1972年9月

田中角栄(首相)

中国に反省を表明

日本、過去において日本国が戦争を通じて、中国国民に

大な損害を与えたことについ責任を痛感し、深く反省

する。

1982年8月

宮澤喜一(内閣官房長官)

中韓などのアジア国家に対し反省を表明

において、我が国行為、韓国、中国を含むアジア

々の 国民に 多大苦痛と 損害を与えたことを 深く自覚し

このようなことを二度と繰り返してはならないとの反省と決

上にって、平和国家としての道を歩んできた。

1993年8月

河野洋平(内閣官房長官)

慰安婦強征連行を反省(河野談話)

当時のの関与の下に、多の女性の名誉と尊厳を深く傷つ

け……数多くの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい

負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ち

申し上げます

1995年8月15日



村山富市(首相)



侵略に対し、お詫びと反省を表明(村山談話)



日本の植民地支配と侵略によって、多くの国とりわけアジ

の人々対して多大の損害と苦痛を与えました。 

べくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらため

痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明

します。

1998年10月


小渕恵三(首相)

韓国にお詫びと反省を表明



我が国過去の一時期、韓国国民に対し植民地支配により

損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受けとめ、

これに対し、痛切な反省と心からのお詫びを表明いたします。



2010年8月

菅直人(首相)



植民地支配の歴史に対する反省とお詫び



痛みを与えたは、忘れやすく、与えられた側はそれを容易

忘れることはできないものです。 (日本の)植民地支配

もたらした損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切

省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。





 

日拟发表“安倍谈话” 修改历史观
2013
010602:26    来源:新京报 


 

4日,韩国首尔,一名韩国男子用刀自残,抗议日本新首相安倍

晋三的特使代表团访问韩国。



日本媒体5日披露,日本新首相安倍晋三已决定,在近期设置一

个政策研讨机构,研究修改日本政府近20年来沿袭的“历史观”。

1995年开始,日本历届政府都将“村山谈话”作为正式的政

府立场,该“谈话”对日本的侵略史表示“反省和道歉”。



分析人士认为,这是继安倍鼓吹要修改和平宪法后,日本新政权

试图摆脱二战战败国“枷锁”的又一重要举措。



声称新谈话“立足未来”



日本《每日新闻》5日报道称,安倍晋三已决定设立一个涉及外

交安保问题的“有识者会议”,研究“有关 日本政府历史认识

的新首相谈话”问题。



1995
年,当时的日本首相村山富士在日本战败50周年之际,发

表了对日本的侵略历史表示“反省和道歉”的谈话。 此后无论

是自民党和民主党执政时期,均将其当做 日本政府正式的“历

史观”。去年12月,安倍晋三带领自民党取得大选胜利,重新

执政。 在历史认识问题上,安倍政府起初表示将继承“村山谈

话”,但很快安倍又表态称,他准备发表“适合新时代”的 历

史谈话。



4
日晚,日本内阁官房长官菅义伟在接受日本媒体采访时也透

露,旨在修改“村山谈话”的相关工作已在准备之中。 菅义

伟称,政府计划成立一个 “有识者恳谈会”, 由其起草一个

适应21世纪、立足未来的新谈话——安倍晋三首相谈话”。

他称,新谈话的内容包括“与亚洲各国的相互友好、经济合作

以及文化等内容”。



企图改“慰安妇”立场



对安倍政府为何要发表新历史谈话,菅义伟称,这是为了“立足

未来”,“对亚洲的安定、和平以及经济发展等也很必要。”

除了修改历史观谈话,菅义伟还称,1993年承认日军强征慰安妇

的“河野谈话”,也应该“早做修改”。



2007
年安倍晋三第一次出任日本首相时,当时的政府表态就声称

——“没有直接证实日军强征慰安妇的证据”。



更加右倾的日本自民党


日本媒体报道称,即将成立的“政策研讨机构”除了 研究修改

村山谈话”外,还计划研究成立直属首相官邸的 “国家安全

保障会议”,以及 修改宪法解释,为 日本行使“集团自卫权”

解禁。 目前的和平宪法禁止日本行使这一权利,因为其变相授

予了日本国家战争权。



分析人士认为,自安倍晋三去年当选当时在野的自民党党首以来,

这一传统的保守党派变得越来越右倾化。   去年12月大选获胜,

更让安倍“如虎添翼”。在日本与邻国陷入领土争议,日国内民

族主义情绪高涨的背景下,安倍及自民党正“不失时机”地推动

日本一步步从二战战败国的“枷锁”中松绑。(百千)

 背景



政府战后重要历史谈话



1972
9

田中角荣(首相)

向中国表示反省

日本在过去发动战争,给中国国民带来重大的损害,对此我们痛

感其责任,并表示深刻反省。



1982
8

宫泽喜一(内阁官房长官)

向中韩等亚洲国家反省

因为我国在过去的行为,给韩国、中国等亚洲国家国民带来重大

的苦痛和损害,对此日本政府和日本国民深深自觉。这样的事情

决不能再度发生,我们将在反省和决心的基础上,走上和平国家

之路。



1993
8

河野洋平(内阁官房长官)

反省强征慰安妇(河野谈话)

在当时军队的参与下,许多女性的名誉和尊严深受伤害……对遭

受苦痛、以及难以痊愈的身心伤害的各位人士,我们表示发自内

心的道歉和反省。



1995
815

村山富市(首相)

对侵略史反省道歉(村山谈话)

因为日本的殖民和侵略,给许多国家、尤其是亚洲各国带来重大

的损害和苦痛。这是不容置疑的历史事实。对此我们表示痛切的

反省,以及发自内心的道歉。



1998
10

小渊惠三(首相)

向韩国道歉反省

我国在过去的一段时期,因殖民行为给韩国国民带来重大的损害

和苦痛。我们谦逊接受这一历史事实,表示痛切的反省和发自内

心的道歉。



2010
8

菅直人(首相)

对殖民史反省道歉

施加苦痛的人总是容易忘记,而被施加苦痛的人要想忘记却并非

易事。对于(日本的)殖民行为带来的重大损害与苦痛,再次表

示痛切的反省和发自内心的道歉。 (百千)(来源:新京报)



|

« 2668 中国は見る(1444) 2013年 尖閣に 今年も中国機 飛来 | Main | 2670 中国は見る(1446) 中国 “安倍談話” に懸念 (中) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2668 中国は見る(1444) 2013年 尖閣に 今年も中国機 飛来 | Main | 2670 中国は見る(1446) 中国 “安倍談話” に懸念 (中) »